400474 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

DM喫茶 あまやどり

陰に隠れた奴大全其の弐

どんなカードゲームにもある、「陰に隠れた」奴。
使ってみれば強いかもしれないのに、目立たないため使われない。
そりゃ弱いかもしれないけれど、面白い奴だっているかもしれない。

そんな「陰に隠れた」かわいそうな奴らを、もう一度思い出して、僕らの心の中に生き続ける。

其の弐では、もう少し「ためになる」「面白い」ように、一歩進んだところを書いていこうと思っています。乞うご期待。



3/27 更新  芸術は爆発だ。


DMというのは、とても芸術的なものです。
イラストだけではありません。デッキを作るということは、一つの絵を完成させることと同じなのです。
自分の色で、自分のタッチで、自分にとって心地よい作品をつくる。
DMと芸術は通じ合う所が多いのです。


「芸術は爆発だ」とは、誰が言った言葉でしたか。
「デュエルは爆発だ」とは言いませんけれど、あのカードの彼は、花火を咲かすように爆発しています。



爆発サボテン
自然 ツリーフォーク 3マナ/2000

■バトルゾーンに自分の光のクリーチャーがある間、このクリーチャーのパワーは+2000される。



光のクリーチャーが場に居れば、3マナ4000の基準値以上の能力を手に入れます。
4000というサイズは裁かれないサイズですし、《エルジージョ》と相打ちを取れるため、かなり良い数値です。
そんなクリーチャーなのに、何故陰に隠れてしまったのでしょうか。


理由は二つ考えられます。

一つは「パワーだけがあってもあまり意味がないから」
意味がないことはないのですが、DM上でパワーが高いことの利点は「火力への耐性」「バトルで負けない」ことであり、盾を破ることにおいて、パワーは意味を持ちません。
例えば《ブラムグレール》や《アブゾ・ドルバ》。
「パワー馬鹿」と呼ばれることもあり、使われることが少ないことから、パワーだけではどうにもならないことが分かるかと思います。


超神龍ブラムグレール
自然 アース・ドラゴン 6マナ/1000

■進化-自分のアース・ドラゴン1体の上に置く。
■このクリーチャーのパワーは、すべてのマナゾーンにあるカード1枚につき+1000される。
■T・ブレイカー



超神龍アブゾ・ドルバ
闇 ドラゴン・ゾンビ 6マナ/11000

■進化-自分のドラゴン1体の上に置く。
■このクリーチャーがバトルゾーンにある間
 このクリーチャーのパワーは自分の墓地にあるクリーチャー1体につき+2000される。
■T・ブレイカー




二つ目に「種族」。《爆発サボテン》の場合、こちらの理由の方が大きいでしょう。
《テクテク・アリンコン》を見てください。《アリンコン》の場合、ドリームメイトがいなければパワーは上がりません。
「光のクリーチャー」の方が範囲が広い分効果が発動しやすく、《サボテン》の方が強いはずです。
ですが、《アリンコン》の方が目にすることが多いですよね。

これは種族によるシナジーが深く関係しています。
3マナでビーグル・ビーである《アリンコン》は、《パコネコ》と非常に相性がいいのです。


テクテク・アリンコン
火 ビーグル・ビー 3マナ/2000

■バトルゾーンに自分のドリームメイトが1体でもあれば、
 このクリーチャーのパワーは+2000される。



囚われのパコネコ
自然 ドリームメイト 2マナ/1000

■バトルゾーンにある自分の他のドリームメイトすべてのパワーは+1000される。
■このクリーチャーがバトルを始めるとき、
 バトルゾーンにある自分の他のドリームメイトをかわりにバトルさせても良い。
■相手がバトルゾーンにあるクリーチャーを選ぶとき、
 バトルゾーンに自分のビークル・ビーが1体でもあれば相手はこのクリーチャーを選ぶことはできない。



「《サボテン》は光のクリーチャー全てと相性が良いのでは?」
と思われる方もいらっしゃると思いますが、ここで一つ目の「パワーだけでは意味がない」が出てくるわけです。
タップキルには相性がいいのですが、今度は種族の面が要らなくなります。
ガーディアンデッキに《サボテン》を入れませんよね。


ツリーフォークには《ラブ・エルフィン》もいますし、《ユグドラジーガ》という進化クリーチャー、
《トゲ刺しマンドラ》というホロカードもあるのですが、パッとしないカードが多く、陰に隠れています。
《爆発サボテン》が陰に隠れたのは、ツリーフォークという種族自体が、陰に隠れているからなのでしょう。


■まとめ

・クリーチャーは、パワーだけあってもいけない。
・クリーチャーは、どの種族で生まれるかで強さが変わってしまう。











このコラムを気に入ってくれた方は掲示板メッセージから、感想を送ってくださると嬉しいです(^^)/




HOME







© Rakuten Group, Inc.