9239196 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おぼろ二次元日記

PR

カレンダー

プロフィール


おぼろ.

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

「犬夜叉」1~56巻(… らいち♪♪さん

京都アニメーション みやさとver.さん

旧:無菌室育ち わに庭さん
人に歴史あり yuru3さん
おタコ部屋 ロ サ ロ サ 紫 織さん
蒼い空、藍い海 にゃんたまくらぶさん
真夜中のお茶会 あこやさん
からまつそう yamahusaさん
新緑のオリバー 藤春 泰子さん
気づき★毎日★ダイア… くまこ@yummylife.netさん

コメント新着

サイド自由欄

フリーページ

バナー、フリー配布♪&捧げ物


宝物・イラスト


みはるさんよりゲット♪


紫苑巽さんよりゲット♪


瑠架さんよりゲット!


翠嶺さんよりゲット♪


hamukkoさんよりゲット♪


にゃんたまさんよりゲット♪


もるがんさんよりゲット♪


なぎさ美緒さんよりゲット♪


那由さんよりゲット♪


みにくろめろん様よりゲット♪


フル☆マルコ様よりゲット♪


葉月せりあさんよりゲット♪


わに庭さんよりゲット♪


宝物・小説&替え歌


龍華紫織さんよりゲット♪


暴れん坊さんより、浮竹小説♪


暴れん坊さんより、兄様小説♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説♪


暴れん坊さんより、一護小説♪


Mishelleさんより兄様・緋真小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ三作♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説その2♪


Mishelleさんより兄様誕生日小説♪


暴れん坊さんより一周年小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ(女性版)♪


暴れん坊さんより緋真小説♪


暴れん坊さんより一護小説その2♪


暴れん坊さんより20万打兄様小説♪


暴れん坊さんより一護小説その3♪


暴れん坊さんより「内科医・朽木白哉」♪


にゃんたまさん、みーさんより兄様ss♪


mamさんより夢小説♪


Mishelleさんより兄様小説♪


暴れん坊さんより400いじり記念小説♪


Mishelleさんよりウルグリ小説♪


mamさんより銀魂、NARUTO小説♪


暴れん坊さんより誕生日記念兄様小説♪


mamさんより20万打銀魂小説♪


八兵衛さんより兄様お誕生日記念小説♪


黄瀬誕生祭☆


緑間生誕祭☆


笠松先輩生誕祭☆


火神生誕祭☆


青峰生誕祭☆


高尾生誕祭☆


黒子生誕祭☆


黒子&森山生誕祭☆


2015新宿駅WC決勝戦広告☆


2015黒バス渋谷WC決勝広告、JW帝光編


ハイキュー!!展


タイガー&バニー、地下鉄コラボ


全56件 (56件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

コードギアスR2・BLOOD・アクセルW

2012.09.22
XML
テーマ:アニメ!!(3762)
友情、絆、本当に信じられるものはこの世界に
あるのだろうか?


「Reincarnation;再生」

能美と戦うハルユキとタクム。
黒雪姫の援護を受けて、決着の時が来た!


**********************************



ポイント全損でブレイン・バーストからアンインストール
されるとゲームの記憶は失われてしまう。
それで加速世界の秘密は守られる。


能美=ダスクテイカ―との死闘は終わりました。
能美が記憶を失ったことで、ハルユキとタクム、チユリが納得すれば
いいのかもしれませんが、心の傷は加速世界に残ったほうがこれから
先もずっと負うことになったのですね。
それは戒めとして残る。


このゲームを創った人物の真意は分かりませんが、これから先も
同じような事件が起こる可能性はある。
根本的な解決はプレイヤーに投げられている、そんな印象の
最終回でした。



「普通に対戦してください、初めましてって

言えば良かったんだよ。」



最初から奪う事しかなかった能美の加速世界。
与えられた傷をそのまま受け継ぎ、自分が変わる事は無かったのですね。
それはこれからも。
決断の時。


ダスクテイカ―は翼で、シルバークロウはゲイルスラスターで!
空中戦を繰り広げた二人だが、ハルユキの想いの強さはやっと
能美に届く!!!
破損し、墜落するダスクテイカ―!
けれど、それをヒールするライムベル・・・チユ!!!


これが支配・・・有頂天になる能美だがなんと腕も翼も消えていく!!!
頭部と上半身だけになって地面に転がるダスクテイカ―。


必死に命乞いをする能美だが、保身の条件ももう二人、いや三人には
届かない。
チユは自分の力が「回復」ではなく「修理」=時間を巻き戻す能力なのだと
考えた。
ハルユキが翼を奪われる前まで巻き戻す。
そうすれば、必ず能美が持つ技ポイントの上限を超える。
レベルアップと技ポイントの回復を合わせる瞬間の1チャンス。


黒雪姫と事を構えたくないブラック・バイスにも見限られ、もう
誰にも頼れない能美。


「もう、終わらせよう。」


タクムに促され、ハルユキは渾身の力を込めたソードでダスクテイカ―を
一刀両断にする。
混沌とした光を放ちながら消えていくダスクテイカ―。


全ては終わった。
詳しいことは東京に戻ってから・・・とハルユキ、タクム、チユリを
労う黒雪姫。
実は決闘が決まった時点で全ての事を黒雪姫にチユはメールで知らせて
いたのだった。
ネガ・ネビュラスに加入するというチユリ。


リアルに戻って・・・
チユの策士振りに驚くハルユキとタクム。
盗聴アプリでも仕掛けられたら心配だったから、言えなかったと言うチユ。


「頑張ったんだから・・・ものすごく頑張ったんだから・・・!」


涙にくれる三人。


東京に戻った黒雪姫は駅で恵と別れる。(ハルユキの姿を見た恵の眼がー!苦笑)
やっと二人の時間が持てた。
スカイ・レイカーから心意技を教えてもらったことは結果的に良かったが、なんの
力にもなれなかった、と悔やむ黒雪姫。
抱擁。
「ずっと、こうしたかった。」
ハルユキのドキドキ・ゲージは急上昇!!!


領土戦に勝ったら願いをかなえる。
そういう黒雪姫に


「ずっとずっと側にいてください!」

と言うハルユキ!
逆いうろたえる黒雪姫だが


「君の側にいる、未来永劫にな。」

かわされる約束。



学校では事件について手を回した黒雪姫のおかげでハルユキの名誉も
回復した。
廊下で会った能美は・・・ゲームの記憶を全て失っていた。


ニコ、パドにも経過を報告したハルユキたち。
ゲームから退去させられると記憶も失われる。
そのシステムの原理は分からない。
レベル10になって、開発者に会い、問うしかない。
目標に向かうハルユキたち。


ニコ、タクムたちと別れて二人になったハルユキと黒雪姫。

「加速世界の記憶は忘れても、君の事は忘れない。」


ずっと、ずっと・・・。


約束があると言うハルユキ。
歩道橋の向こうから来たのはスカイ・レイカー。
翼をいつか必ず返すと約束していた。
直結して翼を返すハルユキ。


「応援してるわ。頑張って。」


背を向けたスカイ・レイカーになにか言いたげな黒雪姫。
そらしていた目を真っ直ぐに向けて叫ぶ!


「フウコ!私にはお前が必要だ!!!」

「サッちゃん!!!」



抱擁する二人を見て、改めて加速と現実世界にある真実を
思うハルユキ。
変わって戻れないものもある。
でも、変わってもまた始められることを知ってる。
人は前に進めるのだから・・・。



という最終回でした。


ネットゲームの中の、架空の自分、自分ではない自分。
劣等感から逃れるために始めたゲームが、本当の自分に
向き合い、認め、仲間を得て前に進んでいく。
ネットからリアルでも友情を育めることを知っている
私達なら共感できるテーマを持った作品でした。


ハルユキの誠実な人柄が友人たちに伝わり、伝播していく。
特にスカイ・レイカーとの出会いは、メッセージを形にしてくれた
心地よさがありました。


まとめて・・・
まだ、クロム・ディザスターの件が片付いていませんし、心意システムが
何となく世界観に馴染んでいない部分もあるので、それからのハルユキ、
タクムの成長を見たいと思いました。


ゲーム設定の説明部分が原作未読者には最初は厳しいものもありましたが、
物語を見ている分にはあまり気にならなかったかな。
ブタくん仕様の主人公と美少女の組み合わせ、幼馴染の葛藤。
チユリも最後は存在感を示せて良かったですね。
ただ、いつまでも昔のままではいられない。
これからの三人にまた出会えるといいと思いました。
スタッフ、キャストの皆さん、お疲れ様でした。



歌はこちらが一番、お気に入り♪





fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/844-2b82cb8a






最終更新日  2012.09.22 17:33:11
コメント(4) | コメントを書く
2012.09.15
テーマ:アニメ!!(3762)
全てをボクは奪われた。
だから僕も奪ってやるんだ。


「Consolidation;絆」


能美と決闘することを決めたハルユキとタクム。
チユリも一緒に連れて行くことにした。

無制限バトルフィールドでポイント全損を賭けた戦いが始まる。
なんと能美は連れ・・・ブラック・バイスを連れてきていた。
能美=ダスクテイカ―の相手をするのはタクム!


なぜ、チユリの回復・アビリティを奪わないのか。
シアンパイルのシアン・ブレードが炸裂する!



*********************************



黒雪姫が駆けつけた時はまさに”水戸黄門”でした。(笑)
勧善懲悪は物語を否応なしに盛り上げますものね♪
本当ならハルユキとタクムで決着を付けられれば、一番
良かったのでしょうが、想定外のこと=レベル8のブラック・バイスが
現れたところで、完全にハルユキたちはハンディを負ってしまったと
考えられますからね。


バイスの事だけじゃなく、チユリもです。
彼女が同行させて欲しいと言った真意は分かりませんが、ただ「信じて」、
じゃまだ理由としては弱いですね。



ただ、タクムはかつての友人に信じてもらえないのでは・・・と
いう恐れを知っている。
信じること=ハルユキが加速世界でも信じるものがあるように
ここは二人でチユリを同行することを許します。


何度も場所を変えてやっと決闘の場所が決まった。
ダスク・テイカ―とサドンデス・マッチを行うことになる二人。
ポイント全損とブレイン・バーストの世界を賭けて。



1対の勝負かと思ったら、加速研の副会長、ブラック・バイスを
同行している能美。
なんと加速世界、唯一の減速能力者!
それで待ち合わせと同じタイミングでやってくることができたのですね。


能美の相手をするのはタクム=シアンパイル!


「シアン・ブレード!!!」

おお!サンライズな立ち絵ですね!


OPのタクムと能美の剣道の試合はここをイメージしたもの
なのかな。
どんなに弱くても、蔑まれても、

「それでも僕は・・・

竹刀を捨てなかったんだ!!!」



剣道を心の底から好きだったんだね。


能美の心意の腕は強いがシアン・ブレードを手にしたシアン・パイル、
攻勢に出る!
ダスク・テイカ―がチユリのアビリティを奪わなかったのは、ゲットするのに
ポイントの上限があったからなんですね。



能美の事を調べたタクムはかつて、能美が兄に全てを奪われ、ポイントを
貢がされていたことを聞く。
奪われるポイント、人格、プライド。
何があっても全て、手に入れる!!!
能美の顔がああ!!!


というか、小林さんの少年ヴォイスが好きなので(塔矢アキラ@ヒカ碁とか
アレン@Dグレ)こういうキャラはプチ・ショックですわー!(苦笑)



ダスク・テイカ―に拘束されるチユリ。
サドンデス試合に参加していないライムベルを拘束するのは筋違い、と
怒るハルユキとタクム。
チユリは二倍の痛覚に苦しむ!


ここで終わりなのか?!
タクムも、自分も上の能力者に負けられない。
現実は・・・


「有田ハルユキ、本当にそれでいいのか?」


加速世界の先に行ってみないか?
なんとブラック・バイスのスタティック・プレッシャーから
逃れるハルユキ!!!
だが、シアンパイルには止めの攻撃が!?


そこにあり得ないはずの・・・

「ブラック・ロータス!」


サルファ・ポットからゲットした強化外装「ミスティカル・レインズ」を使ったんですね。
沖縄のフィールドから15時間!
レギオンではなくサークルの活動だが常軌を逸している。
ブラック・バイスの装甲を貫くブラックロータス!
ダスクテイカ―を倒すのは今!



ということで能美との勝負も大詰めになってきました。
もちろん、勝負としては黒雪姫が来た時点で決まっては
いますが、ダスクテイカ―を倒すのはあくまでもハルユキと
タクムで、ということで。


加速世界の中に見つけた信頼、友情、信念。
能美を追い出すことで事件は決着してもイジメの連鎖をどこかで
断ち切らなければ。
能美も加速ではない世界で大事なものを見つけて欲しいです。







fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/835-238a13d7






最終更新日  2012.09.19 12:27:25
コメント(2) | コメントを書く
2012.09.08
テーマ:アニメ!!(3762)
ラスト・ジグソーを倒して、正体を暴け!
ハルユキとパドの戦い。


「Determination;決意」


パドと組んでアキハバラのバトル・フィールドに参戦したハルユキ。
シルバークロウが相手なら・・・狙い通り、ラスト・ジグソーが
対戦を申し込んできた!
心意システムは使えない。
パドの指示どおり動くハルユキの戦いは!?



***********************************



パドの技、必殺技ゲージを吸い取る『メンタル・バイト』には驚きました。
なかなか色気のある技です。
マッチング・リストに出ないバーストリンカーの正体を調べることが能美との
戦いの鍵になる。
ゲームに精通しているハルユキだから気づくことができて良かったですね。


加速世界で初の飛行アビリティを持つ、と噂のシルバークロウが翼を
失ったというニュースはすでに広まっている。
対戦に名前が上がれば、対戦者は容易に現れるはず。
さすがパドはニコの側近らしく知識も策謀にも優れていますね。


心意システムは使わないように。
初代クロム・ディザスターはそこから闇に引っ張られた。
絶望と希望は裏表。
パドの言葉に自分の考えを訴えるハルユキ。

「信じたい。

僕を救ってくれたブレイン・バーストを。」


そこに真実があると。
スカイ・レイカーが言ったこと・・・加速世界を変えるかもしれない
予感を持つパド。


情報どおり、中長距離戦闘型のラストジグソーはホイールを飛ばす、
ワイヤーを罠になる「スティール・ソー」が武器。
声が日野君だあ!
シルバークロウが鋼のボデイで助かりました。
ここでパドはクロウの必殺技ゲージを吸収してヴァージョン・アップ!
ハルユキ、また先輩に怒られますよ!!!(笑)



圧倒するパド!!!
ラストジグソーはログオフして姿を消す。
今ならリアルで追えるかも!!!
後を追ったハルユキだけど右肩にダメージを負った
青年の姿しか判別できなかった。



その頃、能美とチユリはデビュー戦。
技を奪い続ける能美とヒーラーのチユリのコンビは圧倒的。
二人の戦いに、タクムはもしも、黒雪姫が戻ってき参戦しても
最悪のことを考えよう、と慎重になる。
戻って来る前に何とかしよう。


下校の時、チユリを見つけたハルユキは何とか家に上げてもらえた。
話しをしても、自分の意志で参戦しているのだと頑ななチユリ。


「私の意志で行動しているの。

これまでも、これからも!」


服を脱いで、自分の真実はここにあると主張するチユリ。


でも、きっと真実は他にある。
諦めないハルユキ。
必ず能美の弱点を見つけてみせる!


手がかりはラストジグソー。
逃がしてしまったけれど、逃げる時の彼の仕種から仮想ウィンドウを
はらった動作だと気づくハルユキ。
ニューロリンカーではない、ローカルネット接続できるデバイス。
違法になったブレインインプラントチップの存在にたどり着くハルユキ!!!



能美と対峙し、違法デバイスの存在と隠しカメラのデータで量りにかける
ハルユキ。
一度でポイント全損になるアイテムを使った一度きりの決闘で決着をつける!
能美の条件をバーストリンカーの矜持を持って受けるハルユキとタクム。
必ず全てを終わらせる!!!



ということで、同行を許されたタクムとともに能美に挑むハルユキ。
ニコはあまりタクムに手取り足取り心意システムの事は教えなかった
ようですが、心を扱う技だけに本人の心持で決まるようなものだから、
でしょうか。


チユリの真意はどこにあるのか?
タクム、ハルユキを守るためにレベル上げをしようとしているのでしょうか?
能美との決着がどうなるのか、クライマックスですね。








fc2サイト記事はこちら♪


TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/822-d212e509








最終更新日  2012.09.13 15:16:39
コメント(2) | コメントを書く
2012.08.25
テーマ:アニメ!!(3762)
もうあの頃の自分とは違う。
戦って取り戻すんだ!


「Domination;支配」


飛行アビリティに加え、回復アビリティを持つチユまで失ってしまった
ハルユキ。
チユの真意を確かめようとするハルユキとタクムだが?



************************************



ハルユキは本当に強くなりました。
こんなひどい事は今までいくらでもあった。
笑うな、泣くな。


強くなれた理由・・・自分を信じてくれる黒雪姫とタクムの存在が
あるからですね。
そして応援してくれたバーストリンカーたち。
アッシュローラー、スカイレイカー・・・赤の王。


学校生活がどんなに辛いものでも、ハルユキにはそこが全て、では
なくなっている。
もちろん、仮想世界では何の力も無い、と思いますが、世界の広がりが
ハルユキを救ってくれた。
確かに真実も存在しているから。


リアルでも、特に学校では多くの友達はいらない、一人だけ理解してくれる人が
いればいい、と言います。
世界を広く持ちたいですね。




「シトロン・コール!」


ダスクテイカ―を回復させるチユ=ライム・ベルの行動が信じられない。
が、目の前のダスクテイカ―は優越感に浸る。
タクムが怒りのままに仕掛けるが、心意の腕にバラバラにされてしまった!


どこからか憎悪の心がハルユキからあふれ出す!!!


「壊して喰らえ・・・!」


しかし、そこでハルユキもタイム・アップ。


体育の時間に戻ったハルユキはタクムに制止されて、能美への逆襲を
踏みとどまる。
ソーシャル・カメラの死角でチユリを問いただす二人だが


「能美と組むことにしたの。」

チユリは自分から能美の専従ヒーラーになるからポイントを
分けて、と申し出てと言うのだ。
信じられないハルユキとタクム。
三人で一緒・・・それがチユリの願いだったはずなのに。



ハルユキの家でもう一度、対策を考えるタクム。
いつものピザは三人で分け合っていたのに。
思わず涙をこぼすタクム。



ハルユキは毅然とした態度でチユリには何か事情があるのだ、それを
信じると断言する。


「倒すしかない、ダスクテイカ―を。」


倒してチユリを取り戻すんだ!



ハルユキは能美が常日頃からバトルをしているようには見えない、
テストや剣道の試合でポイントを消費していてギリギリの状態でいるのでは
ないかと推測する。
何とかポイント全損に追い込めれば・・・。



が、タクムの言うように飛行&治癒アビリティを手にした能美を倒すのは
難しい。


「心意システムって聞いたことがあるか?」

タクムはハルユキがそれをスカイレイカーからもらったと聞いて
年上の女性に気に入られる傾向がある、と笑う。
もう一度、レイカーさんに会うか・・・でもアッシュローラーからは
甘い!と叱咤されると顔真似をするタクム。(笑)



タクムが帰った後、ハルユキはダスクテイカ―と戦った時、最後にあふれだした
暗い気持ちを思い出す。
夢の中で黒雪姫にも向けてしまうハルユキ。
先輩に会いたい・・・。



ダイレクト・リンクしてアバターになって黒雪姫と連絡を取るハルユキ。
朝なのに黒雪姫は答えてやってきてくれた。
最近、買ったという海のステージで会う二人。
寂しい・・・。
お互いに寂しい気持ちを打ち明ける二人。
あと三日。



学校でもう一度、タクムと連絡を取るハルユキ。
どうやら心意システムはトップシークレットな扱いになるらしい。
アッシュローラーの他には・・・7人の王くらい・・・
黒雪姫には心配をかけたくない、というか、知ればチユリごと
能美を倒すだろう。
なら・・・


「ニコならきっと知ってると思うんだ!」


赤の王!!!



しかし、直後に生活指導の教員から呼び出されたハルユキ。
隠しカメラの件がばれて、さらに見られた、とショックを受けた女子生徒の
彼氏から凹られるはめに!!!



何度、殴られようと自分はやっていない、と主張するハルユキ。
もう泣いたり、笑ったりしない。
卑屈になって逃げていた自分はもういない。


「今のボクには守るべきものがある。」



ということで、何とか逆襲の糸口をつかみたいハルユキ。
黒雪姫に真実を話してもいいのでは・・・と思うのですが、
修学旅行も一笑に一度のもの、リアルで楽しい思い出を作って
欲しいのが一番だとハルユキも思っているのでしょう。


追い込まれた状況は良くないですが、ニコに会って挽回のチャンスを
得られれば、と思います。








fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/799-1d32dd0c







最終更新日  2012.08.25 16:44:10
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.21
テーマ:アニメ!!(3762)
過去に何があっても、私は前に進むだけだ。
沖縄での出来事・・・。



先週は感想をお休みしましたので二話、まとめて。


「Invitation;挑戦」


ハルユキが危機に立ち向かっている頃、黒雪姫は修学旅行先の沖縄で
何者かに対戦を申し込まれていた。


「Revolution;変遷」

瑠花たちの師匠「クリムゾン・キング」によると沖縄の無制限フィールドに
現れた神獣級エネミーのため、エネミー狩りができなくなってしまったと言う。
しかもその飼い主がマッチングリストに表示されない事実に黒雪姫はバックドア
プログラムの存在を感じる。



*************************************



WIKIにもありましたが


クリムゾン・キングボルト・・・ 新垣樽助
安里琉花/ラグーン・ドルフィン・・・ 仲西環
糸洲 真魚/コーラル・メロウ・・・ 儀武ゆう子


三人とも沖縄出身の声優さん♪
特に新垣さんは


テニプリの木手!

比嘉中のメンバー皆さんに沖縄方言の指導をしたんですよねえ。
(WIKIにはテニミュメンバーにもしたとあります。笑)
安定のウチナーグチですね!


安定といえば


サルファ・ポット@檜山さん!

相手のクリキンがいきなりサンライズ・ロボットアニメ型ロボットに
変形して(爆笑)思わず「勇者王」とか思い浮かべてしまったのは秘密です♪
とにかくクリキンの変形シーンにガッツが入っていて、私の拳にも
力が入ってしまいました!



黒雪姫の楽しい修学旅行エピソード・・・と思ったらどうやらあの能美の
件と繋がっている事態になってしまいました。
「俺たち」・・・サルファ・ポットとダスクテイカ―はマッチングリストに
載らない、といった時点で同じ組織にいると察することができます。
まさか黒雪姫はハルユキが苦しんでいる相手と同族、なんて夢にも思って
いないでしょう。



表の顔と裏の顔。
バーストリンカーとしての自分とリアルの自分で葛藤するのは黒雪姫も同じ。
瑠花と真魚に誘われて話に夢中になってしまって恵との約束を破ってしまったのは
いただけませんね。
恵が、戦闘中の黒雪姫のところに導かれ、直結コードを抜こうとした気持ちも
分かります。


が、意外なことに恵も昔、バーストリンカーだった!!!
サルファ・ポッドが操る神獣級エネミーに苦戦する黒雪姫たち。
クリキンも丸焼きになって(笑)ピンチ!な時にまさかの

「パラダイム・レボリューション」!!!


バトル・フィールドを強制転移させて海に移動!
エネミー・ニーズホッグにつけられていた強化外装「ミスティカル・レインズ)」を
外して、戦闘に勝利!!!
檜山さんの叫びを久しぶりに聞くことができて楽しかったです。(そこ!?笑)



沖縄ではブレイン・バーストが普及しておらずクリキンが弟子を二人つけて
のんびりエネミー狩りでポイントを稼ぎ、レベルアップしていたのにまさかの
横やり事件。


リアルで調べても正体に結びつくデータは得られなかったようです。
クリキン、普通の男子高校生でしたね。



恵はバトルのことを覚えていなかった。
でも、黒い戦士、竜、海、人魚・・・物語にして姫に最初に
読んで欲しいと言う。
親友といっても秘密のひとつやふたつ・・・ですかね。
話せる時に話してくれれば。
恵、ハルユキ、とリアルでも黒雪姫の周りは満たされているのだと
思います。








fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/792-12f2c2f1






最終更新日  2012.08.21 11:36:02
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.04
テーマ:アニメ!!(3762)
本当に守るべきもののために戦って。
新たな翼とともに。


「Fragmentation;分裂」


スカイ・レイカーから強化外装「ゲイルスラスター」を借り受けたハルユキ。
なんとしても自分だけで解決しようと考えたハルユキだが、能美の事を
探っていたタクムが先に戦いを仕掛ける!



**********************************



ラストで「何でー!?」という感じでしたねえ。
次回、チユリの考え、能美の企みは明かされるのでしょうけど、
納得できないチユリの行動です。



リアルで気まずくなってしまったハルユキとタクム、チユリ。
黒雪姫のメールには癒されますね。
水着を選んだとか、腰の傷は勲章であり、自分の支えになっているとか
ハルユキには本当に希望の光になったことでしょう。


いつか、先輩を支えるために。


「僕、強くなります。」

レベルはともかく気持ちの上ではだいぶ、強くなったと思います。(^^)


能美の件は黙っていたけど、タクムの動きから彼に目をつけていることを
知られてしまいました。
入学試験の成績を。



体育の時間。
持久走で笑われるハルユキだけど、そんなことはどうでもいい。
こんな授業中なのにタクムが


「バーストリンク!!!」

急いで追いかけるハルユキ!!!
観戦者になってシアンパイルとダスクテイカ―の戦いを見守るシルバークロウ。


剣道だけではない、なんと試験にも加速の力を使っていた
能美。
社会科の成績が常に100点であることからその時間に網を張っていた
タクム!!!


リアル時間の1.8秒をポイントで返せという能美にハルユキの
大切な翼を返してもらおうと!ちうタクム!
アッシュローラーとの戦いの噂を聞いて、翼を失ったことを
知ったのですね。
理解し合う気持ちが足りなかったことを詫びるタクム。


ダスク・テイカ―の能力では煉獄のステージの破壊はできない。
シアン・パイルの分析だが、ダスク・テイカ―は何かを呟き続けている。


「奪う・・・奪う・・・。」


なんと事象の上書き!!!
心意技を使えるダスク・テイカ―!!!
7王とその側近くらいしか知らない技なのに!



シアン・パイルを完全に圧倒して足蹴にするダスク・テイカ―!!!
卒業まで自分の犬として戦えと脅迫するダスク・テイカ―に自分の
ポイントを奪って欲しいと頼むシルバー・クロウ。
土下座・・・!


嘲笑するダスク・テイカ―を前に挑戦者の移動を認めるようタクムに促す
ハルユキ。
挑戦者が変わる!!!


心意システムで突きを鋭くしたシルバー・クロウ!!!

「貫けーーー!!!」


腕を失うダスク・テイカ―だがハルユキよりもうまく飛行アビリティを
使いこなせると言って、翼と遠距離攻撃武器「パイロディーラー」の
コンボが炸裂する!!!


何とか持ちこたえたシルバー・クロウはついに新たな翼を呼ぶ!


「ゲイルスラスター!!」

スカイ・レイカーが願うような、本当の願いのための翼であるために。
バーストリンカーと認められない能美をここで倒す!!!
ブレイン・バーストはただの狩場としか考えないダスク・テイカ―は
”僕たち”には勝てない!!!


必殺技ゲージを回復するためにダメージを受けていたシアン・パイルが
シルバー・クロウに拘束されたダスク・テイカ―を狙い打つ!!!
信じてた。


「敗因は俺たちが一人じゃないってことだ!!!」


しかし、鐘の音が響き渡る。
なんと現れたのはチユリ=ライム・ベル!
「シトロン・コール」!!!
復活するダスク・テイカ―!!!


ということで・・・
能美を追い詰めたハルユキたちでしたが、チユリによって戦いは振りだしに
戻ってしまいました。
リアルでも加速世界でも負っている能美に対するハンディをどう払拭するのか。
チユリもブレイン・バーストによって人格がゆがめられることを知って
しまいました。
ハルユキとタクムが負った苦悩を彼女はどう思っているのでしょうか?








fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/773-dd20eac0







最終更新日  2012.08.10 18:10:04
コメント(2) | コメントを書く
2012.07.28
テーマ:アニメ!!(3762)
涙は加速世界にも真実が存在する証。
きっと飛べる。
強い気持ちで。


「Imagination;面影」


飛行アビリティを失って落ち込むハルユキはアッシュ・ローラーの紹介で
師であるスカイ・レイカーを紹介される。
かつて一番、空に近づこうとしたバースト・リンカーは願望と引き換えに
ある物を失っていた。



********************************



私がネット・デビューしたのは「NARUTO」のファン・サイトに
出入りし始めたことがきっかけでした。
それから皆さんと同じように自分のブログを持ち、そこから様々なつながりが
広がって今日に至っています。


そこからリアル割れの付き合い(笑)も始まり、HNだけでの付き合いでは
あっても気持ちを共有できる方もできました。
善意と悪意が混在するネット世界ではありますが、そこには確かに信じるべき
ものがあるのです。


「ブレイン・バースト」の世界も基本は殺伐としたポイントの狩場であり、
弱肉強食の世界、自分だけの愉悦の世界でもあるのだけれどそれだけではない、
親と子、同じレギオンに所属する者、さらにはライバルとの絆も存在する。
フィジカル・バーストというコマンドがリアルとつながっているのが
理由の一つにもなるのでしょう。



アバターがトラウマ=心の傷に寄るところが大きい。
そこも単純にゲームなのだと割り切れない理由にもなるかも、ですね。
スカイ・レイカーはトラウマを傷、というよりも欠落、絶望と感じ、
そこから高みに手を伸ばす希望の素になっているのだと考える。


ハルユキの飛行アバターは意志の強さ、望みが生んだものだと
スカイ・レイカ―は考えているよう。
納得できないハルユキだが・・・。



スカイ・レイカーが車椅子を動かす力は心の力のみ。


「バースト・リンカーなら誰でも持っている

イメージ力。」

心意=インカーネイトシステム。



なんとスカイ・レイカーの足は切断されていた!
自身の欲望と傲慢のために足を失ったと言うスカイ・レイカー。
修行には時間がかかる。
ポイントを失うことになってもやることを決めるハルユキ。
その夜はスカイ・レイカーの家で休息させてもらうことに。
イメージすると口ができて食事をすることもできるのですね!



自分が足を失った原因をハルユキには聞く権利がある。
黒雪姫とつながりがあることをうかがわせるスカイ・レイカー。
空を求めたバーストリンカーと彼女のたった一人の親友の話。


翌日から早速、修行が始まるがなんと旧東京タワーの天辺から
ハルユキを突き落すスカイ・レイカー!!!
天辺まで登る。
今のステージは岩石なのでどんどん登っていくハルユキ。
しかし、もう少しというところで落下!


ステージは日ごとに変化して金属のタワーになる。
差し入れをしてくれるスカイ・レイカー。
手紙にはなぜ、途中まで落ちなかったのか、考えるように
とあった。
手紙は二日目まで。


イメージと黒雪姫の言葉「速さこと秘めた力」を思い出して
手刀に全ての速さをこめるハルユキ!!!
金属を貫けるようになって7日目、やっとたどり着いた!!!



語られる自分の足にまつわる過去。
誰よりも高く飛びたい。
飛行アビリティを限界まで使いこなし、レベル8まで到達した。
さらなる高みを求めるために軽量化に全てを注いだスカイ・レイカーは
自らの足を捨てることを決意したのだった。



狂気と傲慢の決意をただ一人、受け入れてくれたのは

「ブラック・ロータス。」

誰よりも強く優しいたった一人の友達。
けれど350m・・・旧東京タワーの天辺が限界だと思い知った。


「僕はもっと高く飛びたいんだ!」


届くはずがない距離に届くと、ハルはやりとけるとわかった。
オーバーライド・・・補助に過ぎないはずのイメージ制御系は意識から
強いイメージが発せられた時、プログラムの誓約をこえ心意が事象を
上書きする。


飛ばなきゃいけない!と強い決意のハルユキにスカイレイカーは
強化外装ゲイルスラスターを譲ってあげると申し出る。
リアルで待ち合わせをする二人。


「おはよう、鴉さん。」


受け渡しはショップを介さないなら直結で。
(チユリや黒雪姫が見たら動揺しそう。笑)



リアルのスカイ・レイカーは義足だった。
アバターはトラウマの裏返し。
スカイレイカーはそれを希望だと言って、快く自分に強化外装を
譲ってくれた。
本当の翼はスカイ・レイカーにこそ必要なものなのに。


涙をこぼすハルユキを優しいと微笑むスカイ・レイカー。
これは憐みじゃない。
涙は加速世界にも真実がある証。
そこがポイントの狩場にしか過ぎないのだとしても。


励まされたハルユキはきっと黒雪姫も待っていると叫ぶ。
絆は決して失われてはいないと。



ということで、なかなか涙腺を刺激される素敵なエピソードでした。
リアル・スカイ・レイカーさんも可愛いお姉さんでしたね。
いつか来る再会の日が楽しみです。
まずは能美に負けない戦いを!









fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/763-06113eb9






最終更新日  2012.07.29 15:54:58
コメント(2) | コメントを書く
2012.07.21
テーマ:アニメ!!(3762)
僕のただ一つの”武器”が・・・!
飛行アビリティを奪われたハルユキ!


「Destruction;崩壊」

秘密をばらされたくなければポイントを上納し続けろ。
理不尽な要求を出す能美に対戦を申し込むハルユキ。


*********************************



「僕の全てだ・・・。僕の・・・。」


悔し涙と喪失感と・・・。
(梶くんが絶望するキャラが多い、と言ってましたが(苦笑)、
めげないで頑張ってね!)


リアルで弱みを握ると能美はブレイン・バーストの世界でも
相手のアビリティ・必殺技・強化外装を一つ奪う能力を使い、ポイントを
カツアゲする。
ダスク・テイカ―・・・酷い奴です。


ここでいじめられているハルユキにはチユリ、タクム、黒雪姫が
います。
さらに今回はあのアッシュ・ローラーまでもがハルユキの良いライバルの
ように見受けられました。


つながり・・・タクムとは今、上手くいっていませんが、何とかしてくれると
いうつながりがあるのは良いことです。
リアルでも”いじめ”に対処する時、こうしたつながりが大事なのだと
実感させられました。



ダスク・テイカ―と戦闘状態になったハルユキ!
戦闘行為で正当にポイントをゲットしない能美はバーストリンカー
とは言えない!!!
糾弾するハルユキに加速世界では強気、と嘲笑する能美。


飛行アビリティで絡まった触手ごとポイントを奪おうとする
ハルユキだが能美の技、デモニック・コマンディアが発動!!!
ポイント・ゲージは減っていない?発動までタイム・ラグがある?


翼を出そうとするハルユキだが

「翼が出ない!!!」


衝撃!!!


「飛行アビリティ、いただきましたよ、有田先輩!」



技を奪うタイムリミットは無い。
毎週、ポイントを上納してもらえば卒業する時には
解放する。
今週分、がっつりポイントを持っていく能美。


リアルでもゲームでも格付けは決まった。
見ていたチユリにも酷い言葉を投げつけて去る能美。


たかがゲームなのに!
涙するチユリの言葉はもっともですね。
でも、「ブレイン・バースト」はハルユキを変え、タクムを変えて
しまうほど影響力が大きくなってしまったもの。
もちろん、能美、それ以外の人間まで。


授業中も放心状態のハルユキを見て心配になったタクムはハルユキの
家まで尋ねてくる。
せっかく親友だったあの頃の関係を取り戻しつつあって、そういう
気持ちでいたのに。


何とか真意を聞き出したいタクムの言葉に逆切れしてしまうハルユキが
痛いーーー!!!
ハルユキにとって今は翼を奪われたダメージのほうが大きくて、その責任を
タクムに転嫁しようとしているのですね。


チユリ、黒雪姫先輩も引っ張り出して恋愛関係を打算的に考えている、
攻め立てるハルユキを思わず殴ってしまうタクム。
帰り際、一言謝って出ていくタクムを見送るハルユキ。



外に出たハルユキはブレイン・バーストから足を洗う事まで考え始める。
能美に完全敗北したことが重くのしかかってくる。
とりあえずポイントを溜めて・・・バスに乗って緑のレギオンに入った
ところでバースト・リンクするハルユキ。


早速、やってきたのはアッシュ・ローラー!!!


「アッシュさん!!!」


アッシュさん!
そう呼ぶ仲になっていたのか!(笑)


アッシュ・ローラー・・・ちょっと英語が苦手とお見受けします!?
相変わらずバイクの装備に全部、ポイントを使って強化しているアッシュさん。
早速、勝負を始めるが翼が無いなりに戦おうと考えていたシルバー・クロウ、
為す術もなく叩きつけられる!!!
ダメージは少ないはず・・・が、立ち上がれないハルユキ。



不審に感じたアッシュはシルバー・クロウが翼を奪われたことを知る。


「立ち上がっても無駄ですから。」

アッシュは二回目の戦いの時、バイクのケツを上げて自分を戦闘不能にした
シルバー・クロウとの戦いを忘れてはいなかった。



アッシュは・ローラーは夜9時に無制限中立フィールドに来るようシルバー・
クロウに言い渡す。
疑問に思いながら時間通り、バースト・リンクするハルユキ。
旧東京タワー。



風が止むのを待ってバイクの後ろにシルバー・クロウを乗せて
壁面走行を始めるアッシュ!!!


「会わせてー人がいるんだ。」

アッシュ・ローラーの親にして、ICBMともイカロスとも
呼ばれた最も空に近いバースト・リンカー!!!
そう、ハルユキが現れるまでは・・・。


フライ・ハイ!!!
(ホールド・ミー・タイト、とかちょっと昔のポップスを思い出しちゃう。笑)
タワーの頂上は美しい草原、そこにある一軒家から車椅子に乗った女性の
アバターが出てきた。


「スカイ・レイカー・・・会えて嬉しいわ。」


という事で思わぬところから差し伸べられた手・・・ですね。
たかがゲームだから、と手放せない理由がここにもある。
リアルでは弱いままのハルユキだけど心はもう十分に人を動かせる
ほどの強さを持ち始めている。
もう一度、頑張って!








fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/753-2f6be842







最終更新日  2012.07.22 13:49:28
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.15
テーマ:アニメ!!(3762)
フィジカル・バーストはご法度。
でも、今、使わなければ!!!



「Arrestation;策略」


剣道部の能美征二はバーストリンカーなのか?
黒雪姫が修学旅行でいない間、ハルとタクムは自分たちだけで
調査を開始する。

しかし、ハルたちが自分を警戒していることに気づいていた
能美は逆にハルを、さらにチユリまで脅して!?



************************************



「ブレイン・バースト」は自分を変えてくれた。
友人も、世界も変えてくれた。


チユリが「ゲームは遊び、楽しむもの」という認識を改めるのに十分な
ほどのリアルへの影響力。
チユリは常に「昔の三人」に戻りたくて、脳内フィルターを掛けがちですが、
まずタクムが「ブレイン・バースト」によって変わってしまったことを
再確認しなければならないと思います。
ハルが昔のハルでは無いこともね。


全てが良い方向に変化するわけではない。


能美征二・・・黒い!!!


まだはっきりとした目的は分かりませんが、ここまでしてポイントを
稼ぐ”下僕”がどうして欲しいのか。
手に入れているマスキング能力の全貌はどういうものなのか。
調べている間にハルとチユリは罠に落ちてしまいました!



ハルユキの部屋は完全に皆の本拠地になっていますね。(笑)
冷凍ピザの食事では納得できず、母特製のラザニアを持ってきた
チユリ。
何故か


涙目のタクム!!!


ここで新OPですね。
これから出てくるキャラがたくさん出ていますが絵・歌は好みのタイプ♪
タクムと能美の剣道の試合シーンの動きが良いです!


「Burst The Gravity」 歌 - ALTIMA

メンバーの黒崎真音嬢は個人名義で「薄桜鬼 黎明録」のOPも歌って
いるので今期、二曲。
ちなみにEDは

「ユナイト」 歌 - 三澤紗千香
黒雪姫、この歌でCDデビューです。
アバターVSリアル対決!な映像です。



タクムとの試合で能美は絶対にブレイン・バーストの力を使っていた。
けれどマッチング・リストには名前が無かった。
マスキング能力については置いておいて、タクムは自分の目の前にあった
お茶でその力を再現してみせる。


その力とは・・・

フィジカル・バースト・・・ 意識を肉体にとどめたまま10倍に加速するコマンド。
バーストポイントを5ポイント消費する。
持続時間は現実時間で3秒、体感時間で30秒。
(WIKIより。)


タクムがかつて自分も使っていた力、と激しく落ち込んでいます。
チユリ、ハルユキがタクムを一生懸命庇ってくれてますが、
タクム、・・・


「能美の事は僕が何とか部活中に

調べてみるよ。」・・・キラーン!!!きらきら



自虐キャラが板についてきた!?(笑)


黒雪姫が修学旅行に出る前の領土戦も無事に終わる。
部活中のタクムはログアウト。
ハルユキは能美のことを黒雪姫に打ち明ける。
修学旅行を欠席しようと考える黒雪姫をなだめてタクムと
二人で何とかしようと考えるハルユキ。


フィジカル・バーストの力はネガ・ネビュラスではご法度。
ハルユキは5P喪失する代わりに得る力にはあまり興味を
示さなかったが・・・。
黒雪姫のお土産は希望したとおりの旅行の画像ばかりで
ハルユキの下心玉砕!(笑)



タクムから能美の三つ上の兄が学校に在籍していた情報が
メールで送られてくる。
果たして能美は本当にバーストリンカーなのか?


能美は自分がハルユキたちにマークされているのを知りながらあえて
力を使って挑発する。
シャワー室に移動する能美を尾行するハルユキ。
男子シャワー室に入って、能美の荷物のニューロリンカーを探ろうと
したところが・・・


チユリの荷物・・・女子シャワー室!!!


他の女子が入ってきたので慌ててシャワー室に押し込められるハルユキ!!!
チユリのボディがー!!!
何とかうまくごまかしてもらってシャワー室を出たハルユキ。
能美に視界をすり替えられた!!!
一体、いつ!?


この事を内緒にしようとするチユリ。
タクムに打ち明けようとするハルユキだけど、チユリの恐怖!!!
その後、能美に中庭に呼び出されるハルユキ。



行ってみると約束通り能美は待っていた。
ゲームオーバー・・・ハルユキがシルバー・クロウということも
知られていた。
対戦する必要なんかない。
能美はなんとタクムから送られた写真メールにハッキングして
視界マスキングの罠を仕掛けたのだ!


さらにシャワー室に隠しカメラを置いてハルユキが女子シャワー室に
入った画像も隠し撮りされていた。
やってきたチユリはハルユキを庇って、自分が呼んだ、と証言すると
立ちはだかる。
が、先に隠しカメラの存在を公にし、その後、ハルユキの画像を流せば
庇いようが無い、そこまで周到に罠を張っていた能美!



いい加減、お遊びのゲームと思わないこことだ。
能美はハルユキをポイントを稼ぐ下僕、チユリをギャラリーに
入れて愛玩道具扱いすると言う。
拘束したチユリに直結コードを入れようとする能美に、
ハルユキ、


フィジカル・バースト!!!


同時に発動した能美と拳の戦いになったハルユキだがフェイクを
織り交ぜた能美の攻撃にかなわず倒されてしまう。
ハルユキを足蹴にした能美はここでバースト・リンク!!!
触手を持った奇怪なアバターがシルバー・クロウの前に現れる。


ということで、まずい事になりました。
ハルユキ、チユリ、共にリアルで脅迫されてしまいましたね。
残るタクムも一人では立ち向かうのは難しそう。
突破口はどこに?
アバターも強そうです。










fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/743-1b1d1723






最終更新日  2012.07.15 15:30:54
コメント(2) | コメントを書く
2012.06.30
テーマ:アニメ!!(3762)
信じたい。
加速世界だけじゃない、絆を、信頼を!



「Absolution;容赦」

あらすじは公式からです。

突如出現したクロム・ディザスターの圧倒的な力の前に、撤退を始める
黄のレギオン。

敗北への恐怖から戦いを諦めたシルバー・クロウにブラック・ロータスの
檄が飛ぶ。
一度、ダイブしたなら後は戦うのみ。



********************************



ネットでの付き合いもここで言うところのリアル割れ=オフ会や
イベントで実際に会うことになると親密さは一層、増すものです。


ハルユキは加速世界では誰よりも早く動けるようになり、自信を持てた
はずだった。
けれど、そちらでも戦績やレベルはリアルと同じように存在する。
いつの間にかハルユキは両方の世界で、劣等感を感じるようになって
しまっていたのですね。

恐れるべきは信頼の喪失。
かつてチユリ、タクムに劣等感を感じ、いつの間にか距離を置くように
なっていた自分。


けれど黒雪姫はリアルでのハルユキも信じ、愛してくれている。
何よりも失敗や失態で損なわれるようなつながりではないのだ。
親と子ならなおさら。



黄の王はさすがレベル9だけあって、幻覚で致命傷を逃れていたのですね。
撤退していく黄のレギオン。


黒雪姫、あるいは赤の王を援護してジャッジメント・ブローを撃つ手筈を整える。
クロム・ディザスターの戦いぶりを見て自分にはとてもできないと自信を失う
ハルユキ。


しかし、果敢に攻めていくブラック・ロータス!!!
怯んでいるハルユキを叱咤激励する!
負けることで自分の価値が下がると思っている。


「絶対に君を見放さない!!!」


その程度で壊れる絆なのか?!
逃げることを勧めるハルユキにこの戦いは意地だと言って刃を振り続ける
ブラック・ロータス。
もう退くことはできない。


「相手が誰だろうと戦闘あるのみだ!!!」


加速世界に飛び込んだのは自分の意志。
それなら結果を恐れず戦い抜け!
勇気を取り戻すハルユキ=シルバー・クロウ!!!
ここは一度、リーブ・ポイントに戻るべき。
そう判断した二人だが、なんとクロム・ディザスターごと
ブラック・ロータスはニコ=赤の王の砲撃を受けてしまう!!!



仲間?


「甘ったるくて反吐が出る!!!」


信頼?仲間?
そんなものこの世界には存在しない。
誰だろうとバーストリンカーは敵!!!


元の姿に戻ったクロム・ディザスターに近づくニコ。
黒雪姫はそれがニコが拗ねているだけ、何よりも求めているものだと言う。
「信頼」、「仲間」。



そう、スカーレット・レインとチェリー・ルークは親子なのだ。
ハルユキに行って、援護しろと促す黒雪姫。


シルバー・クロウが駆けつけてきたので驚くスカーレット・レイン!

「だって、仲間だろ!」

だからこそ、ブレイン・バーストの呪いから彼を解放できるのは君だけ!!!


クロム・ディザスターはリーブ・ポイントに向かって逃げていく。
脅威の跳躍力!!!
翼で追うシルバー・クロウはクロム・ディザスターがワイヤーで
飛んでいくことを発見し、さらに加速!!!
ワイヤーの取り付け先を自分に絡ませ、引っ張り上げる!!!
キック!!!



落されたクロム=チェリーの声が響く。
強くなりたかった。
でも、だからって何でもしていいとは言えない。
スカーレット・レインがやってきた。


「後は任せろ。」


撃つスカーレット・レイン。



スカーレットとチェリーは遺棄児童養護施設で育った。
愛など知らなかった二人は加速世界でさらに信頼と友情を深めて
いったのだ。
しかし、実力で先行していくニコ。
焦りを感じたチェリー・ルークはその焦りを黄の王に利用されたのだった。


「アイツはずっと私の親でいたかった。」

自分がたった一言でも言ってやれば・・。



戻ってきたブラック・ロータスとシアン・パイル。
無制限フィールドのステージが時間で緑の大地に変わっていく。
ストレージにクロム・ディザスターの記憶が残っていないことを
確認してリーブ・ポイントに向かう四人。
しかし、


「喰いたい・・・」


ハルユキになにか声が?



不調を脱して戦いに戻ったハルユキ。
家に戻るとニコがまた同僚の子と偽って入り込んでいた!!!


チェリー・ルークは福岡に引っ越すことになっていた。
だから加速世界でのつながりを失いたくないと余計に焦っていた、と
その後を報告するニコ。
今度は長く楽しめるゲームを。
喜んで提供するハルユキ。


ニコからはまさかのお礼のクッキー!
友情はリアルでも失われなかった。
涙を流して喜ぶハルユキにとまどうニコ。



という事でクロム・ディザスターの始末は終わりましたが
ハルユキがどうも憑かれそうで嫌な感じですね。


人の信頼、友情。
加速世界ではなくリアルで手にすることができたハルユキ、そしてニコ。
満たされなかった二人が加速世界という殺伐としたゲームで手にしたものは
強いつながりでした。
ネット世界では様々な感情が行き交っていますが、より強い素敵なつながりも
手にできる。
レベル10を求めるライバルでもあり、友達でもある。
自分の心持次第ですね。









fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/722-3b33a2e7








最終更新日  2012.07.01 00:02:29
コメント(0) | コメントを書く

全56件 (56件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.