バカネコ日記

龍とネコ


バカネコ劇場


龍とネコ

 

 


第1章 龍宮城のハズだったのに

むかしむかし、落ちこぼれ村にトドという漁師が住んでおった。

ある日、外に出てみると村の子供たちが、1匹の子猫をいじめておった。
ネコ好きのトドは、ウンコ爆弾を投げつけて、悪ガキどもを追い払い、
にゃんこを助けてやったそうな。

にゃんこは、泣きながらお礼を言い、竜宮城に案内すると言い出した。

「はて? 竜宮城はたしか海の中にあるはずだが?」

ごろごろと喉を鳴らすにゃんこを見て、トドは首をかしげた。
とてもじゃないが、その背中など乗れるわけがない。
そもそも、ネコって泳げたっけ?

辞退したのだが、しつこく、すそをくわえて引っぱるので、
ひとの良いトドはしかたなく、チビにゃんこのあとを、ノコノコと
ついて行くことにした。

着いた先は、蓮の池ではなかった。
もちろん、お釈迦さまもおられぬ。

タダの砂浜である。


「みゃ~おん」
子猫が天を見据えて、ひと声鳴くと、にわかに一天かき曇り、
激しい雨とともに稲妻が走った。

とどろく雷鳴におののき、ふとみると、いたはずの子猫がいない。


「手を貸せぇ~っ、貸さねば今ここで、取って喰うぞ」

頭の上から、割れるような大音声。
見上げれば、見るも恐ろしい巨大な龍が大きな口を開けていた。

ギラギラしたウロコ、雲を踏まえ、山をつかみ、
その身の丈は何キロあるのか、見当もつかぬ。
まさか!

その、まさかである。
煌々と光る龍の眼は、まごうことなき子猫のそれであった。

「今、ワシは島の改造をしておる。 来て働くのだ」

「はは~っ」

イヤも応もない。 取って喰われてはたまらん。
トドは、子猫を助けたことを後悔していた。
あの、にゃんこが龍だったとは...バケネコじゃ...

「あ、あの、どちらへお伺いすれば、よろしいんで」

「添付例島じゃ」

へ? テンプラ...? 改造?


龍はにやりと笑った。

「むふふ、実はの、わしも落天日記でアフィリエイトを始めたんじゃ。
 よう分からんが、テンプレートなら簡単と聞いてな」

「へ...へい」

「ところが、配置はズレるわ、字の色もおかしくなるわ、
 リンクなんぞ、さっぱりわからん。 くそー。
 もう、我慢の限界じゃ~、 がおーっ! 」

「あ、あのー、それで...?」

「教えろっ!」

 ガブッ!

龍はいきなり大きな口で、トドをくわえると、激しい雨の中、
さいはての添付例島に向かって、空高く舞い上がっていった。

あわれ、トドの運命や如何に?

                   解説: テンプレートってのは何じゃ?




第2章 決死のテンプレート 

龍に噛みつかれ、雨の中でさらわれたトドはいったいどうなったのか。
さいはての添付例島とは、どんな島なのか?

龍のキバが、背中にくい込む。
すさまじい勢いの雨に顔を叩かれる。 
痛くて目もろくに開けられず、どの当たりを飛んでいるのか、見当さえ付かぬ。


...いきなり放り出された。

「あたた、痛ってぇ~」

見回せば、草も木もない荒れ果てた海岸。
雨はすっかり上がり、浜は乾いている。
そして、目の前に龍がとぐろを巻いて待ちかまえていた。

「早速じゃが、これを見よ」

龍が指し示したのは、旧式のパソコンに映し出された、
作成途中の悲惨なホームページだった。

文字も写真もぐちゃぐちゃ、せっかくのテンプレートは
原形をとどめておらぬ。
なるほど、これでは、吼えたくもなる...。


そう、あれから今日で3日目。 龍にさらわれたトドは、
いつ食われるか、いつ食われるかとびくびくしながら、
ここ添付例島で、巨大龍の家庭教師をさせられているのであった。


「え~、ですからですね、ここのタグの指定が...」

「タグなんぞ、分からんちゅーとるだろーが、ボケ!」

「だったら、ソフトで写真の大きさを調整しないと...」

「そのソフトが言うことを聞かんのじゃ、くされ漁師め!」

自分の無知を棚に上げて、龍は脅しつけた。
どこにでも、こんな上司や客はいるものだが、ふつうは人間である。
こいつは違う。 さすがに喰われるのだけは、ごめんこうむりたい。

くされ漁師は必死にテンプレートの講義を続けた。
だが、重なる疲労から、めまいがして、思わずふらついたときに
ふところからコロッと落ちたものがある。

それを見た龍の反応を、トドは見逃さなかった。

「ははん、そうか。 だったらチャンスはある...」



第3章 漁師トドの逆襲 

龍の眼が、キラーーン!

「ははーん、そうか。そうだったのか...」

くされ呼ばわりされた漁師は、急に落ち着いた。
トドはころがりおちた団子をしまうと、そばに生えていた草を1本耳にはさんで、
龍の方に向き直った。

「えー、HTMLというのはサンドイッチみたいなものでやして、
 タグでテキスト文字を挟むことで機能いたしやすです。

 このテンプレートはテーブルという、表組みで出来ておりやして
 <table>と</table>で囲むことからスタートいたしやす。

 でもって、この中に、それぞれの行を表す<tr>と</tr>で
 囲まれた部分でごぜーやす。

 で、そのまた中にある、<td>と</td>で挟んだヤツが、
 列を作っている部分でやして、これがそれぞれのマスにあたりやす。
 この中に、文字だの、画像の場所だのを書くことで表が完成するんでがんす」

龍は、小難しい説明など、まったく聞いていない。
トドの耳に挟んだ雑草に、完全に気を取られている。

「やっぱり...」

漁師はふところから、さっきしまった団子を取り出し、
龍の目の前で、右へ左へとみせびらかしてから、
ひょいっと、放り投げた。

またもや、キラーーン!
目の色を変えた龍は、なりふりかまわず団子に飛びついた。

ボフーンッ!

白煙とともに巨大な龍は、一気に縮んで、一尺ほどのサイズになった。
それでも、トカゲサイズのミニ龍は夢中で団子にむしゃぶりついている。
それに、なんだか様子もおかしい。

漁師は落ち着き払って、その首根っこをつまみ上げ、ポーンと放り投げた。
龍もさすがに、今度は正気に戻ったようである。
「なんのっ!」

くるくるくるっと空中で回転したかと思うと、コマネチ顔負けの
見事な着地を見せた。
「このクサレめ、何をするかぁ~っ」

「ほお、喰い殺すか? やってみれ、ホレホレ」
トドは耳に挟んでいた雑草をかざすと、穂先をしゃらしゃらと振った。

「うお! それよこせ、よこせ」
「やんないよーだ」


ここは、バカネコ村の北の海岸。 村から2キロと離れていない。
添付例島などとは、まっかなウソ。
どうやら、毒も切れたようで、幻覚もおさまってきた。 

目の前で、しゃらしゃらと振り回すエノコロ草、別名ネコジャラシに
飛びついているのは、三日前、いや、ついさっき助けてやった子猫である。

「裏山のキノコをワシのみそ汁に混ぜるとは、こしゃくな。
 マタタビ団子やネコジャラシに飛びつく龍がどこにおる!
 キャット空中三回転なんちゅうワザは、ネコ族しか使い手はおらんわ」

「ふにゃーん、ニャンパラリしないとアタマぶつけるんだもん~。
 ごめんにゃさい。 カツブシが欲しかったんにゃー。
 それで、アフィリエイトで稼ごうかと...にゃん、ぐすん...」

「いじめっ子から助けてやったのに、ホントにネコは恩知らずじゃ」

「実は、子供たちがフライドチキンを持っていたので、もらおうとしたんにゃ。
 この三日間、何も食べてにゃいんで...ぐすん」

そんなに腹が減っていたのか。
トドはなんだか、急に気の毒になった。

「いいか、にゃんこ。 ネコがホームページを作ったり、
 ましてアフィリなんぞ出来るわけがあるまい。
 ネコはネコらしく、ネズミでも探すんじゃ」

「でも、バカネコ講座はネコでも分かるって...」
「うっ...!」

ネコにやりこめられた漁師は、残り飯にカツブシを混ぜて
食べさせてやることにした。

これに味をしめた野良猫は、それからすっかりトドの家に居座ってしまい、
ついには、バーニャンと名付けられて飼い猫になったそうな。

ちゃんちゃん。 おしまい。




※この物語はフィクションです。

  その他のお楽しみページ
とにかく笑いたい方はこちら   → 爆笑ガイド
これはネコ好きには目の保養  → にゃんこのコスプレ
帰ってきた寅さんの実演販売? → 楽しめるアフィリ
 
 













Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.