10895343 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

パソコン改造記の憂鬱

PR

X

Free Space

Favorite Blog

草コイントレード313… jrmoldさん

ちいさくってかわい… ちゃお999さん
pin's room ブログ bmtc_pinさん

Comments

Archives

December , 2021
November , 2021
October , 2021
September , 2021
August , 2021
July , 2021
June , 2021
May , 2021
April , 2021
March , 2021

Freepage List

FUJIFILM FinePix F410でテストショット


秋葉原へ行った記録 ~2006年夏まで


2002年版


2003年版


2004年版


2005年版


2006年版


我が家のネットワークマップ


家庭内LANを支える機器群


簡単無線LAN構築法


我が家の所有パソコン群


NEC LAVIE Note Standard NS750/DAR


SONY VAIO C VPCCB2AJ


FMV-DESKPOWER ME/355


NEC LaVie G タイプL GL245U/FS


NEC LaVie L LL750/RSW


NEC LaVie S LS350/SSB


FUJITSU LIFEBOOK SH90/T


DELL Alienware X51 R2 Supremacy


FUJITSU LIFEBOOK AH77/K


ビデオデッキ修理備忘録


我が家のレコーダーの紹介


ビデオデッキ修理術


我が家の各部屋テレビ環境


自室のAV機材の紹介


東芝レコーダー博物館


ノートパソコンのCPUを交換するにあたって


MMC-1編(1)


MMC-1編(2)


Micro-PGA2編(1)


Micro-PGA2編(2)


Micro-PGA2編(3)


Micro-PGA2編(4)


MicroFCPGA編(1)


MicroFCPGA編(2)


SocketS1編


SocketM編(1)


SocketM編(2)


SocketS1g2編(1)


SocketG1編


SocketG2編


パソコン使用記~数々のメーカーPC~


NECノートPC写真集


富士通ノートPC写真集


日立PC写真集


ThinkPad写真集


旧更新履歴(2006/12/23)


旧キリ番報告所


その他のReview


mova P504iS


NTT西日本 でんえもん711LC


WindowsXP ServicePack2 RC1


mova P506iC


FOMA SH901iC


FOMA SH901iC 本体ソフトウェア更新


FOMAでインターネットに接続してみる


NTT西日本 でんえもん715LC


PRO/Wireless 2915ABGのW52対応化


Windows Vista Ultimate Edition Beta 2


Windows Vista Ultimate Edition pre-RC1


番外編~管理人の携帯電話遍歴を辿る~


FOMA SH902iS


番外編~FOMA SH901iC/902iSで動画再生~


松下ラムダッシュES8259


XOOPS


修理してみますた(゚∀゚)


IBM ThinkPad A20mのバックライト交換


番外編~Seagate HDDをRMAに出してみた~


写真編~Seagate HDDをRMAに出してみた~


我が家のプリンタ


ホーム部分バックうp


サイドバックうp


Shopping List

August 10, 2021
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
・Seagate SSD もらエール・キャンペーンに当選したのでFireCuda 510 SSD 1TBを使ってみた


メインマシンとして組み立てて数年経つ自作のデスクトップPCですが、ここ最近車載動画の編集
やら何やらをやっていたことで陥ったのがSSD容量不足。保存しておくデータであれば10TB
オーバーのNASに放り込めばいいのですが、作業用のデータはパフォーマンス的にSSDに置いて
おきたいのですよねー。まぁ終わったデータをNASに放り込む作業を面倒くさがらずにやれば
いいのですが、それでも

サブで使用しているノートPCのストレージ構成がメイン1TBのM.2 NVMe SSDにサブが1TBの
SATA SSDなのに対してメインが500GBなのは少々寂しい感じです。SSDの価格も需要と供給の
バランスでここ最近上下しており、買い時はいつなのだろうか・・・と思っていたところで見つけ
たのが今回参加させていただくことになった「Seagate SSD もらエール・キャンペーン」でした。
こちらはSeagateから発売されているM.2 NVMe SSD、FireCuda 510/520シリーズ 1TBを提供
いただき、自分の使用している環境で使ってみてレビューすることでSSDがいただけるもので、
ゲーミングPCでの使用を想定した高耐久モデルと言うことで競争率も高いのだろうな、と淡い
期待にとどめていましたが実際当選の連絡をいただいてびっくりしました。と言うことで



届いたSSDを使っていきます。FireCuda SSDのM.2 NVMeタイプは510と520、先日海外で
発表のあった530がありますが数字が大きいほど世代が新しくなります。520からはPCI-Express
Gen4 x4の高速インターフェースに対応していますが、自作のデスクトップPCで使用している
マザーボードやCPUは第8世代Coreプロセッサということで1世代前のPCI-Express Gen3 x4対応
止まりですのでオーバースペックです。今回のキャンペーンではそちらに対応した510もあって
そちらを提供いただきました。FireCudaの高耐久たる所以、書き込み可能回数を示すTBWの値が
今回提供いただいた1TBモデルで1,300に達します。今まで使用していた他社での同様のシリーズ
だとおよそ半分程度の数値に留まっており、1万円を切るくらいで販売されている低価格モデル
だと1/10くらいの数値のものもあるのでかなり高耐久なことが分かるかと思います。そのため、
SSDではできるだけ抑えて運用するべきとされている大量のファイルの読み書きをHDD同様に
安心して行えます。またハイパフォーマンスも特徴の一つで、PCI-Express Gen3 x4インター
フェースの限界値に近いリード3,450MB/s・ライト3,100MB/sが今回の1TBモデルでは達成
されています。ソフトウェアのレスポンスではSATAのSSDとNVMeのSSDであまり差を感じ
られませんが、大量のファイルの読み書きでは差が出てくるかと思います。ちなみにSeagateの
ストレージ製品は高耐久HDDのIronWolfを2台NASで使用しており、PS4のストレージに
FireCuda SSHDを搭載したりテレビ番組の録画用にBarracudaを使用したりしましたが、
SSDを使うのは初めてだったりします。

今回のSSDへの交換ですが、現在使用中のSSDからそのまま環境を移行して使い始めることに
しました。メインで使用していることもあって環境の構築に非常に手間取りそうですし。
Seagateのストレージ製品を使用している場合、同社から「DiscWizard」という環境移行に
使用できるソフトウェアが無料で配布されていますのでそちらを使うことで簡単にコピーして
交換できます。今回はそのDiscWizardのベースとなっている、Acronis True Imageをすでに
使用していたのでそちらのクローン機能を利用して移行しました。



移行の前にSSDの取り付けですが、自作機で使用しているマザーボード「ASRock Fatal1ty
Z370 Gaming K6」ではM.2 NVMe SSD用のソケットが2つあり、片方に現在使用中のSSDが
搭載されているのでもう片方に今回のFireCuda 510 SSD 1TBを取り付けました。スロットに
差し込んでネジ止めするだけなので、特に難しいことはありません。



取り付け後はWindowsのデバイスマネージャでSSDが認識されていることを確認し、ソフトから
環境移行を行います。今回のAcronis True ImageをベースとしているSeagate DiscWizardでも
恐らく手順は同様です。













基本的には移行元のドライブと移行先のドライブを指定するだけで、パーティションサイズを
自動で拡大してもよければ特に考えることなく進めていけます。移行が完了したらWindowsを
シャットダウンして旧SSDを取り外し、起動すれば新しいSSDから起動します。旧SSDを付けた
ままだとそちらから起動してしまうので(UEFIセットアップから起動順序を変えれば新SSD
からも起動できますが)取り外してしまうのが手っ取り早いです。

交換後のフィーリングですが、交換前からSSDだったのでWindowsの起動やアプリケーションの
起動終了については特に変化は無かったですが休止状態への移行と復帰がかなり速くなり
ました。元々SSDには厳しい休止状態の機能ですが、TBWの大きいSSDなので気兼ねなく使え
そうです。なおベンチマークでの比較ですがCrystalDiskMark 8での結果は



交換前がこのような感じで、交換後は



こうなりました。どちらもゲーミング用途を考慮したスペックと言うことで非常に高速ですが、
やはり世代が新しくなったことでライト性能が大きく向上しています。SSD交換を考える
きっかけになった容量についても、空きが100GBを切っている状態から600GB程度の空きと
なり非常に余裕ができました。これなら複数の映像素材を扱う場合も空き容量をあまり気に
せず済みそうです。最後に温度ですがベンチマーク中にCrystalDiskInfo 8で計測してみた
感じだと



70℃に届かない状態だったので、ヒートシンクレスにしては健闘していると思います。
アイドル時は



39℃とハイパフォーマンスなSSDらしからぬ低めの温度です。この辺りは取り付けるPCの
エアフローに影響されるところも多々あるので、参考程度とはなりますが。

以上がFireCuda 510 SSD 1TBを使用してみた結果で、流石ゲーミング用途を謳ったSSDらしく
パフォーマンスも高く発熱は抑えられているなという感想です。5年間保証や3年間のデータ復旧
サービスのRescue無償利用権も付与されており長く使用できそうですし、同容量で安いSSDも
ありますが安心してハイパフォーマンスな環境を利用したい場合にはベストな選択肢となりそうです。

最後に以下は購入先リンクです。
■Amazon
https://www.amazon.co.jp/stores/page/638FE241-1B6A-419C-8E30-7C07215FF4CE?channel=AMN_nxuser_2021






Last updated  August 10, 2021 01:10:23 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.