9645636 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おぼろ二次元日記

PR

カレンダー

プロフィール


おぼろ.

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

「暁のヨナ」31巻感… らいち♪♪さん

旧:無菌室育ち わに庭さん
人に歴史あり yuru3さん
おタコ部屋 ロ サ ロ サ 紫 織さん
蒼い空、藍い海 にゃんたまくらぶさん
真夜中のお茶会 あこやさん
からまつそう yamahusaさん
新緑のオリバー 藤春 泰子さん
気づき★毎日★ダイア… くまこ@yummylife.netさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん

コメント新着

サイド自由欄

フリーページ

バナー、フリー配布♪&捧げ物


宝物・イラスト


みはるさんよりゲット♪


紫苑巽さんよりゲット♪


瑠架さんよりゲット!


翠嶺さんよりゲット♪


hamukkoさんよりゲット♪


にゃんたまさんよりゲット♪


もるがんさんよりゲット♪


なぎさ美緒さんよりゲット♪


那由さんよりゲット♪


みにくろめろん様よりゲット♪


フル☆マルコ様よりゲット♪


葉月せりあさんよりゲット♪


わに庭さんよりゲット♪


宝物・小説&替え歌


龍華紫織さんよりゲット♪


暴れん坊さんより、浮竹小説♪


暴れん坊さんより、兄様小説♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説♪


暴れん坊さんより、一護小説♪


Mishelleさんより兄様・緋真小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ三作♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説その2♪


Mishelleさんより兄様誕生日小説♪


暴れん坊さんより一周年小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ(女性版)♪


暴れん坊さんより緋真小説♪


暴れん坊さんより一護小説その2♪


暴れん坊さんより20万打兄様小説♪


暴れん坊さんより一護小説その3♪


暴れん坊さんより「内科医・朽木白哉」♪


にゃんたまさん、みーさんより兄様ss♪


mamさんより夢小説♪


Mishelleさんより兄様小説♪


暴れん坊さんより400いじり記念小説♪


Mishelleさんよりウルグリ小説♪


mamさんより銀魂、NARUTO小説♪


暴れん坊さんより誕生日記念兄様小説♪


mamさんより20万打銀魂小説♪


八兵衛さんより兄様お誕生日記念小説♪


黄瀬誕生祭☆


緑間生誕祭☆


笠松先輩生誕祭☆


火神生誕祭☆


青峰生誕祭☆


高尾生誕祭☆


黒子生誕祭☆


黒子&森山生誕祭☆


2015新宿駅WC決勝戦広告☆


2015黒バス渋谷WC決勝広告、JW帝光編


ハイキュー!!展


タイガー&バニー、地下鉄コラボ


2010.02.09
XML
末期の言葉は言わないこと、それが誓い。
守るものがあれば強くなれる!



「斬刀・鈍」


あらすじは公式からです。

無刀 VS 居合

七花ととがめの、完成形変体刀蒐集の旅が始まった。
まず彼らが蒐集に向かったのは、居合いの達人・宇練銀閣が
所有するという斬刀・鈍。


鳥取藩全土を飲み込んだ因幡砂漠にある下酷城に立てこもる宇練銀閣を訪ねる為、
行けども行けども続く砂漠地帯をひた歩く二人。
そして、体力の無いとがめの心が折れそうになるほど歩いた後に辿り着いた
下酷城で、とがめと宇練銀閣との話し合いが始まった。
一見冷静な対応を見せる宇練銀閣であったが、果たして彼の返答とは…。



(対戦相手)

宇練銀閣

居合い抜きの達人。
砂に飲み込まれてしまった鳥取藩の因幡砂漠にそびえる下酷城に、
ただひとり住み着いている浪人。
彼が所有する「斬刀・鈍」は先祖伝来の品で、どんなものでも斬るという恐るべき刀。



*********************************



剣士はカッコいいですねえ!
居合いの達人、石川五右ヱ門@ルパン、ミフネ@ソウルイーター、
彼らを彷彿とさせる今回の相手、銀閣!


まずは声優さんから♪



宇練銀閣 (うねり ぎんかく)・・・宮本 充
錆白兵(さび はくへい) ・・・緑川 光
真庭白鷺(まにわ しらさぎ)・・・羽多野 渉



ギャボー!!!ミドリン!!!


「カッコいい・・・!」

と敵にも言われてましたね!!!


白兵、この後出番があればとても楽しみです。
それから

逆さ言葉の白鷺@羽多野君!!!

爆笑しました!!!スマイル

そういう設定とは知らなかったので、最初「何て言ってるの?」
まともにしゃべったと思ったら斬られた後でしたからねえ!!!
逆さ言葉の練習をしたのか、録音したものを逆に再生したのか
分かりませんがともかくお疲れ様でした♪


今回、二人が捜し求めるのは「斬刀・鈍」。
一本目よりも完成度が高いほうが能力が上回る、ととがめは
言っていますね。
相手は剣士!
臨む所!と意気込む七花。




けれど、まず七花には「人として」問題が有りすぎ!!!
京都で着物を買っても(とがめのばかりだったけど!)袴しか履かず、
人間の顔もとがめと他人の区別が付かない!


匂いと髪の毛の感覚で修行!!!


この場面がなんとも色っぽいですね。
とがめは少し赤面してますが二人が全く、その気にならないのが
不思議・・・。
まあ、七花のことは獣、ととがめは言い切っているので
「惚れていいぞ!」と言っても、気持のほうは全く分かって
いないようで。



「鈍」を持つ銀閣は先祖が刀狩に応ぜず、ずっと保管しているものを
受け継いでいるのですね。
自身の部屋から全く出ず、白鷺が現れても一瞬で斬りっ!!!



道中、とがめが気にしているのは「七花のキャラが弱いこと」!
口癖を考えて報告書でハデにアピールするのだ!!!
ここからの二人の思い込みとツッコミの画面はあまり動かないので
声優さんの演技を楽しむ方向で。
七花が実はツッコミ・キャラとは思いませんでした!スマイル


「まにわに!」


それは可愛いので採用!
でも


「拙者にときめいてもらう!」

「どうやらアンタ、島流しにされたいようだな。」

は却下!


「ただし、その頃にはアンタ、八つ裂きに

なってるんだろうけどな。」



これ、採用!?
七花八裂から考えた言葉。


ちなみにとがめの


「チェリオ!!!」

は間違いだとナレーターの池田さんに指摘されてしまいました!
(爆笑)
「チェスト!」ですよね!



【送料無料】チェリオ 3種  500ml  24本セット【あす楽対応_関東】


そうそう、こういう飲物もありました♪


白兵の勝負シーンにときめいた後、七花ととがめはついに
下酷城にやってきた。
砂漠の迷彩を隠れ蓑にした強固な城。
その城の前に放り出されていたのは


白鷺!!!

中にいる銀閣はかなりの使い手。
「まにわに」が現れたことで出直す時間はない。
白鷺のことを報告書に書く手間は省けたし、相手の力量も何となく
分かった。


「お膳立ては出来ている!」

「前向きだ。

だからオレはアンタに惚れたんだ!」



グハア!!!ダブルハート
とがめよりも七花のほうが恋愛沙汰には早く目覚めたと見た!


一応、説得モードで銀閣がいる部屋に向うとがめ。
が、頼みに来ているのに敷居越しに、しかも立って話すなんて!
機嫌を損ねた銀閣の側に近寄ろうと、敷居を土足でまたごうと
したとがめに一閃!!!



「虚刀流、百合!!!」


とがめ、後ろに飛ばされたものの厚着をしていて良かったーーー!!!
着物が斬られただけで助かった!


銀閣の技は最速の剣、抜刀術「零閃(ぜろせん)」!!!


しかし、その部屋から出ないこと、刀を手放さないことで
剣士としての限界を見た、と余裕の七花。


「気位だよ。」

技をかわされた銀閣は最速の零閃をお見舞いしてやるという。
その前に作戦会議!?
名を名乗る七花。


「虚刀流七代目当主、やしゅり七花だ!」

「噛んじゃった!」


プっ!!!


もう一度、とがめの髪の毛の匂いをかぎながら確認する二人。
あの部屋が銀閣の領域=間合い。
まともな勝負などない。
でも、ただ勝つだけじゃだめだだ。


「刀を守れ、そしてアンタを守れ、だろ。」

「守るものがあるやつは強いってことだ。」



剣士が出る作品には王道の台詞ですね!
たった一人で城に居座る銀閣に守るものはあるのか!?


銀閣と再び対峙する七花。
何故か陸上のスタートのような構えを見せる七花!
足裁きの陽動を見せて、そちらを斬った銀閣は次は零閃の五連撃!!!
何故か自分の腕を斬った銀閣は奥義を見せると言う。


血を刀身に流して鞘走りの剣速を上げる奥義、斬刀狩り!!!
が、七花は決して怯まない。
銀閣も「ただ何かを守りたかっただけ。」
それなら全力の勝負を!

「零閃、10機!!!」

戦える場所は上にもある!!!
とがめの顔を踏み台にして避けた七花、


「落花狼藉(らっかろうぜき)!!! 」


勝負はついた。
自分の顔を踏み台にされたとがめはご機嫌斜め。
守るものがあれば・・・の言葉も出任せ!?


「ただ俺も、何かを守りたかっただけだ。

守るべきものが刀ぐらいしか無かったが・・・」




刀は手に入れた。
けれど砂漠の下酷城はどうなる?
人間にはどうにもならない自然の力がある。


最期の銀閣の「決め台詞」がカッコ良かったという七花。
「ただ刀を守りたかっただけ・・・。」
でも、あれは口癖ではなく「末期」の台詞。
任務を果たすまでは死んではならない。
だから七花が口にすることは許さないというとがめ。


「これでやっとじっくり眠れる。」


安らかな銀閣。



ということで、剣士の誇り、守るべきもの、というテーマを
堪能しました♪
古くなった楼閣、ずっと抱き続ける気位=プライドはやって来る砂には脆く、
勝てない。
守るべき町、民を失った時、銀閣と鈍は終わっていたようです。
次回も楽しみです。





刀語(第2話)


刀語 第二巻 斬刀・鈍



刀語 第一巻 絶刀・鉋








最終更新日  2010.02.10 01:10:53
コメント(2) | コメントを書く
[化物語・偽物語・刀語] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.