2123253 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おばはんの書道・絵画・手芸とえぇ爺旅日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


おばはんとえぇじい

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

ピカさんの夢のある… ピカさん65さん
書の彩 まい*わんさん

Comments

おばはんとええ爺@ Re:水彩画「花と果物(8号)」(01/23) 毎日ブログに出されているんですね。 ラン…
ピカさん4874@ Re:水彩画「花と果物(8号)」(01/23) お久しぶりです。 引っ越しをして回線が変…
ピカさん4874@ Re:書道「大字・秋雨沈綿緑影寒」(01/19) お久しぶりです。 お元気でしょうか。 私…
ピカさん4874@ Re:水彩画は「布袋に入れて熟したゴーヤーヤと - - (8号)」(10/17) パソコンの練習日は、有り難うございます…

Freepage List

Headline News

2021.11.30
XML
カテゴリ:旅行記
030フマユーン廟5
030フマユーン廟5 posted by (C)えぇ爺
030フマユーンの棺1
030フマユーンの棺1 posted by (C)えぇ爺
035皇帝以外の大理石の棺1
035皇帝以外の大理石の棺1 posted by (C)えぇ爺

写真は「フマニューン全とフマユーン廟の棺2景

デリーの南東部にフマユーン廟はある。
ムガル帝国第2代皇帝のフマユーンの廟、1565年その妃が建造した。タージマハルに比べれば小さいが、インド・イスラム建築の傑作。中央にドームを頂き、左右対称の建築は、その安定感が際立つ。一つの棺は王様のもの、複数あるのはその他の方のもの。
棺の本体は実はこの建物の地下にある。ここで見るのはダミー。


3カ月毎に診て貰っている鎌倉の病院へ8時までに到着するように7時前に家を車で出る。病院の駐車場を確保するための致し方ない処置。1時間待つが、その間新聞をしっかり読む。薬を貰うための通院、しんどくなったら、診察なしでも薬は出す雰囲気。二言、三言の主治医との屋あり取りに安心感を貰う。


午後スマホのアプリを入れるのが思わしくなく、午後又ドコモへ、しかし肝心のえぇじいが必要なソフト導入はドコモとして扱わないとか?1年前はやってくれたのに。幾らか払えばやってくれるようだが。せちがらくなった。他のアプリ導入の勉強は出来た。


暗くなりかけてkら歩き、目標は達成。


人気ブログランキングへ
私のランキングのカテゴリーは美術館を・ギャラリーです。応援してください。






Last updated  2021.11.30 00:00:09
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.