000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ニャン遊んで♪

話のついでに

もうちょっと、主人の話
3年ほど前のクリスマスシーズンの時、庭の松ノ木に電球200個を飾ったところ
近所の人に「きれいやな」と言われたのが、恒例になってしまったイルミネーションの
始まりです。単純。毎年11月が来るとあれやこれを、買い足し設計図を作る。
ちなみに、主人は電装関係の修理やなので工具は揃っています。でも、
いくら仕事が暇だからと言って、イルミネーション作りに没頭している主人はかわいい。
「大変なんやぞ!」とは言っているが、出来栄えに自己満足している様子。



© Rakuten Group, Inc.