987679 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

人気の新刊本。読んでみたよ(^^)

PR

Profile


あーさん9

Free Space

あらすじ

Category

Recent Posts

Archives

2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

Rakuten Ranking

Rakuten Card

2010.01.13
XML
カテゴリ:映画館鑑賞
 1988年、
「平成」という時代と共に産声を上げてから22年。

 間に
『釣りバカ日誌スペシャル』
『花のお江戸の釣りバカ日誌』を含め21作が作られてます。

 間に、
 バブル景気(いい時代もありました・・)、
 ゼネコン疑惑(大企業が悪役だった時代ね)、
 地球環境問題など(これは今も継続中)、
 その時々における社会情勢をスクリーンに映し出してきた
『釣りバカ日誌』シリーズ。

 一流企業・鈴木建設の経営者として、
 時代の現実に直面し苦悩する
 スーさんこと鈴木一之助(三國連太郎)。

 一方、自分の道を突き進み、
 趣味の釣りと家庭をこよなく愛する
 万年ヒラ社員・ハマちゃんこと浜崎伝助(西田敏行)。

 この両極の二人が織り成す物語に、
 みな共感し、笑い、生きる希望を見出してきました。

『男はつらいよ』シリーズが昭和を代表する映画なら、
 名実共に平成という時代と共に生まれ育ち、
 今や日本映画を代表する長寿シリーズとなった
『釣りバカ日誌』。

 この国民的映画が、今年、通算22作目でついに、ファイナルを迎えました。

 テレビでもシリーズ各編を放映していますが
 映画館で観たのは
 これで3作目くらいでしょうか・・。

 釣りバカって
 1000円で見られるんですよね。

 悪い人、がいない脚本。
 レギュラー陣が、
 絶対に不幸にならない脚本。

 現実の時代背景を織り込みながら
 ハッピーエンドにする映画って
 もう
 このシリーズが終わったら
 できないかもしれませんね~(^^;)

「以下、ネタバレ」



 映画の最後に
 メンバーが画面の中で
 観客のカーテンコールに答える形で
 頭を下げてくれます。

 その中に
 ハマちゃんの前の上司の
「谷啓」さんが現れますが
 お年を召されて・・。

 私
 谷啓さんの娘さんと同じ学校でした。
 クラスは一緒になったこと
 ないんですけどね。

 三国連太郎さんも
 お年です。
 ちょうど良い、エンディングだったのかも
 しれませんね。


ブログの数が増えまして(^^;) ちりつもリッチお小遣い計画や、 読んだマンガや勉強本のブログに
今日の株価や美容&ダイエット日記と、色々書いてますから、よろしくお願いいたします(^^) 






Last updated  2011.09.23 18:26:55
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.