3552763 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

週刊オブイェクトはSeesaaに移転しました。(2005年3月24日)

2004年12月25日
XML
テーマ:戦争反対(1048)
カテゴリ:日本
次期中期防期間中の2009年に、自衛隊はF-4ファントム戦闘機の代替に新型戦闘機を導入する事を決めた。この時にF-4代替として最有力候補であったF-35の目は消えた、と誰しもが思った。2009年ではF-35は間に合わない。まだ実機は試験飛行すらしておらず開発スケジュールは遅延しており、アメリカ軍への配備すら、2009年では達成出来るか危ぶまれている―――だから2009年配備という事は自衛隊はF-35を選択儀から除外したのだ、と。しかし・・・

次期多目的戦闘機はF-35? その1

lenzさんによるF-35説から2週間。マスコミがF-35が次期戦闘機であると報道。


次世代戦闘機 F35共同開発参加へ 政府検討 技術共有、コスト抑制 [12/24 産経新聞]

政府は二十三日、次世代高性能戦闘機F35など、世界で主流となっている兵器の国際共同開発へ参加に向け検討に入った。

F35は超音速飛行に加え、軍の用途に沿った多目的戦術機の製造を可能とするもので、米英蘭のほかトルコ、ノルウェー、シンガポールなど計十一カ国が、出資規模や技術力に応じ四段階に分かれて参加している。

政府が検討しているのは、開発への関与が最も低い段階での参加。シンガポールとイスラエルがこのグループに属し、開発費の出資や技術情報の提供を行う。


今からJSF計画に日本も参加? それでは2015年以降、下手をすれば2020年代にならないと日本への配備は無理・・・防衛庁は一体、何の積りなんだろう?


http://www.jda.go.jp/j/kisha/2004/12/24.pdf

>長官会見概要
>Q:戦闘機のF-35について、一部報道で共同開発への参加を検討していると
>いうのがありますが事実関係についてお願いします。
>A:内部的に見ても議論をしたこともなければ考えたこともありません。


・・・なにがどうなっている?





 Read Me やる気の無いサイトリング 時間ねぇー ニンニン






Last updated  2004年12月26日 02時46分52秒
コメント(16) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.