000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

DM喫茶 あまやどり

《エリアス》。

《アクアン》の下位交換として登場した《エリアス》。
今回は、そんな《エリアス》について語っていきたい。

まずは、《エリアス》の効果から。

エリアス
水 サイバーロード 5マナ/2000

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から3枚を表向きにしてもよい。
その中から光のカードと闇のカードをすべて自分の手札に加え、それ以外を自分の墓地に置く。

まずこの効果、普通に《アクアン》よりも弱い。
だが《アクアン》が制限となった今。
4枚積みできる《エリアス》についても考えていかなければ、ドロマーカラーデッキは作れないだろう。
だがこの《エリアス》。
他のドローカードに比べてどんなことが優れているだろうか。

他のドローカードとして、《ミラージュ・マーメイド》、《トリプル・ブレイン》などが挙げられる(今回は《アクアン》は入れない)。
この2枚のドローと比べていく。


ミラージュ・マーメイド
水 ゲル・フィッシュ 5マナ/4000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、バトルゾーンに自分のサイバーロードがあれば、カードを3枚引いてよい。 


トリプル・ブレイン
水 呪文 5マナ

■カードを3枚まで引く。


まず《ミラージュ・マーメイド》。
《エリアス》が不確定などローなのに対し、こちらは、条件さえ満たしていれば絶対3枚ドローできる。
少なくなってきたとはいえ、《エリアス》は《裁》の射程範囲に入っているが、《ミラージュマーメイド》は効かない。
4000というサイズは、《エルジージョ》まで止められるサイズである。

だが、この「バトルゾーンに自分のサイバーロード」という条件。
これが非常に難しいのである。
《エリアス》が、「水の少なめなドロマーカラーデッキ」(他にも入る可能性はある)に入るのに対し、《ミラージュマーメイド》は「サイバーロードが十分に入るデッキ」に入るのである。

サイバーロードが十分に入るデッキ、というのは当然少なく、狙ってデッキを構築しなければ入らない。
確かにドロー能力は高いが、デッキ構築の難易度は格段に上がるだろう。
今使えるサイバーロードといえば、《エメラル》《アクアン》《パクリオ》、デッキによっては《シリオン》なども入るか。
その内《アクアン》《エメラル》は制限カード、場に出ることは難しい。
ドローに使えるのは《ミラージュマーメイド》だが、《エリアス》よりもデッキを選ぶのだ。


次に《トリプルブレイン》。
《トリプルブレイン》は、デッキを選ぶことはほぼない。
デッキの入りやすさは、《エリアス》《ミラージュマーメイド》と比べて格段に高い。
ドローも確実に3枚ドロー。
だが、《トリプルブレイン》はクリーチャーではない。
今、WS対策に《クリムゾンライフル》などが挙げられているこの時代で、《バジュラズソウル》が流行っているこの時代で。
クロスギアが使えないというのは意外とでかいだろう。

そうでなくても、最後のトドメの数程度でもクリーチャーは使う。
どんな小さいクリーチャーでも、大抵最後のトドメで邪魔になることはないだろう。
そういう意味でも、クリーチャーである、というのは大きい。


デッキの入りやすさをとるか、クリーチャーをとるか、その間を取るか。
そのようにして考え、ドローカードを選んで欲しい。

まとめ:1.《エリアス》のライバルとして、《ミラージュマーメイド》《トリプルブレイン》がいる。
     2.《ミラージュマーメイド》の方がドロー能力はいいが、デッキを選ぶ。
     3.《トリプルブレイン》はデッキに入りやすくドロー能力も高いが、クリーチャーではない。
4.効果の長所、短所を考えてドローカードを選ぶべき。

     



© Rakuten Group, Inc.