3631410 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

週刊オブイェクトはSeesaaに移転しました。(2005年3月24日)

2005年03月09日
XML
テーマ:戦争反対(1151)
カテゴリ:未分類ネタ話
第2回は「ブログの隆盛とネット検索」について語ろうと思います。


ネット右翼的な思考回路は限界~若隠居さんへのお答え [ブログ時評

ネットの議論は現状でもマスメディアの水準を凌駕していると豪語する方が多数います。本当でしょうか。そういう質の議論があることは事実ですが、広く一般市民が容易に接することが出来なければ存在しないのと同じです。「十個は秀でたものが混じっています」と千個の文書を渡されて読む人がいるでしょうか。私が97年から続けている「インターネットで読み解く!」は、ネット上の知のピークを広く利用可能にする仕事だとも言えます。ちょうどgooやinfoseekが立ち上がった瞬間から検索エンジンを利用してきました。リンクの相互分析を使い、この数年で熟成してきた検索結果が、ブログの隆盛で雑音だらけになりつつあります。


「検索の達人」こと団藤保晴記者のこの主張は、一部頷ける部分があります。

『この数年で熟成してきた検索結果が、ブログの隆盛で雑音だらけになりつつあります』

ブログの流行により、キーワード検索で目的の資料を見つけ出す事が困難になったのは、確かです。それは左右の思想偏向が問題なのでは無く、ブログの構造に起因しているのです。まずブログは日記形式であり毎日更新する所も多く、アクセス数が多くなる傾向があります。例えば私の本サイト[夢-Мрия ]よりも、別館であるこの[週刊オブイェクト]の方が数十倍のアクセス数です。今まで本館は1ヶ月に1回、別館は週に5回という更新ペースですから当然そうなります。(今後は本館更新を重視する予定)とはいえブログはリピーターが多くなる傾向がありますので、一年単位でユニーク数をカウントしていけば本館も別館もあまり変わりが無いのかもしれません。しかし、アクセス数の差はやはりそのままです。

そしてブログ特有のトラックバック機能がロボット検索に引っ掛かりやすくなる重大な要素です。ロボット検索はサイトの重要度を、アクセス数の他にどれだけそのページがハイパーリンクされているかでも決定しているからです。良く読まれ、良くリンクされているページは検索の上位に位置する様になっています。つまり、他人のサイトに自分のサイトへのリンクを自分の意志で作製できるトラックバックというシステムは、自分のページランクを自らの行動で上げる事ができるわけです。こうしてブログ同士はリンクでつながり合います。本文中に他のブログを紹介する場合もありますから尚更です。

こうしてネットのキーワード検索を行うとブログばかりがヒットし、ブログ以外のサイトは見付け難くなる場合が出て来ました。もちろんキーワードによりますが、ブログ普及以前に比べると目的の資料を見つけ出す事は難しくなった事には間違いありません。その様子を団藤さんは、

「1000個の文書の中から10の秀でた文書を見つける行為」
「広く一般市民が容易に接することが出来なければ存在しないのと同じ」
「せっかく熟成してきた検索結果に雑音が入ってしまった」

と嘆いているわけです。・・・しかし私は、「検索の達人」団藤さんのこんな泣き言を聞いてガッカリしました。検索に引っ掛かる母集団が増え、目的のものを見つけ出す事が困難になったのは確かです。しかし母集団が増えたと言う事は秀でた文書の数自体が増える可能性も意味し、チャンスが広がったと考えるべきではないでしょうか。

私もGoogle検索をそれなりに使いこなしてきました。自分の望む資料を検索で見つけ出す行為はとても楽しく、馴れてくるにつれ検索に要する時間は短くて済むようになっていきました。私はブログが氾濫するこの状況でもさほど問題にせず必要な検索結果を得る事が出来ます。「でもそれは検索を使いこなせていない一般市民にも利用出来ないと意味が無いのでは?」と言うのなら、前述したブログの特性を逆に利用してやれば良いのです。


Google検索でキーワード[徴兵制]で検索を掛けると、私の本館のコンテンツが最上位に位置しています。Yahoo検索でキーワード[徴兵制]とやっても同様です。これは徴兵制の事を取り扱ったサイトが他に無く、あちこちで紹介されるようになりページランクが上がっていったことが主要因ですが、途中から新作を自分のブログ、つまりここでリンクを貼って紹介し始めてから検索順位は不動のものとなりました。

また、ブログのエントリー単体でも「あるキーワード」で検索を掛けたらそれがヒットするように、タイトルや本文の単語が検索で引っ掛かりやすいように工夫するというのも有効でしょう。Google検索でキーワード、[核兵器搭載疑惑][戦争法][片山さつき][ゼーリック][韓国核開発][自衛隊即時撤退][平和運動][田中宇][松代大本営][マンデート難民][ベーカー大使][中立国][防衛費][州軍][州兵][小倉秀夫][アジア諸国]・・・これらの単語で検索すると、このブログのエントリーが上位に出て来ます。(2005/03/10現在)私はあんまりトラックバックを打たないんですけどね。


この紹介した例は自分のブログ・サイトだけの話ですが、他のブログ・サイトにも繋げていけば良いのです。皆で1000個の文書の中から10の秀でた文書を見つ出し、それを色んな所で紹介していく。アクセス数の多いブログ・サイトで紹介していけば、その秀でた文書は検索結果で上位に来る事になります。広く一般市民が容易に接する事が出来るように導く事は努力次第で可能な筈です。

今、ネットはブログの急速な普及により混乱期に有ります。何かが急速に増えれば淀みが掻き乱され水が濁るのは当然の事です。それを「せっかく熟成してきた検索結果に雑音が入ってしまった」などと嘆いていても仕方がありません。未来永劫不変な生態系が存在しないのと同じで、ネットの世界も生き物なのですから。



最後に、ネット検索という物がとても簡単であることを証明します。Google検索でちょっと調べれば・・・


潮風のバーベキュー 海洋冒険家・堀江謙一さん [(2004/09/27) asahi.com : 関西

全長13メートルの「SUNTORYマーメイド号」で10月1日、東回り世界一周に新西宮ヨットハーバーから出航する。レトルトカレーや缶ミルク、長期保存がきくパンなどで航海中は過ごす。ぜいたくは言わない。

バーベキューの営業は10月中旬までで、来春に再開する。5月に帰港したら、ヨットとともに、お気に入りの料理が待っている。(団藤保晴)


ネット上で団藤記者の署名記事を見つけ出すことも簡単に出来てしまうのです。




             /ヽ       /ヽ
            /  ヽ      /  ヽ
  ______ /     ヽ__/     ヽ
  | ____ /           :::::::::::::::\
  | |       //       \  :::::::::::::::|
  | | ∧_∧ .|  ●      ●    ::::::::::::::|
  | |(-@∀@) |             :::::::::::::|
  | |       |   (__人__丿  .....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ      .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄       :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |            :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___       ::::::::::::::::::::::::|








 Read Me やる気の無いサイトリング 時間ねぇー ニンニン






Last updated  2005年03月12日 09時38分10秒
コメント(17) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.