2021年02月21日

国際詐欺

(4)
カテゴリ:カテゴリ未分類
お久しぶりになってしまいました。
 パソコン買い換えました。
 LANも早くなり使い勝手はいいですが、仕事に使っているので会社の電子証明書やアプリをインストールするのに時間がかかりご無沙汰してしまいました。

 僕は、フェイスブックもやっています。
 ほとんどは、友達登録した方の近況のアップしているのを見てたまに「いいね!」をするくらいなのでこちらから記事をアップすることはあまりありません。

 そんな中アメリカ人の女の子から友達申請がありました。
 プロフィールを見ると、看護学校に通っているという子でした。

 英語の勉強にもなるしいいかな?と思い承認しました。
 その後メッセンジャーにそのこから連絡が来ました。

 今イエメンで内戦の負傷者の看護をしていると。
 「仕事で疲れて家へ帰ってもだれとも話ができないのはさみしいから暇なときにLINEしないかと言われました。」
 LINEのIDを教えて、夜中にLINEをするようになりました。
 もちろん英語です。

 昔東京にいたころは、外国人と接する機会が多かったので少しは英語はできたのですが長野にきて全く接する機会がなくなったので今は積極的に話はしませんが多少はわかります。

 もちろん英訳アプリも駆使してですが。

 イエメンの時間が日本より7時間遅いので、彼女の仕事終わりは日本人の僕がすでに寝ている時間になるのですが看護師という仕事上時間も休みも決まっていないらしいです。

 大変な仕事をしているものだと感心しました。
 イエメンは、長く内戦状態が続き最近は病院や学校までも爆撃されることもあるとネットにありました。
 おかげでイエメンの内戦とロヒンギャ難民の事は調べました。

 日本に行きたいと言っていました。
 「今は、コロナで入国するのはむずかいいかもしれない。」というと「私は、医療従事者なので大丈夫だと思う。」と・・・

 そのうちに「今のイエメンは戦闘が激しくなってきたので私は休暇を取って日本に行きたいといい始めました。」 
 ワシントンの病院のURLとメールアドレスを送ってきてここに私が休暇をとれるようにメールをしてくれというのです。

 その病院のホムペは確かに病院らしいのですが、お医者さんと看護婦さんの写真はあるのですが誰も白衣を着ていないので違和感を感じました。

 すると1、2日後に病院から返事がありました。
 おめでとうございます。
 「あなたは奥さんと休暇を取ることができます。
 この口座に25000ドル振り込んでください。契約違反なので」
 という返事でした。

 いつの間にか奥さんになっている。
 なんで知らない人のために25000ドルも払わなきゃいけないのかと思い彼女にLINEしたところ病院は25000ドルといったが本当は2500ドルだ。
 今すぐにここへ振り込んでくれと返事がらいました。

 その後は彼女のLINEはブロックしています。
 病院に送ったパソコンのメールアドレスにも今のところは何も言ってきません。

 皆さんも気を付けてください。
 突然SNSのアカウントに友達申請をしてくるのはいいとしても、その先は危険です。

 気を付けるようにこのブログをアップさせていただきますね。


 最近少し暖かくなってきたのでゴクウの行動も活発になってきました。
 もう12歳になり人間の年齢では、僕より年上になっているのですが毎日食欲もあり元気に飛び回っています。

 最近またシンガポールの弁護士だという人がメッセンジャーに連絡をしてきました。
 まだ少ししかメールを交わしていないのですがこれもわかりません。
 詐欺には、引っかからないように気を付けましょう。





TWITTER

最終更新日  2021年02月21日 17時33分26秒
コメント(4) | コメントを書く