3618586 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

週刊オブイェクトはSeesaaに移転しました。(2005年3月24日)

2005年01月13日
XML
テーマ:ニュース(97679)
カテゴリ:日本
朝日とNHKの主張が真っ向から対立、どちらかが嘘を吐いている。さてどちらが嘘を吐いているのか、ど~なることやら?


NHK番組に中川昭・安倍氏「内容偏り」 幹部呼び指摘 [1/12 朝日新聞]

01年1月、旧日本軍慰安婦制度の責任者を裁く民衆法廷を扱ったNHKの特集番組で、中川昭一・現経産相、安倍晋三・現自民党幹事長代理が放送前日にNHK幹部を呼んで「偏った内容だ」などと指摘していたことが分かった。NHKはその後、番組内容を変えて放送していた。番組制作にあたった現場責任者が昨年末、NHKの内部告発窓口である「コンプライアンス(法令順守)推進委員会」に「政治介入を許した」と訴え、調査を求めている。


この朝日新聞の報道に対するNHKの公式発表。


NHK 見解をまとめ発表 [1/13 NHK]

4年前にNHK教育テレビで放送された「戦争をどう裁くか」というシリーズ番組のひとつについて、自民党の安倍晋三氏と中川昭一氏が放送前にNHKの幹部を呼んで放送の内容に偏りがあるなどと述べたと報道されたことについて、NHKは改めて調査を行いました。

その結果まず、NHKの幹部が中川氏に面会したのは放送前ではなく放送の3日後であることが確認されました。また安倍氏についても放送の前日ごろに面会していましたがそれによって番組の内容が変更されたことはありませんでした。


事実と全く違う NHK問題で安倍氏反論 [1/13 共同通信]

安倍氏は、放送直前の2001年1月29日にNHK幹部と会ったことについて「NHK側が『予算の説明をしたい』ということで時間を割いた。その中で先方から党で話題になっていた番組の説明もあり、私が『公平公正な報道をしてもらいたい』と述べたのが真実」と説明した。


朝日新聞の報道とNHKの主張は真っ向から食い違っています。


そもそも放送内容の「民衆法廷」というモノは弁護人を認めず対象の当人も呼ばない欠席裁判であり、ただの自慰行為にしか過ぎません。こんなものが「裁判」ですか? ふざけないで欲しい。

これは「人民裁判」か。さすがは日本赤軍リーダー重信房子が関与している団体が主催しているだけの事は在る。

こんなイカレタ連中の所業を放送する前に「(放送法に乗っ取って)公正に報道して欲しい」と注文をつける事が、果たして政治介入になるのかどうか、冷静に考えれば分かることだろうに。これは常識の問題だ。






 Read Me やる気の無いサイトリング 時間ねぇー ニンニン






Last updated  2005年01月15日 22時46分52秒
コメント(36) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.