9986028 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おぼろ二次元日記

PR

カレンダー

プロフィール


おぼろ.

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

別冊少年マガジン「… New! らいち♪♪さん

旧:無菌室育ち わに庭さん
人に歴史あり yuru3さん
おタコ部屋 ロ サ ロ サ 紫 織さん
蒼い空、藍い海 にゃんたまくらぶさん
真夜中のお茶会 あこやさん
からまつそう yamahusaさん
新緑のオリバー 藤春 泰子さん
気づき★毎日★ダイア… くまこ@yummylife.netさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん

コメント新着

サイド自由欄

フリーページ

バナー、フリー配布♪&捧げ物


宝物・イラスト


みはるさんよりゲット♪


紫苑巽さんよりゲット♪


瑠架さんよりゲット!


翠嶺さんよりゲット♪


hamukkoさんよりゲット♪


にゃんたまさんよりゲット♪


もるがんさんよりゲット♪


なぎさ美緒さんよりゲット♪


那由さんよりゲット♪


みにくろめろん様よりゲット♪


フル☆マルコ様よりゲット♪


葉月せりあさんよりゲット♪


わに庭さんよりゲット♪


宝物・小説&替え歌


龍華紫織さんよりゲット♪


暴れん坊さんより、浮竹小説♪


暴れん坊さんより、兄様小説♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説♪


暴れん坊さんより、一護小説♪


Mishelleさんより兄様・緋真小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ三作♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説その2♪


Mishelleさんより兄様誕生日小説♪


暴れん坊さんより一周年小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ(女性版)♪


暴れん坊さんより緋真小説♪


暴れん坊さんより一護小説その2♪


暴れん坊さんより20万打兄様小説♪


暴れん坊さんより一護小説その3♪


暴れん坊さんより「内科医・朽木白哉」♪


にゃんたまさん、みーさんより兄様ss♪


mamさんより夢小説♪


Mishelleさんより兄様小説♪


暴れん坊さんより400いじり記念小説♪


Mishelleさんよりウルグリ小説♪


mamさんより銀魂、NARUTO小説♪


暴れん坊さんより誕生日記念兄様小説♪


mamさんより20万打銀魂小説♪


八兵衛さんより兄様お誕生日記念小説♪


黄瀬誕生祭☆


緑間生誕祭☆


笠松先輩生誕祭☆


火神生誕祭☆


青峰生誕祭☆


高尾生誕祭☆


黒子生誕祭☆


黒子&森山生誕祭☆


2015新宿駅WC決勝戦広告☆


2015黒バス渋谷WC決勝広告、JW帝光編


ハイキュー!!展


タイガー&バニー、地下鉄コラボ


2010.12.25
XML
軍の侵攻で新たな血がトシマに流れる。
新たな血を求めるのはトシマの王者も同じだった。


先週は感想をお休みしたので二話まとめて♪
あらすじは公式からです。

「増悪/convict」

ついに軍がトシマに進攻した。
突入した兵士らは、投降するイグラ参加者を容赦なく殺していく。
銃声と轟音が鳴り響く中、意識を失ったケイスケをかついで教会を目指す
アキラだが、途中、兵士に見つかっしまう。
アキラは、とっさにケイスケを物陰に隠し、兵士たちの目を引きつけるように
飛び出していくが……。


「同至/beginning」


数多の人々を翻弄し、命を奪った悪魔の研究“Project:Nicole”。
その結晶というべき存在“n(ナノ)”と、彼の対となる存在“アキラ”。
2人を巡って流された血は、今、トシマを赤く染め上げていた。
大切な人を失い、突き刺すような胸の痛みを抱えながらも、アキラは抗う。
──己に課せられた血の運命に。



***********************************



すみません~、あらすじを追った感想を書く気力もなく・・・。泣き笑い
声優さんの良さとシキだけで最終話まで見た「咎狗」ですがゲームの
売り上げに響かないといいですよね。




あ、逆にゲームでちゃんと「咎狗」を理解しよう!という
動きが出来るかもしれないです。泣き笑い


とにかく先週のシキがナノに噛み付くところとか、今回の
バトルとか


美しくない・・・。下向き矢印


もうー、がっくりですよ!
おまけにストーリー面でもナノは一体、何がしたかったの!?
アルビトロはあれで終わりなの?!
なんで日興連に逃げたの?とかツッコミどころも満載です!


結局、アキラはケイスケを失ったことで無味無臭だった自分の世界が
変わって生きる目的を見つける・・・みたいな終わりでしたが
そういうところを感動的に描くでもなく、ラストは鳥さんの延々と続く
モノローグで終わりとは!


作画も肝心のバトルになると建物背景で手抜きだったり、キャラ絵も
ダメダメで「誰!?」みたいな出来でした。
ゲームが先行のファンには辛いアニメになってしまったのではないでしょうか。
A―1さんで期待してたんですけどねえ。


BLゲーム原作じゃない、普通のアクション物で。
それは分かるけど、だったら何も「咎狗でなくても良かった。」と
言いたいですよね。


例えば「薄桜鬼」はゲーム原作が史実に近いところで設定されている、
その上に萌えを乗せたものだと思ってます。
だから史実は曲げてはいけないし、史実を踏んでいないと逆に
ファンから怒られる、アニメもそれを守って作った感がしたので
アニメはあれでOKだと思ってます。


けれど「咎狗」は乙女ゲーの看板を捨てたアニメ「ネオアンジェリーク」と
同じ選択をしたようで、「ネオアン」でも萌えを排除した普通のファンタジーに
なってしまった失敗を同じように犯して普通のアクションものにしてしまったと
思っています。
「ネオアン」は絵が良かったから、目の保養は出来ましたけどね。


絵的にも満足なんてレベルには程遠く・・・と、これ以上書いているとあれこれ
不毛な気分になってきますのでこの辺で♪
声優の皆さんはお疲れ様でした!









最終更新日  2010.12.26 00:05:03
コメント(0) | コメントを書く
[戦国BASARA・薄桜鬼・咎狗・緋色] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.