1682599 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おばはんの書道・絵画・手芸とえぇ爺旅日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


おばはんとえぇじい

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

ピカさんの夢のある… ピカさん65さん
書の彩 まい*わんさん

Comments

ピカさん4874@ Re:写真は「牛も人も店の軒先がねぐら」(09/15) 昨日は、皆さんすごいですね。 私は、何も…
ピカさん4874@ Re:水彩画は「3人のうちの1人を描きました1(用紙:18cm×14cm)」(08/22) 毎日が、暑いですね。 お変わりありません…
ピカさん4874@ Re:水彩画「新聞の写真から(8号)」(06/30) 風景は素晴らしいですね。 木々が片方に…

Freepage List

Headline News

2020.07.09
XML
カテゴリ:水彩画
01総持寺緋桜
01総持寺緋桜 posted by (C)えぇ爺

S氏の水彩画「総持寺の緋さくら(6号)」

S氏の一言: 3月6日 勅使門の広場の脇道沿いに濃い赤色の緋サクラです。


昨日は豪雨の雲が九州から中部山岳地帯に移り、岐阜、長野の河川が洪水を起こし、下呂温泉卿、高山、木曽川の上松、上高地への158号線のがけ崩れ、犀川の洪水と、思わね大雨に災害を起こしている。河川工学の学者は、地球温暖化がもたらす大雨は数十年前は予想せず、今の堤防、ダムでは耐えられなくなっているとの事、天災でなく或る面人災になっている。国のその道の為政者は只、自衛隊を派遣し、ヘリコプターを飛ばせば、災害を抑えていると思ったら大間違い。基本がなってない。温暖化が進ん昨今、温暖化を緩める積極策を進める必要はあるし、温暖化に基づく大雨に耐える河川にすべく頭を使わねばならない。


午後もこの辺りは雨は降らず、ウオークをたっぷり楽しむ。
人気ブログランキングへ
私のランキングのカテゴリーは美術館を・ギャラリーです。応援してください。






Last updated  2020.07.09 00:00:07
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.