000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

高齢猫の慢性腎不全闘病記

全3件 (3件中 1-3件目)

1

イソロクの話

2006/03/06
XML
カテゴリ:イソロクの話
今日あたりが啓蟄(けいちつ)と呼ばれる日らしい。
細かい話はよくわからないのだが、とりあえず冬眠していた虫たちが姿を現す頃、という意味らしい。

今住んでいるアパートは、目の前は民家の庭なのだがミョウガのような植物が茂っており、アパートの脇道は林、道を挟んだ向かいには牛舎があるという環境だ。
なので、いろんな虫がやってきそうで怖い。

実家にいる頃は、植物を育てていたこともあり、虫は身近な存在だった。
庭を掘ればカブトムシの幼虫のようなものが出てきたし、ミカンの木があったからか、アゲハ蝶も絶えず飛んでいた。
セミの抜け殻をときどき発見することがあったが、一度だけ運よく羽化する瞬間に立会い、生命の神秘に感動したものだ。

そんな中、特にお気に入りだったのがカマキリとカナヘビ(トカゲ)。

カマキリは庭のナンテンの木に卵を産みつけ、翌年の春に大量に孵化した。
そのときの写真はこちら。
※虫が嫌いな人は絶対にクリックしないでください

いつのまにか散り散りになってしまったが、それでもカマキリの姿は絶えずあった。
イソロクがやってくるまでは…

もうひとつのお気に入りであるカナヘビ(トカゲ)は、庭の中心に置いてあったモクレンの切り株近辺で繁殖していた。
隣には植木鉢に水を張った池のようなものがあったので、ちょうどいい場所だったのだろう。
最盛期には、小さくて黒々したかわいいやつが5~6匹、毎日のように切り株の上でひなたぼっこをしていた。
そのときの写真はこちら。
※爬虫類が嫌いな人は絶対にクリックしないでください

これはあまりよい写真ではないのだが、それでもあの頃の大切な思い出だ。
もう決して帰ってこない…

あの頃、庭の生態系は完成していたのだ。
いろいろなものがうまく循環して、しぶとく美しい自然を体感できるすばらしい環境だった。

そこに、イソロクがやってきた。
匍匐前進で忍び寄る危機。

翌年の春、カマキリもトカゲも庭から姿を消していた。
多分、そのときから、自分はこの猫を好きになることはできないだろうと思うようになったのだ。

去年秋、実家に帰ったときに、母から「またカマキリが卵を産んだ」と聞いた。
急いで見てみると、以前と同じ、ナンテンの木に卵が産みつけられていた。
嬉しい反面、孵化するであろうミニカマキリたちの未来を思うと不安でならない。

啓蟄、ということは孵化はもうすぐなのかな、と思う。
どうかミニカマキリたちの未来が明るいものでありますように。


木登りイソロク



人気ブログランキング






Last updated  2006/03/07 12:34:47 AM
コメント(1) | コメントを書く


2006/01/29
カテゴリ:イソロクの話
所用のため、ニャンタンをアパートに残し実家へ。
外で気持ちよさそうにひなたぼっこしているイソロクに会う。

まるまる太って健康そのもの、と思ったのもつかのま、よく見ると肩付近の毛が抜け、皮膚が赤く腫れ上がっている。
慌てて母に聞いたのだが、言われるまで気付かなかったという。
傷を見た感じでは、怪我して間もないようにも見える。

近所の猫と喧嘩したのだろうか?
とんだおてんば娘だ。


人気blogランキングに参加しています。応援してくださる方、クリックお願いします → 人気ブログランキング






Last updated  2006/01/31 01:12:52 AM
コメント(8) | コメントを書く
2005/11/27
カテゴリ:イソロクの話
週末、実家に帰ったので、イソロクの写真を撮ってきた。

イソロクは数年前、実家に迷い込んだ猫だ。
まだその頃は自分もニャンタンも実家で暮らしていたし、トラという猫もいた。
そこに飛び込んだ新参者…

まだ子猫のようだったし、声も小さく、人懐っこい。
足が短く、歩くと匍匐前進のようである。
しかし数ヶ月経っても、イソロクは小さかった。
小柄な種類なのだろう。
足も短い。しかし少しずつだが丸々と太ってきた。

そして…ニャンタン、トラを凌駕する強さ。
まさに猫である。

実家では猫たちは外出自由の生活なのだが、イソロクがやってきたことによって、庭の生態系は確実に変わってしまった。
イソロクの狩りによって…

イソロクの話は、また機会があればしたいと思います。

人気blogランキングに参加しています。応援してくださる方、クリックお願いします → 人気ブログランキング






Last updated  2005/11/28 09:31:37 PM
コメント(8) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


© Rakuten Group, Inc.