000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

管理人のTRPG日記

PR

X

全136件 (136件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 14 >

日常

2013.01.04
XML
カテゴリ:日常
12月29日~1月3日の日程で天草の実家に帰省しました。
今年は高校時代の同窓会も3日開催だったので不参加でしたし、風邪ひいてアクティブな行動は一切なかったので、とりたてて書くことはないのですが日記的な感じで備忘録を記載するとこんな感じでした。

12月29日 
午前中は自宅の掃除をして帰省。
途中でヨメさんの実家の墓掃除。天気が悪いものの寒くないのでちょっと安心。ヨメさんの実家の墓の水道栓にシャワー設備が整えられてちょっとびっくり。
帰省して母親の話を聞くと、ここ数週間ぎっくり腰から脇腹に痛みが移行したとのこと。
「明日病院行く?」
と提案するも、「別にいい」との返事。なら、まぁいいか。

12月30日
朝6時半にヨメさんが自分を起こす。
母親が寝室にも台所にもいないとのこと。そしてトイレの電気がつきっぱなしになって音が一切しないとのこと。
かなり慌ててトイレの戸を叩く。
母親の返事がありホッとする。
母親の話では、腰の痛みがひどくトイレに来たはいいものの立ち上がりきれないらしい。
母親を説得して朝いちばんで病院へ連れて行く。
内科、整形外科をまわった結果、骨がもろくなっているとのこと、痛みどめの薬とカルシウムを吸収しやすくする薬を貰う。
この日の夜はヨメさんと子供を、ヨメさんの実家に預けてくる。

12月31日
ヨメさんと子供を迎えに行き、そのまま買い物して実家へ。
今年は姉貴夫婦が帰省しないので大みそかにスキ焼パーティをすることとなっている。
紅白でも見ながらまったりスキ焼・・・の予定が、子どもがTV番組でドラえもんを発見。約2時間ドラえもんをみるハメになる。
ヨメさんも風邪がひどく、母親も腰痛で早々に床についたので、1人焼酎を飲みながら紅白の2部&行く年来る年を見る。
その後、日付が変わったあたりで就寝。

1月1日
親戚周りをした後、ヨメさんの実家に行き夕食。
芸能人格付けチェックでも見ながらゆっくりビールを飲む。
夜9時くらいに実家に戻り、そこから手酌で焼酎を飲む。
ただ、この日の夜から熱を出し体調最悪になる。

1月2日
熱と腹痛。最初はノロか嘔吐下痢を心配したものの症状が違うみたい。
ちなみに目ヤニがひどく、どうも結膜炎にも罹ったみたい。(去年の年末年始も罹っています。病院の診断では疲れからくるものらしく、染らないタイプとのこと)
昼間は実家にて静養するも、夜は母親の喜寿の祝いで料理屋に母親とヨメさん子どもを連れて行く。
料理はよかったものの、体調が悪くほとんど手をつけられない状況。

1月3日
体調もなんとかもとに戻る。どうも風邪だったみたい。
ヨメさんの風邪は相変わらずで咳がひどい。
今日は実家の墓参りの予定だったものの、ヨメさんは実家で寝かせて自分1人で墓参り。天気が良くて空気が冷たく気持ちいい。
本日、自宅に帰宅。
帰宅するもヨメさんが肋骨が痛いと言いだしたので、咳が原因で肋骨に異常をきたしたかと心配になり整形外科へ。
ちなみにヨメさんは、年末から年明けにかけて病院に行くのは3つ目。
レントゲンをとるも異常はなく、咳のしすぎによる筋肉痛との診断。

1月4日
自分は仕事始めだが、朝おきるとヨメさんと子供は爆睡状態。
年末年始の疲れだろうし起こすのも可哀想なので、そのままにして父ちゃんは仕事へと行きました。

以上






Last updated  2013.01.05 04:27:14
コメント(0) | コメントを書く


2012.12.18
カテゴリ:日常
眼の手術から2週間。
本日の検査で、ようやく普通の生活が解禁になりました。

今までは、頭を自分で洗うこともできず(ヨメさんにやってもらってました)、子どもと一緒に寝ることもできず、お酒も飲めず・・・
と色々制限がかかっていたのですが、これでようやく解禁です。

とりあえず自分で洗髪してスッキリしたところです。






Last updated  2012.12.19 00:57:20
コメント(0) | コメントを書く
2012.12.07
カテゴリ:日常
big.jpg

ジブリキャラの「かいじゅうたちのいるところ」イラストが人気みたいですね。

確かに可愛い・・・

ちなみに「かいじゅうたちのいるところ」
モーリス・センダック作
じんぐうてるお訳
ですが、子どもに毎日のように読まされていたので、ほぼ全文をそらで暗唱できるようになりました。

この絵本ですが、ちょっとナゾがあります。
でも話を知らない人には分からないと思うので、ストーリーをちょいと解説。

「あるばん、マックスは狼の服をきるといたずらをはじめて大暴れ」
から始まるもので、いたずらをしたマックスがお母さんに部屋に閉じ込められます。
そしたら部屋の中に木が生えだし、あたりが森や野原になります。
そこへ波がおしよせマックスの船を運んでくると、マックスは船にのって1年と1日航海してかいじゅうの島へとやってきます。
やってきたかいじゅうを「かいじゅうならし」の魔法で従えたマックスは、かいじゅうの王様となって、かいじゅう踊りなどで遊びます。
でも、遊び疲れた後にマックスはやさしい人の下に帰りたくなってかいじゅうの島を離れます。
また船にのって1年と1日航海すると、いつのまにか元のマックスの部屋へと戻っており、ベッドの側のテーブルには暖かいスープが置いてあり、まだホカホカと温かかった。


というものです。
まぁ、聞いてわかるように、お母さんに叱られた子どもが自分の脳内空間の冒険をして、反省して戻ってきた・・・みたいな話です。
ですが、モーリスの絵において疑問がひとつ。
最初のお母さんに閉じ込められた部屋にある花瓶の花と、最後のシーンの花瓶の花が微妙に違うのです。
もしかしたら、マックスは本当にかいじゅうたちの島へ行ってしまい、毎晩お母さんはマックスの帰りを信じてスープを置き続けていた・・という話なのかもしれません。






Last updated  2012.12.08 02:06:22
コメント(2) | コメントを書く
2012.12.04
カテゴリ:日常
無事、白内障の手術が終わりました。
朝の11時に病院に行き、パジャマに着替えてひたすら順番を待つ。
隣の80歳のおじいさんは先週も手術をしたそうで、いろいろと話を聞く。

手術の直前に眼を消毒液で洗うのですが、これが沁みる〜!
そして点眼麻酔をして手術。
瞼を開けての意識のある状態(身体は自由に動く)なので、何をしているかはよく分からないものの、何かをしているのは分かる(見える)わけです。
なんか気持ち悪い・・・

とはいえ手術自体は30分程度で終了。
あとは雑菌とかが入らなければ1ケ月程度で完治だそうです。
ちなみに風呂は1週間禁止・・・






Last updated  2012.12.04 22:54:30
コメント(0) | コメントを書く
2012.11.24
カテゴリ:日常
剛力彩芽が栞子役かぁ・・
上戸彩が結婚・・・出産休暇というための保険とはいえ、事務所の剛力プッシュがすごいな・・・
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/121121/ent12112120190010-n1.htm
この本はいずれドラマ化するとは思っていたけど、
自分としては石原さとみあたりが適役かと思っていたのだが・・・残念。






Last updated  2012.11.24 21:17:46
コメント(0) | コメントを書く
2012.11.21
カテゴリ:日常
今年に持っていくお酒はこれ!

CIMG5196.JPG

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2012年金賞の「越後桜」(一升瓶)
新潟のお酒という以外は味見もしてないのでわからないが・・・とりあえず村岡です氏は日本酒しか飲まないので、今年も日本酒を持っていきます。

ちなみに忘年会の場所は、毎年恒例の中華料理屋「美膳」
時間は6時30分スタート
会費は3000円(ノンアルコールの方は2000円)
だと思います。(幹事の青木のだんな氏からの連絡がまだなので、詳細ははっきりしないのですが・・・)

俺、でもその2日後が白内障の手術なんだよなぁ
でも、術前はアルコール×とは言われてなかったので呑むけどね。






Last updated  2012.11.21 23:30:24
コメント(0) | コメントを書く
2012.06.02
カテゴリ:日常
明日は大分へゲームをしに行くので、本日は家族サービス。
子どもとヨメさんをSL人吉号に乗せてウナギを食べるツアーです。
JR大好きな我が子は、昨晩は叱られる前に草々に床につき英気を養っておりました。
おかげで朝6時には起床し、まだ眠いこちらを叩き起こす。
「パパは運転するから、もう少しねせてー」
「起きないとSL乗れないよ!」
もともと乗れないんだけど(帰りは車で帰るので、パパは車で人吉駅待機ですから)

CIMG4802.JPG

JR熊本駅では蒸気機関車をみて興奮しまくりの我が子。
頑張ってチケットをとってよかった・・・

ヨメさんと子供の乗った汽車を見送った後、車で一路、人吉に。
人吉ではクラフトパークにでも行こうかと思っていたのですが、あいにくの天気。
人吉に着くころには雨が不利そうな気配。
人吉駅で子ども&ヨメさんと合流。

120602_1221~01.JPG

とりあえず第2の目的のウナギを食べに行く。
観光客で並ばないといけないと脅されていたのですが、その日はお客が少なくすんなり入店でき、ゆっくりと食事することが出来ました。
ですが店を出る頃には雨が降り始めたので、人吉観光はあきらめてそのまま熊本への帰路につきました。

これで明日は罪悪感なしに大分へ行ける。






Last updated  2012.06.06 23:10:44
コメント(0) | コメントを書く
2012.05.06
カテゴリ:日常
次に行ったのは「光窯」。
農家の蔵を改築したような窯です。
ここは老夫婦で窯をしていた感じで、子どもはおばあさんから紙の独楽をもらっていました。

CIMG4371.JPG

行く途中で五和の亀島を眺める。
そういや高校時代に部活の合宿でこの側の民宿に泊まったなぁ

CIMG4366.JPG

あと苓北の夢幻焼をみた後、内田皿山焼の窯に行く。
内田皿山焼の窯は大規模で、お客さんも多かったです。
流石に疲れてきたので、子どもと一緒にテントの中の小休止ブースで一休み。
デコポンを購入して、子どもと2人してゆっくりしてました。

CIMG4376.JPG

ここで花瓶と子どものカレー皿を購入。
結局、魚用の大皿の購入は見送ることに・・・また秋にでも見てみようかと思ってます。






Last updated  2012.05.16 01:11:34
コメント(0) | コメントを書く
2012.05.05
カテゴリ:日常
GWの後半は実家の天草に帰省していました。
御存じの人もおられるかと思いますが、天草は陶石がとれるので磁器を作っている窯がいくつかあります。
また、その流れで窯が結構あるんです。
それで春と秋に、各窯がその年の新作を窯出しとして展覧即売会をやるわけです。

今回、言ったのは五和町と苓北町の窯です。
目的は焼き魚なんかを入れる大皿の入手。

まず最初に行ったのは陶丘工房

CIMG4348.JPG

田園風景の中にある小高い丘にある窯で、傾斜を利用した庭でお茶&デザートのサービスがありました。

CIMG4351.JPG

海から涼しい風が吹いてくるなか、ゆったりとした時間です。
作品は手触りがよく気に入ったのもあったのですが、目的の大皿でいいサイズがなかったので購入は断念。

CIMG4356.JPG

白地をベースとした作品で、ざらっとした手触りが心地よく、お茶碗なんかにいい陶器でした。
秋のイベントにまた行ってみよう。


次に行ったのが、同じく五和町にある息峠窯。

CIMG4362.JPG

山の中にある喫茶店が併設されている窯ですが、ここは駐車場がせまく、あまり長居はできませんでした。
なんか農家で陶芸やっているという感じです。
周辺の雰囲気は良かったので、喫茶店もオープンカフェみたいにするともっと良かったかも。






Last updated  2012.05.12 01:56:58
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.30
カテゴリ:日常
今日は家族サービスで鉄道展に行ってきました。
思ったより人が少なく、おちついて見学&遊ぶことができました。

ただ・・・うちの子供は集中すると回りが見えなくなるので、いくら「帰ろう」といっても言うことを聞かず、正直疲れました・・・

CIMG4328.JPG






Last updated  2012.04.30 23:32:17
コメント(0) | コメントを書く

全136件 (136件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 14 >


© Rakuten Group, Inc.