011717 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

多目的ルーム

Mar 29, 2017
XML
カテゴリ:その他
【問題】
葉のついた茎を水の入った試験管に入れ、一定時間放置すると試験管の水が減少しました。
これは植物が水を吸い上げ、葉の気孔や茎から水分が放出されるためで、このような現象を蒸散といいます。

 そこで、おもしろい実験をしました。
 ワセリンというクリーム状の油を葉にぬると、気孔がふさがって葉は蒸散ができなくなるので、葉の表や裏にぬって蒸散の違いを比べてみました。
 また葉を取り除くとどうなるのかも実験しました。この実験では試験管の水の減少量を確認します。
(試験管の水には少量の油をたらして水面からの自然蒸発をおさえます。)

① 葉と茎は何もしない状態だと、水が4.8g減少しました。
② 葉の表側だけにワセリンを塗ると、水が3.6g減少しました。
③ 葉の裏側だけにワセリンを塗ると、水が1.7g減少しました。
④ 葉を取り除いて茎だけにすると、水が0.5g減少しました。
(①から④の実験はすべて同じ環境で同じ時間だけ放置しました。)



 さて、ここで問題です。
 葉の裏からの蒸散量(放出された水分量)は何グラムだったのでしょうか。


【解説】
 このような問題は、『蒸散された部分』を書き出して『引き算』をするとわかりやすいですよ。
(蒸散されない部分は空欄にします。)



 ①の4.8gとは(葉の表)と(葉の裏)と(茎)の蒸散量の合計。
 ③の1.7gとは(葉の表)と(   )と(茎)の蒸散量の合計。
 これを縦に引き算をすると、残るのは(葉の裏)だけです。
(葉の裏だけが残るように引き算の式をつくることがポイントです。)

 つまり、4.8g - 1.7g = 3.1gは(葉の裏)の蒸散量ということになります。
 
 他にもう一つの計算の組み合わせが存在しますね。こちらの方が暗算的だと思いますが、小中学生は必ず同じように書き出す習慣をつけましょう。


【解答】葉の裏の蒸散量は、3.1g


 【管理人:oboko1】





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  Mar 29, 2017 07:35:28 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Category

カテゴリ未分類

(0)

設定など

(9)

一言二言

(46)

その他

(60)

Free Space

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.