126066 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

管理人のTRPG日記

PR

X

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

歴史・現代考察

2014.01.26
XML
カテゴリ:歴史・現代考察
米国のバージニア州の公立学校で使用する教科書に「日本海」と「東海」を併記する問題。
背景としては、増加する韓国系米国人勢力の増加に、州議員たちも同調したというもの。
この事件をみて思ったのが、米国という国の本質・・・よくも悪くも多数決の国家であるこということです。
櫻井よしこさんか誰かが書かれていたのですが、
「米国は、近未来のうちにアングロサクソン系の国家からスパニッシュ系、または中華系の混成国家になる」
というもの。
移民及びその家族の増加により、大きく民族構成は変わりつつあり、すでにマイノリティのうち最大はアフリカ系からスパニッシュ系に移っているところ。
やがてアングロサクソン系はマジョリティの座を奪われるだろうということです。
そうなった時、アメリカの外交政策は大きく変わる可能性があります。

第一次世界大戦、第二次世界大戦を通じ、アメリカはヨーロッパの紛争において一貫して「母親」英国側に立っていました。
これは、英国系の人間が民主主義国家アメリカの多数を占めていたための郷愁によるものでしょう。
それが、そのうち中国系米国人などが増加した場合、その意見は大きく変わる可能性があります。
そういう意味では、アメリカという国は、多数決の原理を重要視するというDNAを持つが故に、その行動原理が長い目でみると大きく変わっていく国家なのかもしれません。
ある意味、(ほぼ)単一民族である日本や韓国とは性格を異にしているのではないでしょうか。






Last updated  2014.01.26 22:21:46
コメント(0) | コメントを書く


2014.01.20
カテゴリ:歴史・現代考察
尖閣周辺への海警の侵入、中国の防空識別圏の設定や外交総力を駆使した日本バッシングが展開されています。
日中関係は国交正常化以後では最悪の状態とまで言われ、尖閣周辺では何かのアクシデントで一触即発の事態も懸念されているところです。
その原因としては、
・尖閣国有化
・保守政権成立
・中国の覇権主義
などが言われていますが、実は一番は中国の国内政治だと思っています。
いわば、一種の国内ガス抜きと習主席の権力闘争のための政治ポーズ。
ですから、一触即発の事態発生を一番恐れているのは、逆に中国首脳部ではないかと思っているところです。(最悪なのは衝突は起き、安保により泥縄式に米国が引きずり出され、結果的に中国が振り上げた矛を下さざるを得なくなった場合・・・その場合、おそらく政権がふっとぶどころではなく、共産党支配が瓦解する可能性さえありうると思います)

ですから、個人的な意見で一番怖いタイミングは、中国に日本に好意的な政権が誕生した時だと思います。
中国人は賢い(そう思います。日本人が石槍で野原で兎を追っていた時代に、戦国策のような人間心理をついた遠謀を張り巡らせていた人種ですよ。政治・外交などのインテリジェンスの面では単純な島国日本人とはレベルが違うと思ってます)ので、時分たちの潜在能力は把握していると思います。
そうなった時、中国にとって最終的な覇権争いの相手は米国だということは把握していると思いますし、そうなった時の主戦場(熱い戦争になる・ならないにしても)は太平洋だというも・・・
そうなると、地政学的に考えて、日本を抑えた国が圧倒的に有利になる訳です。

o0400028312056808273.png

では、どうやって日本を抑えるか・・・
経済を混乱させ、軍事的に制圧することが可能か・・・
「自分が孫子を読んでいる場合、相手も読んでいる」訳で、中国が日本抑えにかかった時にその真意はすぐ理解するでしょう(資源もない島国を抑えるのは、アジアの覇権確立や、単なる国家的悪感情の膺懲ではないと理解するはずです)
そうなると、最初に橋頭保である日本列島を抑えている米国が有利な訳です。

それらが分からない中国ではないでしょうから、本気で日本を抑えにかかるときは十年単位の計画で進めるはずです。
その方法としては、昔からの「北風と太陽」政策ではないかと考えています。
日本人が中国に親近感を持つような形で外交を進めていき、民主党政権のような米国と距離を置く親中国政権を再度成立できる土壌を育成するというもの。
前回の民主党政権の際は、沖縄に亀裂をもたらすことには成功したものの、一気に焦りすぎ、尖閣問題が変にクローズアップされ中国警戒感を強めてしまったことは、作戦の失敗として認識しているのではないかと考えています。

今度、中国の指導部が日本に対して過度な友好シグナルを送りだしたら要注意ではないかと思っています。






Last updated  2014.01.20 23:20:50
コメント(0) | コメントを書く
2014.01.18
カテゴリ:歴史・現代考察
「たかじんのそこまで言っても委員会」を久々に見ました。
たかじんさんの追悼番組ということで、今まで結論の出なかった2大テーマ「靖国参拝」と「慰安婦問題」が論点でした。
追悼番組ということで、しばらく出演のなかった田島陽子さんも出席し、保守論客(?)とのバトルが面白かったです。
番組の中で印象深かったのが、慰安婦問題にかかる情報・宣伝戦争の話。
(この問題については、自論を展開するほどの知識はないので、番組論客たちの論の判断は控えます。あくまでも番組内の一部の保守論客たちの意見ということでご理解ください)

番組内での保守論客の意見を要約すると、
「慰安婦問題が外交問題に上がったのは1993年の宮沢内閣時に、当時、韓国で日本たたきの一つのテーマとなっていた慰安婦問題について政府調査結果の談話を出したため。
産経新聞の調査では、調査内容では軍の関与は確認できなかったが、外交配慮から談話内容を政府発表前に駐日韓国大使に対して提示し、文面の調整(修正)を行っていた。
当時の政府と韓国政府の約束では、日本が慰安婦問題について認めるのであれば、以後は外交問題にしないというものであったことから、韓国政府の調整(修正)を受けた形での調査結果に関する談話を発表したものの、結果として、その談話が独り歩きし、外交交渉のカードとなっている。」

というもの。
ここで産経新聞の記者の人に、田島さんが食い下がるわけですが、田島さんを記者の人が「田島さんのように、20年間嘘でも聞かされ続けれると、日本国内でもその嘘を信じ込んでしまう人がいる」と切ってすてたわけです。

ここで、ちょっと思ったのが、仮に保守論客の人の説が正しいとした場合、お隣の国が主張している精神状態が
・嘘と把握して、外交カードとして主張しているのか
・嘘を言い続けて、自身もその嘘が本当だと思い込んでしまっているのか

のどちらかということ。

仕事の中やそれ以外で経験したことですが、人は自分の嘘にも騙されるということです。(塩野七生さん風に書くと「人は見たいものしか見ない」ですかね)
最初は、事実と異なると把握していながら交渉のために言い張っていた嘘でも、何度も繰り返すうちに、それが真実だと自分で信じるようになってしまう訳です。
最初の「嘘と把握していた」段階で言い張るのは計算した悪人ですが、「信じてしまった」段階だと計算しない善人になるから、交渉相手としては妥協が成立しないやっかいな相手となります。

ちなみに、自分が交渉する際は、
・どのように事実関係を確認するか
・主張と事実は切り分けて整理する

ことを説明し、納得をしてもらった上で、事実関係を調査し、その結果をもって交渉するようにしています。(これは、仕事の場合は、やり方を誤ると訴訟沙汰になるので、訴訟になった場合でも耐えうる資料とするためですが。)
でも、これで話を進めても、最後になってひっくりかえす相手もいるんですよね。
この場合、計算した悪人であれば事実関係の積み上げで主張が難しくなった時点で妥協点を探すでしょうから、おそらくは計算しない善人と思われます。
善人は、己の主張が正しいと思っているから、己の主張と違った事実関係が出てきても信じないし、虚構だと主張するわけです。

もし、保守論客の主張が正しいのであれば、お隣の国が後者の域に達しているのであれば、歴史的な検証などでは解決が難しいこととなります。
河野談話が出て20年間、先方の主張を無視してきたのは、ひょっとすると大きなミスだったのかもしれないです。






Last updated  2014.01.20 21:56:42
コメント(0) | コメントを書く
2013.12.22
カテゴリ:歴史・現代考察
猪瀬知事はもろかったですね。
新聞に「攻めるのは強いけど、守るのは弱い人だった」と書いてありましたが、本当にそうだなという感じです。

また、金の受け取り方も下手。
そういう意味ではアマチュアという自己評価は正しいのかなとも思います。
プロの政治屋(家ではなく)なら、危ない金か危なくない金かはかぎ分けていた気がしますね。
あと、居残り方とか・・・






Last updated  2013.12.23 21:23:40
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.23
カテゴリ:歴史・現代考察
参院選は与党の圧勝でしたね。(というより野党の自壊か・・・)
参院での勢力は
 自民115
 公明 20
 民主 59
 みんな18
 共産 11
 維新  9
 社民  3
 生活  2
 その他 5
これで与党が135で安定多数を得ました。
衆院議員の任期が3年あるので、あと3年は政治は安定するんでしょう。

この結果について、憲法改正の是非や原発再稼働を云う人がいますが、その前にアベノミクスが成功するか失敗するかの方が日本の未来には大きな影響を与えるのではないかと思っています。
個人的にはアベノミクスはリスクの高い経済政策であると思っています。失敗すると財政破たんの可能性が非常に高いものだと思っています。
国が財政破たんすると、たぶん世論が極端な方に針が振れるので、あまり議論がされない形で憲法改正とか原発再稼働の話が進むと思っています。
極端な論かもしれませんが、90年代の韓国のように何万人規模のデモ隊が押し寄せる可能性があります。
先月のエジプト政変のデモで現地に詳しい人物が話していた「アラブの春の時のデモは国を良くしようというデモで理性があった。今回のデモは食い物がないためのデモで殺伐としていた」という状況。
日本でかって永田町にデモ隊が押し寄せた安保闘争時は、いわばアラブの春と同様に国を良くしようという人たちのデモだったわけですが、財政破たん後のデモは多分後者になると思います。

アベノミクスはリスクの高い政策とは言いましたが、東日本大震災もあり、既存の政策を続けていくだけでは財政破たんは避けられない状況にあった以上、大胆な経済政策(財政出動を含む)は「やらなければならない政策」であったことも事実。
この「やらなければならない政策」を今まで放置していた(あるいは30年前の焼き直しの政策でごまかしていた)自民党の責任は置いておいて、今回やろうとする安部首相の判断は正しいと思います。
金融緩和、財政出動、成長戦略・・・このうち成長戦略が、今回の参院の安定で加速すればいいところです。

あと持論としては、アベノミクスで必ず取り上げられる2つのキーワード
「消費税増税」
「規制緩和」

アベノミクスを支える柱の一つが財政である以上、消費税増税を先延ばしにするのはかなり危険だと思います。
また国債価格に影響を与えている外国人投資家(もはや国内だけで支えることは出来ない)が、日本の財政再建が困難だと判断した瞬間に国債暴落・長期金利上昇・インフレですわ。

某党の党首が「既得権益を打破する規制緩和」と言っていますが、過去の小泉構造改革の時で分かったように、規制緩和で苦しむのは弱者なんですね。
規制の一番の目的は「弱者保護」なんで、規制緩和というのは「弱い者いじめ」をある程度認めるということなんですよ。
たしかに弱者にたかる既得権益者や、弱者が既得権益者になる場合もあるものの、政策を進めることによって、力をもった既得権益者は何とか別の場所に軟着陸して生き残るものの、力のない弱者が苦しむことは間違いないです。
以前に政策を外国語で称してケムにまいていたように、恰好イイ言葉を使って弱者の痛みをごまかしているだけですわ。







Last updated  2013.07.24 00:06:23
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.12
カテゴリ:歴史・現代考察
以前にブログにも書いたのですが、中国の主張する第一列島線と第二列島線をどのように達成するつもりか・・・?
ということです。
幾つかのパターンの中、平和裏に影響力を拡大する手法を選ぶか(中国がアメリカを凌駕する覇権国家になれば自然と日本も中国の影響下に入る)、それとも19世紀末の列強のような領土の強奪を選ぶか
という話を提起していたのですが、どうも後者を選ぶようですね。

以前に「たかじんのそこまで言って委員会」で田嶋陽子さんに勝谷さんが「尖閣で譲ったら、次は沖縄寄越せって言ってくるぞ、そうなったらどうするつもりだ!」と食ってかかったら、田嶋さんが「そんな事言うわけないじゃない、バカじゃない」と切って捨てていましたが、どうも勝谷さんが正しかったみたいです。

さて、話を戻すと、後者を選ぶということは第二列島線の確保を行う際には、日本の分断支配も視野に入れているということになります。
中国の第二列島線を見た時に感じた違和感として、日本を東京のラインで分割して、西側を中国勢力圏としていたこと。
これは横須賀基地から米軍を撤退させるという意味かと思っていたのですが、ひょっとすると西日本に中国衛星国家(北朝鮮みたいな)を作ることも選択肢の一つに入っているのかも知れません。

img_a5d895dc37d4cb1adffab3304894dfc745068.jpg






Last updated  2013.05.12 22:15:04
コメント(0) | コメントを書く
2013.01.27
カテゴリ:歴史・現代考察
テレ朝でやっているドラマで、嫁姑問題にサスペンス要素を入れたドラマ。
黒木瞳が姑役で、相武紗季が嫁役。
相武紗季って、なにか腹黒そうな役が似合ったり、黒木瞳の姑役がうまかったりと・・・今クールでは注目のドラマなのですが・・・。
第1回の中で、息子の結婚式の後、近所の主婦から黒木瞳が言われた言葉
「あなたも、ようやくヨメの立場からシュウトメの立場にランクアップしたんだから」
という言葉を聞いて、家庭内の権力闘争と納得したわけです。
つまり嫁姑問題とは家庭内の最高権力の座をめぐる問題ではないかと推測。

そこで思い至ったのが中国の権力構造。
これこそ、まさに嫁姑問題ではないかと思う訳です。
雌伏し、姑が亡くなり最高権力の座が転げ落ちるのを待つ人物・・・江沢民
姑とぶつかりながら権力を獲得していく人物・・・胡錦濤
また、嫁にあれこれとくちばしをはさむ人物・・・トウ小平

日本の選挙制度と異なり、議員の数の力で失権するリーダーと異なり、基本的には5年2期の権力が確定路線となっている最高指導部たち。
一方、離婚騒動でも起きない限り、位置関係は変わらないヨメ・シュウトメ問題。

ここらへん考察していくと、ちょいと面白いのではないかと思っているところですが・・・ちょいと怖いのでこの辺にしときます。






Last updated  2013.01.27 15:23:14
コメント(1) | コメントを書く
2013.01.19
カテゴリ:歴史・現代考察
中華武侠がなぜ、自分勝手なDQNかという事を考えてみた。
ちなみに、どのくらいダメかを解釈すると
戦う前は大口をたたき、戦った後に相手が無実だとわかると悪態をつき戦った相手の責任を見つけて主張する、戦った相手が強かったり・格上だとわかると掌を返したように褒め称える・・・みたいな生き方をしてる訳です。
(北方謙三さんが「水滸伝」や「楊令伝」で自分の想いに殉じる恰好いい武侠を描いていますが、あれは多分に日本的侠客の雰囲気を混ぜ込んでいるため(北方作品自体が、同じタイプの漢を描いているので志方ないのですが)ですわ。)

その理由として思いついたのが、
その時代において正義が相対的なものとして存在しないためではないかと思う訳です。
どういう事かというと、
「皇帝=正義」
な訳です。
ですから、水滸伝においても最後は皇帝に従う訳です。
(中国史観で言うと亡国の皇帝以外は、すべて正しい人物なんですね。)
唐代以前ですと若干話が変わって、封建社会がまだ生き残っていたので、皇帝以外の正義の判断階層たる貴族階級があった訳です。
これが宋代以降となると封建社会が崩壊し、貴族階級が一掃されます。宋代以後の特権階級たる知識人階級は貴族階級のような存在でありながら、その存在基盤が皇帝の任命によりものとすべてが皇帝一極化になったため、
皇帝=正義
という絶対的な方程式が成立する訳です。
儒教の2大派閥である、陽明学と朱子学が成立したのが宋代以後というのも、このあたりに根があるのかも知れません。

ちょっと断線しましたが、正義が相対的に存在しないため、自分の行動が絶対的に正義だと主張することに躊躇しているため、前述のダメな行動になるのではないかと思う訳です。

面白いのが、元代及び清代だけは絶対的な正義が、皇帝以外に存在することです。
清代でいう
「抗清復明」
の民族自決主義の思想です。
当時の皇帝に刃向うことを正義する考え方が存在し、それが武侠たちのよりどころになったため、その行動に一貫性が出ているのはないかと思っているところです。
この時代の武侠の拠り所が秘密結社になっていったのは「抗清復明」の思想を拠り所としたためじゃないかと思っています。






Last updated  2013.01.21 22:24:00
コメント(0) | コメントを書く
2013.01.12
カテゴリ:歴史・現代考察
先日のバスケ部顧問による体罰問題。
むろん体罰と厳しい指導の是非や関連性の問題など考えるべきところも多く、今の段階で語るべき意見はないのですが、ヒトが1人命を絶ったという事実は深く受け止めるべき問題。

ですが、この事件の関連で単純に感じたことを1点だけ述べさせてもらうと、最終的な行政の最高責任者である橋下市長の最初のコメント。
「最悪の大失態」
との発言。
どうも他人事のような、批評家の述べる発言のように感じられたわけです。
今までも橋下発言にあっては、行政の長にあって行政の失態があったときはマスコミ側(市民側)に立った批判発言をして、自分に一義的な責任はないことをアピールしているスタンスが透けてみえるわけです。
極端に言うと、今回の事件で校長や教育長が
「今回の事件は一教師が原因で起きた事で誠に遺憾だし、自分も教師に対して憤りを感じる。ただし、この学校の責任者は自分なので責任はあると思うので今後の真相解明や防止策はきっちりしたい」
みたいな発言をしたら違和感を感じるでしょう。
そんな感じに思えてしまうわけです。
解決策や対応策は当然のこととして、まず最初にそのような立場の人は(自身に責任の一端がある・なしに関わらず)謝罪から入るでしょ。
企業の不祥事があった場合は、まずは社長が頭を下げますよね。
その姿勢がなく、
・事件を起こした者が最大の責任者
・自身には組織の長としての責任しかない
というスタンスでは、その組織は最終的にはうまく回らなくなると思うし、トップとしての失格ではないかと思っているところです。

ただ、橋下市長のその後の発言である
「教育委員会に任せずに、自分で責任もってこの問題を解決していく」
という方針や、すぐさま高校全体の調査&遺族への謝罪に向かったことなどは正しいやり方だと思うし、非常に評価すべきこととは思います。

やっている事は的確なんですが、発言において最後の最期でチョンボしそうな感じがします。
最近の政治家の傾向として、石原さんも同じですが
「自分の組織で起きたことでも当事者を批判することで、自分に責任がないことをアピールする」
やり方の人が人気を得ているような気がします。
おそるべしポピュリズムの傾向であり、組織そのものが最終的な責任をどこにも帰属させないようになるものであり(最後の最後は責任はトップがとるべきもの、これが最低限の原則)、非常に危険なことだと思っています。






Last updated  2013.01.12 09:10:24
コメント(0) | コメントを書く
2013.01.06
カテゴリ:歴史・現代考察
当家は朝日新聞なんですが、ブラック企業の特集をしてました。
残業代を払わない、社内イジメを行い自主退職に追い込む・・・等の雇用市場が買い手市場であることを利用しての就業者を食い物・使い捨てにして利益を上げている企業のことです。

この手の企業は、世間の視線が集まってくると袋叩きにあって衰退するというパターンなんですが、その際に暗躍するのが弁護士なんかの法律のプロ。
一番分かりやすい例でいくと消費者金融業界。
1990年代はわが世の春を謳歌し、同じ金貸しの銀行に対して「追い越した」とドヤ顔状態だったのが、グレーゾーン金利の取戻し請求の裁判ラッシュにより一気に衰退。
世間の「貸金業は悪」との風潮により、法律も改正され、今までのやり方では全く儲からない仕組みに。
(個人的には従前の貸金業のグレーゾーン金利ってのは、中小企業にとって景気の波の衝撃を和らげるクッション役だったと思ってます。確かに35%の金利を恒常的に支払ってたら事業なんてなり立てませんが、一時的な資金要求に対応できる仕組みとしては必要悪の部分もあったのではないかと思ってます。)
この消費者金融の金利取戻し請求で潤ったのは最終的には2者。
弁護士・司法書士の取戻し請求のプロと闇金融。
借りてた人たちは、そこで消費者金融と縁を切って自立できた人は得した組ですが、そのまま次に借りる先がなくなって闇金に走った人たちは最終的には損した人になるんじゃないかと思います。
特に弁護士・司法書士は今でこそ成功報酬20%程度ですが、当初は50%近い成功報酬で、取り戻した金利分のお金を報酬として受け取っていたからボロ儲けです。
裁判では必ず負けるというのがもう分かっていたので、あっさり和解に応じるので、ほとんで事務手間なしに1人あたま100万単位で儲かるわけです。
後になると、業者側が手間と経費のかかる裁判は選ばないので、裁判まではできない司法書士も参入して刈取り場に・・・
一時期は国税局査察部の最大の対象先が弁護士業界だったそうです。
でも、今は司法書士も参入したことや、めぼしい金利取戻し請求案件がなくなったこともあって、大きな儲けは見込めなくなってきたわけです。

そんな中で、弁護士が次のターゲットにしそうなのがブラック企業。
記録をとらせることで、これまたほとんど残業代の請求は裁判で勝てる。
(身体壊したなんかの労災認定までなると面倒かもしれないけど)
ブラック企業だと、数百人単位で新採して1年後には半分以下になるというのがよくあると聞くので、その辞めた人間のリストを入手して、横の連絡をとらせ集団訴訟とかやりそう。
そうなると、だいたい労災認定の残業時間が100時間単位なんで、ブラック企業も同様のサービス残業を強いていたとすると、月100時間×12ケ月×時給800円で1人頭96万円。100人集めると9600万。成功報酬を30%で設定しても約3000万の報酬。
充分ペイできそうな気がしますね。






Last updated  2013.01.06 22:22:50
コメント(0) | コメントを書く

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


© Rakuten Group, Inc.