バカネコ日記

フリーページ

2004年07月11日
XML
カテゴリ:バカネコPC講座


はあぁ、やっぱ説明が必要ですにゃ~、めんどくさいけど...。



超おおざっぱですが、とりあえず、このくらい知っておけば、
なんとかなるでしょう。

よく使われる基本的な画像にはGIF(拡張子.gif 以下同様)、JPEG(.jpg)、
Windowsではビットマップ(.bmp)、MacではPICTなどがあります。
HPなどではgifやjpgがよく使われますが、特徴を以下に挙げます。


 形式 サイズ 可逆性 最大色数    特徴
--------------------------------------------------
 bmp  最大  可   1600万色  バカでかい
   
 jpg  最小  不可  1600万色  劣化

 gif  小   可     256色  透過・アニメ
--------------------------------------------------


つまり、色をきれいにしかもサイズを小さくしたいときはjpgを使います。
しかし、編集・保存を繰り返すと画質が劣化するという欠点があります。

jpgは保存するときに細かいデータは、はしょって圧縮保存します。
これが高圧縮率の秘密なのですが、画質劣化の原因でもあります。
いったん圧縮保存されると元には戻せません。(不可逆性)

従って何度も修正・調整しなければならない画像データはこの形式で
保存すると誤差が増えてだんだん汚くなります。

そこで修正中は劣化しないbmp形式で保存し、完成したら最終段階で
jpgに変換します。 これをHPに貼り付けるわけです。

ただ、bmpのサイズの大きさはハンパでなく、フルカラーの画像は
平気で数十メガバイトに達します。

そのままでは、とてもメールに添付できる大きさではありませんので、
zipまたはlha圧縮して、やりとりするのが普通です。
bmpを圧縮すると、だいたい1/10くらいになります。

ちなみに、JPEG形式のファイルはすでに圧縮されていますので
ツールを使って圧縮してもサイズはほとんど変わりません。


最後にgifについてですが、人物像などをjpgとgifで比較してみると
明らかにjpgの方がきれいです。256色しか表示できなくてjpgよりもサイズが
デカいのになぜ使われているのか?

やはりGIFアニメと呼ばれる動画ができることと、透過色が使える利点が
あるからです。背景に直接書いたように見えるロゴなどもそうです。


編集を前提とした画像データをやりとりする時は、bmp形式のものを
適当なソフトで圧縮して送れば、劣化が少ない分、きれいに仕上がります。






この記事がおもしろかったと思う人は1票! クリック →
 おもしろかったらクリックしてね




この日記は、画面右上の「日記リンク追加」 をクリックして、「◎追加する」ボタンを押すと

リンクされ、新着記事があなたの日記に自動的に通知されます。



 






最終更新日  2004年09月08日 16時33分02秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

バックナンバー

2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月

プロフィール


海獣トド

コメント新着

 海獣トド@ Re:意外な一面に触れて。(08/14) 泡雪さんへ >マザーテレサって本当にす…
 海獣トド@ うめぼしがキラリ☆さんへ >ひゃー、ブログさぼってる間にトドさん…
 海獣トド@ 鵜の岬さんへ >これからも・・ヨロシク・・ね こち…
 海獣トド@ sshijimisanさんへ >でも、トド様のおかげで少しの村民は救…
 海獣トド@ もぐらのこさんへ >日記の下書き機能残ってるよ(^-^) …
 海獣トド@ archfelisさんへ >せめて12日一杯残せばいいのに・・・…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.