000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おぼろ二次元日記

PR

カレンダー

プロフィール


おぼろ.

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

週刊少年ジャンプ2… らいち♪♪さん

旧:無菌室育ち わに庭さん
人に歴史あり yuru3さん
おタコ部屋 ロ サ ロ サ 紫 織さん
蒼い空、藍い海 にゃんたまくらぶさん
真夜中のお茶会 あこやさん
からまつそう yamahusaさん
新緑のオリバー 藤春 泰子さん
気づき★毎日★ダイア… くまこ@yummylife.netさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん

コメント新着

サイド自由欄

フリーページ

バナー、フリー配布♪&捧げ物


宝物・イラスト


みはるさんよりゲット♪


紫苑巽さんよりゲット♪


瑠架さんよりゲット!


翠嶺さんよりゲット♪


hamukkoさんよりゲット♪


にゃんたまさんよりゲット♪


もるがんさんよりゲット♪


なぎさ美緒さんよりゲット♪


那由さんよりゲット♪


みにくろめろん様よりゲット♪


フル☆マルコ様よりゲット♪


葉月せりあさんよりゲット♪


わに庭さんよりゲット♪


宝物・小説&替え歌


龍華紫織さんよりゲット♪


暴れん坊さんより、浮竹小説♪


暴れん坊さんより、兄様小説♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説♪


暴れん坊さんより、一護小説♪


Mishelleさんより兄様・緋真小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ三作♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説その2♪


Mishelleさんより兄様誕生日小説♪


暴れん坊さんより一周年小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ(女性版)♪


暴れん坊さんより緋真小説♪


暴れん坊さんより一護小説その2♪


暴れん坊さんより20万打兄様小説♪


暴れん坊さんより一護小説その3♪


暴れん坊さんより「内科医・朽木白哉」♪


にゃんたまさん、みーさんより兄様ss♪


mamさんより夢小説♪


Mishelleさんより兄様小説♪


暴れん坊さんより400いじり記念小説♪


Mishelleさんよりウルグリ小説♪


mamさんより銀魂、NARUTO小説♪


暴れん坊さんより誕生日記念兄様小説♪


mamさんより20万打銀魂小説♪


八兵衛さんより兄様お誕生日記念小説♪


黄瀬誕生祭☆


緑間生誕祭☆


笠松先輩生誕祭☆


火神生誕祭☆


青峰生誕祭☆


高尾生誕祭☆


黒子生誕祭☆


黒子&森山生誕祭☆


2015新宿駅WC決勝戦広告☆


2015黒バス渋谷WC決勝広告、JW帝光編


ハイキュー!!展


タイガー&バニー、地下鉄コラボ


2015.02.07
XML
テーマ:アニメ!!(3791)
カテゴリ:ノイタミナ
私のヒーローが目指す相手は神で。
神から陳腐な言葉は聞きたくない。



「似たもの同士」

あらすじは公式からです。

瀬戸先生に弟子入りした凪を指導することになった公生。
最初は初めての指導に戸惑うも、先生らしく振舞うようになる。
そんな中、入院しているはずのかをりが公生の目の前にふいに現れる。
かをりは渡の代役として公生を指名し、いっしょにショッピングや学校に向かう。



****************************************



かをりちゃんの言動が痛々しい・・・。(;;)
公生くんの巡り合わせはどうしても同じ道をたどってしまうのでしょうか。



コンクールに勝つためには完璧に楽譜を再現しなくてはならない。
ヒューマンメトロノームと言われた公生くんを目指していた兄が私の
ヒーロー。
それなら、ヒーローが目指していたヒーローは神様にも近い存在ってことで。


凪ちゃんが期待していたのは、もっと完璧なピアニストである公生くんだった
んでしょうね。
それが、予想外に弱くて、不安定で、人間らしくて。
紘子さんは公生くんが経験してこなかった事を存分に体験させてあげたいのでしょう。
それがきっと、公生くんが表現者として生きていく糧にもなる。
何よりも悲しい演奏をさせたくない。



「陳腐ですね。」


凪ちゃんが言った言葉はそのまま自分にも跳ね返って感じ始めて
いることなのだとも思います。



感情に振り回されるような演奏が何よ!(^^ゞ)
けど、最近、お兄ちゃんはどうやら振り回されっぱなしのようで。
実際、会ってみたらその神様は想像以上に人間臭かった。
演奏も刺々しくなるというもの!?
けど、ちゃんと自分の相手をしてくれる。
焼き芋を持って。(^^)


弱みをみせず、学校で女王様然としていた凪ちゃん。
ヒーローの妹である自負もあって心を幾重にも囲っていたままの
ピアノは何も語ってはいなかった。
公生くんに心を開き始めてからピアノは踊り始める。
ありったけの自分で表現する。
小さな表現者がここにも誕生しました。


なんと彼女の兄は相座くん!!!


彼もコンクールが辛そうだったので、何か変化があるといいですね。



病院を抜け出してきたかをりちゃん。
「渡くんは・・・」とか「君でいい」と言っていたけど、必要としていたのは
公生くんのこと、とバレバレですね。
もちろん、公生くんの心中は穏やかじゃないんだけど。


好きなものを買って、夜の学校に忍び込んで星空の下をそぞろ歩き。
彼女の足が動かなくなってきていることを考えると、見ているのが
とても辛い・・・。
自転車の二人乗りももうこれきりかと思ってしまいます。
そして、それは本当の事なのかも。
零れ落ちる涙。



公生くんが女の子にピアノを教えていると聞いて、激しく当たってしまう
かをりちゃん。
それはまるで・・・。
弾けない自分の代わりに誰かに託そうとしてしまうのは・・・。



大事な人が掌から零れるようにすり抜けていってしまう。
コンクールを控えている公生くんですが、また心穏やかに集中できる
状況ではなくなってきました。










fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1840-a7b2ca96







最終更新日  2015.02.07 23:19:04
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.