ぶるどっぐロンディ&にゃんこの部屋

フリーページ

全て | カテゴリ未分類 | ロンディのあれこれ | 超簡単手抜きレシピ | にゃんこの独り言 | 今日のメニュー | アンティークグラス | 昔は良かったなぁ・・ | アンティーク | 着物が好き! | ロンの独り言 | 最近 思う事 | キッチン用品 | あんまりだよね~! | わんにゃんに危険な食べ物・植物他 | お役立ち情報 | 趣味の器 食器 | 海外旅行 | 病気と上手く付き合おう | インディアンジュエリー&グッズ | 母からの贈り物 | わんだほ~! | 兄と妹 | なんてこった! | 今日は何の日・・ | 今日の一言 | ぶるどっぐ と言う名の不思議な犬 | ブルドッグより愛を込めて・・ | あ薦めの店 または 品 | 絵画が好き! | 絵画の好みも歳とともに変わる | 料理が好き! | 父からの贈り物 | 許せない! | 姉と妹 | 何だ こりゃあ~? | 男と女 | にゃんことブルとエトセトラ | 不思議な世界 | アンティークが好き | PC世代と携帯世代 | ガキ大将が行く | 男子厨房の薦め | お薦めの映画 | Jazzが好き!特にボーカルが・・♪ | 緊急 拡散 希望~! | トホホ・・・ | フィギュアスケート | エジプシャンマウ | やってらんない! | 気になったニュース | ヴァイオリン どっこいしょ! | ふざけるな! | マスゴミを許すな! | 政治が どうなってるのか?
July 23, 2019
XML
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

​​国政選挙6連敗の朝日新聞、
毎度お馴染み“劣化コピー”の恨み節
​http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-3530.html​​​​

7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員選挙は、
安倍自民の圧勝で幕を閉じた。

私の選挙区、埼玉では自民党の古川候補が全く危なげなく勝利し
全国比例で票を投じた衛藤晟一候補は、朝の4時41分になって
ようやく当確が出た。自民党は改選前から議席を減らしたが
単独で過半数を獲得したのだから、誰も文句は言えまい。

​​​安倍総理のもとでは、自民党は国政選挙6連勝だ。
しかも増税を引っ提げて選挙に勝つというのは極めて稀有である。
安倍政権は暫く安泰だろう。
二階幹事長など、早くも安倍四選に言及したほどである。

(にゃんこは安倍4選を望みたいが体力が持つか?心配しています。

​​​だって安倍総理の代わりになれそうな人材・・世界で通用する総理・
見渡しても官房長官位しかいない・・でしょ?)
​​



​​安倍自民が国政選挙6連勝
ということは、当然ながら、​

​アベガー陣営は6連敗だ。​​​​

私は国政選挙の翌日の朝日新聞の社説を面白おかしく読んで
いるのだが・朝日の恨み節は表現は変えながら言っている事
は毎回同じだ。過去の社説を見てみよう。

まずは・2014年12月の総選挙だ。
自民党が議席数の約61%の291議席を獲得し・民主党(73議席)
を凌駕した大勝の翌日の社説だ。

​​​​(社説)自公大勝で政権継続 分断を埋める「この道」に
(朝日新聞 2014年12月15日)
-----------------
突然の解散で始まった師走の衆院選は・自民・公明の与党の
大勝に終わった。
自公両党が過半数を制する参院とあわせ・安倍政権は極めて
強い権力基盤を再び手にしたことになる。ただし・それは
決して「何でもできる」力を得た事にはならない。
憲法に基づく民主主義は選挙の勝利によって生まれた政権に
全権を委任するものではない。
----------------------​​​​

​​​​朝日はこの「白紙委任ではない」というフレーズがお好きな
ようだ。だが/・白紙委任ではないというは単なる負け惜しみ
のことばに過ぎない。

お次は・3年前の参院選である。自民党は、改選数50に対し
55を取って再び大勝。朝日の社説は相も変わらずだ。

​​​​(社説)自公が国政選4連勝 「後出し改憲」に信はない
(朝日新聞 2016年7月11日)
---------------------
「アベノミクスは失敗していないが・道半ばだ」という
首相の説明には首をかしげても「しばらく様子を見よう」
と有権者の多くは現状維持を選んだと見ることもできよう。
-------------
安倍自民の大勝を消極的支持が後押ししたと矮小化する
意図がミエミエの社説である。
理由はどうあれ・自民党が勝利すること自体・朝日には
許せない事なのだろう。翌年の総選挙でも全く変わらない。​​

​​(社説)政権継続という審判 多様な民意に目を向けよ
(朝日新聞 2017年10月23日)
------------------------
だが首相は勘違いをしてはならない。
そもそも民主主義における選挙は勝者への白紙委任を意味
しない。過去5年の政権運営がみな信認され・さらなる
フリーハンドが与えられたと考えるなら過信にすぎない。
----------------------
また出た!「白紙委任ではない」という恨み節。
まるで前回の総選挙のときの社説の劣化コピーである。​​

そして一昨日の参院選の結果を受けた朝日の社説がこれだ。
劣化コピーはまだ続く。

(社説)自公勝利という審判 「安定」の内実が問われる
(朝日新聞 2019年7月22日)
-------------------------
首相が訴えた「政治の安定」は・ひとまず有権者に支持
された形だが「1強」による長期政権のおごりと緩みは
誰の目にも明らかになっている。

有権者が一票に託す思いはさまざまであり・今回の選挙結果
をもって改憲にゴーサインが出たと受け止めるのは乱暴に過ぎる。

民主主義における選挙は・勝者への白紙委任ではない。
野党や国民との対話や議論抜きに国の針路を正しく定める事
はできないはずだ。
-------------------
朝日は“「1強」による長期政権のおごりと緩みは誰の目
にも明らか”と書いているが・朝日の「誰の目にも」に
私の目を含まれるのは迷惑千万だ。

そしてこれは自民党に票を投じた大方の有権者への冒涜である。
「白紙委任ではない」がまた出て来るが・総理総裁はそんな事
をひと言も口にしてはいない。
結局「白紙委任ではない」という論調は「安倍政権が暴走する」
可能性を示唆した朝日のレッテル張りで・火のない所に煙を
立てようとする企てなのだ。

朝日新聞は・安倍自民の連戦連勝・しかも圧勝を居丈高に
戒めるのではなく自社の影響力の著しい低下と認識すべきだろう。

​​朝日が笛を吹いても・もう誰も踊らない。
世論を躍らせた過去を捨てきれないのはわかるが
もうそろそろ気づいても良い頃ではないか。By 私的憂国の書氏
------------------------​​

​​安倍ちゃん麻生さん・どうせ増税するんやったら
その何倍もの財政出動してや。日本は沈没するで。 ​​

​​ナニワの激オコおばちゃん
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-689.html​​

​​世界情勢が今・全く先が見えへん不安定な中で・とりあえず
自民党・安倍政権で良かったと思いますね。​​

​​もし今・あの悪夢の民主党政権やったら・今頃は尖閣も竹島
も取られてたかも知れんな。
それでもまだまだ不安がいっぱいですね。
何べんも書いてますけど・この20年・日本だけがダントツで
世界中の「成長」から取り残されてたグラフは・ネットでは
いくらでも出てきますね。​​

それもこれも消費税もあるけど・あのおぞましい「緊縮財政」
のせいですね。

日本がずっと間違い続けてきたこの20年・30年・いよいよ
ホンマに今度こそちゃんと財政出動せな日本は滅びてしまうがな。
今・世界中で話題になってる5Gの話にしてもアメリカはファー
ウェイを外そうと必死やけど・既に4Gの段階で「中国」は
ものすごいシェアを取ってたわけですね。

日本メーカーはもう埒外になってしもてますね。情けない。

​​それもこれも元はといえば緊縮政策のせいやと私は思います。
お金がないと何にもでけへんのや。繰り返しになりますが
藤井聡さんらがつくった「令和の政策ピボット」で募金を
募ってアメリカからMMTの学者さんを呼んだら・結構まともな
報道がされ始めた事をメルマガ(「令和ピボットニュース
(2019年7月22日号)」)で紹介してくれてはります。
​https://reiwapivot.jp/libraries/pivotnews_20190722/​​​​

そいうえば私が入れて貰うてるメーリングリストでも話題に
なってました。不謹慎?かもしれませんが・やっぱり白人で
金髪の美人が出てきたら・マスゴミも取り上げるんやな
という話も出てました。

そんなもんや世の中は。ハラ立つけど。
このステファニー・ケルトン教授はちゃんと朝日新聞の
インタビューも受けてはって・その受け答えが秀逸です。

​​<――積み上がった国の債務は返す必要がないのでしょうか。
 将来世代へのツケになりませんか。​​

​​「では今の世代が前の世代の借金を返しましたか? 
その前の世代は? ノーです。国の『債務』という言葉を
使いますが・これは見方を変えれば、国民の『貯蓄』です。
単に国債という形で持たれている円(お金)です。
国民の資産であり・富の一部です」​​

​​
「将来・すべての債務が返されるか。しないでしょう。
日本銀行は約40%の国債を保有していますがキーボードの
ボタンを押すだけで明日にも無くすことができます。
それは事実です。政府は日銀に利息を支払い・日銀は利息の
収益を国庫に返します。だから日銀がいったん国債を買えば
それらは効果的に償還できます。買う量に制約はありません。
買いたければ全ての国債を明日にでも買えます。
国債を将来・返す事ができるか等と心配する必要はありません」​​

​​<――債務が返されないのであれば政府の市場での信用が失われ
国債を買う人がいなくなるのでは。​​

​​「そうですか?それなら・日銀が全て買い上げればいいでしょう。
大丈夫です。リスクはありません。実際・日銀はどんな年限の
国債も無制限に買い入れますと公表する事によって短期国債だけ
でなく長期国債の金利まで上手にコントロールしていますよね」​​

----------------

​いやあ・すっきりしますね。こんだけ言うてもまだわからんか?​​

と言いたいですが・人の考えを変えるのは難しいですね。
特に自分はエリートやと思てる人はどうしようもないですけどね。
あと・日経新聞にもわりとまともな記事も載ってた事を紹介して
くれてはります。

こうやって私らが「マスゴミ」と罵倒してる新聞にもちゃんと
取材させてあげて・しっかり記事にして貰う・という・私らに
とっては気が遠くなりそうな事を一つずつ・ちゃんとやって
くれてる藤井さんには感謝・ですね。

​​​​このMMT(理論?)は・別段新しいものでもなくて・中には
バカにしてる人もいるけれど・どっちにしても大蔵・財務省の
おかしさを・もうずっと前から指摘してきた人がいたことを
宮崎正弘さんが・今日のメルマガ
(「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」)で・読者の声
「MMT理論、如何でしょうか?」に答える形でさらっと
触れてはりました。
( http://melma.com/backnumber_45206_6842921/ )​​​​

<なにも珍しい理論でもなく・ましてアメリカ人の発明でもないです。

嘗て丹羽春喜教授が主張していた「打ち出の小槌」論です。
政府紙幣を発行し・経済の需要を高めると景気は恢復する。
丹羽先生は1970年代すでに・限られたデータを元にソ連の崩壊を
いち早く予測した人で・アメリカでの評価が高かった。>
-----------------------
​ほほう・「打ち出の小槌」論ね。聞いたことあるなあ。​​

誰に媚びる事もなく・正しく物事を理解して発言する人にとっては
当たり前すぎる話なんでしょう。
アタマの悪いサヨクはどうでもええけど・財務省に取り入って
ご機嫌取りの言説を垂れ流す御用学者にはうんざりしますね。
さあ・私らは次は経済をちゃんと取り戻さなあかんのや。
20年・30年で失うたものを取り戻すのは大変やけど・
今取り戻さへんかったら・日本はもう沈没やで。

安倍ちゃん・麻生さん・覚悟しときや(笑)。

​​
【追記(直後)】記事をアップしてる最中に・藤井さんの
メルマガが配信されてましたのでリンク貼っておきます
(「ケルトン教授の「誠実さ」が浮き彫りにした
「恥知らず」な現代日本。」)。
​https://the-criterion.jp/mail-magazine/m20190723/​​​​

​​​​​​下記:藤井さんの:メルマガ一部抜粋
----------------------------
当方として一番興味深かったのは、以下の下り、でした。

ある記者が、インフレになったら
どうするのだということを質問した時の、
ケルトンさんのご回答です。​​​​

​​「今の質問を正しく理解できたか若干不安は残るが・もう
20年以上2%の物価上昇率を達成できないでいる国において
記者のみなさまから発せられる質問がすべてインフレについて
過度なインフレについての質問であることが関心深い(笑)」
 (該当部分を再生)下矢印
​https://www.youtube.com/watch?v=ofBu81yJSCA&t=1719s​​​​

日本は世界で最も「インフレ懸念」から離れた国。

そんな国で、記者が皆、インフレを心配しているのが、
とても感慨深い、というか「ホント、不思議な話だ」

と感じられたのも、無理からぬ話でしょう。
​​
​​

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​それはまるで、クラスで一番ガリガリに痩せた生徒が、
 肥満になる事を四六時中心配をしているようなもの。

それはまさに異常な光景だったわけですが、
その異常さに、日本人は誰も気が付いていない中――
その異常さがケルトンさんの誠実さによって、
クッキリと浮かび上がった、という次第です。

ホントに恥ずかしいお話ですが、
 多くの学者やエコノミスト、政治家、そして記者たちは、
このくだりを見ても何も恥ずかしくないのでしょう。

​​​​つまり彼らは皆まさに「恥知らず」なわけです。
-------------ここまで抜粋------
辛坊治郎さんはレベルの低い人やとは知ってたけど
テレビで「MMTは論外!」と絶叫してたんやそうです。
こんな奴がテレビに出てエラそうにしゃべってるのが今の日本
ですね(泣)。​​​​

-------------------------------------

​​​​​ナニワの激オコおばちゃん はブログランキング参加中
下のサイト下矢印でポチッとしてあげて下さい。

https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-689.html​​
------------------------------------
私的憂国の書氏・ttensan(パチンコ屋の倒産を応援する人)この
お二人は
毎晩 アップされると必ず拝読するようにしています。

私は「エンタメ関連のゴシップ」には全く 興味無しなので・・

吉本?ナンボのもんですか?
一昔前は闇の世界とつるんでいたところですよ・
ったく・・​​​​怒ってる






最終更新日  July 24, 2019 01:48:31 AM
コメント(0) | コメントを書く
[気になったニュース] カテゴリの最新記事

PR

お気に入りブログ

東京駅の構内 駅弁… New! アップラウンジさん

もっと早く作ればよ… sichuantomoさん

本八幡・市川散歩 さるすべり9722さん

「竹島は日本領」米… 仙石 和三さん

「道の駅 北浦街道 … mizumizu4329さん

コメント新着

 方向音痴4445@ Re[1]:エジプシャンマウのブリーダーだった頃・・(09/20) レオままさんへ コメントをありがとうご…
 レオまま@ Re:エジプシャンマウのブリーダーだった頃・・(09/20) 素晴らしい猫ちゃん達ですね。 私もエジプ…
 omachi@ Re:韓国の息の根を止める・・(08/03) お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。 …
 仙石 和三@ Re:韓国・この「問題児」(07/30) ◎以前にお知らせした動画の韓国人学者(イ…
 仙石 和三@ 強制徴用の神話 こんにちは。動画を観てください。 韓国人…

プロフィール


方向音痴4445


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.