9995596 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おぼろ二次元日記

PR

カレンダー

プロフィール


おぼろ.

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

別冊少年マガジン「… らいち♪♪さん

旧:無菌室育ち わに庭さん
人に歴史あり yuru3さん
おタコ部屋 ロ サ ロ サ 紫 織さん
蒼い空、藍い海 にゃんたまくらぶさん
真夜中のお茶会 あこやさん
からまつそう yamahusaさん
新緑のオリバー 藤春 泰子さん
気づき★毎日★ダイア… くまこ@yummylife.netさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん

コメント新着

サイド自由欄

フリーページ

バナー、フリー配布♪&捧げ物


宝物・イラスト


みはるさんよりゲット♪


紫苑巽さんよりゲット♪


瑠架さんよりゲット!


翠嶺さんよりゲット♪


hamukkoさんよりゲット♪


にゃんたまさんよりゲット♪


もるがんさんよりゲット♪


なぎさ美緒さんよりゲット♪


那由さんよりゲット♪


みにくろめろん様よりゲット♪


フル☆マルコ様よりゲット♪


葉月せりあさんよりゲット♪


わに庭さんよりゲット♪


宝物・小説&替え歌


龍華紫織さんよりゲット♪


暴れん坊さんより、浮竹小説♪


暴れん坊さんより、兄様小説♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説♪


暴れん坊さんより、一護小説♪


Mishelleさんより兄様・緋真小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ三作♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説その2♪


Mishelleさんより兄様誕生日小説♪


暴れん坊さんより一周年小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ(女性版)♪


暴れん坊さんより緋真小説♪


暴れん坊さんより一護小説その2♪


暴れん坊さんより20万打兄様小説♪


暴れん坊さんより一護小説その3♪


暴れん坊さんより「内科医・朽木白哉」♪


にゃんたまさん、みーさんより兄様ss♪


mamさんより夢小説♪


Mishelleさんより兄様小説♪


暴れん坊さんより400いじり記念小説♪


Mishelleさんよりウルグリ小説♪


mamさんより銀魂、NARUTO小説♪


暴れん坊さんより誕生日記念兄様小説♪


mamさんより20万打銀魂小説♪


八兵衛さんより兄様お誕生日記念小説♪


黄瀬誕生祭☆


緑間生誕祭☆


笠松先輩生誕祭☆


火神生誕祭☆


青峰生誕祭☆


高尾生誕祭☆


黒子生誕祭☆


黒子&森山生誕祭☆


2015新宿駅WC決勝戦広告☆


2015黒バス渋谷WC決勝広告、JW帝光編


ハイキュー!!展


タイガー&バニー、地下鉄コラボ


2010.11.05
XML
テーマ:アニメ!!(3797)
そう、化物がかなわぬ夢を見ただけなんだ。
お前は正しい選択をしただけ。


「呪われた瞳」


あらすじは公式からです。

エスタブールで、魔眼保持者に瀕死の重傷を負わされたクラウ。
衝撃を受けるシオンだが、「策」があると兵士たちを安心させ、
クラウの身を心配するノアとエスタブールに兵を率いて出発する。

一方、フェリスは、失踪したライナのことを思い理解しきれない
気持ちに胸を痛めていたが・・・・・・



**********************************



皆、イタタ!!!


ライナ、フェリス、シオンと辛い選択、現実でしたねえ。
特にライナとシオンのやり取りは見ていて、では、どうしたらよかったのか
と改めて考えてしまいました。


魔眼は暴走する可能性がある。
それがなんとかならなければ安心して側に置いておくことはできない。
側にいることはできない。
ライナ自身でさえも自分を疑わなくてはならない。


そしてシオン。
ライナがアルファスティグマ所持者と分かってしまった以上、
兵たちの士気にも関わる。
シオンの王としての威光にも翳りを落とすことになる。


二人が選んだ道をお互いが”正しい”と思わなければとてもやりきれなかった
でしょう。
”仲間”・・・ティーアにライナは付いていきますが、あれだけ殺戮を犯している
人物を本当に仲間と認めるのか。
これ以上、手を出さないと誓わせてからのほうが良くなかっただろうか。


馬上で茫然自失となっていたシオン。
フェリスは新しい道を見つけたけれど、シオンはさらに英雄王としてローランドに
君臨しなければならない。
自由と友情の代償。
それは決して、甘いものではなかったのです。



☆両親の夢


母親はライナを生んだ罪を一人で背負おうとしていましたが
止めたのは父!(声は小山さん。)


「僕が君達を守る。」

良いお父さんですね。
でも、二人は結局!



☆失踪事件


ミランVSルークの後、そのままミルクとルークも行方が分からないのですね。
忌破りが追っているライナ、その人も。
カルネとリーレは情報交換。
するとライナがエスタブールに向かったと!?


その情報は早速、フェリスに届けられるが


出た!!!シスコン・ルシル!!!

「妹にちょっかいを出さないで欲しい。」
そんな事よりも化物扱いしたことのほうがライナには痛いはず。


消えたライナを思うフェリスの心を


「新しい感情が芽生えた」

と成長を喜ぶ(?)ルシル。
いつか嫁に行ってしまうのは寂しいとも。(違!)


エスリナがやってきてライナの消息をゲット!!!



☆出陣


シオンとノアは前線にやってきてクラウを見舞う。
クラウも部下を全滅させたのは魔眼保持者なので、ストレートに憎しみを
ぶつけているのが気になりました。
当然、ライナが側にいるのは危険な事だったのですよね。


「策はある。」


「殲滅眼(イーノ・ドゥーエ)」相手にどうする、シオン!?


☆再会


エスタブール領の宿場でくつろぐライナだが食事はどうやら喉を
通らないらしい。
シオンを褒め称える話も複雑・・・


と、そこへ


フェリス乱入!!!


店を徹底的に破壊した後、兄の言いなりで国を出ることに


「魔王としての誇りは無いのか!?」


と問い詰めるフェリス!
(一人三役に爆笑!)



☆殲滅眼(イーノ・ドゥーエ)



ただならぬ気配をまとって現れたのは食物の人間を引きずったティーア!
早速のお食事タイム・・・。
だが、何とかかわすライナとフェリス!


感心したティーアはあっという間に間合いを詰めてライナたちを壁に
押し付ける!
首が絞まる!


「複写眼でしたか。」


名前を名乗ると自分の仲間がライナの夢を見たのだという。
が、そこに無数の矢が降り注ぎ、ティーアにもダメージ!!!!
宿屋から飛び出すライナとフェリス!


転がり出てきたティーアに弓を構える兵士たち。
シオンの投降の勧めを拒否したのでもう戦うしかない。
今までシオンの命を取らなかったのは


「アルファ・スティグマ所持者が暴走しかねないから。」

ティーアの心遣い!?
でもローランド軍にライナの素性がばれてしまった!!!
動揺が走るのを必死で止めるシオン。
冷たい視線を受けてティーアはライナに自分と一緒に来るよう勧める。
仲間もいると言う。



魔法を打ってくれれば回復できる。
ティーアの言葉を考えるライナ。
弓の部隊に構えさせるシオン。


「お前らのせいじゃないよ。」

ライナの選択はなされた。


悲痛な表情のシオンを見て、「お前は王としての選択をしただけだ」と
きっぱり言い渡すライナ。
ルークに自分が暴走した時のために暗殺命令を出しておいたことも。
真実を知るフェリス。


「ライナを殺すための人材・・・!」

ティーアを回復させたライナは彼とともに姿を消した。


一瞬。
砕けた友情に口元をゆがめるシオンだが、きっぱりと兵士たちに勝利を
宣言する!!!


「我々の勝利だ!!!」


兵士たちが歓喜に包まれる!
フェリスはシオンが傷ついていることを充分、承知していた。
ライナと同じように

「お前は悪くない・・・。」


兵士の流れをかき分けるように歩み去るフェリス。



☆それぞれの道


ティーアとともにローランドの城を見るライナ。

「この国はあまり好きじゃなかった・・・。」


自分に言い聞かせるようにつぶやくライナ。
城に凱旋するシオンは心にひどく傷を負っていた。
そして、ウィニット団子店から出発するフェリス。


「今度は馬鹿を探して懲らしめる旅だ!」



フェリスの選択はルシルがどう思おうと一番、良い選択ですね。スマイル
兄よりも団子よりもライナの事で胸がざわつく。
それなら旅立ってしまえ!という意気が良いです。


逆に病んでしまいそうなシオン。
王として、友達として。
ライナがシオンの苦しい立場を分かっていたとしても殺そうとした
あの命令書はどう言い訳をしても事実だし、それが王として当然とも
分かっている。
必死に兵士たちを鼓舞する姿が痛々しかったです。


魔眼がもっとちゃんと扱えたなら。
ライナが悔やんでも悩んでもどうにもできない力を制御するには・・・。
最初に書きましたが、殺人鬼のティーアと一緒に行く選択は
己の能力とまず向き合うところから・・・そう、思いたいです。
で、ミランとルークはどうなってるんですかね!?


TVアニメ『伝説の勇者の伝説』シオンCD

TVアニメ『伝説の勇者の伝説』フェリスCD






最終更新日  2010.11.06 09:54:17
コメント(2) | コメントを書く
[鋼殻のレギオス・聖剣の刀鍛冶・伝勇伝] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.