052192 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

GINZA BE☆SEE

829Heiz納涼祭

【Heiz納涼祭~古代の叡智第三章・・シェア】


こがわです
おはようございます 夕べは楽しかったですね。第4部はいかがでしたか私の第4部は柏崎さんとの車中談義でした。
柏崎さんありがとうございました。

森本さんの【古代の叡智】に参加すると必ず腑に落ちる発見があります。ありがとうございました。

今回は【左回りが生きる順方向】でした。この考え方でもう一度、顕正してみようと思いました。

今井さんのCO2電卓と同時進行で進んでいる(同時着目です)”iki*ikiデザイン”企画講座(小松さんとのコラボ)
を考えているときぱっと閃いた言葉がありました。

すごく、いいなと思いながらも、いまいちしっくりこなかったのです。
そうだ、逆から並べてみようと思いました。それが下記の言葉です。

いままでの人生に感謝して  さあ 始めよう  
このとき この瞬間がスタートライン  
まるごと活かして 素直に生きよう  私の人生いきいき生きよう  

すごい!!もう私の中でしっくり"iki*ikiデザイン”が今までやってきたことそのものが表現されています。

これから、やっていこうとしていることが表現されています。ただ言葉の順番を変えただけで・・・
私のイキイキは自分を☆活かして☆生きるのイキイキなんですよ
意識を変える、意変(異変)ヒ~フ~ミ~ヨ~・・・イイを通過すると、
動きの方向が左から右へ進む方向が移っていきます。こがわの洞察・・・どうでしょうか
(こがわ)


こんにちは、ダザイです。 納涼会お疲れ様でした。
初めて夫婦での参加でした。「古代の叡智」森本さんの講演内容はすごかったですね。
森本さん ありがとうございました。

振り返ると、一番面白かったカゴメカゴメのところは自分が中座し てしまったせいもあり、
ちょっと理解が足らないのでまた質問したいです。
古代の叡智をがっちり取り込んで何か作れたらいいね。と夫婦で話 しています。
私は怪談好きなので、ヘイズ怪談、是非またゆっくりやりたいです。
料理は平田さん、森田さんが用意して下さり、素朴でとてもおいし かったです!ごちそうさまでした。
会の終わりは雷の鳴る暗い部屋の中、一人減り二人減り。。とても 不思議な感じで。。
終電にはぎりぎり乗れたのですが、皆はどうしたんだろう。
それではまた。
(太宰)


先週の古代の叡智第3章&納涼会へお越しいただきありがとうございました。

縁ある人たちを招こう・・と始まった古代の叡智講演も3回目を数え、
集まる人たちの縁も深まってきた感じがしました。

ヒ・フ・ミ・・で思い返せば

ヒ(1)で「ヒラタ」さんによるキックオフ
フ(2)で謎のベールの「フタ」は開かれ
ミ(3)で古代の叡智の真髄たる『古代科学』の様相が顕れた そんなことを思いました。

これで、このシリーズがヒ・フ・ミ・・の順方向の軌道に乗った感がします。

この哲学が、8回目で外に溢れ出るまで見守りましょう。。

龍神が天に舞う天候の中、皆さま本当にありがとうございました。森田さんやチェアマンの手料理も新鮮だった。

いろんなことでヘイズスタッフの方々、場の後部を守ってくださった朝子おねえさん、
私の対極をゴールキーパーのごとく守備してくれた七海人さん、いつもあの定位置にいてくれるナガヲっちさん、
やっぱり総括の豊田さん、そして主役の森本さん、、 ご苦労様でした。

またよろしくお願いしますね。

古川さん、一番に”順方向”のシェアしてくださりありがとうございました。

ブレインシェアが佳境の私たちの間で、互いの”順方向”を探求し合えたらいいですね。
(山本)


トキトコロの場のバイブレーションがいい感じに見えるようになるのですね。さすがです。

不安定な天候の日々が続き銀座も外は雷雨が降りしきる中、Heiz納涼祭をゆったりと楽しみました。
ろうそくの灯りの中、入覚さん、七條さんの涼しい体験話。 落ち着いた場となり、食事とお酒も進みました。
お払いも無事完了。27代目がいてくれるから安心だ。
三次会でのショートコンサートが良かった。
今年の10月15日は、夏フェスじゃなくて 秋フェス(音楽祭)かな(笑)
※森田さん料理各種、上野作サラダ平田作、煮たまご、から揚げ3KG、 差し入れ品も完食。
皆の食欲はすごい。


古代の叡智シェア 残ったコトバは、
●「ミ」を入れて生きるということは、「サ」を感受することである。
●「まこごろ」とは「びりゅうし」を増やすことである。
●バイブレーションを上げると見えなくなる。下げると見えてくる。
●時間と場所が、くっつくと現れる。瞬時にトコロを変えるUFOは存在する。
●引力は、光より早い。地球と月の引力は瞬時にバランスをとっている。
●潜象世界から全てが現れる。マリからタマになる。
●反時計回り(左周り)が順方向である。  

『ヒ(1)フ(2)ミ(3)ヨ(4)イ(5)ム(6)ナ(7)ヤ(8)』、『コ(9)』で繰り返す。   
順方向で発生し、繰り返される。 
時計回り(右回り)は、「ヨ(4)ミ(3)」、消滅する方向。  

勝ち方向は、左周りがいい。但し、左方向、右方向は同時存在する。
カゴメ紋の話とヤマの配置、ヤマト(十)の話・・・・等々 学校では教えてくれない高次元の未知学がいっぱい。
次々と飛び出す新・森本説がいっぱい。 森本さん、ありがとうございました。   



第一章 対談 古代の叡智に触れる 森本康彦氏vs豊田広志氏  
第二章 講演 ミを入れる  
第三章 講演 古代の叡智の世界 ヒ・フ・ミと来ました。

次回も早々に楽しみにしています。 山本さん、よろしくです。
順方向(反時計回り、左周り)の発生を意識してみます。
「ミ」を入れて生きるということは、「サ」を感受することである。





第一章 対談 古代の叡智に触れる 森本康彦氏vs豊田広志氏
第二章 講演 ミを入れる
第三章 講演 古代の叡智の世界~ミはどこから来たのか?

~ 絵図を描かないとなのて゜すが、ぐるぐると回り続けます。

ミを出す、皮一枚外に出す。ミを入れるには、丹田を意識する。
そしてそのミとは、どこから来るのか?

順方向(左周り)でヒ(1)フ(2)ミ(3)ヨ(4)イ(5)ム(6)ナ(7)ヤ(8)コ(9)ト(10)↑ヒ(1)フ(2)ミ(3)ヨ(4)イ(5)ム(6)ナ(7)ヤ(8)コ(9)ト(10)↑ コト↑で次元上昇、発生、醗酵、醸成、形成し続ける。

ミ(3)は、その過程の潜象にあり、現象に示現される。コトへのスジが通る可能性がある。

在りえなかった創業ステップの絵が組めるかも知れない。

それは21世紀の新・創業論~新・企業論(新・起業を含む)のスジミチとなる。

発生のトキトコロの間、使命のあるHeizだからこそ
森本説にのっとったリアル・カゴメ遊び(GCC)ができるかも知れません。

Heizメンバーの皆さん、Heizの存在自体、そしてそのトキトコロにミを置くことは在り得なくて、
凄い価値なのですね。

改めてチェアマン自ら悟ります。

一言で言うとHeizは『覚醒の場』です。覚醒力をつけて行く方向です。覚醒力をバネにミを入れ、コトが形成されれば、ほんものと感じます。
「ミ」を入れて生きるということは、「サ」を感受することである。「差」を感受してみてください。

それを違いと感じるか、相似と感じるかですね。
(チェアマン)

目次に戻る

Heiz銀座広報誌【新価値通信BE☆SEE 第7号】


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.