9703826 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おぼろ二次元日記

PR

カレンダー

プロフィール


おぼろ.

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

週刊少年ジャンプ2… New! らいち♪♪さん

旧:無菌室育ち わに庭さん
人に歴史あり yuru3さん
おタコ部屋 ロ サ ロ サ 紫 織さん
蒼い空、藍い海 にゃんたまくらぶさん
真夜中のお茶会 あこやさん
からまつそう yamahusaさん
新緑のオリバー 藤春 泰子さん
気づき★毎日★ダイア… くまこ@yummylife.netさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん

コメント新着

サイド自由欄

フリーページ

バナー、フリー配布♪&捧げ物


宝物・イラスト


みはるさんよりゲット♪


紫苑巽さんよりゲット♪


瑠架さんよりゲット!


翠嶺さんよりゲット♪


hamukkoさんよりゲット♪


にゃんたまさんよりゲット♪


もるがんさんよりゲット♪


なぎさ美緒さんよりゲット♪


那由さんよりゲット♪


みにくろめろん様よりゲット♪


フル☆マルコ様よりゲット♪


葉月せりあさんよりゲット♪


わに庭さんよりゲット♪


宝物・小説&替え歌


龍華紫織さんよりゲット♪


暴れん坊さんより、浮竹小説♪


暴れん坊さんより、兄様小説♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説♪


暴れん坊さんより、一護小説♪


Mishelleさんより兄様・緋真小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ三作♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説その2♪


Mishelleさんより兄様誕生日小説♪


暴れん坊さんより一周年小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ(女性版)♪


暴れん坊さんより緋真小説♪


暴れん坊さんより一護小説その2♪


暴れん坊さんより20万打兄様小説♪


暴れん坊さんより一護小説その3♪


暴れん坊さんより「内科医・朽木白哉」♪


にゃんたまさん、みーさんより兄様ss♪


mamさんより夢小説♪


Mishelleさんより兄様小説♪


暴れん坊さんより400いじり記念小説♪


Mishelleさんよりウルグリ小説♪


mamさんより銀魂、NARUTO小説♪


暴れん坊さんより誕生日記念兄様小説♪


mamさんより20万打銀魂小説♪


八兵衛さんより兄様お誕生日記念小説♪


黄瀬誕生祭☆


緑間生誕祭☆


笠松先輩生誕祭☆


火神生誕祭☆


青峰生誕祭☆


高尾生誕祭☆


黒子生誕祭☆


黒子&森山生誕祭☆


2015新宿駅WC決勝戦広告☆


2015黒バス渋谷WC決勝広告、JW帝光編


ハイキュー!!展


タイガー&バニー、地下鉄コラボ


2011.06.12
XML
テーマ:アニメ!!(3778)
我慢してたの、ずっとずっと!
言いたいこと、伝えたいことはそんな事じゃないのに・・・。


「夜に吼える」


湯乃鷺温泉街の特集が載った旅行雑誌の発売日。
緒花は旅館ランキングでの喜翆荘の高評価を期待していたが、
現実は10点満点中の5点。
またランキングの結果を受けてか、予約キャンセルが相次いでいた。


ランキングの結果に納得のできない緒花は、
「喜翆荘にめちゃくちゃな評価をつけた犯人と戦ってきます」と
書おきを残し、電車に飛び乗っていた。
交渉(?)のすえ、なんとか出版社で記事を担当したライターの
名刺を見せてもらうのだが……。




***********************************



緒花にとっては母の事も、孝一のことも痛い回でしたねえ。

女手一人で緒花を育てざるを得ない母の理由も理屈も分かる
けれど、同じ母の立場からするともう少し何とかならなかった
かなと思いました。
つまり、彼女は「仕事」が好きなんですよね。
汚くても、子供になんと思われようと言い訳もしないし、
謝りもしない。


「人を頼りにするな。」
そう緒花に叩き込んだのもフリーライターとしての腕一本で
戦ってきた経験から来たものかもしれません。



「仕事が好き」・・・それは緒花が喜翆荘の事が大好きで、今回の
ような行動に走ってしまった事につながるのかも。
互いに譲れないものが出来てしまった、と気付く事になるのでは
ないでしょうか。
結局、似たもの親子、女将さんと孫も。



喜翆荘には行かない。
そう言った皐月の気持ちは分かるような気がします。
過去を否定して今の自分がいるのですから。
今の自分を正当化したいなら、負けるわけにはいかない。
皐月が女将さんを理解しようとしなければ、緒花と
同じ気持ちになることはできないのです。



緒花もここはもう皐月とは違う価値観で生きていく、自分が選んだ道に
自信を持って良い時なのかもしれません。
でも、それにはまだ心細い部分がある。
で、孝ちゃんですよね。



ところがいざ、会ってみたら孝一は孝一で世界が出来ているよう。
新しい環境、新しい恋。
でも、変わってしまったのは孝一だけでなく自分も、二人の関係を変えて
しまったのも緒花。


「ぼんぼるんだ!!!」


意気込んで東京に来たのに無情の雨が緒花に降り注ぐ。
母も、孝一も何もかも、自分とすれ違ってしまう。


「もうこれ以上、孝ちゃんの背中、

見たくない!」



外に走り出た緒花は雨の中、身も心もボロボロになって走り続ける。


「もう、やだ・・・助けてよ、孝ちゃん!!!」


でも、助けてくれたのは意外な事に車で駆けつけた民子と徹だった!!!



ラスト・・・もしも徹に抱きついたら完全に民ちと決別してたかも?
なんて思ってしまいました。スマイル


悲しいけれど道は分かれてしまったのでしょう。
懐かしい歌ですが「なごり雪」とか「木綿のハンカチーフ」と
いった曲が似合いそうなエピソードでした。
(古くてごめんなさーい!!!泣き笑い







TB送信先URLはこちら♪

http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/134-aac1a035







最終更新日  2011.06.13 16:45:44
コメント(0) | コメントを書く
[宙のまにまに・おお振り・花咲くいろは] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.