007545 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

DIY好き♪

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


にゃあぽ

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

フリーページ

ニューストピックス

2019.05.26
XML
カテゴリ:修理、交換等
​​​​​​​​外部ストロボをつけてから内臓ストロボが使えない…。
ストロボのスイッチを押しても無反応。
ポップアップしてくれないんです。

私はお安い社外の非純正外部ストロボを使用してます。

キヤノン製だと10倍はいかないにしろ同等機能で高いのでウィンク



今では以下3代目が出ているようですね。

【送料無料】Yongnuo製 Speedlight YN-565EX-III Canon専用 TTL機能搭載 スピードライト ストロボ AC-X0005ZDS8B(1193-01)


ところがこの外部ストロボをつないだ後、内臓ストロボがポップアップしない!!
じゅ・純正じゃないからかぁぁぁぁ号泣



機能を設定しようと、しても外部ストロボを外しているのに装着されています表示号泣

ググると外部ストロボの取り付け部分に爪楊枝を入れて持ち上げるとある。
上について電流が流れるようにする必要があると勝手に思い込んで試してみるとたまにうまくいく時が。
でも結局、外部ストロボ付けるとNG…。

EOS60D EOS40D EOS50D あたりでも起きていそう。
実は​純正でも結構発生しているようです​

サービスへ持ち込むにも平日だけだし、部品代1500円、技術料が5000円と言われている方もいるらしい。。
た・高すぎ!?そして行くの面倒と数年も経過してしまいました。

今回登山で極力荷物を減らして外部ストロボ持ってかなかったので、ストロボ使えず…。
とのことで、よくよく調べてみると


上記はピンをピンセットで持ち上げたときの写真ですが赤丸部分にスイッチがあります
これが常時押されている状態でした。

爪楊枝の対策の時は左の部分が上の金属に当たらなければと持ち上げていたので全然違うことをしていました。。




上の写真の引き画像。
すでに折り目が付いている部分をピンセットで思い切って​​ぐにっ!と持ち上げて​​山を作りました。(ピンを曲げちゃいます。)

あくまでも自己流修理ですので、自己責任で

気にされる方は、サービスへ持ち込んで素直に6500円支払いましょうスマイル




装着確認です。


装着後、取り外してみてピンの山は若干下がってはいますが、ボタンは押されていないようです。

問題なく内臓ストロボがポップアップされました。


これで外部ストロボをつけても大丈夫そうです。

ただし、外部ストロボは以下直置きできる台座があります。


本体につけなくても使えるんですよね~赤ハート

例えば動物園などでガラス越しに撮るときなどは本体に取り付けていると反射して動物が映らないので
少し離して別の場所で光るようにするんです。

今後は常に本体につけないで使でも良いかも!?
​​​​






最終更新日  2019.06.09 14:02:37
コメント(0) | コメントを書く
[修理、交換等] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.