000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Яegret is not useful

百夜光

お前がいなきゃ俺じゃなくなる
ほら、案の定そうなった
忘れたいけど忘れない。付き合う前も別れた後も俺の原動力になっている
もう届かない知ってる
追えば辛い知ってる
でも懲りてないって思ってた時に書いた詩
だいたい高校1年かな?これ書いたきっかけでバンドやったしこれが俺のターニングポイントの詩だよ






   月を背後に



猫は泣く



   生きる証を



        声に出し


   生きる強さを



        夜通し叫ぶ



一人夜道に



   生を呪う









   月を背後に



僕は無く



   愛の証を


       胸に秘め


   愛する強さを



探し求める



       君が好きだと




永久に叫ぶ



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.