000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ニャゴめし酒場

PR

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

一眼デジカメ-植物

2022.08.15
XML
カテゴリ:一眼デジカメ-植物
今日は日差しが強い、けれど昨日まとまった雨が降ったせいか暑さ和らぎ代わりに強風
夏なので暑いに違いはなく冷房は必須、これが8月なんだなぁとしみじみ感じた
10日には注文してたメガネが仕上がり、それ以来新しいのを付けてて見えすぎて困惑
思いのほか視力が悪くなっててギリギリ運転できる見え方にしてもらった
もうこれ以上悪くなるとヤバい感じ、それの一段手前くらいの度ということで
どうやら購入履歴が4年ごとでオリンピックみたいだねぇと笑ったけど、もっと長期間使ってた気がしてたのに割に合わんコスパ低くてガッカリ
着々と目が悪くなってる証拠、もうノンストップでそのうち弱視になってもおかしくない
将来運転できないことになると困るなぁ、この田舎で
これから目がよくなる方法なんてありますか?と聞いてもNOだった
だいたいが遺伝なんだと、心当たりありすぎて笑うしかない
新しいメガネをかけて帰ると、赤信号の下に出る矢印が遠目では見え辛かったのが見えたし、
見慣れたいつもの景色がこんなにも鮮明で見えすぎで、目に飛び込んできそうなイメージ、目に刺さるみたいな
とにかく今は何もかもが見えすぎて、疲れはないけど慣れよう
そのうちまた見えにくくなるんだろうな、もう後がない
以前のメガネは新しいケースに入れ丁重に持ち帰り、今のが使えなくなったシーン、例えば被災したとかのために捨てずに持っておく
近年は思いがけない場所で地震・台風などの被害が報道されてるので、明日は我が身かもと思ったら、ないよりマシだよねと眼鏡市場で話し込んだ
耳鼻は悪くないのに目だけが極端に悪いって、、、目は大事なのにもう取り返しがつかない
今日の強い日差しも目に染みるわ
8月の庭の写真が撮れるなんて思ってなかったなぁ…
どうせ暑いし紫外線アレルギーだし嫌いなクモがどこにでもいるし、熱中症になるといけないので撮れるわけないと思ってた
それが今日の朝は涼しめで、こんな夏にも咲く花が庭にあるのは貴重と思い撮ってみた


母が買ってきたオジギソウ、花なんて咲くの初めて見た
別名はネムリグサ、面白くてよく息を吹きかけてお辞儀させてるので酸欠になりそう
他が散ってるのでトゲトゲ花は儚く短い命?


ゼフィランサス、植物の名前も覚えつつあるけどこれに関しては無理だな
数日前に濃いピンクのツボミが3個付いてて昨日の雨のおかげで咲いたのかな
インパクトのあるおしべ、シュッとした葉とのコントラストが涼し気に見える
花片は6枚が普通らしいけどこいつは7、ん?8枚ぃぃぃ?


はびこるように咲くマツバボタン


涼しい薄黄色とパワー感じるオレンジ色


ピンクはなぜか小花、植えたわけじゃないけど背の高い鉢の中にいる
終わりと始まり、次々と咲くようだ


育て方知らんのにレモンも安定的に成長、サイズ感はスーパーで売れてるライムくらいの大きさ


色がちょっと煩く暑苦しく感じるゼラニウム、個人的にはね
水を欠かさないと次々と花火みたいに開花、手を掛けると植物は正直なんだな

このクソ暑い真夏の暑さにも日差しにも負けず咲くって素晴らしいね、強いね、見習いたいね
植物に関して詳しくなりたいとは思っていないけど、家の庭に何が植わってるのかくらいは知っておきたい
ずっと見守ってた源平シモツケは咲いても花が日差しで焼ける感じで枯れていき残念な感じ、まとまった雨がもう少し早く降ってたらな、でもまだ諦めない
自宅から見える近所のサルスベリが見事な咲きっぷりで撮りたいけど、暑くて近くても行けない
その真裏の家は朝夕ご飯を食べに来る猫、ハクチが行動拠点にしてる
猫の足でも遠くはないけど、アスファルトが焼けて肉球が火傷しないか心配、今日もまだ来ていない、夕方かな
暑すぎてクモや蚊が出没しないのは嬉しい
まだ夏は終わらない、仕事が2連休でリフレッシュできたー、小さな幸せ感じる終戦の日



  






Last updated  2022.08.15 13:44:11
コメント(0) | コメントを書く


2022.07.28
カテゴリ:一眼デジカメ-植物
世話をしなくても毎年咲くマツバボタンが先月頃から芽を出し、ツボミが付いてるのは観察して知ってたけど今日はポツポツと花が
その色に惹かれ、強い日差しの晴れの9時半に庭で一眼やってると、何もしなくても顔から汗であごに伝い落ちるほど
夏でも涼しい山風が吹き下ろすような田舎に住んでて、今日も余裕だろうと甘く見てたら地獄だった
涼しさはたまに裏切られる、これが自然の摂理だと思い知った
やっぱり今は夏で、あと数日で灼熱の8月になる
熱中症にならなければいいけど、、、
朝夕ご飯を食べに来る(実は飼ってやりたい)自由猫もアスファルトが焼けるので肉球を心配する
職場では少人数のなか1人がコロナで10日間休み、もう1人が1才の子供が熱を出し1週間休みで、自分の休みを削られフルに働かされてて自らを心配する
けれどそれも来月から元に戻るだろう、今日は6連勤後の1日休み、採用される時には連休を希望してたのに………まあ、自分がコロナになったらお互い様かな
巷ではコロナ新型のBA5が感染力が強くてヤバいと思ってたところに、次はケンタウロス?
上半身は人間でそれ以外は馬の、あのこと?…なんか不気味な様相となってきたなぁ
やっぱりコロナは消滅、絶滅しないのだろうな、もうとにかくマスクは卒業したい、嫌だしウザイ
神様や仏様や天や星に願っても、もう叶わないのだろうな
今日は朝から花を撮ってリフレッシュしたかった、ついでなら周辺を歩こうかななどと思ってたけど暑さに打ちのめされて今はエアコンの中
29度に設定してます、エコとかじゃなく寒くなりすぎるので


我が家のマツバボタンはオレンジ系が主流で薄い黄色、少ないけどピンクは濃いのと薄い色が咲く


そして花びらは一重で品種改良されたのかどうかは知らないけど八重のものは全く咲かない


葉や茎はちょっと肉厚で、庭に敷かれた小砂利から生えてる
このピンクはちょっと背の高い植木鉢に種が飛んだのか、今年初めてその状態を見た強い植物
くそ暑い夏場でも庭を彩り、踏まれてもまた立ち上がるのでちょっとした敬意を持って愛でる


マツバボタンの奥の中庭に源平シモツケのツボミを中旬に発見し見守ってた
でも暑いせいか咲いてもすぐに干からびたようになるし、今年は白とピンクが競い合って咲かない


残念だなぁ


その隣に育て方も知らないのにデカい鉢に植わってるレモンが成長してる
1枝に2個くらい?間引いたわけでもないけど自然に…


なぜだかまたツボミが付いて、これは2陣?異常?…まあ、育て方も分からんやつが作ってるので自然に任せる


畑脇のダリア?の真横姿、堂々とした鮮やかな赤で主張
回り込んで正面から撮りたいけど、そうなると草ボーボーの奥か嫌いなクモの巣がきらめく木々の近くを歩かないといけないので無理
でも真横のショットも珍しいっしょ?

8月になったら暑いし、刺す虫やクモが上にも横にも下にもいるのでカメラは無理な予定
画像は猫中心になるだろうけど、その猫も酷暑の日には来ないしゲリラ豪雨があった日には危なくて来てほしくない
置きエサがびしょ濡れになるのも避けたいので、タイミング的に会える日が多くないと撮れない
最近はあともう少しで懐きそうなところに、母が抗がん剤理療を終え帰って来てる
これまでに打った数種のワクチンの効果も無効になり、母は今赤ちゃんみたいに無菌状態で必用心
まだ定期的に治療があるとも聞くので、残念なことに猫の毛などフワめく環境はアウトだということで外猫として触れ合うしかない
でもこれもいつか、コロナもいつか、時間が解決してくれることを強く願う
コロナに関しては特効薬を今の技術を持ってしてもまだ作れないのか…?逆にウイルスは絶えることなく進化していくのか?
温暖化による異常気象、プラによる海洋や水質汚染、大気汚染、戦争、…と大変な時代になったな



  






Last updated  2022.07.28 16:51:09
コメント(0) | コメントを書く
2022.07.13
カテゴリ:一眼デジカメ-植物
今日は朝から涼しめの曇りで時折太陽の光が差すような天気、じっとしてると涼しく動くと少し汗ばむような…
でも個人的には涼しい、山陰なので特有の湿度はありますが慣れてるので涼しさの方が勝るので、エアコンは使わず
ここらは田舎だし山からの風もあって悪くない、これが3キロ離れただけの街中だと暑いことだろうし、人によっては不快だったり体調に影響する場合もある
そのおかげか、自宅2階からハクチが住処にしてる道路を挟んだ斜め後ろの家の庭がよく見えて、今日は車庫横で転げ回ってるのが見えた
常に尻尾を下げてガードが堅いので初めてそんな無防備な姿を見て嬉しくなって、すぐさま行って呼ぶと逃げてしまった
ノミでもいて痒いのか、最近はオス猫の存在を確認してるので発情してるのか?
でもこのオスも今年3回目のアタックなので成就するのかしないのか?
できればしないでほしい、けど数匹のオスが発情でやって来てはハクチは1回も妊娠しないので、どこか体に異常があるのではと勘繰り不安にもなる
猫の発情はまずメス猫の方がフェロモンを出し、それに釣られたオスが興奮して成し遂げられる
たぶんハクチはメスだろうからオスが来るんだと思い込んでて、もうじきハクチと出会って1年になっても触らせてもくれないので断定できてない
こんな猫は初めてだ、エサをやっても慣れんし懐かんしギブアンドテイクの関係にはなれない
猫事情は知ってるつもりだけど、ハクチはわからん
今日は過ごしやすい日で雨上がりでもあり、蜘蛛の気配が低いのでどうせなら一眼で撮りたくなった
新たな花も咲いてたしこんな夏には貴重だ


ダリア?の1種?畑横に雑草のように生えてた、背が髙いので赤が目を引いた
調べると非常に品種が多く、草丈、咲き方、色のどれをとってもバリエーションが豊富とある
花芯が艶やかで造花みたい、この後変化あるのかな?


上画像の隣でスーッと背が髙く雑草のように咲くヤナギハナガサ
生育地は道端や空き地などとあり、我が家では畑横や庭にも侵食


万両の花、これが赤い実になる


千両の花?ツボミ?これが赤や黄色の実になる


レモンが着々と成長中、今年こそは収穫できますように
育て方知らん者が作ってるので祈るだけ


源平シモツケの咲き始め
いつもは5月頃にツボミを付けてたけど、今年は遅くて葉っぱは虫食いだらけになるし待ち遠しかった、まだ蕾もまばら
源氏と平家の争いのように白とピンクが競い合って咲くのでこの名前、満開姿も後日UP


オカンがどこかから買ってきたオジギソウ、夏にピンクの花を咲かせるんだと、見たことないけど緑とのコントラストが涼し気かな?
葉に軽く触れるだけで、葉が閉じ垂れ下がるので息を吹きかけがちで酸欠になりそう、画像も閉じかけ


ゼフィランサス、初めて名前知ったしこんなのが鉢に植えてあるのも初めて知った
花粉が長くて花びらに付くほど、細い茎に花が重いのか垂れてしまって惜しい

今回はたまたま涼しかったけど長時間外にいると陽が照って暑いし、紫外線アレルギーなので10分くらいで撮り終えた
クモ多いし今後このような好条件はないと思うので夏は植物は撮らない気でいる予定(は未定)
1週間前に糸ようじで歯の手入れをしてると奥歯の詰め物が外れて、どうせ虫歯か…このくそ暑い時期に病院通いか?…‥‥とガッカリした
昨日の予約が取れて外れたもの持参で行ったら、虫歯にもなっていないし外れたものをそのまま使うと言われ、えーーー?そんなのアリですか?
リサイクル?SDGs?よくあること?と不安になったけど、信頼してるプロが言うのでやってもらったら待ち時間含め1時間で終わって通いなし
あぁぁぁ、よかったぁ
どれもこれも昨日でいなくなって1年目の愛猫様が、天から味方してくれたのかもしれない、感謝



  






Last updated  2022.07.13 15:19:55
コメント(0) | コメントを書く
2022.06.28
カテゴリ:一眼デジカメ-植物
暑い、あづ~いぃ、あづ~~うぃぃぃぃ、何だこの暑さは‥‥‥‥
梅雨はどこにいったんだ、雨~、雨よ降ってくれぇぃ、雨降って気温をクールダウンしてほしい
普段は雨なんて嫌いなのに、今年は神に願いたい
場所によっては梅雨明けしたとこもあるなんて、、6月に梅雨入りして6月に明ける、って何なのさ、やっぱり異常だ
昨日今日と仕事が休みで、庭先に黄色い花が咲いてるのをハッと見つけたので、ついでにいろいろ撮ろうかとカメラを取ってきた
今の時期そんなに花がないので多くは撮らなかったけど、うかつにも紫外線アレルギーということを忘れてて、後になってから腕に赤みや痒さがやってきて毎度後悔するハメに←学習しないタイプ
熱中症になりそうな暑さは全国的らしいので、日本を、海外を、地球まるごとがどうにか-1℃でも冷えますように…
あれもこれも温暖化のせい、もういい加減気付いてる人も多いでしょうが、加速させない努力が必要だ
外にいる猫や動植物、生きるもの全てに冷と水をきらきら


ビョウヤナギ、目を引いたのはこの黄色
家のは小ざっぱりした低低木、風が通る場所に植わってるので花は儚い感じに散る


昔は大好きだった花イソトマ、ツボミから1枚ずつ花びらが開く、ちょっとピントが下手
ふくらんだツボミにピントが合って、それ越しに開いた花をボケで入れたかったけど無理だった


レモンが実を付けた、終わったはずのツボミも出てきて嫌な予感
去年は実が大きくならなくてガッカリ、今年も二の舞になるのか…?


ナンテンの花、ツボミは米粒みたい、やっぱクモの巣が今の時期から激しくなるので外はもうムリ


年中ほったらかしのベゴニア、よくぞ咲いてくれた


これは何でしょう?花が咲いてみないと検索で判明しない
と思ってたけどヒメヒオウギズイセンという名、みんなの花図鑑というサイトは便利


丸っこい花びらのアジサイ、もう終わりに近いけどずっと日向にいるのにがんばってる
正式名ウズアジサイだと、上↑の花図鑑で判明


ビバーナム・スノーボールと思い込んでたけど、白いだけではないので違うような気が…、上↑の花図鑑でも不明
もう最終形態、白緑から薄ピンク→薄紫になって枯れのためか赤みが出て最後はこうなる
最近テレビかなんかでアジサイは秋にも楽しめると耳に入ってきた記憶が…この後にもお楽しみがあるかもしれない?


スイートバジルに花が咲いた、ということは葉は硬くなって食えない?
とりあえず葉を摘んで冷凍しとこう、、、あぁこんなに早く成長するとは
トマト苗の間に植えると虫が来ないと聞いて植えてただけなんですけど、どうせなら食おう!


フルーツトマトが赤くなってきた
4~5月にバイトしてたホームセンターの植物担当で廃棄するという苗を頂いたものが成長


茄子の花、畑には5本分植わってて1本には10センチくらいの実が付いてた
長茄子なのでもう少し放っておく


大栄スイカの花、今年はツルを上に這わせるようだけど上手くいくのか?
隣に植わってるキュウリの勢力に負けそうだし、上の方で生ったスイカはどう実らせるのか?
苗の頃には甘みを放つのか?アリンコがぎっしり付いてた、今はたまたま留まりに来た虫?

こうして畑で育つ野菜について少しは知ってる父と、ウンチクが多いけど最終的に行動はする弟と、今の時期の虫や特にクモが嫌いな役立たずの言うだけの自分が、近所の人の助言で畑をやってます
畑メインでやってた母が、眼のガンのため今3度目の入院をしてて、できれば平和に時が過ぎて元気になって復活してほしい
もうすでに母抜きで言い争いが勃発してるし、何でそうやねん、といった意志の疎通ができてない現象が1週間ごとに起きてる
いざという時は団結するんですけどね・・・まぁ母は強し、母が頼り、母が家の法律というのが実証された日々だった、この状況はまだしばらく続くけど
・・・そうそう、今年は5月頃に咲く源平シモツケがツボミすら付けなくて気がかりでいるけどもう咲くわけがない
去年より低木のサイズは一回り大きくなったんですが、真隣にいるドウダンツツジの勢力が強くなってきたので、うまい具合に選定が必要なのかも
無駄に木々があると見てて風流だなとか面白いなとか感じるけど、それなりの管理は必要だ



 






Last updated  2022.06.28 13:54:24
コメント(0) | コメントを書く
2022.06.14
カテゴリ:一眼デジカメ-植物
昨日今日と休みで、梅雨入り前に昨日は自宅から50m圏内のアジサイを撮ろうと思いついた
うん、テーマは紫陽花、とした
裸足のサンダル履きでプラっと下見するとアジサイがあちこちにあって、そのノリで歩くと50m圏内のつもりが最終的に町内を1周してた
昼1時に出て、夢中になってたのか帰ったのは5時半
距離的には2キロくらいだけど何と4時間半も費やしてた、カメラのアングルとかの関係で行っては戻る、背景はどうだ、とかじっくり考えながら周ったらそうなった
町の入り口付近に住んでるので、少し入った場所とかもっと奥まった場所(山に近くなる)では、道路脇に生えてる植物の種類さえ違ってきてアジサイ以外も撮れて楽しくなってた
2時間くらい撮ってた気分でいたけど、裸足サンダルの長距離では疲れたし、梅雨前で徐々に寒くなってくるし、帰ると猫がご飯時間を過ぎて待ちわびてて申し訳ないことをしたなと反省した
今回は紫陽花のみ、こうなったらフォトコンに応募するしかないと思ってる、他のは近い後日にブログで


生活道路を出ると、車の行き交いが極端に減る旧国道がある、そこで寝転がっててもセーフな感じ
脇にはだだっ広い畑があって、アジサイが数本植わってるのは昔から把握してた
けど他人の土地なので、大きい通路くらいしか足を踏み入れたことがなかった
今回テーマを紫陽花にしたので近寄るしかない
そうしたら、八重ぇぇぇーーー???八重のアジサイがあってビックリ


こんな近場にあったとは、八重は自然界でよくある?八重というと島根の品種の万華鏡しか知らん


近場に花びらが小さめの青いやつ


の隣に白


畑と国道を遮るようにアジサイの壁、日当たり良好な場所なので咲きすぎてて傷みもあった
この数m向こうは車がビュンビュン飛ばして走ってる


離れた場所にもアジサイ、でも近寄れなかった、雑草とともに
後ろの小屋的なものは我が家の倉庫の一部


旧国道沿いに、、下を流れるのは下水、ドブ臭かったのに大輪のアジサイは咲き誇る
花に人工物を入れたくなかったけど、入れるのも悪くないな、表情が出る


赤になるのか青になるのかの紫


昭和から建ってる家の納屋と古いアパートの間にも
光を求めて窮屈でも伸びたのかな


少し入った場所にコンパクト紫陽花


のアップ、ここも日当たり良好でかわいそうに傷みかけてる


もっと奥まった場所は山の入り口、もっと奥は神社があるけど遠すぎるので回らない、罰当たりめ
山にあるからヤマアジサイ?…なわけないか


ギュウ~ンッと伸びる、下の葉っぱはどこ行った?みんな上を目指すね


のアップ


なぜドライフラワーが残るのかね?
始まりと終わりが同居


みんな上を、上を目指してるんだ


どこか野性味感じる葉っぱツートーン、これも紫陽花?
調べると花は一重ガク咲きで春~夏は新葉と花を、秋にかけてはカラーリーフとして楽しめる白斑入りガクアジサイなんだと


止まれのすぐ先は農道が横切ってて、その下は徐々に平野部になっていき民家が密、田んぼもある
止まれのこちら側は山間部へと続き、木々はもちろん田んぼや畑があったり果樹や梅を誰かが栽培してるのか、土地を持て余して生やしてるのか?


帰り道は林道を下る、木々がすぐ脇にあるので日陰が多くて気温も低め
日陰のアジサイ、寒々とした白緑でこれから色付く


林道から横にそれると背の高い雑草とともに紫陽花も背が髙い、こんなのって可哀そうじゃない?


そして家に帰る、猫は怒る、予定時間大幅オーバーで体が冷えた
丸っこい花びらのドーム型になる紫陽花も色付いてきた、ここから下の画像が我が家の


違う種類も同居?色も違う


その奥はピンク系紫陽花
タンポポの仲間の長いやつも負けじと伸びる


まあよくある普通のただのアジサイ


朝日は当たるけど夕日は当たらないので長持ち


夕日が当たる方にはガクアジサイ、青だったりピンクだったり


ただの普通のやつのワイン色の花が枯れたので切ったらここから育つ?賭けで切ったよ
もういいかげん大地に植えてほしそうに、葉っぱが込み込み密だ
だが植える場所は近場にない‥‥‥‥


だってこいつの再生能力を見たら・・・賭けには勝ちそうな気が
たぶんどこかのブランド紫陽花、葉っぱの付き方が違うね、花が咲くまで行けるのか?
鉢から解き放たれたいとこいつも訴えてる

今回は紫陽花だったけど、次回か次々回はぶらり歩きで撮った別の植物を公開
名も分かる訳ない山の植物もあり
偶然にも中国地方は本日梅雨入りでゆるい雨が降ってる、昨日のうちに撮ってて幸いだった



 






Last updated  2022.06.14 21:08:38
コメント(0) | コメントを書く
2022.06.05
カテゴリ:一眼デジカメ-植物
早いものでもう6月、、月日が経つのは早いなぁ
大地に植わってるアジサイは早くもツボミを付け咲く気満々で、季節の移り変わりを告げる
"早い”というワードを重ねてみましたぁ
今までずっと平々凡々に生きてたけど、ここ2~3年は変化があることを感じてる
特に一眼をやってからいろんなことを見ようとするし、どこからのアングルが絵になる、とかを基準に見てしまいがちになって今はカメラが趣味に
一昨年の9月には思いがけず自分の脳の緊急手術、、緊急と言っても6月にCTで検査を受けてから状態の差を見るために3か月後に予約して行ったやつがヤバくて、即手術しないと手遅れになるということで心の準備もできないまま手術台に乗せられた
その翌月は父の内臓の手術、、これは数か月前から決まってたことだ
去年の5月末で8年務めた仕事を辞めて、これは脳の手術の結果いい方に気持ちがチェンジしたことから別のことがやりたくなったため
けれど7月には14年間共に過ごした愛猫がいなくなり、本来なら次の職探しをしないといけないところ、捜索の日々に明け暮れ次第に傷心が募りいたずらに月日が過ぎた
今年になってからは母に異常が現れ検査の結果、目の癌…脳も少し関係してて3月下旬に日赤から医大に移り手術入院、GW前に一時退院したものの今は抗がん剤治療で入院中
その間ペットロスも薄れつつあり、いなくなった愛猫が去年1月に赤ちゃん猫がここにいるよと教えてくれた猫が成長し今は朝夕ご飯を食べに来てる、、、ので飼いたい
ペットロスはこの外猫のおかげで癒えたのかもしれない…‥‥懐かんけど…
次の仕事も決まり、ちょっと楽しいかもと思え始めている今日
母が退院し復活したら、何もかもが順調になりいいことが舞い込むような生活を送りたい
その前に「お祓い」がいるな、こんなに立て続けに手術って、、、、、呪われとるわ
と日々思いつつ今日も撮ってみた、去年応募した猫のフォトコンの募集メールも来たのでまたいろいろ目指す…のもいいかな


我が家の敷地の隣にはだだっ広い野原があってここは近所の人の土地、だけど我が家のアジサイがそっち方面に向かって咲いてるので観察したり撮ったりする際は堂々と足を踏み入れる
このピンクはいわゆる普通のアジサイの咲き始めのとこ、ようやく色付いてきた


それを前ボケでアート的に撮ったとこ


その間近には丸っこい花びらのこんもりした紫陽花、まだ咲き始め
どれもピンクっぽかったり紫ぽかったりする


生活道路から見える場所にもガクアジサイ、の咲き始めで平たい形


去年弟が母の日に贈った小ぶりのアジサイ、ビバーナム・スノーボールか???もう終わる頃
薄ピンクから薄紫に、この瞬間を母は見れずに残念


先月の母の日に自分が贈ったワイン色ピンクの大きめアジサイ
の、花が終わったので思い切って花部分は切ってやった
枯れた花を抱えても次の成長の妨げになるし、余計な部分にエネルギーを使うのは負担になる
それに次の新葉が出てるので将来性ありと予想、思い切りの良さにいちいち怯まない
いい時期に大地に植えてやりたい


だってほらね、先月終えた短期バイトで植物を扱ってて廃棄するいうアジサイをもらって
車に乗せる際に花がジャマということで切ってやったらこんなに再生した
おまけに鉢にはハイドランジャーなんとか協会のシールが付いてて、もしかしたらどこかのブランド紫陽花かも、と思ったら花が咲くまでいくのかな?どんな色だ?どんな形?・・・楽しみだ
でも植える大地のスペースがない


野原の境の名も知らぬ木
の葉っぱがひらく前


こんな成長過程


知らん木が植物が境としてたくさん植わってますわ
手前の赤い葉っぱも何?


畑にはフルーツトマトが順調に成長中、これも短期バイトで捨てるというのをもらった苗
思いのほか強くて実を付けるほど、他のトマト苗ももらったので今年は買わなくてもOKかな?


で、トマトの合間にはバジルを植えると虫が付かないと聞いたので
これももらったものでスクスク成長、バジル自体に虫食いがあるけどね
いろんな戦利品に期待しつつ、食べられるものは育ってくれて我が家の恵みになるといい
母が帰ってきたら驚くだろうな、トマトばっかで、、もちろん他にもバランスよく植えてますが
自分は虫が、、、クモが怖いキライなので実が大きく赤くなる頃には近付けないな
その時には元気になった母が採ってくれるはず、誰もが収穫は好きだと思うので



 






Last updated  2022.06.05 20:51:50
コメント(0) | コメントを書く
2022.05.22
カテゴリ:一眼デジカメ-植物
あんなに辛かったホームセンターの植物担当バイトも終わり、今は呪縛から逃れ安らぎの中にいる
店で付けてたエプロンも返却できたし、重く感じてた髪も切り気分もスッキリで次の展開を迎えられそうだ
実は次は、パン屋なのにピザ系で攻めようとしてる店の仕事が決まった
基本はパン屋で西日本系列のフランチャイズのその店は松江の初老のオーナーが所有してて、全国で3~4店舗だけがピザ専でやってるのだと言う
この度、松江市郊外の、今はまだ田舎のその土地で攻めようというのだ
面接でそのような内容を聞いたら個人的に爺さんの理想に賛同の意見
市内のピザ屋はこの地まで宅配しない、、なので食べたい人は多くいて需要ありそうだし、価格によってはヒットするかもしれない、だだっ広い駐車場付きの便利なバイパス沿いにあるし
とにかく、やってみないと分からないという段階でのスタートを切ろうとしている
こっちは逆に協力したいしどうなるのか見届けたいし、成功するのを目の当たりにしたくなった
個人的によっぽど合わなくて人間関係で問題がない限り、できるだけ続けてやりたい気でいる
地元ハローワークにいい求人がずっと出ないこともあるし・・・出るのは介護や士や師と名の付くもの又は毎回同じ求人で嫌になる
コロナのせいもあるのか、各地でそういった状況に陥ってるのではないかな?

今回の画像は今月第2週から3週に撮ったもの
2週というとホームセンターでくたばりつつ働いてた時期も含まれるけど、逆に疲れすぎてアドレナリンが出て行動的になってた
実のところは猫が撮りたい‥‥‥‥去年の今頃は愛猫のシャムチがいたのに、、、今は毎日来てても懐こうとしないハクチがいるけど、心が通じあっていないのでいい画にはなる由もない
ただのスナップなだけ、1年前は猫のフォトコンテスト入賞を目指してたのにな
少し物足りなく、悲しく虚しい5月だ・・・
でも、、というわけではないけど植物はそこにあってこの時期は実に撮りがいがある、被写体の猫には負けるけど


シラー ペルビアナ
成長過程が面白い、尖がったツボミから小花が伸びて咲き終わりは広がって終わる


シャクヤク
丸く閉じた固そうに見えるツボミから1枚ずつ花びらを開く瞬間


いい香りのギンモクセイに可愛いミツバチ
ここから虫シリーズ


ギンモクにアゲハ?蝶、匂いに釣られたのかな?
この日は実に多くの蝶が飛び交ってて、花もいいけど虫も撮ってみてもいいかな…クモ以外


正式名アイスランドポピーというらしい、昔はケシの花って言ってた
どこにでも咲いてて雑草に近い?小さい蜂の仲間もこの時期は必死


アヤメに今まで見たことのない虫、蜜を吸ってて蜂の仲間?2匹いたのでペアかな?
調べるとシリアゲムシという名前、長い尻尾の先に針が付いててくるんと巻いてて刺すのかな?
福光村昆虫記というサイトでヒット、偶然にも島根県大田市温泉津の方がやってた、『温泉津』は『ゆのつ』と読む


花明不明
どこかから種が飛んできたのかなぁ?でも鉢の中から咲いてるので植えたのかな?雑草の部類?


レモンの花
花芯の先はもしかしてレモンになりかけ?どうなの?


フォーチュンベゴニア
派手に立派に咲き誇ってたけど、訳あって捨てるというところを救出
ここにも虫が


普通のアジサイで母の日に80%オフ、260円で1円のお釣り
島根やあちこちのブランド紫陽花もあったけど育て方の関係で普通のやつを選択、色に一目ぼれ
ワイン色に白ピンクのツートーン、よく見れば一鉢に2株が植わってた


源平シモツケのツボミ付く前、今年は背が髙く成長
ピンクと白の花が競うように咲く、源氏と平家の戦いを表現したような、と聞く
後ろはドウダンツツジの終わったやつ


白カタバミの葉っぱは繊細なクローバーのようでこれはどこかで購入したもの
隣の野原に黄色いオッタチカタバミとピンクのイモカタバミが生えてて、色違いで似てて野のやつは我が家に侵食中、野生は強い、違いは何じゃ?


ゼラニウムの花


ゼラニウムのツボミから咲き掛け
ツボミが四方八方に付いてて満開だとわずらわしいかな


去年の母の日に弟が贈った小ぶりに育つ種類のもの、ビバーナム・スノーボールというやつかも
枯れて死にかけだったけどどうにか成長、でもコンパクトで薄めのピンクになる


赤くなる前のアカスグリ


花明不明、毎年解明しない
細く背の高い枝に小さい葉と小花、違う枝に赤ピンク白、重みで垂れる感じ


ブタナ、、って名前どうよ?かわいそうじゃない?咲き始め
どこにでも咲いてて、ただ伸びるやっかいな雑草、タンポポの長いやつじゃないよ


白アヤメ、我が家では今の時期に咲き誇り
母がいたらすぐ生け花に使うんだろうけど、今は眼のガンで抗がん剤治療入院中


センリョウの5月、今年はここまで実がついて成長が早い気がするけどこんなもんかな?
今月はキラッと光るクモの糸が見え隠れしててどうにか避けて通れてたけど、来月は無理かも
本体が地面にも横にも上にもいるので警戒、気軽に植物なんか撮ってられないな
そばに懐く猫がいたらな・・・撮りまくるのに
昨日はバスケの島根スサマジが琉球に負けてしまって、気分ダダ下がり、でも心は凪いでいる
今日は勝ってくれるかな、でも勝ったら1対1になってあさってに3戦目だ
疲労を心配するわ、死んじゃうよ
今日は勝ってほしい反面、もういいわってお笑いのシメみたいに言ってあげたい心境



 






Last updated  2022.05.22 16:23:10
コメント(0) | コメントを書く
2022.05.01
カテゴリ:一眼デジカメ-植物
連休の仕事の合間に撮った庭先
短期バイトだけど客商売は土日祝なんて休めない
し、ホームセンターの植物担当なので思いのほか重労働、時給は高いけどね
3人応募で全員がもう二度とやらないと言い合って、求人情報と違う感がアリアリ
今日で折り返し、あと10日分の辛抱だ


スパラキシス・トリカラー、案外毒々しい色合いでツボミの時はこんな花が咲くなんて思えない


アヤメ?ショウブ?なんじゃラ?


レモンのツボミ、前回から成長してる


ミヤコワスレ満開中


マツバウンランのバックに青々としたアジサイの緑


5月のネギ坊主をアート的に


我が家の中庭
育ちに育った葉ボタン越しに、今回のスパラキシスの後ろにトキワマンサク
ほぼ雑草のマツバウンランも伸びる


多肉のルビーネックレス、これは玄関内
ルビーというけれど最初から緑で、黄色い小花が伸びる

今回は忙しくてこれだけ
でも一眼は合間を見つけて撮り続けたい




 






Last updated  2022.05.01 17:28:53
コメント(0) | コメントを書く
2022.04.24
カテゴリ:一眼デジカメ-植物
この半年、ネット系で仕事をしてるけど、やってることがたぶん在庫を持たない店だと思われる
雇ってる人が誰とか一緒に働いてる人が誰とかも不明で、、やり始め頃から薄々勘付いてきてて長くは続けたくなくなった
インチキっぽいし人様に公表したくもないので、そっちの方は辞めたく作業時間を縮めつつある
代わりに自宅から2キロ離れた場所にできた、新しいホームセンターの植物系の短期バイトを始めた
主に水やりや管理が仕事と求人には書いてあったのに、やることは重労働で休みはこまめにあるけど、1日終わって帰るとどっぷり疲れてる
休日も筋肉痛まではいかないが、腕の上げ下げやら体中に違和感がある
今までこの方、実家は田んぼや畑があるけど手伝いしたこともなく、体を使うことで初めてここまで肉体に影響があるのかと休日の寝起きのたびに実感してる
けど、時給高いし15日までの辛抱だし、一緒にやってる3人がいるのでムカついたことを言ったり励まし合ったりして乗り越えられそうだ
年齢は違うけど気も合う感じで、今回だけの付き合いなのですっぱり割り切られて気楽
途中合間に日陰に入ってねとか水分摂ってねとか社員から言われるけど、そこまでの日陰はないし飲み物置いておく場所もなくて、気休めの言葉と皆思ってる
死ぬような症状の人が実際に出らた対処を考えられるでしょうが…
ただ、強い日差しが当たってても山から吹く風の涼しさでクールダウンできる、田舎に立地しててよかった
これが系列の街中だったらと思うと、やってられない

昨日の朝の雨上がりに撮ってみた
疲れてるけど次に一眼の出番となる時はGWのイベントの石見神楽の日、なのでその予行練習
今回は雨上がりということで水滴や雨感を強調、どれも勉強だ


もう早くも家のツツジが人知れず成長
四六時中、日が当たらない場所なのに驚き


同じ木にピンク、そんなことある?


レモンの花のツボミ、今回は水滴がテーマなのでツボミはぼかし
今年こそ実を付けてくれて実食したいと夢がある


去年オカンが育てようとしたアジサイの挿し木が、一時はダメそうだったのに復活成長してた
ちょうど母が手術入院から帰って来てて、まだ見てないと思うので縁起がよさそう


コデマリもこれから


源平シモツケのツボミさえついてない段階
いずれ咲く花はピンクと白の競い合いで綺麗、水滴も美的


ミヤコワスレのピンク


ほぼ同じ場所に咲く紫
色によって成長に差があるのかな?濃い方が強い?


カタバミ?のつぼみ、ほぼ野の植物
ピンクもありますが、成長はまだで生えそうな雰囲気もない


ウグイスカグラの初期、もっと育つと食べてもOKな甘い実が付く、食べんけど


細く背の高いマツバウンラン、これも最近検索で名を知った
育ててないのに本当に近年になって家周辺で見かける雑草に近い


シャクヤクのつぼみ、雨に濡れてても存在感あり
これもいつの間にか成長してた、春の植物はあなどれん


以前は花がなく名前不明だったトキワマンサクだそうだ


木名不明、もっと成長したら判明するかも、隣どうし同じ葉の付き方が一緒


アケビの木の葉?水滴が存在感ありで一眼冥利に尽きる

去年、愛猫のシャムチがいなくなって心も折れて立ち止まって、前に進めなくなった
けど月日は経ちペットロスも癒えつつある、時が解決するって証明された
朝夕ご飯を食べに来る懐かない猫の存在があったり、またコンテストを目指したくもなってきた
明日はどうなるか分からないけど、何気にでも決めた思いや決意は笑われても心の中に留めておきたい
___にしても昨日もだけど、日本語モードにしてても別のサイトに移動しただけで、書こうとすると勝手にアルファベット表記になってしまうって何故?
過去にも同じこと経験、もう何やっても直せない、、次の更新で元に戻ることを祈る




 






Last updated  2022.04.24 14:30:05
コメント(0) | コメントを書く
2022.04.10
カテゴリ:一眼デジカメ-植物
過ごしやすい春になったけど日差しが暑いぐらい
どうせすぐに灼熱の夏になるんだろうな、、、毎度のことながら嫌だし少し身構える
短い春を堪能しようと思ってたのに、この季節の早変わりようは温暖化のせい?
昨日も書いたけど母が入院して、コロナのせいで見舞いはもとより面会もできない
松江から出雲の医大に行ったので、おいそれと気軽にプラっとは行けない
明日でちょうど2週間になる、元気でいて手術も成功し元通りに復活してほしい
家の家事を任されてるのでちょっと疲れてきてるし、イラっとする瞬間を感じて普段はこんなことないのにな、とも思って反省
洗濯機回してる間に、思いのほか花木の種類が多いと気付いたいつもの庭周辺の4月を撮った
朝夕ご飯食べに来てる猫は発情期のオスに付きまとわれて姿を見る回数が減ったし、今時分撮りたいものといえば猫意外に植物くらい
去年はコンテスト入賞を視野に入れてたけど、母のこともありまだ考えてはいない、というかそんなことしてる暇がなくなった(けどチャンスがあれば…)
写真を撮ってるひと時は自分の世界、スローに時間を感じたい←気持ちだけは


ペチコートスイセン
春は黄色が多い


アカスグリの花の咲き始め
これに赤い実がツブツブとできるんだな、こんな所にクモの糸、ヒャ~


植物名不明
枝から直に花が咲く?


アケビの花
実がなったことはない、オスメスあるのかな?


植物名不明
同じ茎からツートーン、成長過程


レッドロビン
名前が男前


ハナニラ
畑でも庭でもどこにでもいる


植物名不明
山の木?

にしても嫌いな蜘蛛の存在が見え隠れしてきたな、、、
これが自然の摂理で従い、生きとし生けるものは活動的になりたい




 






Last updated  2022.04.10 14:36:47
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.