2286506 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おばはんの書道・絵画・手芸とえぇ爺旅日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


おばはんとえぇじい

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

ピカさんの夢のある… ピカさん65さん
書の彩 まい*わんさん

Comments

ピカさん4874@ Re:水彩画「ラン(8号)」(03/13) 花の静物ですね。 香りが、するようで素…
おばはんとええ爺@ Re:水彩画「花と果物(8号)」(01/23) 毎日ブログに出されているんですね。 ラン…
ピカさん4874@ Re:水彩画「花と果物(8号)」(01/23) お久しぶりです。 引っ越しをして回線が変…
ピカさん4874@ Re:書道「大字・秋雨沈綿緑影寒」(01/19) お久しぶりです。 お元気でしょうか。 私…

Freepage List

Headline News

2022.05.13
XML
カテゴリ:旅行記
092城塞
092城塞 posted by (C)えぇ爺
093モンテロッソ駅に戻る
093モンテロッソ駅に戻る posted by (C)えぇ爺
181018地中海クルーズ
181018地中海クルーズ posted by (C)えぇ爺

海外旅行「地中海クルージング:三つ目の小さな村はモンテロッソ、町の中心部は岩山に寄りそう、そのレストラン
この辺は、「森進一の冬のリビエラ」のリビエラ地方の一角でもある。

海岸の崖の上にそびえる、城壁の下のトンネルを抜けるて、モンテロッサの駅へ。


昨日は午前中は曇り空、時々日差しも感じられた。帰りの雨予報を気にし、自転車で駅へ行くのは止め、バスを利用し出かける。今年3回目の歩こう会。大船から北鎌倉の山間への歩こう会。大河ドラマで、木曽義仲の息子義高のお墓が大船の常楽寺の近くにあると知らされ、関心高い2人で、会を特別に抜け出し、寺の裏山へ。1000年近く前の事象を目の前に感無量。
歩こう会の団体へ急ぎ追いかけ、合流。多少きつい山坂を歩きとおした。1万8千歩。
当初途中から抜ける事も考えていたが、帰りはバスと世話役さんから聞き、皆さんと同一行動がとれた。可なりの疲れ。
おまけにOB会のメンバーによる写真展が藤沢で開かれていて、帰りに鑑賞もした。


人気ブログランキングへ
私のランキングのカテゴリーは美術館を・ギャラリーです。応援してください。






Last updated  2022.05.13 00:00:09
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.