9474315 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おぼろ二次元日記

PR

カレンダー

プロフィール


おぼろ.

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

別冊少年マガジン12… New! らいち♪♪さん

週刊少年ジャンプ201… みやさとver.さん

旧:無菌室育ち わに庭さん
人に歴史あり yuru3さん
おタコ部屋 ロ サ ロ サ 紫 織さん
蒼い空、藍い海 にゃんたまくらぶさん
真夜中のお茶会 あこやさん
からまつそう yamahusaさん
新緑のオリバー 藤春 泰子さん
気づき★毎日★ダイア… くまこ@yummylife.netさん

コメント新着

サイド自由欄

フリーページ

バナー、フリー配布♪&捧げ物


宝物・イラスト


みはるさんよりゲット♪


紫苑巽さんよりゲット♪


瑠架さんよりゲット!


翠嶺さんよりゲット♪


hamukkoさんよりゲット♪


にゃんたまさんよりゲット♪


もるがんさんよりゲット♪


なぎさ美緒さんよりゲット♪


那由さんよりゲット♪


みにくろめろん様よりゲット♪


フル☆マルコ様よりゲット♪


葉月せりあさんよりゲット♪


わに庭さんよりゲット♪


宝物・小説&替え歌


龍華紫織さんよりゲット♪


暴れん坊さんより、浮竹小説♪


暴れん坊さんより、兄様小説♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説♪


暴れん坊さんより、一護小説♪


Mishelleさんより兄様・緋真小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ三作♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説その2♪


Mishelleさんより兄様誕生日小説♪


暴れん坊さんより一周年小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ(女性版)♪


暴れん坊さんより緋真小説♪


暴れん坊さんより一護小説その2♪


暴れん坊さんより20万打兄様小説♪


暴れん坊さんより一護小説その3♪


暴れん坊さんより「内科医・朽木白哉」♪


にゃんたまさん、みーさんより兄様ss♪


mamさんより夢小説♪


Mishelleさんより兄様小説♪


暴れん坊さんより400いじり記念小説♪


Mishelleさんよりウルグリ小説♪


mamさんより銀魂、NARUTO小説♪


暴れん坊さんより誕生日記念兄様小説♪


mamさんより20万打銀魂小説♪


八兵衛さんより兄様お誕生日記念小説♪


黄瀬誕生祭☆


緑間生誕祭☆


笠松先輩生誕祭☆


火神生誕祭☆


青峰生誕祭☆


高尾生誕祭☆


黒子生誕祭☆


黒子&森山生誕祭☆


2015新宿駅WC決勝戦広告☆


2015黒バス渋谷WC決勝広告、JW帝光編


ハイキュー!!展


タイガー&バニー、地下鉄コラボ


2012.02.09
XML
テーマ:アニメ!!(3771)
「始まっていたのよ、5月1日から。」
現象の真実が鳴の口から語られる。


「Build limbs -拡散-」

あらすじは公式からです。


恒一が親しくしていた看護師の水野に起きた悲惨な事故。
それ以来、3年3組の緊張感はさらに高まり、恒一が知らぬ間に
赤沢が女子の新しいクラス委員長に決まっていた。
自分がいない場でクラスメイトたちが何かを話し合っている。
それを知っても理由を教えてもらえるわけもなく、恒一は途方に暮れる。
クラスの方針にあまり賛成できずにいた高林は、そんな恒一の疑問に
答えようとするが……。



********************************



高林君が!!!!ショック


「フェアじゃない。」
クラスの決め事の理由は恒一には全く教えられていない。
好意と勇気をもって高林君は教えてくれようとしたのに
心臓発作で恒一の目の前で倒れてしまうなんて!
衝撃です・・・。



学校では桜木と水野の死が関係しているのか、その噂でもちきり。
美術の時間、教室を抜け出して図書室で卒業アルバムを開く恒一。
母の写真がそこに。
見崎の名前があるはずもないのに。



司書の千曳は恒一の母・理津子を知っている?
恒一の誕生と入れ替わるようにして亡くなった・・・
「そういうことなのか!?」
一体、何が!?



赤沢が先生が呼んでいるとやってきた。
謎の言葉。


「先に謝っとく。ごめんなさい。

皆のためなの、許して。」


何が?と思いつつ、恒一は職員室へ行くと警察から事情聴収。
水野の携帯の相手が恒一だったので確認に来たのだった。


教室に戻ると桜木に代わって新しい委員長に赤沢が決まっていた。
担任の久保寺は恒一にクラスの決まりごとは守るように、と
忠告する。
先生まで・・・。



ふと鳴の机を見ると・・・


「死者は誰-?」


恒一は自分を少し避けている風な望月と高林と下校する。
川べりを歩いていると望月と高林は恒一にとって不愉快な
ことがこれからあるが我慢して欲しいと言い出す。


「皆のためだと思って。」


納得できない恒一に高林は同情したようで望月が止めるのを振り切って
事情を話そうとする。
が、その時、持病の心臓発作が!!!



クラスで二人目。
久保寺先生は力を合わせて、この不幸を乗り切ろうと声をかける。
クラスの皆の態度がいつにもまして他所他所しい。
携帯で勅使河原に連絡を取ろうとしてもつながらない。
本人が来たので声をかけると

「すまねえ。」


の一言。


「やっぱりそういうことか。」

そう、恒一は鳴と同じく「いないもの」にされてしまったのだ!!!
勝手に授業を抜け出しても誰も止めない。
ふと机の中に手をやると望月がくれたクラス名簿と手紙・・・事情は見崎に聞いて、
という手紙が。



早速、鳴がいる人形工房を訪ねる恒一。
高林が死んでクラスで二人目。
自分も鳴と同じようにクラスの皆に「いないもの」のように扱われ始めたと
打ち明ける恒一。
でも、それですっきりした。


「鳴がいるとわかったから。」


工房は変わり者の母がやっていると話しながら自室に招く鳴。
質問は好きではないとは言ったが、今日は特別。


「私は確かにここにいる。」

幽霊じゃない。


恒一は「決まり事」の理由をやっと知ることができた。
5月1日から始まっていた。
恒一が知らなかったことはクラスにとって手痛いミスだったという鳴。


いないもの扱いにするのはいじめではなく、一番有効な手段。
26年前、死んだ「ミサキ」を生きているものと扱った3年生が卒業した
翌年から始まった悲劇。
毎月、人が死ぬ。
不思議なことにクラスに人数が一人増えているのだ。


改竄、という言葉は当てはまらない。
新学期が始まると足りない机と椅子。
名簿も記憶も誰が余計なのかわからないのだ。



四月になって人が死に始める。
生徒が6人、家族が10人。
3年3組だけに続く現象・・・理由はわからない。
だがわかることが一つある。


「もう一人っていうのはね、死者なの。」


死んだミサキ?
幽霊は実体もあるし、自分が死んでいることすらわからない。
3年3組に必ず一人多い現象が起こる。
死者を呼ぶクラス。


10年前から有効な対処法がある、と鳴は言う。
それが


「もう一人の代わりに誰かをいないものにしてしまう。」


それがお呪い・・・。



ということで、自分が幽霊であることもわからない誰か一人が紛れ込んでいる
のですね!
お互いに疑心暗鬼になりそうですが・・・。
選ばれてしまった鳴の心境はいかばかりか、またそうせざるを得ない赤沢たちの
気持ちは・・・。
恒一は鳴がいることだけでも救われていますね。


二人で代わりを務めてもイレギュラーであることには変わりはない?
惨劇はまだ続きそうな予感。
千曳が鍵を握っていそう。







fc2サイトはこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/445-39dd3695








最終更新日  2012.02.09 16:24:32
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.