9913107 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おぼろ二次元日記

PR

カレンダー

プロフィール


おぼろ.

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

「ちはやふる」44… New! らいち♪♪さん

旧:無菌室育ち わに庭さん
人に歴史あり yuru3さん
おタコ部屋 ロ サ ロ サ 紫 織さん
蒼い空、藍い海 にゃんたまくらぶさん
真夜中のお茶会 あこやさん
からまつそう yamahusaさん
新緑のオリバー 藤春 泰子さん
気づき★毎日★ダイア… くまこ@yummylife.netさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん

コメント新着

サイド自由欄

フリーページ

バナー、フリー配布♪&捧げ物


宝物・イラスト


みはるさんよりゲット♪


紫苑巽さんよりゲット♪


瑠架さんよりゲット!


翠嶺さんよりゲット♪


hamukkoさんよりゲット♪


にゃんたまさんよりゲット♪


もるがんさんよりゲット♪


なぎさ美緒さんよりゲット♪


那由さんよりゲット♪


みにくろめろん様よりゲット♪


フル☆マルコ様よりゲット♪


葉月せりあさんよりゲット♪


わに庭さんよりゲット♪


宝物・小説&替え歌


龍華紫織さんよりゲット♪


暴れん坊さんより、浮竹小説♪


暴れん坊さんより、兄様小説♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説♪


暴れん坊さんより、一護小説♪


Mishelleさんより兄様・緋真小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ三作♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説その2♪


Mishelleさんより兄様誕生日小説♪


暴れん坊さんより一周年小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ(女性版)♪


暴れん坊さんより緋真小説♪


暴れん坊さんより一護小説その2♪


暴れん坊さんより20万打兄様小説♪


暴れん坊さんより一護小説その3♪


暴れん坊さんより「内科医・朽木白哉」♪


にゃんたまさん、みーさんより兄様ss♪


mamさんより夢小説♪


Mishelleさんより兄様小説♪


暴れん坊さんより400いじり記念小説♪


Mishelleさんよりウルグリ小説♪


mamさんより銀魂、NARUTO小説♪


暴れん坊さんより誕生日記念兄様小説♪


mamさんより20万打銀魂小説♪


八兵衛さんより兄様お誕生日記念小説♪


黄瀬誕生祭☆


緑間生誕祭☆


笠松先輩生誕祭☆


火神生誕祭☆


青峰生誕祭☆


高尾生誕祭☆


黒子生誕祭☆


黒子&森山生誕祭☆


2015新宿駅WC決勝戦広告☆


2015黒バス渋谷WC決勝広告、JW帝光編


ハイキュー!!展


タイガー&バニー、地下鉄コラボ


2012.04.17
XML
テーマ:アニメ!!(3793)
守護者の使命とは、存在とは。
それぞれの思いに珠紀は?



「五人の守護者」


転びそうになった珠紀を抱き留めたのは、守護五家の五人目・犬戒慎司だった。
慎司との再会を喜ぶも、どこか歓迎しない様子の拓磨たちを、珠紀は不思議に思う。
そんな中、鬼斬丸を封印している五つの宝具の見回りに向かう五人の守護者。
突然の頭痛に襲われた珠紀は、不安を感じて……。



********************************



うーん・・・ディーンさん、作画、頑張ってええええ!!!スマイル
アップとかもちっとまつ毛まで頑張ってほしいです!!!
まあ、それでも


拓磨「ほら、さっさと立てよ。帰るぞ。」


ぐはっ!!!ダブルハート


さて、さて、五人目の守護者、慎司君のご帰還です。
ゲーム未プレイなので美鶴ちゃんとの関係が気になるところですが
良く似ている・・・幼い頃、仲が良かったとか考えると血が近しい、
ということなんでしょうね。
もちろん、守護者の一人なんですから。



「力の発現が無かった。」
それだけでも自分の存在が否定されたようで痛い位置にいたんでしょうね。
何とか修行で得た力で皆の役に立ちたい。


他の守護者たちが「鬼斬丸」と「玉依姫」の呪縛から解放されたいと
思うのと対照的にそこに自分の居場所を見出している慎司。
複雑な守護者の皆さんの想いに珠紀はどう接したら良いのでしょうか?



学校の廊下でぶつかりそうになったところを助けてくれた少年・・・

犬戒慎司!

手を触れた瞬間にお互いがどういう関係なのか分かったようですね。
しばらく修行に出ていた慎司を連れて屋上にいる皆のところにやってきた
珠紀。



久しぶりに会った仲間に歓迎ムードの拓磨たち。
もちろん、我らが玉依姫も!


「基本的にバカだからな!!!」

真弘はもちろん、皆も”姫”と崇めるようなことはしない!!!
不満そうな珠紀。泣き笑い


美鶴に作ってもらったお弁当をつまむ皆さん。
慎司は美鶴のことが気になるみたい。
静紀のところにいる、元気だと知ると安心する慎司。



珠紀は何気に慎司がどうして村を離れていたのか問いかけるけれど
何となく空気が重くなった?


「守護者の力が現れなくて外に修行に

出ていたんです。」



”必殺技”というほどのものではないけれど得た力で
皆の役に立ちたいと言う慎司。
静紀に会いためと守護者の勤めを果たすために今日からみんなと
一緒に帰ることに。
クラスでは可愛い容姿に早速、女子がいっぱい!になってしまった慎司君!



守護者同士といっても余計な情報は入らない。


「仲良しクラブじゃないんだ。」


慎司の帰郷については何も知らなかったという拓磨。



村に戻ってきて変わっていないと慎司は笑顔を見せるが、


「オレの器には小さすぎるんだよ。」

と外に出たいような真弘。
拓磨は


「お前が戻って来なかったほうが良かったんじゃないかと

思ってる」



と言う。
憤慨する珠紀だけど祐一も「悪気があったわけじゃない。」と拓磨を
庇う発言。
皆の複雑な思いを感じる珠紀。



出迎えには取りまとめ役の卓が出てきた。
卓、慎司、珠紀で静紀に目通りし、後の守護者は封印の警戒に行くことに。



廊下に膝をついていた美鶴を意識する慎司。
美鶴も・・・。
が、会話をすることはなく、そのまま部屋に入った慎司は静紀に向かい合って
挨拶を始める。



犬戒の社で修行はしたものの力の発現は無かった。
静紀はそれでも報告にあった慎司の力を試すために紙を小太刀に変えて
慎司に向かって投げつける!


「静止!落下!」

御言葉使い。
力を認めた静紀は慎司を五人目の守護者と認めて珠紀の護衛につけることを
決める。


部屋から出た慎司を心配する美鶴。
役目は受けた、そのために戻ってきた、と慎司は答える。
部屋を案内する美鶴。



自分が鬼斬丸の封印をすれば皆は自由になれると思ったのに。
拓磨、真弘、祐一の言葉を反芻して思い悩む珠紀。
自分は玉依姫なのだ・・・。



翌日の昼も皆さん、一緒。
慎司が来ない間に美鶴と慎司のことを話す珠紀だけど幼い頃から
仲が良かった、真弘が拗ねていた、ということくらいしか聞き出せない
珠紀。
遅れてきた慎司・・・珠紀を美人だと言って、他の守護者から呆れられる!?スマイル



今日の玉依姫の護衛を決める5人。


王様ゲーム!?(違)

つい杉田ヴォイスだと銀さんが王様ゲームをしている感覚に!!!(爆)


当たったのは拓磨!
ふと頭痛を感じる珠紀。
日直をやっていると友人の清乃は藁人形を作るアルバイト!?
(物騒なーーー!!!)
最後まで当番をやって教室を出たものの、待っていた拓磨に気づかれてしまう。


「オレの仕事はお前を守ることなんだ!!!

何でも言え!!!」



仕事、でもなんでも言え!って言われたら嬉しいですねー♪


封印の方向になにかが・・・収まらない頭痛。
走り出す拓磨に自分も一緒に行くと、ついていく珠紀。


封印の場所の近くで卓と合流した珠紀と拓磨。
感じる・・・封印に誰かが近づいている。
その通り、大柄な男と眼帯の男が封印の場所に踏み込んでいた!
阻止する拓磨!!!


「守護者(ガーディアン)というわけか。」


殺気を漂わせ、真弘、祐一、慎司をそれぞれ待ち受けていたのは
敵の仲間!
老人に豊満な美女。
「老人ではない、聖なるモナドに仕えるマグスだと名乗る老人。」
降りかかる火の粉は払うまで!
戦いになりそうなところを止めたのは珠紀!!!


「やめてー!!!」

「帰って、帰りなさい!!!」



戦闘はモナドには許可されていない、と姿をくらます一同。


「バカか、お前は!!!」

守るべき玉依姫が危機に飛び込むような真似をして!!!
拓磨は怒り狂うけれど、それも勇気、と微笑む卓。
自分が玉依姫ならなおさら・・・。
皆にお礼を言う珠紀。


翌日、祐一は皆に彼らの名前が「アイン、ツヴァイ、ドライ、フィーア」と
呼ばれる同じチームの者だと明かす。



ということで敵の顔が明かされた回でした。
敵にももう少し萌えキャラがいるといいんだけど!(笑)
狙いは封印を解いて、鬼斬丸を自由に扱うことなんですかねえ。
まだわからない玉依の使命があるようです。


乙女ゲーのヒロインちゃんはほどほどの存在が良いですが、
珠紀のこれくらいのお転婆だったら全然、許容範囲。
イラっとくるヒロインちゃんにゲームで当たるとストレス、溜まりますよね!
(笑)


「オレはここにいる・・・。」


祐一先輩ーーー!!!ダブルハート
でも寝てるんだよねー!(爆)









fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/597-c49e9d30








最終更新日  2012.04.17 12:47:11
コメント(0) | コメントを書く
[戦国BASARA・薄桜鬼・咎狗・緋色] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.