9901511 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おぼろ二次元日記

PR

カレンダー

プロフィール


おぼろ.

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

「凪のお暇」7巻感想 らいち♪♪さん

旧:無菌室育ち わに庭さん
人に歴史あり yuru3さん
おタコ部屋 ロ サ ロ サ 紫 織さん
蒼い空、藍い海 にゃんたまくらぶさん
真夜中のお茶会 あこやさん
からまつそう yamahusaさん
新緑のオリバー 藤春 泰子さん
気づき★毎日★ダイア… くまこ@yummylife.netさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん

コメント新着

サイド自由欄

フリーページ

バナー、フリー配布♪&捧げ物


宝物・イラスト


みはるさんよりゲット♪


紫苑巽さんよりゲット♪


瑠架さんよりゲット!


翠嶺さんよりゲット♪


hamukkoさんよりゲット♪


にゃんたまさんよりゲット♪


もるがんさんよりゲット♪


なぎさ美緒さんよりゲット♪


那由さんよりゲット♪


みにくろめろん様よりゲット♪


フル☆マルコ様よりゲット♪


葉月せりあさんよりゲット♪


わに庭さんよりゲット♪


宝物・小説&替え歌


龍華紫織さんよりゲット♪


暴れん坊さんより、浮竹小説♪


暴れん坊さんより、兄様小説♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説♪


暴れん坊さんより、一護小説♪


Mishelleさんより兄様・緋真小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ三作♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説その2♪


Mishelleさんより兄様誕生日小説♪


暴れん坊さんより一周年小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ(女性版)♪


暴れん坊さんより緋真小説♪


暴れん坊さんより一護小説その2♪


暴れん坊さんより20万打兄様小説♪


暴れん坊さんより一護小説その3♪


暴れん坊さんより「内科医・朽木白哉」♪


にゃんたまさん、みーさんより兄様ss♪


mamさんより夢小説♪


Mishelleさんより兄様小説♪


暴れん坊さんより400いじり記念小説♪


Mishelleさんよりウルグリ小説♪


mamさんより銀魂、NARUTO小説♪


暴れん坊さんより誕生日記念兄様小説♪


mamさんより20万打銀魂小説♪


八兵衛さんより兄様お誕生日記念小説♪


黄瀬誕生祭☆


緑間生誕祭☆


笠松先輩生誕祭☆


火神生誕祭☆


青峰生誕祭☆


高尾生誕祭☆


黒子生誕祭☆


黒子&森山生誕祭☆


2015新宿駅WC決勝戦広告☆


2015黒バス渋谷WC決勝広告、JW帝光編


ハイキュー!!展


タイガー&バニー、地下鉄コラボ


2013.03.15
XML
カテゴリ:ノイタミナ
刑事でありたい。
それだけは自分が選択したのだと感じるから。



「血の褒賞」

あらすじは公式からです。

狡噛と槙島の後を追い、巨大穀倉地帯へ足を踏み入れた朱たち一係。
狡噛、槙島、朱、三者の想いがついに邂逅する。果たして朱は槙島を捕らえ、
狡噛を止めることができるのか――!?



************************************



公式にあった征陸@有本さんのコメントに涙が出ました。
以下、転載します。


征陸は息子に恨まれていることは充分承知している反面、監視官になれるほどの
頭脳の持ち主ならば、他の職業も選ぶことができた、にもかかわらず、父親である
自分と顔を合わせる機会の最も多い職に就いた、伸元の気持をよく理解していた
はずです。



シビュラに選ばれた職業なのに、刑事としての嗅覚に恵まれなかった宜野座の
葛藤。
そう、それでも彼は父が選んだ職業、刑事に憧れていたんですね。
もちろん、父そのものにも。
例え、執行官になって家族を崩壊させた父親に失望しても、自分の才能に
忸怩たる思いを持ったとしても。



「オレには何も期待していない。」


刑事として認められることが一人前の証。
つい、父の前で口走ってしまう宜野座の青さがほんといじらしいです。



憧れた「刑事」のままでいて欲しかった。
なのに最期は捨て去ったはずの家庭、何よりも父親であることを
選んだ征陸。


「遅すぎるだろうがッ!!」


ああ・・・。(涙)



出雲大学のラボでウカノミタマウイルスの精製に着手している槇島。
狡噛は中に入れない。
朱が早々に管巻教授からメッセージを取り出したことで、決戦の場に
槇島、狡噛、朱がそろいました。
できる女になった朱ちゃん。



でも、彼女に危うさを感じる六合塚、征陸。
無謀、とか投げやり・・・というのではないけれどそんな雰囲気が
朱ちゃんから漂いますね。
一度、失望し、そこから希望を見つけて前に進む。
選んだ公安の仕事ですらもシビュラの掌の上にある人生。
それでも自分は「刑事でいたい。」
朱ちゃんを支えるのはそこですね。




「貴女になら命を預けられます。
常守監視官。」


「買い被り過ぎですよ。」


日本を救うため、なんて使命とは違う。
自分の存在意義を担保にしてシビュラと取引し、ただ狡噛を「刑事」の
ままにしておきたい。
槇島とともに死を選ぶであろう狡噛には朱の感情はエゴでしかないのかも
しれない。
狡噛のそれも同じ。


槇島はエゴをとても喜んでいる。



自分のドミネーターをパラライザー・モードだけに固定することを
シビュラと取引をして勝ち取る朱。
すごい!



施設の電源を落とすのが今は一番、有効だとした朱は六合塚とともに
中央制御室へ。
宜野座と征陸は狡噛を追うことに。



制御室には誰もいなかった。
もしも、狡噛が先読みしているならここにいるはず。
もちろん、槇島も。
見落としていることがある・・・



「宜野座さんたちが危ない!!!」


槇島が狡噛との一騎打ちを望んでいるなら、余計な観客は排除する
だろう、そう読んだのかな。



囮の赤外線センサーに引っかかり、爆発に巻き込まれた宜野座は
ロッカーの下敷きに!!!
駆け寄ろうとする征陸を背後から狙う槇島!!!
肉弾戦!!!



力で何とか槇島を抑え込んだ征陸だが、槇島の手にはダイナマイトが!!!
視線の先にいるのは・・・息子!



「放すな、執行官!!!」

「アンタは刑事だ!その務めを果たせ!!!」



しかし、槇島の手から離れたダイナマイトを拾った征陸は
その瞬間、爆発に巻き込まれる・・・!


爆風でなんとか脱出した宜野座・・・でも、左腕が!!!
槇島を追ってきた狡噛が追いつく。


「アンタはデカだろ!?」
でも目の前に倒れているのはもう”父親”に戻った一人の男だった。
血は争えない。
生き様ではなく、ただ自分に似ているのが親子の証。



「オヤジ!!!!」


ついに槇島と対決する狡噛。
すでにシステムからはみ出た男だが、それ以上にはみ出して
人の幸福を奪う奴は許さない。
結果、殺すことになっても仕方がない。



何をしても、どんなに感じてもシステムからはみ出せない女がいる。
なら、システムの枠の中で守りたいものを守る。
1人の男を「刑事」として。
朱ちゃんは狡噛を守る事ができるでしょうか?


機械にあれだけ支配される世の中になっても、決めるのは肉弾戦だったり、
ナイフという原始的な武器だったり・・・。
だからこそ槇島が選ぶのかな。








fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1115-531daac4







最終更新日  2013.03.22 12:31:54
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.