バカネコ日記

フリーページ

2005年08月15日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
バカネコ村の記事を検索する
マザー・テレサとお会いした時のことを書いたら、意外なほど反響が大きかったので、
もう少しだけ、思い出しながら、書き足そう。

マザーが作った施設は、実にいろいろある。
中でも、孤児院や死を待つ人の家は、よく知られていて、
筆者も訪問した。

死を待つ人の家では、低いベッドが、野戦病院かと思うほど、
ぎっしり並んでいた。
ベッドの間隔は、世話をする人が、やっと入れる程度。

高さ30センチほどの、ベッドというのがまた、ビニール張りで、
担架のように狭く、質素というか、なんというか...

そして、そこに病気の老人たちが、ずらりと並んで寝ていた。
身寄りがないか、もしくは見捨てられた人たちだ。
マザーたちが、保護しなければ、路上でネズミに食われる。

筆者らは、ただ見学のために訪問したのだが、
外国からのボランティアと思ったのか、異常にありがたがる人もいた。
何かを必死に訴える人もいた。 もちろん、言葉はまるで通じない。
通じないと分かると、迷惑そうな顔をする人もいた。

中には横たわったまま、筆者の手を取り、自分の顔や額に押し当てる老婆もいた。
まるで、超能力を持つ聖者か何かに、癒しを求めるかのようだ。
もちろん、筆者に、病気を治す神通力など、ありはしない。

いきなり、手をつかまれて、病人の顔に押しつけられた時は、
びっくりした。
正直に告白すると、とても恐ろしかった。
もしも、病気が感染したらどうしよう、などと、一瞬、考えた。

死と向き合う人のところへ、ずかずかと踏み込んでおいて、
自分のことしか考えない、身勝手な自分に、もろに直面してしまった。
...情けなかった。

神のご加護がありますように...
無信仰だが、そう言ってあげるのが、いっぱい、いっぱい。

それにしたところで、英語が、はたして、通じているかどうか。
インドで使われている言語は、少なくとも30以上ある。
結局、何もしてあげられなかった。




孤児院も訪ねた。 
幼児たちの世話をしていた人は、こう説明してくれた。
「ここにいる子たちは、みんな障害があるの。 全員よ」

何も、言葉が出なかった。



恥ずかしいことに、筆者はマザーについて、ほとんど
予備知識を持たずに会いに行った。
帰国してから、彼女に関する本を買った。

1981年の刊行だから、20年以上も前の古い本だが、
非常に生々しくレポートされている。

今でもあるのか探してみたら、絶版にはなっていないようだ。
たしか1500円くらいだったと思う。
沖守弘さんという方が書かれた本で、あふれる愛という副題のついた、
マザー・テレサ」 だ。

この人は写真家で、自分の目で見たままを、写真とともに書きつづっている。
当初、特ダネ狙いの下心をかくして、マザーに近づいたが、
マザーの心と純粋さに惹かれ、しだいに、本当の意味で、
理解していく様子が描かれている。

彼には申し訳ないが、マザーにたしなめられる場面などは、おもしろい。
むやみやたらと、賛美するのではなく、自分の目で見た体験談として
まとめているので、自分が、そこに居合わせているかのような、錯覚を覚えた。

マザーの修道院のユニフォームは、白地に青い3本線の入ったサリーだ。
これを着ることが出来るのは、シスターだけ。 見習いは、無地の白いサリーである。
あそこのボランティアになるのは簡単だが、シスターになることは、簡単ではない。

サリーの青い3本線の意味、ノーベル平和賞を受賞した時に、叱られた話、
マザーが、施設の建設資金を、どうやって工面したかなど、
興味深い話が、数多く記されている。

マザーには、悲壮感などかけらもなく、それどころか、強く、明るく、
ユーモアに満ちていたことがよく分かる。
偉大という賛辞よりも、慈愛という言葉が、よく似合う。

そういえば、実際にお会いした、あそこのシスターたちも、明るかった。
彼女たち、冗談もお好きなようだ。


マザー・テレサこの本の裏表紙には、次のようなメッセージがあった。
「 神とは愛です。
 神があなたを愛するがごとく、他の人々を愛しなさい。
 そして、この愛を通して、世界に平和をもたらすのです。
 あなたに神のご加護がありますように」
                      マザー・テレサ



買った当時は、何も知らなかったから、興味深く、面白く読んだが、
今、読み直すと、涙がにじむ。
もちろん、悲しいからではない。

筆者の昨日の日記を読んだくらいで、涙を浮かべた人は
ハンカチを用意して読んだ方がいい。 もし、手に入るなら、だが。


【トド短信】
 本日はネコの写真なし。
 マザーの写真もなし。
 沖さんの最新刊は、2002年のマザー・テレサ かぎりない愛の奉仕。
 

【ダウンロードページ】
・楽天日記専用バックアップツール、バーニャン3号のサンプル版、
 「バーニャン・ミニ」のダウンロードはこちら。
・にゃんタグのサンプル版は、このページの中段付近。
・バカネコ・ビューアのダウンロードはここ。

1日1票! ブログランキング↓
ぜひ、クリックしてね



ネコでもわかるPC講座はこちら → バカネコ講座


悲惨なキャンセル事情 バカネコ講座 バカネコソフト バカネコ村 爆笑ガイド 猫砂の研究 パソコン購入費用の削り方 現物の投下位置 ずぼらなアクセスアップ ページを読みやすくする方法 バーニャン・ミニ 楽天日記のバックアップ にゃんこのコスプレ テキストリンク下線の消し方 楽しめるアフィリ 己を知れ 自分のPCを知る バカネコ・ビューア バーニャン3号 にゃんタグ・フルバージョン 文字カウンタ 【楽天トラベル】


画面右上「日記リンク追加」をクリック、「◎追加する」ボタンを押すとこの日記がリンクできます。
このサイトの新着記事の通知をご希望の方はご利用ください。






最終更新日  2005年08月16日 02時37分25秒
コメント(26) | コメントを書く

PR

バックナンバー

2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月

プロフィール


海獣トド

コメント新着

 海獣トド@ Re:意外な一面に触れて。(08/14) 泡雪さんへ >マザーテレサって本当にす…
 海獣トド@ うめぼしがキラリ☆さんへ >ひゃー、ブログさぼってる間にトドさん…
 海獣トド@ 鵜の岬さんへ >これからも・・ヨロシク・・ね こち…
 海獣トド@ sshijimisanさんへ >でも、トド様のおかげで少しの村民は救…
 海獣トド@ もぐらのこさんへ >日記の下書き機能残ってるよ(^-^) …
 海獣トド@ archfelisさんへ >せめて12日一杯残せばいいのに・・・…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.