1276310 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

何となく多肉な一日

PR

Recent Posts

Category

いろいろ&カウンタープレゼント

(86)

アエオニウム&アイクリソン&グリノービア

(92)

アドロミスクス

(11)

エケベリア

(192)

オロスタキス

(74)

カランコエ

(38)

クラッスラ

(122)

グラプトペタルム&グラプトベリア

(50)

コチレドン

(17)

シノクラッスラ

(6)

ジョビバルバ

(33)

ジョビバルバヒューヘリー

(39)

セダム&セデベリア&グラプトセダム

(100)

セダム万年草・ビラディア等

(68)

センペルヴィブム

(112)

タキタス&タキベリア

(6)

ダドレア

(23)

パキフィツム&パキベリア

(48)

ヒロテレフィウム

(37)

モナンテス

(17)

レノフィルム

(6)

ロスラリア

(38)

ベンケイソウ科その他

(3)

アナナス・パイナップル科

(7)

ウリ科クセロシキオス

(6)

ガガイモ科ディスキディア&ケロベキア他

(6)

カタバミ科オキザリス

(19)

キク科セネシオ&オトンナ

(43)

コショウ科ペペロミア

(19)

サボテン科リプサリス他

(3)

しそ科プレクトランサス

(8)

スベリヒユ科アナカンプセロス他

(10)

ツユクサ科トラディスカンチア他

(13)

トウダイグサ科ユーフォルビア他

(9)

メセン科デロスペルマ

(33)

メセン科その他

(48)

ユリ科ハオルチア

(119)

ユリ科ブルビネ・ガステリア・アロエ

(15)

リュウゼツラン科アガベ属

(3)

多肉球根

(28)

その他の科

(14)

多肉寄せ植え

(23)

多肉紅葉&開花

(34)

多肉育成鉢&実生日記

(46)

多肉雑記

(97)

山野草&虫捕りスミレ

(41)

にゃんた

(30)

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

 りき丸@ Re:素晴らしい個体の みせばや拝見いたしました みせばや の 多数のすがた拝見させて板…
 ニャン好き@ Re:記録用雑記・・・ (09/17) こんばんは、植え替え真っ最中ですか? に…
 にゃんたP@ Re[1]:1年半経ちました(09/11) ニャン好きさん >おはようございます。 …
 にゃんたP@ Re[1]:1年半経ちました(09/11) himenoshinさん >今日もNHKで依然として…
 ニャン好き@ Re:1年半経ちました(09/11) おはようございます。 本当に復興が進まず…
 himenoshin@ Re:1年半経ちました(09/11) 今日もNHKで依然として進まぬ復興の事が報…
 ニャン好き@ Re:記録用雑記・・・ (08/02) こんばんは♪ 無事届いたようでよかったで…
 にゃんたP@ Re[1]:ユリ科Ornithogalum属longibracteatum, IB11250 Resulution(07/26) ニャン好きさん >こんにちは~♪ >今時に…

Favorite Blog

鉄道の日 にゃんこのガリレオさん

ブログ引っ越ししま… のるてすさん

センペルクレージー つばさ2006mayさん
Trifle *ふみ*さん
Succulents Space 多… 未来☆猫さん
ニャッ得♪おひとりさ… reona222さん
こぼれダネ日記 エドアルダさん
気ままな独り言 himenoshinさん
笑顔☆日記 おんぶバッタ☆さん
ゆたちゃん園芸道 ゆたちゃん1020さん

Archives

2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01

Calendar

Freepage List

2014.05.19
XML
テーマ:たわごと
例えば・・・・日本が一軒の家だとすると

福島は台所で原発はガスコンロ、東京はリビングといったところでしょうか

ガスコンロがなければ火事が起きる心配はないですよね
そのかわり温かい料理は作れない
実際震災時は電気ガスや水の有難みをこれでもかというほど感じました。

久しぶりのブログ更新にこの話題というのもなんですが
多くの親戚が避難生活をしており他人事ではなく身内事でもあるので

美味しんぼという漫画のおかげで風評被害がどれだけ出てくるのか心配です。
それと同時に双葉町前町長の井戸川氏も悪評をまき散らしてることに憤慨してます。

私の叔母と従姉は震災時に逃げ遅れて10日ほど自宅で過ごしていたら
防護服を着た自衛隊員さんが救助に来てくださいました。
叔母の家は帰宅困難地域でしかも放射線量が特に高い地域です。
猫を何匹も飼ってたけれど連れてこれずに、
これまで一時帰宅の度に大量の餌ごはんを持って行ってました。
やっと震災から2年半後の昨年秋に生き残ってた一匹を連れ帰られた時は
叔母は我が子が生きて戻ってきたかのように嬉しかったようです。

やっと連れ帰った猫猫の健康状態ですが
18歳という老猫にもかかわらず体重は6キロ超えで毛艶もよく
獣医さんには18歳でこんな元気な猫を初めて見たと言われたそうです。
私も何度か会いに行きその猫を見てますが、
骨太で力強くて艶々してて5~6歳くらいにしか見えないくらい若々しく感じました。

もしも、震災時さっさと埼玉に避難した井戸川氏の言うとおり鼻血が止まらないのであれば
逃げ遅れた叔母のほうが今頃鼻血ダダ漏れになってるだろうし
2年半もの間高線量の中で生活してた猫は今頃生きてないと思います。

井戸川氏の言動もですがもっと許せないのが
従姉は震災前から防災無線を付けてくれと再三言っていたにもかかわらず無視されて
震災時は取り残されました。
その井戸川氏、なんと叔母の亡くなった旦那様の親戚なのです。
だからこそなおさら許せない!!






Last updated  2014.05.20 02:48:04
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.