9895137 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おぼろ二次元日記

PR

カレンダー

プロフィール


おぼろ.

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

週刊少年ジャンプ2… New! らいち♪♪さん

旧:無菌室育ち わに庭さん
人に歴史あり yuru3さん
おタコ部屋 ロ サ ロ サ 紫 織さん
蒼い空、藍い海 にゃんたまくらぶさん
真夜中のお茶会 あこやさん
からまつそう yamahusaさん
新緑のオリバー 藤春 泰子さん
気づき★毎日★ダイア… くまこ@yummylife.netさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん

コメント新着

サイド自由欄

フリーページ

バナー、フリー配布♪&捧げ物


宝物・イラスト


みはるさんよりゲット♪


紫苑巽さんよりゲット♪


瑠架さんよりゲット!


翠嶺さんよりゲット♪


hamukkoさんよりゲット♪


にゃんたまさんよりゲット♪


もるがんさんよりゲット♪


なぎさ美緒さんよりゲット♪


那由さんよりゲット♪


みにくろめろん様よりゲット♪


フル☆マルコ様よりゲット♪


葉月せりあさんよりゲット♪


わに庭さんよりゲット♪


宝物・小説&替え歌


龍華紫織さんよりゲット♪


暴れん坊さんより、浮竹小説♪


暴れん坊さんより、兄様小説♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説♪


暴れん坊さんより、一護小説♪


Mishelleさんより兄様・緋真小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ三作♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説その2♪


Mishelleさんより兄様誕生日小説♪


暴れん坊さんより一周年小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ(女性版)♪


暴れん坊さんより緋真小説♪


暴れん坊さんより一護小説その2♪


暴れん坊さんより20万打兄様小説♪


暴れん坊さんより一護小説その3♪


暴れん坊さんより「内科医・朽木白哉」♪


にゃんたまさん、みーさんより兄様ss♪


mamさんより夢小説♪


Mishelleさんより兄様小説♪


暴れん坊さんより400いじり記念小説♪


Mishelleさんよりウルグリ小説♪


mamさんより銀魂、NARUTO小説♪


暴れん坊さんより誕生日記念兄様小説♪


mamさんより20万打銀魂小説♪


八兵衛さんより兄様お誕生日記念小説♪


黄瀬誕生祭☆


緑間生誕祭☆


笠松先輩生誕祭☆


火神生誕祭☆


青峰生誕祭☆


高尾生誕祭☆


黒子生誕祭☆


黒子&森山生誕祭☆


2015新宿駅WC決勝戦広告☆


2015黒バス渋谷WC決勝広告、JW帝光編


ハイキュー!!展


タイガー&バニー、地下鉄コラボ


2015.01.23
XML
テーマ:アニメ!!(3791)
カテゴリ:ノイタミナ
いつも側にいて欲しい男の子。
それは・・・


「足跡」

あらすじは公式からです。

ガラコンに姿を見せなかったかをりが自宅で倒れて入院したと聞き、
病院にかけつけた公生たち。
元気そうに振舞うかをりだったが、その体調は芳しくなかった。
その一方、椿は幼いころから続いてきた公生との居心地の良い関係がかをりの出現で
変わってしまったことや、公生に対する自分の気持ちの変化から目を逸らしていた。



**************************************



大粒の涙・・・


椿ちゃん、バカだなあ、やっと気づいた・・・と思ったのと同時に
公生くんの目はもう、自分には向いていないことがはっきりと分かって
しまって切なさMAX!だったです。
気付いた時には手遅れ・・・柏木さん、良く分かってるね。



幼い頃からずっと一緒。
選ぶアイスはミルク味、自分よりも小さな足跡。
隣同士でこれからも同じ道を歩いていけると思っていたら、
男の子の一番は音楽になっていた。

渡す相手がいない砂場の綺麗な泥団子。(泣ける!)
分からない話をしないで!
思わず耳を塞いでしまった音楽の時間。


その音楽が彼から笑顔を奪ってしまった。
元気になって欲しくて、側にいて励ましてあげて。
彼の一番の理解者は自分だという自負があったんだね。



でも、「月の光」・・・
いつしか、夜空に煌めく月のような女の子が彼の一番になってた。
ガラコンを休んだのは病気のせい。
音楽室を飛び出していく背中。



皆の心配を他所に元気そうなかをりちゃん。
キャンセルしても良かった・・・といっても公生クンには大きなイベント
だったんだし、最初から彼のための「愛の悲しみ」なら公生クンがどんな
努力をしてきたか分かるはず。


私個人の感想としてはちゃんと謝って欲しかったけど、公生クンには「聞きたかった」の
一言でOKなんでしょう。
かをりちゃんが彼が弾いた「愛の悲しみ」がどんなものだったか、多分、理解して
これからまた一緒に弾いてくれるものと思ったから。



でも・・・
用意されたような入院の理由、学校に戻る時期。
公生くんの予感は本当になりそう。
渡君が用意した本を読む時間も無いなんて。



「好き」
「嫌いじゃない」
ほんと、天と地ほどの差がある言葉。
「嫌いじゃないから」付き合う、というのは有りだけど、そこからちゃんと
相手を見ているなら構わない。
椿ちゃんが見ているのは公生クンのことだって、先輩はすぐに分かったね。
柏木さんが言うとおり、きっと先輩は傷つく。


柏木さんから相談を受けた渡君は椿ちゃんの事もちゃんと分かっているんですね。
言われれば意固地になって耳をふさぎ、心を閉ざす。
このままでは・・・と、柏木さんが取った作戦が公生クンに椿ちゃんが向き合うこと。
「弟」のような、家族のような。
ずっと側にいてくれる男の子。


それが、「音楽の道」に進むと言う。
決意させたのは自分じゃないし、また彼を”音楽”が連れていってしまう。


「側にいてくれるのが当たり前だと思ってた。」

元気になってくれたのは嬉しい。
でも・・・彼は「表現者」。
その力があることも分かってる。
止められない・・・。



ということで、椿ちゃんと先輩の仲もここまでかな、という感じですね。
切ないのは椿ちゃんだけでなく、公生クンも同じ。
もしも、お母さんと同じようにかをりがいなくなってしまったら。
空いてしまったベッドの記憶が彼をまた不安にさせる。
公生クン、運の巡りが悪いというか、何というか・・・。(;;)








fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1831-6afe97ab








最終更新日  2015.01.23 16:57:01
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.