000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

管理人のTRPG日記

PR

X

全279件 (279件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >

TRPG

2014.01.19
XML
カテゴリ:TRPG
宮崎であるTRPGのイベントに参加してきました。
前々からネット上の情報は入手し、以前の知人より参加しないかと誘われていたのですが、なかなか暇が合わず見合わせていたのですが、今回、都合がついたので初参加。
場所を間違えるというトラブルもあったものの、なんとかゲーム開始前に参加することができました。
とりあえずゲームは
Savage Worlds
Mansions of Madness
の2つ。
参加者は自分を含めて7人というものでした。

CIMG6507.JPG

とりあえず、Mansions of Madnessに参加しました。
クトゥルフをモチーフにしたボードゲームで、設定された勝利条件を満たすためにプレイヤーが屋敷内を探索するというゲームでした。
この手のゲームは、最初どこまで踏み込んでよいのか分からないのが難しいところ。
そのため、序盤はなかなか進みませんでしたが、中盤から一気に探索が進みました。
ですが、探索が進むにつれ、パーティが分断行動をするようになり、結果的にそれが仇となってパーティ内の裏切り者によってバッドエンドとなりました。
ですが、今年のゲームはじめとしては中々面白くやらせていただきました。
ゲームバランスの感想としては、もう1人プレイヤーが多い方がより面白かったかも・・・(3人プレイヤーで、その内1人がマスター側の裏切者なら、ちょっとプレイヤー側の勝利可能性が低すぎるかな・・・)

CIMG6508.JPG






Last updated  2014.01.20 22:06:30
コメント(0) | コメントを書く


2014.01.01
カテゴリ:TRPG
自分の今までのゲーム記録なんかをまとめたものです。
よければどうぞ






Last updated  2014.01.20 22:11:11
コメント(0) | コメントを書く
2013.12.23
カテゴリ:TRPG
アンケートの集計終了しました。
年賀状との並行作業だったので、結構時間がかかりました。

ランキングについては動きがありました。
新旧入り混じったランキングという感じです。
来年こそは、なんとかゲームを成立させてマスターしたいものです。






Last updated  2013.12.23 21:13:10
コメント(0) | コメントを書く
2013.12.15
カテゴリ:TRPG
参加者は41名でした
成立卓は14卓中9卓なので、成立率が64%。最近では、なかなかの厳しい戦いでした。
ちなみに卓の状況は
○アルシャードセイヴァー
○パラサイトブラッド
○クトゥルフ神話TRPG
○アドバンスド・ファンタズム・アドベンチャー
○ダンジョンズ&ドラゴンズ4th
○アリアンロッド2E(べべさん)
○A.A.A.
○ネクロニカ
○カオスフレア

×アリアンロッド2E(虎猫さん)
×トーキョーNOVA
×世界樹の迷宮
×キルデスビジネス
×ビーストバインド

というもの。
ランキング枠の1位、2位、4位が落選しているので、いかにマスター紹介でうまく掴むかが重要なんでしょう。

CIMG6388.JPG

また、参加者の女性比率がまた高くなっていました。
自分が確認しただけで10人いたので、比率的には2割。
特にクトゥルフ神話TRPGは、マスターがきゅうせいあきねさんだっただけあって、プレイヤーもほとんど女子でした。

ちなみに自分はダンジョンズ&ドラゴンズに参加。
頼りになる防御役のお仲間のおかげで、またーりとした戦闘を楽しんできました。






Last updated  2014.01.20 22:19:50
コメント(0) | コメントを書く
2013.10.13
カテゴリ:TRPG
アンケート集計も終わり、ランキングからの選抜マスターのラインナップも決定しました。
あとは県内からのサークル代表マスターですが、とりあえず依頼をかけるのは
ARC
ASO
AGF
熊大たのしいRPG研究会
昭和遊戯塾
TRPG部熊本店
ふぁんぶる

の7サークル。
これにランキング選抜マスターが10名(今回は連続マスター枠該当者がいないので)・・かぶる方がいるかもしれないので、参加できない人も含めて15名程度ではないかともくろんでいるところです。







Last updated  2013.10.13 10:19:06
コメント(2) | コメントを書く
2013.10.07
カテゴリ:TRPG
参加者は40名。
立候補ゲームは全部で11卓(うち〇が成立ゲーム)
〇メタリックガーディアン(鬼木さん)
〇メタリックガーディアン(虎猫さん)
〇パラサイトブラッド
〇神我狩
〇アドバンスド・ファンタズム・アドベンチャー
〇ソードワールド2.0
〇アルシャード・セイヴァー
〇トーキョーNOVA(数珠丸さん)

 トーキョーNOVA(同田貫さん)
 世界樹の迷宮
 ナインランドの開拓

てな状況です。
また今回も落選でした・・・残念。

メタリックガーディアンは強いですねぇ。
あと新作ゲームも結構あって、新旧まざってラインナップ的にはよかった感じです。
自分は虎猫さんのメタリックガーディアンに参加しました。
他のプレイヤーさんが、ある程度詳しかったので、初めてでしたが比較的スムーズにゲームを進めることができました。

その他、気づいたこととしては、最近のKKFは女性参加者が多いことです。
40人中9人が女性参加者だったので、全体の2割程度となります。
あと初参加者が多い。
あとは上手く定着してもらえるよう、何を改善すべきかを考えて実行していかないといけないところです。

アンケートではいくつか意見も出ているようなので、みなさんが来やすい環境整備のために、できることを進めていかないといけないですね。






Last updated  2013.10.13 11:04:42
コメント(0) | コメントを書く
2013.10.06
カテゴリ:TRPG
本日はAutumn KKFでした。
ですが、宮崎県から向かう自分にはKKF参加というミッション以外にも家族からの特命事項が・・・
1.ザリガニを確保せよ!(息子からの特命)
朝3時半に起床。4時に出発し、熊本に7時前に到着。
目的地は熊本のザリガニ取りのポイント・・・江津湖です。
ここで泥だらけになりながら30分ほどでザリガニをゲット!
結構、朝は寒いですね・・・近くのコンビニで挽きたてホットコーヒーで一息つきました。
2.KKFへ参加
バケツに入れたザリガニを持参しKKF会場へ。
バケツに違和感を覚えられるも、皆優しい人たちなので特にトラブルもなくスルー
KKFの状況は後日に回すとし、最終的な参加者は40名。成立卓数は8卓と、まぁまぁの状況です。
福岡から虎猫さんのグループが5名ほど参加してもらっており大変感謝です。
虎猫コンの宣伝には、皆食いついているようなので、何人か参加する感じでした。
終了後は、いつもの中華料理屋で反省会&食事会。
ゲームの話や虎猫コンの話で盛り上がっていましたが、自分は帰路の時間を考えて1時間ほどで退出。
3.プレゼントを届けろ!(奥さんからの特命)
大江のママ友の家に行き、プレゼントを配達。

そんなこんなで1日が終わりました。
今年のKKFでマスターできなかったのは残念ですが、まぁ、マスターの運気の波が引き潮なんだろうと思うこととし、あとはWSPを盛り上げることに専念することにします。






Last updated  2013.10.13 10:55:34
コメント(0) | コメントを書く
2013.10.01
カテゴリ:TRPG
自分の今までのゲーム記録なんかをまとめたものです。
よければどうぞ







Last updated  2013.10.01 21:47:26
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.29
カテゴリ:TRPG
ナインランドの開拓 2010年09月28日
とりあえず設定しているNPCは20名。
基本はフル出場します。
そしてほぼ全員が、誰かの配下となります。
前回やった時はプレイヤー3名。何人か配下にしてもらえなかったNPCもいたので、ざっと平均5~6人のNPCを配下にした計算でしょうか・・・
NPCは全てカード化されています。
このうちカラー刷りのカードがNPC本体をあらわし、白黒のカードがNPCとのコネ(縁)を表します。
基本的にコネのないNPCは配下にできません(正確には出来るけど、他のプレイヤーがコネを持っていたら、まず間違いなく裏切ります)。
このカードは毎ターン引けるのですが、領土からの税収を消費することで追加のカードを引くこともできます。

CIMG4759.JPG

基本的な能力値は、内政・軍事・情報の3能力。
それぞれ開拓していくうちに使う能力なので、1点特化型の能力だと、その能力判定に耐性のある障害が発生したときに対応できないことに・・・
とはいえ開拓・・・なので、基本的には軍事能力がもっとも使う能力値となっています。
軍事の最高値は4
ちなみに判定方法が2D6+能力値で目標以上というもの。また、プレイヤー同士での争いは対抗判定なので2~3の能力値の差は結構大きいものになります。






Last updated  2013.09.29 01:21:21
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.27
カテゴリ:TRPG
オータムKKFまで、あと10日ないことに気づきました。
そろそろゲームを決めねば・・・

クトゥルフでやりたいネタがあるものの、レイニーで落選したリベンジでオリジナルのロールプレングボードゲーム「ナインランドの開拓」を持っていくこととしました。

「ロールプレイングボードゲームってなに?」という質問に対しては
「ボードゲームの要素を入れたロールプレイングゲームです。」と応えています。

ゲームの特徴としては、世界がMAP化されてたり、数多く登場するNPCやランダムに発生するイベントがカード化されていることです。通常のTRPGであれば、名前を覚えるのも大変なNPCが視覚化されたことにより、大量のNPC情報をプレイヤーが認識することができ、マスターや他のプレイヤーとの世界観の共有化をスムーズに図れるようにしています。
大量のNPCを処理できることにより、多数の人間劇が展開する宮廷陰謀劇や国家の運命がかかった物語など、大掛かりなシナリオが(キャンペーンではなく)単発シナリオで遊べるようになっており、ランダムに発生するイベントが、プレイヤーだけでなくマスターにも予想外のドラマを紡ぎ出していくというもの。

実際、同じシナリオを何度もやっていますが、毎回まったく別の展開・結末となっています。
そういう意味では同じゲームでも同じ展開には絶対ならないボードゲームに近いものがあります。

CIMG5493.JPG

「ナインランドの開拓」の世界設定だけ、ちょっと書いておくと
帝国暦547年。長年にわたった共和国との戦争も終結。
帝国は、賠償金として共和国の支配していたナインランド諸島の割譲を受けた。
このナインランド島、広大で数多くの原住民が確認されていたものの、まだ一部の沿岸部にしか支配権は行き渡っていない未開の土地であった。
一方、帝国を30年にわたり統治してきた皇帝も病床に伏せることが多くなり、ここ数年のうちに皇太子に帝位を譲ることと目されていた。
皇帝には多数の皇子・皇女が存在し、ほとんどの皇族が大貴族に降嫁・養子したりと、多くは皇籍を離れたものの、まだ数名の皇族が皇室に籍を置いている状況であり、彼らの処遇が皇室の懸案事項となっていた。
未開の地の開拓、皇族の処遇・・・この2つの解決策として、皇帝が考え付いたのが「皇族たちによるナインランド島の開拓」であった。
更に皇帝は「開拓の暁にはナインランド島を帝国内の構成王国として処遇する。開拓に参加する皇族には大公の地位を与え、最もうまく開拓を成功させた者にはナインランド王の地位を与える」と宣言。
また、帝国内の貴族の次男・三男坊の部屋住の貴族たちも、領地を得るチャンスとばかり開拓に参加することとなった。









Last updated  2013.09.29 01:18:37
コメント(0) | コメントを書く

全279件 (279件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >


© Rakuten Group, Inc.