000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

GINZA BE☆SEE

16 がんばれ浦和レッズ

浦和レッズの応援に命を賭けるヘイズ広報誌の事務局長
渡邉孝典による一言観戦記!


3月8日 Jリーグ2008開幕!
【第1節】浦和0-1横浜 得点小宮山
【第2節】浦和0-2名古屋

前号では2連敗と元気がなかったが、監督交代後どうなったか???
--------------------------------


■ナビスコ杯 予選第1節浦和0-1神戸 ちょっとはましになったか。しかしゴールが遠い。 試合後はゴール裏は居残りでフロントと対話。別に3連敗したから居残った訳ではないので、あしからず。

■ナビスコ杯 予選第2節浦和3-3京都 得点浦和:エジミウソン×3京都:徳重、QBK、渡邉 得点は改善の兆し。守備は受けにまわる悪弊が。。。

■Jリーグ 第3節 浦和3-0新潟 得点浦和:相馬、闘莉王、永井 勝ったのでまずは良し!これから巻き返し!

■Jリーグ 第4節 浦和2-1清水 得点浦和:永井、エジミウソン清水:藤本 後半、気持ち入った逆転劇!大反攻開始!

■Jリーグ 第5節浦和2-1磐田 得点浦和:阿部、闘莉王磐田:外人 2試合連続の逆転勝ち!でも立上がりの悪さは何とかしないと。。。
  

■■■浦和レッズとサポーターの関係 ある日の一コマ■■■

3月20日(祝・木)のナビスコ杯予選第1節神戸戦後に一部新聞報道で 『浦和、開幕公式戦3連敗&無得点!サポーターの怒り爆発!』 という記事が載った。
外から見ると試合に負けた事、点が獲れない事にサポーターが腹を立てて抗議した、と思われるであろう出来事。そこにでは何が起こっていたのか。。。

3/20の神戸戦後、一つの横断幕が掲げられた。そこにはこう書かれていた。

「フロントの無能さには呆れるばかり。監督を切ってそれでOKか?今やるべき事は勝つだけでなく応援したくなるプレーをチームが見せる事。それを怠ればファンは離れていくぞ。」

試合に負けたから抗議をしたのではない。勝っても引き分けでもこの抗議は行われる予定のものだった。

昨年から続く選手と監督(この試合の前に解任された)の確執。その結果、ある選手との契約を更新せずに監督を選択したチームフロント。

そして今年、2試合のみでその監督を解任したフロント。 「何かおかしい。」 場当たり的に選手、監督をすげ替えていないか? チームとして進むべき方向を間違えていないか?ただ勝てばいいのか?お客が入ればそれでいいのか?お客が入る事が当たり前だと思っていないか?

サポーターの誰しもここ数年漠然と持っていた違和感。それがこの抗議という形であらわれた。

コールリーダーの呼びかけに応じて抗議に参加したサポーターは約3000人。そして、その対応にすぐに現れたクラブ社長とGM(ゼネラルマネージャー:総監督)。

小雨舞う中、サポーター、フロントともに真剣に小一時間程の話合い。そういえば弱い頃はこんな事が日常茶飯事だった。

ここ数年の急成長でフロントもサポーターも舞い上がっていたのだと思う。 フロント、サポーターの間の良い意味での緊張感。

サポーターが問題を起こせばチームは確固たる手段を取る(入場禁止等)。フロントが迷走すればサポーターは抗議を行う。

これが浦和レッズとサポーターの当たり前の関係。そんなある日の試合後の風景。 そして、浦和サポーターの願いは一つ。

愛するチームが心から応援する事ができるプレー/気持ちを見せてくれる事。

応援せずにはいられなくなる事。 だから、俺たちサポーターはまたスタジアムに足を運ぶのだ。



文・渡邉孝典(わたなべ・たかのり)
----------------------------------

編集部)

■LINK
ハッチエッグ
・渡邉さんの務める会社。Heiz銀座の運営会社でもあります。

浦和レッズ公式HP
・浦和レッズの公式ホームページ。

GCC劇場【1】 「暦(こよみ)は大切」の巻
・渡邉さん熱演のショートコント・ドラマ。競演はあの岡本朝子さん。

目次に戻る

Heiz銀座広報誌【新価値通信BE☆SEE 第2号】


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.