000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

♪ぷ~ちゃんと(=^_^=)♪

(=^_^=)10


2006年5月31日の日記・・・


プーちゃんの異変に気づいたのは夜中のこと。。。

帰宅した時プーちゃんはすでにベッドで寝ていた

誕生日の日は大はしゃぎで走り回っていたのもあり
私の帰宅時間が遅かったのもあり。。。
そっと寝かしておこうと思った

いろいろしブログをし寝ようと
プーちゃんを抱きかかえたら悲痛の叫びが!

私のお腹の上に乗せても泣きやまない
何だかおかしな格好
目もうつろでビッコ?
グッタリしゴロンとなっている

あっ!足だ!!!
怪我している

ご飯も食べてない

怪我を確認しようとしても異常に嫌がる
少しでも触れると唸る

大好物の鰹節をあげても食べない


あれっ?えぐれてる。。。
あれっ?血??完全に折れてる様子

数歩歩くとバタンとなる
少し高い位置にベッドが置いてあるが
必死でベッドに向かう


動揺し焦りと恐怖に包まれる



偶然にもぴぃたろうさんに連絡が取れ指示をあおぐ

かなり落ち着いた。。。

ぴぃたろうさんっありがとうございました


朝まで待つしかない
なでながら朝を待った

もっと早く気づいてやれなくてごめんね。。。

喧嘩したのかな?
着地失敗したのかな??

そばに付き添いお互いウツラウツラした

寝たなぁと思っても呼ぶと目をあける
痛さで浅い眠りなんだな。。。

朝になりご飯とお水を飲んでくれた
少し安堵感。。。

ありがとう!食べてくれて

親に病院につれていくのを頼んだ
つれていきたいけど休めないし遅刻できない

ごめんね。。。プーちゃん。。。


外は危険が多いから何度も考えたけど
今こうして不安の中でも
外に行かす事をやめさせようとは思わない

5年以上、少しの時間をいったりきたりするほどだし
やっと見つけた自分の遊び場だから。。。



***** 途 中 経 過 *****

ご心配おかけして申し訳ありません。

やぱり通常の治療はプーは無理で
全身麻酔での治療となったようです。




骨折ではなく大きな獣?犬?猫?に
狙い撃ちされたようです。

左の後ろ足を集中的に何度も噛まれたようで
数箇所、ぬいました。



老猫にとっての全身麻酔・・・
先生と電話で直接話しました。


口内炎も悪化してるようで歯も抜かないとか。
全身麻酔ならもう一気にみてもらおうと依頼。
しかしながら、今日は無理だと。。。

またこんなツライ思いをさせないといけないのか。


泣きながら母から何度も電話があり。。。
いけないことですが仕事が手につかず。

そのわりには、何枚も何枚も写メを送ってくる( ̄_ ̄|||)


早く帰りたいなぁ。

よりによって本日18時より会議。。。

ぷーちゃんも頑張ったから私も頑張ります!!!



お騒がしご心配をおかけし申し訳ありません。
プーは夕方帰宅しました。
私もようやく帰宅しました。

麻酔もきれ、横になっています。
包帯も何もしていないので歩いては転んでいますが
頑張ってます。

みなさまのあたたかいお言葉が通じています。

ありがとうございました。



© Rakuten Group, Inc.