1744690 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おばはんの書道・絵画・手芸とえぇ爺旅日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


おばはんとえぇじい

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

ピカさんの夢のある… ピカさん65さん
書の彩 まい*わんさん

Comments

ピカさん4874@ Re:水彩画は「布袋に入れて熟したゴーヤーヤと - - (8号)」(10/17) パソコンの練習日は、有り難うございます…
おばはんとえぇじい@ Re:水彩画は「ほおずき(14cm×18cm)」(09/26) いつも見て頂いて有り難う御座います。 ラ…
ピカさん4874@ Re:水彩画は「ほおずき(14cm×18cm)」(09/26) ホオズキの作品素敵ですね。 質感が。とて…
ピカさん4874@ Re:写真は「牛も人も店の軒先がねぐら」(09/15) 昨日は、皆さんすごいですね。 私は、何も…

Freepage List

Headline News

2020.10.22
XML
カテゴリ:旅行記
049この人が作る茶を飲む
049この人が作る茶を飲む posted by (C)えぇ爺
051生姜を板の上ですりつぶす
051生姜を板の上ですりつぶす posted by (C)えぇ爺
052ティーとミルク、生姜で出来あがり
052ティーとミルク、生姜で出来あがり posted by (C)えぇ爺

写真は「インドの街角でミルクティーを飲む」です。

今回のインド旅行の一つの目標がガンジス川の沐浴で、沐浴がコースの中に入っているこのコース選んだ。それだけにこの風景を見られて、大満足。其処では庶民には欠かせない洗濯が盛んに行われてもいました。
ガンジス河の階段を上り、街へ出てきました。その道端で、おじいさんが露店でミルクティーを作り、売っていました。
お茶沸かし、其処にミルクを加えてミルクティーを作り、其処へ生姜を薄汚い板の上で潰して、お茶の中に入れて、味付けをしていました。欠けた茶碗に分けて入れ、それを飲みました。薄汚さに辟易していましたが、ガイドさんがこれは絶対大丈夫と言って呉れたので、恐々飲んだ次第。熱湯なので、不衛生とは感じなかったが。
飲み終わった茶碗は道端に割って捨てました。もう一度使わないように、割って捨てるのがルールです。


昨日は漸く太陽が顔御出す。待ってましたとばかり、ゴルフの練習場へ。ボールを打つ方向には雲もあったが、全体に明るく、ボールは良く見えた。
帰ってからウオークへ、何時ものコースを歩く。


午後は菊の培養土を再使用するための天日乾燥、菊鉢への液肥などの散布をする。


人?気ブログランキングへ
私のランキングのカテゴリーは美術館・ギャラリーです。応援してください。






Last updated  2020.10.22 00:00:07
コメント(0) | コメントを書く
[旅行記] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.