000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

新加坡(シンガポール)生活~厦門(アモイ)生活後~

泰 バンコク10日間

2005年7月21日~30日
アモイ⇔バンコク (by Thai Air Asia)
航空券(往復)約530元
宿泊費(9泊10日)約16000円

7月21日(木)
20:30ごろ発の飛行機だったが、1時間以上遅れたのでバンコク到着時は既に次の日(22日)だった。
機内は自由席。特にお絞り・新聞・飲食のサービスはない。各席に簡単なメニューがあるので各自購入する。人民元・タイバーツでの支払いが可能。

7月22日(金)
まずはバンコク市内をぶらぶらと。BTSや地下鉄利用すれば移動が簡単に出来る。土日がメインのウィークエンドマーケット(チャットチャットパークまたはモーチット)も覗いてみた。すべてのお店がやっていたわけではなかったけど、土日よりは人が少ないので少し買い物。

「木先生の足の裏マッサージ」106/3soi Sukhumvit22 Sukhumvit Rd.9:00-21:00 Mobile.0-6789-1569

日本人客が多いこの店は、多少日本語を話せる人がいる。マッサージはかなり痛い。途中、「痛い!!」などと訴えても「申し訳ございません」と言うたどたどしい日本語で謝るだけで、ちっとも強さを弱めてはくれない。けど、痛気持ちいのだ。たまに翌日揉みかえしが来る人もいるようだけど、そこはご愛嬌。こざっぱりした店構えなので、見逃さないようにしよう。

7月23日(土)
朝から張り切ってウィークエンドマーケットへ。
かなり広いし、迷路みたいにごちゃごちゃしているので体力勝負だ。一応セクション別に店が固まっているけど、たまに地図で居場所を確認しないと方向感覚がなくなっていく。もし複数で行くなら集合場所を決めて、別行動をしたほうがお互いのためにもいいと思う。
ここは元々安く販売しているマーケットだけど、いかに値切るかはその人の腕の見せ所!去年来た時には勇気がなかったけど、今回は中国仕込みの勢いでガンガン値切ってみた。ちなみに言葉はカタコトの英語。。。
あと、気になっていた出店の「プチシュークリーム」に挑戦!
目の前でクリームを入れていて、出来たてを販売している。
うっまーい!!
プチシュークリーム

夕食は
「mango tree」37soi tantawan surawongse Rd.0-2236-2820

綺麗だし美味しい!と言っても、実は日本(東京)にも支店がある(あはは)。日本人の口に合うように作ってるの~?と思うくらい、何でも食べやすい。ちょっと小金持ちな駐在員の団体や、品の良さそうなタイ人ファミリーが来ていた。
mango tree  グリーンカレー

7月24日(日)
バンコク在住の友達とランチ♪、、、中華料理だったけど美味しかった。
フリーペーパーで見て気になっていたエステに行ってみた。
「La Bella」Times Square building room 305 3rd flr Sukhumvit soi between12-14 Sukhumvit Rd. 02-250-0006 Mobile05-108-5700

韓国スタイルのこのエステは、オーナーのGod Handsにかかるとすごいことに!!私はフェイスの方をやってみたけど、ぷにゅぷにゅ肌と小顔を体験できる。是非1度!と言いたいところだが、オーナー曰く店の引越しを考えていると言っていたので、どこにあるかは確かめてから行こう!

夕食はフリーペーパー「Bangkok madam」を見て、
「Puangkeaw(プランゲーウ)」23soi Sukhumvit Rd. 11:00-14:00 17:00-22:00 02-258-8663

裏スクンビットとも言われるソイ23は奥に行けば行くほど小さな名店に出会える。ここの店はタイ料理レストランで、メニューの殆どが100バーツ以下。落ち付いた感じの店内でゆっくり出来る。海老のフリットはハチミツを付けて食べる。なかなか面白い味。プリンの下にはゼリーがあった。
海老のフリット パイナップルチャーハン プリン

7月25日(月)
ランチは友達とその友達(公文の先生&主婦)と4人で飲茶。初めてのバス体験をし、食後はマッサージへ。
「PO MASSAGE」02-261-0055/0056

お客さんの収容数はすごい多い。別棟にもマッサージ部屋があった。100%と言っていいほど日本人客だらけ。ただ、バンコク在住の人が多いようだ。置いてある雑誌も日本のものだし、テレビも相撲中継が流れていた。かかとの掃除までしてもらって、かなり気持ちが良かった。痛さは殆どない。

夕食は友達おすすめのChit Lom(チットロム)駅からSoi Lang Suanに入り少し歩いた右手にある屋台で焼肉!!
なんと言っても、見た目より味☆お肉が最高に柔らかかった。韓国の焼肉にちょっと似ている。
屋台 屋台

7月26日(火)
お待ちかね「ネイル」。Saladeng駅からちょっとしたところにあるネイルサロン。そこら辺を歩けば、ネイルサロンなんていくらでもあるので心配ない。
ちょっとのせられて「シャネル柄」なんかにしてしまった。

夕食はちょっと名前が刺激的な、
「Cabbages & Condoms」10Sukhumvit Soi 12 02-229-4610

タイ国の人口増加やエイズ防止に関する国民の理解と認識を深める事を目的にし、PDAの一部として活動している。1986年OPEN。
緑いっぱいのオープンエアーガーデンがあり、リゾート気分を味わえる。
料理はタイ料理。帰りにコンドームを無料で配布され、更にもっと欲しい人は出入り口付近にあるボックスから好きなだけ貰ってもいいそうだ。ほどほどに。。。
タイ料理レストラン 焼きそば風

7月27日(水)
アモイ大学の友達(タイ人)とその友達(タイ人)ら6人でチャオプラヤー川周辺を船で観光。
まずはトゥクトゥク初体験☆値段交渉後に乗り込んだりと、難易度が高いのでタイ人にお任せした。排気ガスがすごいのか、運転手さえも顔を布で覆って走ったりしている。
トゥクトゥク

船も同様、乗りこなすのは難しい。連れられるがまま、乗っただけなのでいまいちシステムがわからなかった。
船停

ツアーでは立ち寄らないような「ワット」巡りをした。そして普通だったら通り過ぎてしまうような出店で食べ歩き!
↓(左)魚のから揚げのようなもの。葉っぱがちょっと苦かった。揚げたてでうまーい!!(右)あまーい焼きお菓子。モチモチ?しておいちい
食べ歩き 食べ歩き
↓船の駅の近くに大学があり、大学から駅までの通りはお店でごった返している。その中のひとつで、パンにコンデンスミルクをかけたようなもの(右)甘くておいし~
食べ歩き 食べ歩き
↓(左)海老を揚げたもの。ご飯のおかずではなく、このまま食べる(らしい)。(右)ココナッツミルクとコーンをたこ焼きのようにしたもの。焼き立てでかなり熱く、初めての味。
食べ歩き 食べ歩き

食べすぎで、チャイナタウンでの夕食は結構きつかった。

7月28日(木)
早起きして、水上マーケットへ。
ちょっと観光客用につくられている感じもあったけど、雰囲気は良かった。
↓おばあちゃん、かわいい~
水上マーケット 水上マーケット

夜は「マンボ」でニューハーフショー☆
有名だとは思うけど、本当にバンコクはニューハーフとその反対の方が多い。見て明らかにわかる人もいれば、多分気づかないくらい変身してしまった人もいるんだろう。
直接会場に行ってチケットも購入できるけど、事前にお得なクーポン券を買ったほうが断然いい!!
日本人向けなのか、日本の歌を歌ったりしていたのでわかりやすかったし、笑えた。その他外国人は、果たして楽しめているのかは疑問。

7月29日(金)
ツアーでパタヤ沖・ラン島へ遊びに行く。一番の遠出だった。
パタヤまではバス。そこからは船に乗ってラン島まで。
パタヤ沖 ラン島
どんどん海がスカイブルーになっていく。水着等はウィークエンドマーケットで事前に購入した。
バナナボートを体験。日本では敬遠していたのに、とうとう体験してしまった。結構楽しい。
海鮮料理の昼食後、↓こ~んなヘアスタイルに変えてみました。
ニューヘアスタイル

夜は大学の友達(タイ人&韓国人)らと夕食を取り、バンコクで有名なクラブ街に行った。
ただでさえそんな夜の遊びに馴れていない私は、リッチなタイ人学生が集うクラブでは少々緊張気味。
ちょっぴり大人感じで、セキュリティーも厳しくて、パスポートチェックなんかもあったけど、なんとかクリアし中へ入る。
踊る場所と言うより、確かに踊るところもあるけど、楽しくお酒を飲むところ。

お酒はほどほどにして、最終日の今日は、私の友達のジャズバーへ最後によった。
「ERAWAN」Chit Lom staion .ERAWAN B1F

7月30日(土)
最終日。朝からSilomまで行って、ぷらぷらと買い物。途中、「サーティーワン」で一休みして、ホテルに戻る。
空港まではタクシー。だけど、ホテル内にあったタクシーにお願いしたら500Bもかかった。行きは200B位だったのにぃ。

空港で問題発生★
その一 帰りの航空券をなんで持っていないんだぁ~?とチェックインカウンターで聞かれる。←そんなこといわれても、ネット予約の紙を見せればいいって言われたもーん!もってないよ。

その二 重量オーバー。1000Bちょっと請求された。

その三 これらの説明を英語&中国語で交互に二人の人から説明されたため回答に困っていたら、後ろにいた中国人に「何言われてるかわかってるの~?」とご親切にも聞かれた。←わかってるけど、なんて答えて言いかを考えてるんだよ!しかも、あなたまでぺらぺらの中国語で話しかけないで!

なんとか無事に?問題を解決してアモイに戻る。

9泊10日。もうちょっと時間があればと思ったけど、このくらいの方がまた行きたくなるのかなあ・・・

☆ナイトバザール
Lumphini station. ルンピニ公園近く
Saladeng station. バッポン通りとシーロム通り
暇さえあれば行って、思いっきり強気で値切って購入。
一人で英語のみで挑んだ方が効果抜群!けど、ちょっと危ないので注意!!
 


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.