9694871 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おぼろ二次元日記

PR

カレンダー

プロフィール


おぼろ.

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

黒執事 GF3月号・… らいち♪♪さん

旧:無菌室育ち わに庭さん
人に歴史あり yuru3さん
おタコ部屋 ロ サ ロ サ 紫 織さん
蒼い空、藍い海 にゃんたまくらぶさん
真夜中のお茶会 あこやさん
からまつそう yamahusaさん
新緑のオリバー 藤春 泰子さん
気づき★毎日★ダイア… くまこ@yummylife.netさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん

コメント新着

サイド自由欄

フリーページ

バナー、フリー配布♪&捧げ物


宝物・イラスト


みはるさんよりゲット♪


紫苑巽さんよりゲット♪


瑠架さんよりゲット!


翠嶺さんよりゲット♪


hamukkoさんよりゲット♪


にゃんたまさんよりゲット♪


もるがんさんよりゲット♪


なぎさ美緒さんよりゲット♪


那由さんよりゲット♪


みにくろめろん様よりゲット♪


フル☆マルコ様よりゲット♪


葉月せりあさんよりゲット♪


わに庭さんよりゲット♪


宝物・小説&替え歌


龍華紫織さんよりゲット♪


暴れん坊さんより、浮竹小説♪


暴れん坊さんより、兄様小説♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説♪


暴れん坊さんより、一護小説♪


Mishelleさんより兄様・緋真小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ三作♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説その2♪


Mishelleさんより兄様誕生日小説♪


暴れん坊さんより一周年小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ(女性版)♪


暴れん坊さんより緋真小説♪


暴れん坊さんより一護小説その2♪


暴れん坊さんより20万打兄様小説♪


暴れん坊さんより一護小説その3♪


暴れん坊さんより「内科医・朽木白哉」♪


にゃんたまさん、みーさんより兄様ss♪


mamさんより夢小説♪


Mishelleさんより兄様小説♪


暴れん坊さんより400いじり記念小説♪


Mishelleさんよりウルグリ小説♪


mamさんより銀魂、NARUTO小説♪


暴れん坊さんより誕生日記念兄様小説♪


mamさんより20万打銀魂小説♪


八兵衛さんより兄様お誕生日記念小説♪


黄瀬誕生祭☆


緑間生誕祭☆


笠松先輩生誕祭☆


火神生誕祭☆


青峰生誕祭☆


高尾生誕祭☆


黒子生誕祭☆


黒子&森山生誕祭☆


2015新宿駅WC決勝戦広告☆


2015黒バス渋谷WC決勝広告、JW帝光編


ハイキュー!!展


タイガー&バニー、地下鉄コラボ


2013.10.20
XML
テーマ:アニメ!!(3777)
カテゴリ:アニメ
ここは永遠に続く夢の世界。
私の願い、欲しかった居場所。



「ずっとここにいたかった」

あらすじは公式からです。

恭介たちが仕掛けた楽しい一夜が明けた。
来ヶ谷はあれほど楽しい夜はたぶんもう来ないと言い、寂しそうに理樹に微笑んだ。
その夜、ベッドの中で理樹は漠然とした不安に駆られていた。
何かがおかしい。時計の日付を見て、理樹は違和感を覚える。
眠るたびに何かを忘れていくような感覚に襲われる理樹。
もう6月だというのに、外には雪が降っていた。
理樹の記憶の上にも、雪のように真っ白な何かが降り積もっていくような気がした。




**************************************



「初めて知ったよ。

涙というのはこんなに切ないものだったんだな。」



唯湖ーーー!!!



雪が深々と降ってくる。
繰り返される6月20日。
真実を知っていたのはやはり唯湖でした。




繰り返される6月20日。
修学旅行の説明会、女の子たちが準備するテルテル坊主、部屋で
真人がコーヒーで汚してしまうパンフレット。


唯湖と友達になってから一か月。
でも、もっと長い時を過ごしてきたような気がする。
放送室でピアノを弾く唯湖を訪ねる理樹。



楽しかった花火の夜はきっとまた来る、と笑顔を浮かべる理樹の
言葉にコーヒーカップを取り落してしまう唯湖。
そして抱擁。


「少しだけ・・・こうさせてくれ。」


唯湖には別れの予感しかないのでしょうか?
外で切ない表情を浮かべながら雨に濡れる恭介。
別れという結末を彼は知っている?



また巡ってくる6月20日。
今日は何日?
友人たちは何も変わっている事などない態度。
理樹だけが、ちょっとずつ違うけど変わらない毎日を体験する
ループに陥っている事に気づく。
ありえない6月の雪。
眠くなってくる・・・思い出せない花火の夜・・・無くなっていくコーヒーの
染み。




「恭介は!?」

はっとなって、ずっと姿を現していない友人を思い出す理樹!
知らない事なんて何も無い恭介を必死に探す理樹。
携帯はつながらない。
どの教室にもいない。



暗澹たる気持ちになった時、理樹が分かっているのはあの場所には
必ず彼女がいるということ。
いつものようにドアを開くと笑顔の彼女がいた。


「どうした?少年・・・。」


6月20日。
ここに連れてこられ、からかわれてドキドキしたあの日。
でも、どんどん薄れていく記憶。
これは一体!?



「私のせいなの。」



それは閉じ込められた一日。
今日がずっと、永遠に続けばいいのに、と願った唯湖の夢の一日。



理解できないと言う理樹に昔語りを聞かせる唯湖。
幼い頃から何でもでき、神童とまで言われた唯湖には、他の子たちが
普通に持っている”感情”というものが無かった。
いや、正しくは”感情”を表に出す術を知らなかった・・・。
母親からも、同級生たちからも異端の眼で見られる日々。



自分の居場所はどこにもない。
全寮制のこの学校に逃げるようにしてやってきた唯湖が見つけたのは
笑顔でじゃれ合うリトルバスターズの皆だった。


「うらやましかった・・・理解したかったんだ。」


理樹が言った「自分の居場所」は唯湖にとっても「自分の居場所」に
なった。
知らなかった感情をたくさん知った。
理樹が人を思い遣る気持ちも、笑顔も、涙も。
でも・・・


「いかなくては・・・運命は変えられない。」


この夢のような自分の願いは最後の願い。
目覚めた時、君はこの事を忘れているだろう。
6月20日の後の運命の日がやってくる。


引き止める理樹に唯湖は一つ忠告する。


「何が起こっても君は鈴くんを守れ。」


!?


必死に引き止める理樹の手をそっと放す唯湖。
瞳には涙・・・。


「もっと知りたかった。

・・・好きという気持ちを・・・。」



残された笑顔とありがとうの気持ち。





理樹は目覚める。
外からは蝉の声。




ということで唯湖の願いが消滅したことで6月20日が終わりました。
理樹は本当に唯湖の事を忘れてしまったのでしょうか?
皆は?



1期から、女の子たちは皆、「自分の居場所」を探し続けてきました。
失われそうな居場所を理樹が恭介によって与えられたように、小毬ちゃん、
クド、葉留佳、美魚、それぞれがリトルバスターズに居場所を見出したの
です。
その過程で理樹は忘れてしまった記憶の欠片を少しずつ集めていき、今回も、
唯湖とは何度も出会い、楽しかった思い出に触れるのですが、結果は全てを
失う結果でした。


ピアノの上にあった勿忘草が印象的です。
最後の日、理樹の足もとに落ちていた花弁も・・・。



全てを知っているような恭介。
彼の妹を守れ、と言った唯湖。
理樹とずっと一緒に歩んできた兄と妹は未来の何を指し示してくれるの
でしょうか?


間合いをたっぷり取って描かれる雪や雫、響くピアノの音。
個人的には神回♪









fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1409-b230c967








最終更新日  2013.10.24 14:29:20
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.