9982312 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おぼろ二次元日記

PR

カレンダー

プロフィール


おぼろ.

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

「神様のバレー」22… らいち♪♪さん

旧:無菌室育ち わに庭さん
人に歴史あり yuru3さん
おタコ部屋 ロ サ ロ サ 紫 織さん
蒼い空、藍い海 にゃんたまくらぶさん
真夜中のお茶会 あこやさん
からまつそう yamahusaさん
新緑のオリバー 藤春 泰子さん
気づき★毎日★ダイア… くまこ@yummylife.netさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん

コメント新着

サイド自由欄

フリーページ

バナー、フリー配布♪&捧げ物


宝物・イラスト


みはるさんよりゲット♪


紫苑巽さんよりゲット♪


瑠架さんよりゲット!


翠嶺さんよりゲット♪


hamukkoさんよりゲット♪


にゃんたまさんよりゲット♪


もるがんさんよりゲット♪


なぎさ美緒さんよりゲット♪


那由さんよりゲット♪


みにくろめろん様よりゲット♪


フル☆マルコ様よりゲット♪


葉月せりあさんよりゲット♪


わに庭さんよりゲット♪


宝物・小説&替え歌


龍華紫織さんよりゲット♪


暴れん坊さんより、浮竹小説♪


暴れん坊さんより、兄様小説♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説♪


暴れん坊さんより、一護小説♪


Mishelleさんより兄様・緋真小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ三作♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説その2♪


Mishelleさんより兄様誕生日小説♪


暴れん坊さんより一周年小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ(女性版)♪


暴れん坊さんより緋真小説♪


暴れん坊さんより一護小説その2♪


暴れん坊さんより20万打兄様小説♪


暴れん坊さんより一護小説その3♪


暴れん坊さんより「内科医・朽木白哉」♪


にゃんたまさん、みーさんより兄様ss♪


mamさんより夢小説♪


Mishelleさんより兄様小説♪


暴れん坊さんより400いじり記念小説♪


Mishelleさんよりウルグリ小説♪


mamさんより銀魂、NARUTO小説♪


暴れん坊さんより誕生日記念兄様小説♪


mamさんより20万打銀魂小説♪


八兵衛さんより兄様お誕生日記念小説♪


黄瀬誕生祭☆


緑間生誕祭☆


笠松先輩生誕祭☆


火神生誕祭☆


青峰生誕祭☆


高尾生誕祭☆


黒子生誕祭☆


黒子&森山生誕祭☆


2015新宿駅WC決勝戦広告☆


2015黒バス渋谷WC決勝広告、JW帝光編


ハイキュー!!展


タイガー&バニー、地下鉄コラボ


2008.12.10
XML
カテゴリ:テイルズ・FATE
タルタロスの修理と補給に寄った港町、ケテルブルク。
そこでルークはジェイドの過去を知ることになる。




「雪降る街」


あらすじは公式からです。


ピオニー皇帝の力を得るためグランコクマに向かったルーク達だが、
タルタロスが故障、応急処置することに。


寄港地は雪の街ケテルブルク。
ジェイドの生まれ故郷で、幼い頃ピオニーが政争の為、軟禁された街。
知事ネフリーはジェイドの妹だった。


ジェイドは旧姓バルフォアといい、幼少から天才と謳われていた少年だったが、
師であるネビリムを事故で失っていた。
彼女を再生しようとレプリカを生み出すフォミクリー技術の研究に手を染めた
ジェイドは、ある日、大事故を起こして負傷。
友人のピオニーに諫められ、以来、禁忌の術を封印したという。


ルークは、ジェイドの辛い過去を知る。



*********************************



キャラそれぞれに痛い過去、出生の秘密があるのですねえ。
前回、ゲーム版の画像の件で感想を少し書きましたが、
全部拝見させていただいて、山を越えていかなければならないのは
ルークだけではないのだと思いました。


山は全て自分自身。
そして必ず仲間が側にいる。
(アッシュは神出鬼没のようですが。)
今回はジェイドのターン。



タルタロスが寄港した街、ケテルブルクで雪を初めて見るミュウが
可愛いです!
ミュウ、うちにも一匹欲しいですのー♪(と、言ってみたくなる!どきどきハート
音素オタクなガイですが、ちゃんと修理しなければならない状態に
なってしまったようです。



上陸してまず知事のオズボーン子爵に会いにいくという一行。
ジェイドはこの街の出身だった!
寒い雪の中を歩くイオンを気にかけるルークに不信な目のアニス!
冷たい物言いのジェイド!スマイル
イオンはさすがにちゃんとルークの本来の性質を見抜いていたのですね!
最初の頃のルークは確かに優しかったですし♪



オズボーン子爵邸を見てアニスの玉の輿願望が炸裂!!!
「女性ならなんでも良い人」
この言葉にも何か裏があるのかな、ジェイド。


豪華な屋敷はかつてピオ二ー9世が世情の混乱から逃れるために
軟禁させられていたところ。
自分と重ねあわせるルークだけど国王は良く脱走していた!!!NG



知事のオズボーン子爵と対面した一行・・・


「お兄さん!!!」


まさか知事がジェイドの妹、ネフリーだったなんて!!!
アクゼリュスの崩壊で死んだとばかり思っていた・・・
生きていると信じていたのはピオ二ー陛下だけという。
ガイの「ネクロマンサー」発言に


「その口をふさぎますよ。」


なんてこやぴーに言われたら変な妄想をしてしまいます!!!NG


宿に戻って温泉にでも浸かって・・・引き上げる間際に
ネフリーはルークを呼び止めて話があるのでもう一度、尋ねてきて欲しいと
言う。



ケテルブルクでは二大天才の一人のジェイドは有名。
もう一人はなんと六神将のディスト!!!
本名は「サフィール・ワイヨン・ネイス」。
「ネイス博士」と呼ばれ、ジェイド、ピオ二ーとは私塾の仲間。
びっくりです。
少しばかり沈んだ瞳のジェイド。


そのディストはなんとアニスのトクナガの巨大化をセットしてくれたのですね!
良い奴なのか悪い奴なのか・・・。


ジェイド「虫酸が走りますねえ!!!」


好かれてるのに発言に、「んふ♪」、怪しい笑い!



夜、散歩に行くといってミュウとともにネフリーを尋ねたルーク。
そこで知ったジェイドの過去は自分のレプリカ計画の素になった
フォミクリー研究で成し遂げたい欲求があった。


「兄には生き物の死が理解できなかったのです。」


壊れたものも何でもフォミクリで複製を作り、再生すれば
それでいいと思っていたジェイド。
良い方向に導いてくれたのは私塾のネビリム先生だったのに、
亡くなってからはまた冷たい瞳の彼に戻ってしまった。
何かディクト=サフィールと何かしようとしている。
レプリカであるルークなら兄を止められるというネフリー。


戻って来たルークはすでにネフリーから何か吹き込まれていると
察知したジェイドに捕まってしまった!スマイル


「悪い子ですねえ、嘘を付くなんて・・・!」


ひー!お仕置きですか!?


臆せず過去のことを聞くルーク。
聞けば後悔するかもしれない、でも、それでも。


ジェイドがディストとしようとしたことはネビリム先生を自分たちの
譜術の暴走で失ったため、そのレプリカを作ろうとしたことだった。
フォミクリを自在に操る自分には無い第七音素も使いこなしてみせると
豪語した結果がそれだった。



カーティスの養子になり、軍に入ってからは胸の穴を埋めるように
戦死者のレプリカを作る研究に没頭するがそれを止めたのはピオ二ー9世だった。
死んだものは生き返らない、死んだら周りの者の気持ちを考えろ、と。
どんなにレプリカを作っても、それは記憶がない人形。
もう生き返ったりはしない。
代わりにもならない。


「過去の罪に苛まれながら生きている。」


「喋り過ぎましたかねえ。」
できればここに来たくはなかった。
ジェイドのことがわかったというルーク。


「初めてアンタに近づけた気がするよ。」


翌朝、出港するタルタロス。
見送るネフリー。
グランコクマで待ち受けるのはピオ二ー9世!!!



ということでジェイドの心の内がちょっぴり明かされたお話でした。
ハガレンなお話でしたねえ。


ジェイドがヘマをやらかしたルークを信用しない態度を取ったのは
ルークとアッシュは別物、レプリカとオリジナルは違うという現実を
過去になしえなかった先生の現実を突きつけられているようで、少し
八つ当たりしていたのかな、なんて思ったりしました。


決めた誓いがあるからこそ、後ろを振り返りたくない、
前をずっと見る視線。
キツイ物言いもそういう信念の表れなのかも。



にしても


子ジェイドと子ディストの可愛さと言ったら!!!


ネフリーの思い出の冷血時代を思うとディストみたいに転んでも泣くヘタレと
良く一緒にいたなと思うのですがそこはSMコンビ!?
好かれているんでしたね!!!スマイル
アニメイトで見た画像でもディストを攻めるジェイドのシーンを
やってました!


こやぴー、さすがに子役は14,5歳が限度!?スマイル


次回のピオ二ー9世がとても楽しみです!


山崎たくみ!!!


銀魂の高杉&河上コンビじゃないですかッ!!!
悶える!!!どきどきハート





TV animation『テイルズ オブ ジ アビス』ドラマCD エピソード・ゼロ



テイルズ オブ ジ アビス 1(初回仕様)(DVD) ◆20%OFF!









最終更新日  2008.12.10 14:31:50
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.