052241 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

GINZA BE☆SEE

22 スッキリコラム

『やけに頼りになるカッター』

文/写真=小松易(スッキリ・ラボ) text/photo YASUSHI KOMATSU
------------------------------------------------------------- 
先日、仕事仲間のO氏の勧めで、
「ミシン目カッター」
というモノを銀座伊東屋で買ってきた。

(C)YASUSHIKOMATSU

ご覧のとおり、刃全体がローラー式になっており

一見すると「ピザをカットする」ローラーカッターのようで面白い。

実はこのカッター、どんな役目を果たすかというと

チラシやチケットの「モギリ部分」の「切り取り点線(ミシン目)」製造機

なのである。

早速、4月から開講する「GCCスッキリの基本」のチラシにミシン目を

入れてみた。

この作業が思いのほか楽しい!いや、実に楽しい!!

どんどん、ミシン目を作りたくなる。

思わず通常の倍以上のチラシを作ってしまった・・・

自分でも「練習」と称して、ミシン目に沿ってチラシに下に作った申込書を

切り取ってみる。

「ビリ、ビリビリビリッ!」

この切り取る音と手に響く感覚、ちょっとした快感である。

「つい切り取りたくなる」この感覚がチラシを渡した相手の人にも伝わったのだろうか、

その場ですぐセミナーに申し込んでくれる人がとても増えた。

お陰様で、4月の「スッキリの基本」は「満員御礼!」となった。
(ありがとうございます!)

さらに調子にのって「モギリ付き」チラシを配り続けた。

お陰様で5月も定員の半分以上埋まった。

集客にいつも苦しんでストレスになっていた私にとって

これは「奇跡」である。

そういう意味で、ミシン目カッターは偉大でツールである。

ちなみに、購入先は冒頭でも言ったが、銀座、伊東屋である。

(C)YASUSHIKOMATSU

2004年には、創業100年を迎えた文具店、

開業当時はヘイズ銀座と同じ銀座三丁目だったそうだ(現在は銀座2丁目)

「伊東屋の社長は実は伊藤(東ではない)さん」など、

トリビア的なお話はまたの機会に・・・

ぜひ集客に困っている方へ、そして、楽しく集客したい方へ

とにかく、「ミシン目カッター」は、お勧めのアイテムである。

スッキリ・ラボ 代表 かたづけ士 小松易

----------------------------
文/写真 小松易(こまつ・やすし)
スッキリ・ラボ代表 かたづけ士。

■スッキリ・ラボ/ 専門家による「整理・整頓」コーチングを日本で初めて「個人向け」に対応させる。その活動は個人向けだけに留まらず、今や企業研修、講演、出版など多岐に渡っている。一度見たら絶対忘れない小松氏の特徴ある風貌は銀座創業AUCH!漫画の中でもダントツのキャラクターのひとつである。

■LINK
スッキリ・ラボHP
・スッキリテクノロジーが満載。お申し込みはコチラへ♪

かたづけ士の整理・整頓日記(ブログ)
・「スッキリ眼鏡」で世界を見渡すとこのブログのようになります♪

AUCH!漫画
・アウチ秀一さんが書いた小松さんの漫画♪スッキリの輪は「フラッシュバルブ」として有名に・・・。

Heiz銀座
・イベントが盛りだくさんの小松さんの銀座オフィス。遊びにきてね♪

伊東屋 銀座本店
・銀座の文房具屋といえば「伊東屋」! Heiz銀座から徒歩5分です。(ブルガリとティファニーの間です)

商品紹介:「ミシン目カッター28」(品番194B)オルファ株式会社 
・商品紹介:「ミシン目カッター28」(品番194B)オルファ株式会社 参考文献:「Stationery wonderland 」 伊東屋の文房具たち
小松氏曰く「※注意!筆者はこのメーカーの回し者ではありません(笑)」

BE☆SEE過去ログ
・創刊号での小松さんのインタビュー記事。小松さんってこんな「脳力」があるんだってわかるよ♪


【これ欲しイー度100】
(内訳:TQ度100・BQ度100・銀座度100)

この道具を使って私も「申込書」を作りたいっ!!とマジで思った。思わず手に取った人がすぐに申込書を書いてつい「モギリたくなる」というのは凄くよく分かる。スッキリ・マジックとでも言おうか・・。ぜひ「Heiz銀座・申込書スタンダード」になればよいな~と思うのは私だけではないはずだ。(編集部)



目次に戻る


Heiz銀座広報誌【新価値通信BE☆SEE 第2号】 





Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.