9783661 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おぼろ二次元日記

PR

全165件 (165件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >

鉄のラインバレル・FAIRY TAIL・弱ぺダ

2015.03.31
XML
テーマ:アニメ!!(3783)
空はこんなに青かったんだ・・・。
勝負の終わりに見えた景色。



「WINNER」

チームのジャージを届けるためにペダルを回す坂道と、最後の力を振り絞り
山頂を目指す真波は、全力のラストスプリントへ。
インターハイ、遂に決着!



**************************************



終わってしまった・・・。(涙)


後日譚とか、さらなる決意とか、おまけ風味を入れてくれるかと思ったのですが、
綺麗に坂道くんの望みがかなって(笑)終わってしまいましたー!
来週から、アニぺダが無いのだと思うと本当に寂しいです!



ともかく、ラスト・バトル!
坂道くんと真波くんの決着がつきました!!!


巻ちゃんと東堂さんの時のように・・・

勝者は空を仰ぎ、敗者は項垂れる・・・。


瞬間、坂道くんが勝ったのだと分かりましたね。


優勝・・・176番、小野田坂道選手!!


届いた!僕達のジャージ!!!


しばらく走り続ける坂道くんと真波くん。
全力を出した感の真波くんの表情にぐっとくるものがあります。(;;)

「出しきったよ。もう、何ものこってない。
おめでとう。勝ちだ。キミの。」


あううう・・・

もう握手をする力も無い。


「キミと走れてよかった。」


肩をぶつけ合って健闘をたたえる二人が良いですね!(号泣!)


駆け寄ってくる総北サポートメンバーの皆さん・・・
特に

坂道くんを抱きしめる手嶋先輩に胸熱!!!


そうか・・・こんなに空が青かったのか。
坂道君もですが、私もIHが始まった江の島から箱根までの三日間、美しい青空、
海、緑の山の風景を堪能いたしましたわ♪


ずっと走っていたから。
靴や手袋を取ってもらって介抱される坂道くんを見て、一人感動を噛みしめる
幹ちゃん。
頑張ったね!!!


後続の選手たちがゴールしてくる。

福ちゃん!東堂さん!

さすが、箱学、3位を取りに行った巻島先輩をかわして3,4位を
取りましたね!
巻ちゃんはお疲れモード、送り出してくれた今泉くんと5,6位でゴール!
でも、アイツが取ってくれた!!!

バイクを投げ出してジャンプする巻ちゃん!!!


坂道くんに抱き着き!!!
こんなに熱い巻ちゃんは初めて見たかも!?
そして、今泉くん!


高い、高い・・・お父さんですか?(笑)


途中で投げ出したくなった。
坂道くんが、投げ出さない男だって皆、分かってるんだね。
そして、必ずやり遂げる男なんだってことも。


山中湖の救護所にいる金城さんと鳴子くんも涙が止まらない!
出てくる言葉も「小野田!」しかない!!!
金城さんも高校生だね。(^^)


対して、箱学の荒北さんと泉田くんもテントの中。
悔しさを抑えられない泉田くん。
やりきった感がある荒北さんだけど、福ちゃんの事を考えるとやっぱり
悔しいよね。(;;)


サポート・メンバーを讃える田所さん。
T2の無念の気持を受け止めてきたんですものね。
坂道くんが落車した時も、田所さん自身が二日目リタイア寸前になった
時も送り出してくれたのはT2。
応えてあげることができて本当に良かった!



ステージでは表彰式の準備が始まってる。
坂道くんは不慣れなインタビューに四苦八苦。(^^)
15cmのステージに皆で登るためにここまで来た。
金城さんは、鳴子くんは・・・。
ここにいないことが無念の田所さん。



さて、箱学のテントは誰も近づけない雰囲気。
表彰式だ、と気後れしないで入っていったのは真波くん。

「涙がたくさん出たので、おさまるまで
景色見てました。」


うわーん!!!
まだ、涙が・・・


ジャージを締めていれば勝てたんじゃ、とか(^^ゞ)ギアを上げなければ
勝てたんじゃ・・・とそう思ったりしたのはともかく・・・


真波くんの全力をもってしても勝てなかった。
レースは終わってしまった。
福ちゃんも東堂さんも真波くんの涙で全部、分かっているから振り返ったりは
しないんだね。



真波くんの中にも「チームのために走る事」がちゃんと芽生えてる。
負けて、王者の称号を取り戻すために必要なものが何か、真波くんが
分かっているならそれで良いのでしょう。


「真波、おまえに来年その地位を奪い返そうという
強い意志はあるか!!」


「はい!」


自分達は卒業する。
真波くんがそれを忘れさえしなければ。
自分達とは違う意志で天辺を取りに行った総北には惜しみない拍手を。
箱学の皆さん、潔いです!



表彰式。
全員で登りたかった・・・と躊躇する田所さんの目に一台の車が・・・!

金城さんと鳴子くんが来た!!!


良かったー!
ジャージを着た6人が手をつないで表彰台に上る。


ゴールじゃないけど、鳴子くんの願いがかなって

嬉しいですー!!!(感涙)



鳴子くんの夢があったからここまで一年生が奮闘した・・・とも言えるもんね!

優勝カップ、花束・・・皆の笑顔が眩しい・・・


巻ちゃんがまさか泣いてるなんてーーー!!!


だから良いんだよねえ!巻ちゃん!!!(^^)
いつもクールで、冷静に状況判断ができる巻ちゃんだから、優勝の可能性なんて
信じていて、だけど、信じていなかったんだろうね。



救護テントの中で起き上がらない一人・・・

御堂筋くん!


燃え尽きたんだね。
けど、また勝負はここから!



大会は終わり・・・


総北高校自転車競技部の今日のメニューは優勝の立役者、坂道くんの好きな
コースを走る!こと!


どこに行くのかと思ったら


予想通りのアキバ!!!


分かってる感がある鳴子くんと今泉くんに対して3年生がキョドってるのが
可笑しい!


坂道くん、水を得た魚のように先輩達に似合うアイテムを選んであげて
ますね!
金城さんには大仏仕様のグッズ!
田所さんはもちろん、ヒメヒメぺったんこ♪CD!
巻ちゃんにはクモタロウ、10匹!ひええ!



買い物が終わって帰路に着こうという皆さんに・・・

「差し出がましいかもしれませんが。
あの・・・さ、さき程の先輩方へのあれは、
ボクからのプレゼントです!!」



アニ研の夢が無くなって、一人だった自分の可能性を引っ張り出してくれた。
先輩と仲間、友達ができた。
坂道くんの世界は大きく広がったんですものね。
みんながいなかったら今の自分はここにはいない。
坂道君が自分で選択したとはいえ、人生の転機はどこに落ちているのか分からないもの
ですね。


さあ、また道を進めよう。
総北の魂を受け継いで!



ということでIHの決着まで2クールかけてじっくりと、そしてスピード感溢れる
作画で楽しませていただきました!
原作派のお友達情報によると、アニメは時系列の違いがあったり、台詞の取捨選択が
あったりで思う所はあったようですが、アニメ・オンリーの私としては中だるみは少々、
感じたものの、作画の素晴らしさにただただ圧倒される作品であったと思います。



原画展に行きましたが、自転車部分はやはりCGメインで、顔や身体が別に動くよう
原画に指示がされていました。
実際に自転車に乗っている人間の身体の動きとか、勝負を決める時の表情とか、
スタッフの丁寧なキャラ描写とハイスペックなバイクのCG描写が見事に融合した
まさにハイケイデンス!を感じる「アニメになって良かった!」作品ですね。



作画もですが、正統派な熱いスポーツ作品は男の子の闘志をかき立てるもの!
声優さんもチーム一丸となって作品を応援し続けた、内なる力をがっつりと
表現してくれました。
新人の山下くんはまさにリアル坂道くんで、これからの活躍を大いに期待しています♪



個人的には、IHあたりからハマりにはまって、アニメイト・カフェ、ナンジャタウン、
サンシャイン展望台、オンリー・ショップとありとあらゆるフェアに参戦してきた気が
します。(^^ゞ)
弱ぺダの絵は独特の個性があって、万人受けする絵とは言えないし、全員がかっこいい!と
いうわけではないのですが、惹きつける魅力がたくさんキャラに宿っています。



ただひたすらペダルを漕ぎ、ゴールを目指す自転車レースにこれだけのドラマを
盛って面白い作品に仕立て上げる。
キャラ一人一人の魅力の成せる技、と実感しました。



3年生は卒業してしまいますが、果たして総北の3人の願いはかなうのか。
以降もぜひアニメ化していただきたいと思います。
スタッフ、キャストの皆様、ご苦労さまでした!


EDカードは女子の皆さん・・・御堂筋くんのおかあさーん!!!


********************************************




アニメが終わった今日、31日でカラオケの鉄人×弱ぺダのコラボも終了します。
最後にもう一度・・・と思って所用を済ませた後、行って2杯いただいてきました♪


カラ鉄37


また手嶋先輩が来たーーー!!!(^^ゞ)


安定のT2引きがまた炸裂です!!!
(この間の町田でも引いたんじゃ!!!)

坂道くんがゴールした瞬間を思い出して、ぐっと来ました!
カラ鉄さんにもお世話になりましたー!



fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1869-148d4f95









最終更新日  2015.04.01 11:04:03
コメント(4) | コメントを書く


2015.03.24
テーマ:アニメ!!(3783)
ここからが最後の勝負!
二人のラストクライム!!!


「約束の道」

あらすじは公式からです。

総北全員の想いを託された坂道はただ真っ直ぐに突き進む。
一方、真波も頂上を目指し、逸る心と共にギアを1段ずつ上げていく。



**************************************



後、何メートル・・・で最終話の前まで来てしまいましたー!
「坂道を見ると笑顔になるんだ。」
そんな二人の最後の勝負、アドレナリン出まくりで、こっちも思わず
手に力が入ってしまいます!


先日、真波くんと同じメーカーさんの真っ白なロードで激坂をシャツ&ズボンの
学生服で登っている男子高校生がいまして、車を運転しながらつい注目!して
しまいました!!!←わき見運転は止めましょう。(^^ゞ)
ああいう風にかっこ良く登りたくなるよね!



ギアを10段目まで上げて、勝利を確信する真波くんだけど、さすがに疲労が
増して、思うように進まなくなってきてますね。
辺りの風景までが暗くなっていく・・・。



ここの彼の発想が、病気を克服した、自転車に乗れるようになった・・・
進化する過程での障壁と前向きにとらえる精神構造がすごいですね。
これも逆境=マイナスからスタートしているが故の強さなのかもしれませんね。



新しい翼が出たーーー!


思わずヱヴァを思い出してしまったーーー!
身体は痛い、軋んでいるけど心は一番、逸ってる!!!


「痛た華やいでるって感じだ!!」


わはは!きーちゃんを思い出しちゃった!
悔しくて楽しい!みたいな!(^^)
行ける!と確信する真波くん!




真波くんが進化してトップを激走しているのを救護車で聞いているのが御堂筋君。
ねっとりとした凄みにこちらも磨きがかかってます!?
自分が最後にマークした二人。


御堂筋くんと真波くんが勝負で求めるものは同じだから、「~のために」という気持ちを
原動力に走る坂道くんのキモさのほうが御堂筋くんには不快で、石垣さんと同じニオイを
醸しているんだろうね。
だから強い=キモい。
真波くんも用心しないと。



真波くんの背中を必死で追いかける坂道くん!
すでに真波くんが違うベクトルで走っているのに(「さよならだ」って決別してたからね。)
一途に真波だけを追いかけている。
そういう気持でいたから、真波くんの背中が見えれば


笑顔になるのは当然!


ある意味、勝負とは違う執念を感じて怖いーー!(ごめーん!^^ゞ)
足が回る!
ペースが上がる坂道くん、コース取りも滅茶苦茶でボードにぶつかりながらも激走!!!



決別したはずの彼が追いかけてきてさすがに驚きを隠せない真波くん!
でも、すぐに勝負モードに切り替えですね。


「キミはそうやって速くなるのか!!」


”キミ”がまさか、「恋のヒメヒメぺったんこ」で追いかけてきていることを
知ったら、思い切り脱力しそう!?
ともかく追いついた!
ここからが勝負!




で、それを見守る皆さんのターン。

青八木くんがしゃべったー!!!(^^)


思わず皆を誘導せずにはいられなかったんですね!
手嶋先輩も坂道くんの力を信じてる!


ゴール下で待っているのは委員長と坂道母。
ノーマルカプでは真波&委員長は好きなカプです。(笑)
真波の天然タラシはどうしようも無いけど、委員長のツンデレがタイミングを
全部、逃しちゃってるんだよねー!
一緒に自転車で走ってあげればいいのに残念過ぎる!!!


でも、それで応えたからって、真波くんが見ている方向は多分、変わらないだろうし、
委員長ちゃんが分かっているのが胸キュンなんだなあ♪


「私の事なんかちっとも見ていない」


ってね。


だけど、ちゃんと分かってる。
「生きてる」って真波くんが自転車を通して証明したいことを。
一瞬の声援に笑みを浮かべる真波くんがいいね!



坂道くんの応援はお母さん!(笑)
やっと気づいたよー!
大事なものを託された時の息子は一味違う!
それが分かっているから、今、息子は最後の大勝負に挑んでる!
坂道くんもお母さんに似た声がしたから「はいっ!」って良い息子だー!!!



救護所で実況を聞いているのがアブくんと・・・

黒タンクトップ姿で全部、持っていった荒北!!!


せくすィーーー!!!
脱力感が溢れているところも美味しいですわー!!!
胸の筋肉が美味しいところもがっつり描かれていて、さすがスタッフさんの
力の入れ具合が見事に表れています!!!(鼻息!)


自分が引っ張り上げた二人がまさかゴールを争っているなんて。
「小野田ちゃんは置いてくれば良かった」なんて言ってたけど
心のうちでは嬉しかったんだよね。
二人がどこまで行ってしまうのか分からないくらい未知の力に溢れて
いたから。



金城さんと鳴子くんも興奮を抑えきれない!
特に鳴子くん、出血がー!!!



のんびりモードの新開さんと田所さん。
激坂に魅力を感じるか、直線に魅力を感じるか。
それは人それぞれだね。
自転車乗りはバカで純粋。
ひたすらペダルを回すだけの純粋で、単純なスポーツをここまで熱くして
興味を持たせてくれたのはこの作品ですよ。
それを二人の会話から感じ取ることができましたわ。



さて、勝負はトップ争いだけではない!
3位を取るために先行する東堂さん!!!


「オレは史上最強のチームを作った!!

掴め真波!!おまえならできるはずだ!!」



福ちゃん、自身の成績よりも箱学が勝つ事が一番なんだね。
「オレは強い」から「オレ達は強い」へ。
2日目の金城さんとの勝負以降は目立たなかったけど、福ちゃんの望みは
金城さんとの勝負と優勝だから、後は勝てばいいだけのことなんだ。



激走する坂道くんと真波くん!!!
山頂を、ゴールを獲るのはどっちだ!!!
車輪がゴールを越える!!!




と、いうところで次回に決着!となりました。
もしも、真波くんが福ちゃんの言うとおり、ギアを8枚に留めておいたら
足の疲労もほどほどで坂道くんに追いつかれることは無かったかもしれないですね。
でも、それでは多分不完全燃焼に終わる。
悔いの無い走りを選択した結果ですね。



Cパートも皆の思いが伝わってくる!
感動したー・・・んだけどCM背景、ついに坂道くんの眼からもビームが
出てしまったー!!!
逃げて、真波くん!!!(笑)









fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1865-f51e87aa








最終更新日  2015.03.25 07:08:37
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.10
テーマ:アニメ!!(3783)
見えた、掌の中の色が。
幸せの色。



「91番」

あらすじは公式からです。

何度もアタックを繰り出す御堂筋と、それを抑える今泉。
二人のバトルが加速する中、レースは富士あざみライン唯一の大下り区間へと突入する!



*************************************



御堂筋くん・・・。(;;)


ついに今泉くんとのバトルが終局を迎えました。
ああいう形になってしまうとはね。


弱ぺダのキャストさん達のほとんどが自転車にはまってアチコチお出かけに
なってらっしゃるようで(^^)、キャスト・トークで経験談を話してくださると
アニメを見ていて「ああ、そういうことか」と思う事がありますねえ。



御堂筋くんは二日目で仲間のことごとくをそぎ落とし、最後は石垣さんだけを
アシストにしてここまでやってきた。
たった一人の強さは認めるところだけど、前に一人置いて風よけになってもらうだけで
負担は大きく変わるそうですね。


筋力・体力だけじゃない。
空気、温度、全ての条件が身体のあちこちから力を奪っていく。
それを温存しながら走る事もレースでは大事な要素になる。
御堂筋くんがこのIHで学んだものは今泉くんとは違う意味ではあるけれど
同じくらい大切な事になったのではないかしらん。
個性は絶対、変わらないと思うけどね。(笑)



さて、富士山五合目に現れたのは坂道母と委員長!!!
話が全くかみ合っていない・・・というか坂道くんのお母さんが
電波過ぎるんだけど、電波なだけに・・・


恋バナセンサーが鋭い!!!(^^)


いつの間にか息子自慢、幼馴染(本当は彼と言いたい)自慢になってるー!!!
因縁の二人と知れば、これはもうポカリがつなぐ運命ですね♪
(コラボしているポカリCM!)



坂道くんには「何かの役割を任せられるといい」と話すお母さん。
初心者だし、優しい気質の坂道くんには今年はそれでいいかもだね。
でも、来年は後輩も入って来るし、自分で考えて、自分で動けるように
しないと。



何があっても先頭は譲らない!!!
勝利を信じる今泉くん、まさかの

メカトラブル!!!


いやー、ここで落ちるのでは、と思ったけど気持で怯まない強さは
本物ですね!
フレームならまだ走れる!!!


二度、レースを投げた。
でも金城さん、仲間たちと全てを分かち合ってつないだジャージを自分は
着ている。
何があっても、負けるわけにはいかない!!!
御堂筋くんの全身アタックにもひるまない強さ。


今泉くんが折れないのを見て、まだ何か足りないと実感する御堂筋くん。
髪の毛を切っても、まだ足りない。(^^ゞ)
だけど・・・約束だから


「前へ進むんや。」


ぐおー!ここでお母さん話ですかあああ!(涙)


レースの後は抜け殻のようになった。
でも、終わる直前に感じる黄色い幸福感。
病院でお母さんに会った時に感じる時の色と同じ。
幸せの色。


何と左足が!!!
黄色いジャージが前に進んで、背中が遠のいていく・・・。
御堂筋くんが恋しく思う色が総北のジャージの色とは皮肉ですね・・・。



片足だけでも、と執念を見せる御堂筋くん。
何故かこんな時に石垣さんのことを思い出した!?


「御堂筋・・・おまえは純粋すぎる。

純粋すぎる思いは時に人を、自分を削る。

だから、どうしようもなくなった時のために、この言葉を送る。

もしもの時、思い出してくれ。御堂筋。

おまえには未来がある。結果は必ずいつか報われる。」



石垣さん、できたお人だー!!!(号泣)


自分を削って、削って、燃え尽きる瞬間に幸福を感じる御堂筋くんの
危うさを2日目のリタイア事件で気づいたのかもね。
全てを投げ打ってレースに臨んでいるからこそ、真っ白に燃え尽きた後、
それが敗北の後だったら?


未来がある。
続けて欲しい、と願う石垣さんの思いに感動です!
それを「キモッ!」と答える御堂筋くん・・・。


脇の草むらに倒れ込む御堂筋君・・・。



落車の声を聞いて、自分が御堂筋くんを倒したことを実感する今泉くん。
残りは2700、勝てる!!!


と思ったら、風が・・・


白い翼・・・真波くん!!!

「やぁ、やっと追いついた、今泉くん!」




いやー、この沖田くん的いっちゃってる感(私個人の定義付け。笑)が良いですね!!!
王者がこのまま引き下がるはずが無い!


「オレたちは強い!!」



おおー!福ちゃん、オレ達と来ましたか!



やっと箱学エースの出番ですね!
破損したフレームで今泉くんが先頭をキープするのは難しい。
必死に追いかけてきている坂道くんが鍵になりそう♪



Cパート・・・


「尽くすぞ」・・・オレ達の全力!!!
で、金城さん仕様のグラサンをかけて子供ランドの乗り物アトラクションにも
手抜きをしない今泉くんと坂道くん。(^^ゞ)
自転車もまあ、形から・・・なのかもだけどこれはねー。


CM背景・・・ちょっとーー!!!御堂筋くんのママに謝りなさいよおお!(笑)









fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1859-c0670ae3






最終更新日  2015.03.10 18:00:39
コメント(0) | コメントを書く
2015.02.17
テーマ:アニメ!!(3783)
僕がエースを守るんだ!!!



「一歩一歩」

あらすじは公式からです。

ゴールまであと10km。
先頭を狙う御堂筋と、それを抑えるべく実力を発揮し始めた真波の激しい闘いが
繰り広げられる。
一方、坂道も巻島に想いを託され…。


***************************************



総北、箱学、ともに当初のプランではない、想定外のレース展開になっている中、
唯一、「計画通り!」(笑)なのが京伏というのが興味深いですね。
それだけチームの中で突出した力を持った御堂筋くん。
石垣くんや東堂さんが認めた通り、彼だけが規格外で、彼だけが優勝を狙うレベルでの
戦術、戦略を展開してきたわけですね。


ここに至るまで、優勝候補の両チームの戦力をそぎ落とす。
使えるものは何でも使え!という感じで御堂筋くんの予想通り、エースクライマーの
消耗はありがたい!の一言に尽きるでしょう。
しかし、「想定内」じゃないコマが各校に一人ずつ。


箱学はまさかの真波くんが二番手!!!
レースを応援中の箱学部員の皆さん。

黒田くん!!!


真波くんとIH出場を懸けた勝負の時は茶髪でしたが(お友達情報によるとゲームも
茶髪。笑)

原作通り、銀髪になってるー!!!


リタイアしたお兄さん@石垣君(^^ゞ)に代わって、次は弟・ノジケンくんの
出番です♪


真波くんの加速は追い風に乗ってという分析で、翼が出る!というのは
良くあるぶっ飛び技では無い捕捉がされていましたが、要は”気を逃さない
加速”と考えるのが良さそうですね。
まあ、どんなぶっ飛び技が来ても、今さら驚いたりしないですけど。(笑)


「勝負、やろうよ!!!」


ギリギリ勝負を求める真波くんのイッっちゃってる系が良いなあ!!!


御堂筋くんも嬉しそう!!!
純粋に戦いを求める真波くんはザクじゃない!


黒い翼が出たーーー!!!


追いついてきた御堂筋くんに対して、瞳を輝かせる真波くん!




その二人を一人、追っていく坂道くん!
まさか、自分が総北のジャージを背負って、エースを守るという大役を
負かされるとは!


言われたことをきっちりやる坂道くん。
時に自分の思考を投げ出しているんじゃないか、と主人公としては???
な感じがしたりするんだけど、彼は誰よりも自分が”初心者”だって分かって
るんだよね。
自分の判断が正しいのかどうかなんて経験値が0に等しい彼が先輩たちに
指示を仰ぐのは当然の事。



そんな自分が一人で行かなくちゃいけない恐ろしさ。
奮い立たせる言葉は金城さんの「お前が支えろ」、それから「エースを守れ」。
巻ちゃんも教えてくれた。
二の腕が白くて細いですわ、巻ちゃん♪


「山頂ゴールのトップを取る事っショ!」


坂道くん個人の闘志にも火が付いたかな!?
ケイデンスを上げる坂道くん!
何としてもまず、御堂筋くんと真波くんに追いつかなくては!



後に残されたトップクライマーの二人。


疲れてます・・・。(^^ゞ)


田所さんと新開さんはもう少し和みサイクリングモードだったですよねー。
それに比べるとさすが山道、疲れてます。


で、回想シーン・・・


お父さんの「ウチの息子は・・・」自慢ですかああ!?(^^)


東堂さんが福ちゃんが言った「後ろに置け」、荒北さんを使ってまで集団から
助け出した意味を語れば、巻ちゃんは坂道くんの予想外のハイケイデンス物語を
熱く語る!!!
落車したって必ず言われたことを守る男。
必ず追いつく!


「一歩一歩確実に上っていく男!」




さて、先行する今泉くんは福ちゃんの前を行く!
追って来ている選手を感じていますね。
”もう一人”・・・表情が優しいよ、今泉くん!!!(^^)


「追いつきました!!!」


さすがの二人も超・びっくりですね!
だって真剣勝負で登っていたんだから!!!


必ずエースに追いつく、守る!
そのためにここに来た。
けど、追いついたことが嬉しいだけじゃない。
御堂筋、真波と一緒に走れることが嬉しいんだ!と笑顔を見せる坂道くん!
エースのところには行かせない!!!


「キモッ!!!」


坂道くん、笑顔が真波くんと同じニオイがしてきましたー!
戦う男の本能が溢れてきたね。
その純粋さはIH二日目の夜、薬屋までの勝負では感じられなかった
ニオイ。
御堂筋くんも認めたザクじゃない総北のメガネ!


なんと坂道くん、


御堂筋くんの前に出たーーー!!!


後ろからそれを見ていた真波くん、嬉しそう!

「これが君の本気!」


ということで追いかける3人が闘争本能そのものをむき出しにして
走る状況になってきましたねえ。
これは先行するエースも食い尽くす勢いかもしれません。


ここからゴールまではずっと登り。
余力があるのは誰でしょうか!?


Cパート。
遅刻&財布を忘れた!という真波くんを注意する東堂さん@掃除中。
けど、

「東堂さんがいなくなったら・・・」

真東クラスタ、死亡(腐)!!!←私も!!!(最近、はまった!!!)


あとで創作サイト様、巡回してきまーす!(爆)


CM背景は坂道くんのフィギュア語りについていけない巻ちゃん!
まあ、巻ちゃんは三次元のほうが好きみたいだからー。(^^)







fc2サイトはこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1846-8878d391









最終更新日  2015.02.17 15:00:51
コメント(0) | コメントを書く
2015.02.10
テーマ:アニメ!!(3783)
空気、風、光、全てを身体で感じる。
オレ、生きてる!!!



「箱根学園ゼッケン6番」

あらすじは公式からです。

エースの意識とチームを背負う覚悟から、覚醒を果たした今泉は、
福富を力でねじ伏せにかかる!
一方、坂道・巻島・東堂・真波の前に、沈んだはずの御堂筋が現れ…。



**************************************




思わず

「立て、立つんだ、ジョー!!!」


と叫びたくなるような、石垣くんが真っ白に燃え尽きた前半でした!
いやー、ほんとご苦労様でした!


「捨てたんや。」
プライドも何もかも。


「勝利への執着」は御堂筋くんから余計なものをそぎ落として、ただただ、勝利に
向かってばく進する原動力になっている。
勝利のためにはどんなにヒール扱いされても構わない。
勝てば官軍・・・まさにそれを体現していたんですよね。


今泉くんにしたことがそれで許されるのかって言ったら、そうではないのだけれど
石垣さんにはそれくらいの執念が無ければIH、全国では戦えないと身を持って
知ったんでしょうね。
御堂筋くんに折られたプライドは数知れず。
でも、それにこだわっていたら石垣くんも、チームもずっと勝てない仲良しチーム
から脱却できなかった。


石垣くんは今、チームが三位という場所にいる事に一番、打ち震えているんですね。
一人のエースを担いで、一番にジャージをゴールに叩き込む。
そのために、自分がどこで切り離されても構わない。
箱学の走りはまさにそれ、そのもの。


王者の走り=御堂筋くんの走りは石垣くんに「元エースのプライド」から「チームの
役割を果たすアシストのプライド」を与えた。
石垣くんには御堂筋くんのようなチームを勝利に導く「天才の力」は無い。
だから、自分にできる役割を果たす、新しい自分に開眼したレースになったんですね。


「分かってやれなくて、ごめんな。」
御堂筋くんの視線はずっと日本一を見ているのに。
同じステージに自分達を引っ張り上げたその事実だけで、石垣くんの折られた心もプライドも
治癒していくんだね。
ゼッケンを託そうとしても「邪魔」と受け取らない後輩。
それなら大丈夫。
だから、絶対に勝利して。



周囲の心をへし折りながら、ばく進してきた御堂筋くんだけど、皆、ゾンビのように
甦ってくる。(笑)
チームのザクでさえそう。

「きもっ!!!」


そんな覚悟も、意地も、全部、自分の糧になるのに。
おまけに、何かしら変化している。
今泉くんも、石垣くんも。
変わったのは御堂筋くんもなんだって、まだ自分では気づいていないんだね。



激闘を繰り広げている巻ちゃんVS東堂さん!!!(笑)
エースを守るために行かなきゃいけないのに

二人には疲労が!!!


共倒れになるシチュになるところも、なんて仲の良い♪(腐)


その隙に上がってきたのが御堂筋くん!!!


ここからエースを捉え、ゴールを狙う!!!
察知した東堂さん、疲れている自分では追うのは無理と判断して
真波くんを行かせる!!!
御堂筋くんにあっさり追いつく真波くん!


巻ちゃんももう限界。
真波くんの勢いならきっと福ちゃんに追いつく。
箱学は二人でゴールを狙う。
対して、総北は今泉くん一人。
エースを守らなきゃダメなのに!



振り返ると坂道くんはいない。
登る能力はあっても、戦術・戦略を読んで自分の立ち位置を決める、なんて
無理ですからね。
今までずっと金城さんのオーダー待ちで走ってきたんだから。


けど、坂道くんが求められたのは”意外性”でもある。


巻ちゃんの横にいたーーー!!!(^^)


みんなの心を託したジャージを、エースを守れ!!!
坂道くんを押しだす巻ちゃん!!!



こんな危機的状況なのに、今泉くん、福ちゃん、御堂筋くん、真波くんに追いつくシチュを
思うと


笑ってしまう坂道くん!!!


実は勝負すきーなんですね!(「ハイキュー!!」の日向君を思い出したよ♪)



さて、勝負になって笑顔を浮かべるのはもう一人の一年生クライマーも同じ。


「勝負しようよ!!!」


箱学ゼッケン6番の隠し玉!
御堂筋くんも今まで察知できなかった危険な香りを持っている真波くん。


五合目で待ち受ける委員長。
回想シーンが笑えます!
進学の話・・・箱学って結構、勉強しないと行けない・・・レベル、高いんだあ!?(笑)
ともかく進学できた真波くん。



授業よりも自転車の事ばかり。
遅刻、居眠りの常習犯の原因が自転車部にあるんじゃないかって

福ちゃんにアタックする委員長、凄すぎる!!!


あ、でも福ちゃん、意外と紳士的な対応ですね。(「バァン!」を思い出した!(爆笑))
遅刻は部活もそうだから、原因がここにあるとは言えない。
その時、現れた真波くんの対応に慣れている三年生の先輩の
皆さん・・・


なんて心が広いんだああああ!(感涙)


荒北さんも納得はしていないけど、福ちゃんがOKを出していますからね。
新開さんも東堂さんもそれでOK!
「変な一年生」・・・荒北さんの一年時の髪型にツッコミが入るとはwww



御堂筋くんの度重なるアタックについていく真波くん。
とてもエースを守る顔じゃない。


勝負を楽しんでいる!!!


手袋を外す真波くん。
学校にいる自分は死んでいるのと同じ。
身体全体で光を浴びて、風を受けると

「生きてるって感じがする!」


左胸を握りしめる真波くん。
砂利道にコース取りを間違っても全く構わない。
勝負して、勝利したほうはエースと自分の後を追わない。
そんな決め事も自分の負けなんて最初から考えていない。
まだ、隠された力がある!



ということで瞳が野生!になっている真波くん、良いですねえ!!!
前に書きましたが、真波くんはあちこちの作品にいる沖田総司変換が
できるキャラ、と思っているので、ギリギリ感がたまらなく魅力的です♪
不思議ちゃんが醸し出す刹那の闘争本能に目が離せません!!!


Cパート・・・石垣くん・・・そんな下ネタ・・・脇だってさ。いや何でも。(^^ゞ)
CM背景・・・御堂筋くんにも春が!?
委員長ちゃん、”宮原”からちゃんと名前を付けてもらいたいですね!

そういえば最初のCM背景にはウサ吉!!!
見事、トレンド入り~♪








fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1842-371b6b29







最終更新日  2015.02.10 13:34:46
コメント(0) | コメントを書く
2015.02.03
テーマ:アニメ!!(3783)
「エースは俺だ!」
今なら自信を持って言える!



「エース今泉!」

あらすじは公式からです。

山岳区間で箱根学園を捉えた総北だったが、全力を使い果たした鳴子が自転車ごと
倒れ込んでしまった。
鳴子の意思を継ぎ、今泉がある宣言をする!


**************************************



今泉くん、成長してるーーー!!!(^^)


「エースはオレだ!!!」なんてIHが始まった頃にはとても言えそうにない
感じだったのにー!
劇場版「RE:RIDE」のコメンタリーでも今泉くんが一番、揺れていて等身大の
高校生っぽいって言われていましたものね!
それが総北、金城さんの代わりを務めるまで・・・いや、代わりじゃなくジャージを
背負う選手としてトップを疾走することになろうとは!!!



鳴子くん、すぐに救護車に拾われて良かったです!
鳴子くんが見た夢・・・三人で手をつないでゴールする夢。
一番、それを見たくて、やりたくて、頑張った鳴子くんなのに!!!
切磋琢磨してきた同期の仲間の願いだからこそ、ここで諦めるわけには
いかないね!


追いかけてきた総北に福ちゃんが問いかけます。
金城さんはいない。「エースは誰なのか。」と。


「総北の――エースはオレです。」


これには坂道くんもびっくり!!!
巻ちゃんがいつものように補足説明。(^^ゞ)
ここからはタイマンになりますからね。
東堂さんを抑えるのは自分しかいない。
それならゴールを狙えるのは誰かって話で。


もう譲れない!
分かっていた巻ちゃんが引いてくれます!!!
巻島さん、金城さん、田所さん、鳴子、小野田、全員の!!!
もう、御堂筋くんの時のように当たり負けしないですね!
綺麗な走りがイメージの今泉くんだけど新開さんともやりあってきたし、
肉弾戦の経験値が大幅アップ!!!


うおおお!福ちゃんが出る!!!
離れない今泉くん!

「オレは・・・強い!!!」

「だったら、超えてみせますよ、それを!!」


おおー!!!今泉君、アタックーーー!!!

プリライの余韻があって(行ってないですけどね。笑)、ついパレス組妄想を
してしまいましたー!!!(笑)






福ちゃんも金城さんが感じたように今泉くんの成長を目の当たりにすることに
なりました。
成長の化学変化が起こる。
箱根駅伝でも、テニプリでも、ダイヤでも、活躍するのが一年生・・・って良く
ありますよね。(^^)
最終ゴールまでのこり15km、富士あざみラインの登りが待ってる!


なんと今泉くんから仕掛けたーーー!!!


追う福ちゃんとアシストしようと前に出る東堂さん・・・を
抑える巻ちゃん!!!


「ジャマだ、巻ちゃん!!」

福ちゃんのところに行こうとする東堂さんを止める巻ちゃんに萌えるーーー!!!(^^)
東堂さんも、これが最後の三日目、王者のプライドを背負っているんだもんね!


先行する今泉くんに福ちゃんが息を上げているなんてーーー!
余程、想定外・・・そりゃそうだよね。
御堂筋くんに心身ともに木端微塵にやられているのを知っているからね。
それがどうだ!


「オレ今、誰よりも強いです。」


今泉くん、目が御堂筋くん入ってる・・・(ごめーん!!!^^)



先頭を走るのが大好き。
静かで、誰の声も聞こえない。←ゾーン。(^^)


福ちゃんも予想だにしなかった成長というのは、逆に経験の無さ、って
奴なんですね。
セオリーが通用しない。
巻ちゃん解説に逆にアタックを仕掛けられているであろう福ちゃんを心配する
東堂さん!
再び、クライマーの激突ですね!!!


今泉くんはすでにゾーン突入です!
ここで回想が来ました。

ショタ発動!!!


お坊ちゃまーーー!!!


ちょっと前にツイッターで「刀剣乱舞」キャラと「フルーツバスケット」の
コラボ画像が回ってましたが、(これ♪)今泉くんも完全に高屋キャラです!(笑)


あー、でもお坊ちゃまとはいえ赤司くんちとは違って優しい家庭で
育ったようですね。
恵まれているが故に、逆に冷めてしまっている今泉くん。
自己主張をあまりしない子供になっていましたが、ふと見つけたのが
寒咲自転車!!!
そうか、お兄さんや幹ちゃんとはここで知り合ったんですね!


お兄さんに勧められた青い自転車が思いのほか気に入って。
それからのめり込むように自転車一直線のセイシュンを送って来たんだ!
(モテるのに!^^)



ロードレースで喧噪ひしめき合う空間は嫌い。
ただただ静寂の中を走るのが好き、というのは今泉くんらしい。
けど、それはトップでなければ味わえない!
このまま状況が変わらなければ勝てる!!!
状況が・・・ドキドキ!!!



さて、先行する2校を追いかけてきていた京都伏見。

石垣さんがー!!!


♪とおりゃんせー♪
割って入るのか御堂筋くん!!!



ということで、しのぎを削るレース展開、終盤です!
気になる御堂筋くんですねえ。
このまま福ちゃんが一年生に抑え込まれるのもどうかと思うので
「オレは強い!」証明をしていただきたいです。
苦悩を抱えて、福ちゃんだってこの一年頑張ってきたのですから。



Cパート・・・もう石垣くんをゆるしたげて・・・。(^^ゞ)


カラ鉄×箱学ルームに行って来ました!な記事はこちら♪










fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1837-4a8e26af








最終更新日  2015.02.03 17:10:18
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.27
テーマ:アニメ!!(3783)
目立ち方がまだ足りない!?
本当の見せ場はここからだ!!!



「鳴子!真骨頂!」

あらすじはこちら♪

金城を想いを受けた総北1年3人は、巻島と共に先行する箱根学園に追いつくべく
山を駆け上がる総北。
そんな中、スプリンターの鳴子が、チームを引き始める!



******************************************



鳴子くんんん!!!(;;)



まさに「ワイの屍を超えて行け!!!」な展開でしたわ。(;;)



気持の持ち方はどうであれ、ゴールに届くジャージは一枚。
三年生三人で行くつもりだった総北・金城さんのオーダーは狂いまくって
一年生三人と巻ちゃんでゴールに挑むことになりました。


結果的に箱学や京伏と同じように誰かをジャンプ台にして進んでいくという厳しさを
一年生は学んでいくことになったわけですね。
レースに慣れているはずの今泉くんでさえクールになれなかった。
それだけIHに初めて参戦する一年生の心に三人で一緒にゴールする夢、というのは
大きな支えになっていたことが分かりました。



予想外のスプリンター・鳴子くんの山の引き!!!
これには巻ちゃんもびっくり!でしたが、いつもパートナーを組んでいた
田所さんの先見の明、というのか仕込みが当たりましたね!
チームの構成は金城さんが考えていたはずだけど、もしも、アクシデントが
起こったら・・・。
田所さんは鳴子くんにオールラウンダーの素質を見出していた、ということかな。


スプリンター一直線の鳴子くんに言っても聞き入れてくれないから、とりあえず

目立つ!!!


ということで。



「このレースで成長しろ」と言われたのは今泉くんだったけど、田所さんにしても
巻ちゃんにしても、組んでいる一年生には同じように思っていたんだろうなあ。
IHで自分達は引退してしまうんですものね。
大きな置き土産を、そしてその先にある優勝を。



今回は鳴子くんの成長を今泉くんの目で見て、語っているのがいいですね。
常に小野田くんを挟んでバチバチやってきた感じの二人ですから。(^^)
秘かに山登りを練習している鳴子くんを隠れて見ているのが可愛い♪



練習してきた山の引きを見せるのは今!!!
走りのテクニックだけではなく、見ている観客の声援も味方につける
ムードメーカーの素質!
これも今泉くんや坂道くんが持っていないキャラですよね。
声援がどんなに自分達を押し上げてくれるか。
(緊迫したレースの中でのハイタッチやカメラ目線には正直、ドキドキ!)



けど、スプリンターである鳴子くんに足りないのは持久力!
多分、サドルに腰を下ろした時が鳴子くんが脱落する時・・・と読む今泉くん。
鳥さんヴォイスだけにシリアスさんがぐんとUP!!!(^^ゞ)



坂道くんの目の前で鳴子くんの腰が下がる・・・

スプリンターの技術を使った走りで切り抜ける鳴子くん!!!


サドルぎりぎりに腰を落し、前傾姿勢で腕を使って推進力をアップさせる!!!
隠し玉その2に全員がびっくり!
今泉くんも素直に脱帽!



執念の引きで鳴子くんは箱学の山神を目指す!!!

東堂さん、サービス・カット♪


上回る引きを見せなければ追いつくことはできない。
限界ギリギリ・・・いや、限界を超えた走りで!!!


肉体の限界はもうやってきていたのですね。(;;)
以前、ニコ動だったかペダル・トーク番組で自転車に乗っていると予想外の脱水になったり、
風を受けるとお腹が冷えてしまったり、ということをキャストさんのどなたかがお話して
いましたっけ。
自転車は「体育B」でも頑張れる競技だけど、肉体を酷使することには変わりない。



酸素補給が追いつかず、次第に視界・視野が奪われていく鳴子くん!!!
巻ちゃんが止めたらいいのに・・・!と思ったけど、もう箱学は目の前。
何があってもジャージを届けたい一年生の熱意を止める事はできなかった
でしょうねえ。




狭まる視界。
鳴子くんの言うとおり、方向を指示する坂道くん。


「成長したな、坂道くん」


皆で走れればそのほうがいい、と思っていた坂道くんがチームの勝利ただその一点にのみ、
走っていく覚悟を決めた。
それは鳴子くんにも言えることだね。
荒北さんが見せた走り、役目を果たすことだけに徹した新開さんの走り。
箱学と同じ決意を持って走らなければ同じ土俵で勝負などできない!


目の前に見えた箱学の三人の後ろ姿!!!
真波くん、さすがにびっくり!



「一緒にゴールしたかったけど・・・」
坂道くん、今泉くんに思いを託して道路脇に落ちていく鳴子くん・・・!




ということで、早く救急車をーーー!ですわ!!!
勝負は3対3に!!!
役目を終えて語りながら走る田所さんと新開さんが楽しそう。(^^ゞ)



その田所さん、巻ちゃんに頼まれて暴走肉弾掃除機だーーー!!!ペットボトルの
空気を吸い込み!!!
数が多すぎっショ~!!!
田所さんが空気風船状態にーーー!
今泉くん、ビックリー!!!

CM背景はどっちが豆粒?な鳴子くんと田所さん!
身体か気持か!?(^^)



**************************************



24日に発売だった一番くじにアタック!!!
引いたのが昼過ぎだったので選択肢があまりありませんでしたが
こちらをゲット♪
安定のT2引きと田所さーん!!!(笑)


一番くじ2








fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1832-8a7c9d01






最終更新日  2015.01.27 14:57:23
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.13
テーマ:アニメ!!(3783)
諦めない!
どんな事があっても・・・このジャージを託す!




「最後の作戦」

あらすじは公式からです。

3年の引きによる追い上げもつかの間、新開の加速により総北は箱根学園に
再び離されてしまう。
だが、田所が最後の全力引きでチームを運び…。



***************************************



EDのCM背景で金城さんが大変なことになっているのに・・・


福ちゃん・・・「ばァん!!!」

ぽっ・・・って何やってるんだよおおおお!!!(爆笑)


しつこいけど、その笑顔を荒北さんに向けてあげてよおおおお!!!
見せたら見せたで、荒北くんが笑い死ぬこと確定ではありますがwww



一人、そしてまた一人・・・と脱落していくIH三日目。
完璧な箱学の作戦、選手配置。
対して、総北はアクシデント続き。
でも、数あるアクシデントを超えてきたしなやかな強さの経験値が総北には
この三日間で培われてきたように思います。


田所さんが脱落していく・・・!
鳴子くんの涙に号泣ですよ!



でも・・・総北はこれから!!!
なのに金城さんの思わぬアクシデントーーー!!!
(テニプリの手塚くんとか、黒バスのきーちゃんとか怪我でおおゥ・・・な選手を
あれこれ思い出しちゃう!!!;;)



積み重ねてきた三年間がここで潰えるのか・・・

「抗え・・・金城真護!!!」


前に出たものの、トップスピードに乗れず、踏み込めない金城さんを見て巻ちゃんの
動揺は極限になったものと思われます。


「嘘だろ、金城ーーー!!!」


あああ・・・・
台無しにした・・・なんて、そんなことは無いよ・・・と言いたいけど
箱学を追えるのは金城さんだけだから、もう勝負はついた・・・。
金城さんの離脱を覚って、スピードに乗る箱学!



でも・・・

総北の一年生’S、来たーーー!!!


「倒れたら支えろ」
この言葉が、まさか金城さん自身を立ち直らせてくれるとはね。
これがチーム総北!6人全員で戦う!!!



湧き上がるプレッシャー。
「今からオーダーを変更する!」
完遂すべく主将から託されたオーダー。



まさか一年生がゴールに向かうなんて!!!
探せ、掴め、引き寄せろ!!!
ああ・・・膝がーーー!!!


金城さん、「目立ち方が足りない」


ってこんな時に笑わせないでよーーー!!!←でも涙目!!!
巻ちゃんを支えて!!!
諦めない、成長する、これがチーム総北!!!



「オレはイレギュラーが得意なんだ!!!」

頑張れ!!!


金城さん・・・バイクを降りてしまったんですね。(;;)



「来たか、総北!」
それが、金城さんが選んだチームの形!
福ちゃんは一年生が来るからって油断なんかしていないですね。



山の手前まで引いた二人・・・田所さんと新開さん♪


「迅くん」
あはは♪
しつこいチーム総北。
福ちゃんが認めたチームだからね。
危機感は緩めない。
福ちゃんに思いを託す新開さんが良いね。



レースの事については幹ちゃん兄@諏訪部さんが解説してくれます。(^^)
アクシデント続きの総北。
一年生は切り離されているかもしれない。
まさか、そんな事になっているなんて、ですね!



パワーバーが無い田所さん!

新開さん、優しいー!

無策の総北。
アバウトだけどそれがいい!
あのバカなら・・・



限界を知らない赤い豆粒!!!


鳴子くん、スプリント・クライム!!!


巻ちゃんも今泉くんも驚く速さ・・・すごいーーー!!!



ここに来てまだ隠し玉、さすが主人公チーム!と思わないでも
無いけど(笑)、一年生は三年生に勝てない、なんてことは無いし、
一年生でも力があればレギュラーになれる、それが部活ですものね。


成長できる!
箱学にもう一度、追いつけ!!!







fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1825-9317a042








最終更新日  2015.01.13 17:41:32
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.06
テーマ:アニメ!!(3783)
前に進む!
総北は皆の意志で!!!



「激走、山中湖」

あらすじは公式からです。

泉田の加速により、総北に差をつけ独走する箱根学園。
金城たちは、その差が決定的な距離になる前に、1年に代わりチームを引き始める。
そんな3年の実力を前に、ただ見守る事しかできない自分たちの無力さを感じる
今泉と鳴子。
だが、坂道はそんな先輩たちの背中を見つめ、何かを感じ取ろうとしていた。



*******************************************



お正月は箱根駅伝を見ていたのですが、そのコースをみんなのロードバイクが
駆け抜けたんだなあ、とかスタッフの皆さんがロケハンに行ったんだろうなあ、とか
あれこれ考えてしまいましたー!
もちろん、ちゃんと駅伝を応援しましたよ!(^^)


セレクションで必要な力だけにそぎ落とし、身軽になって山を登るか、
みんなの意志を背負って前に進むか。
箱学と総北のチーム・カラーの違いが鮮明に浮き出たエピソードでしたね。
総北は皆の意志で進む・・・主人公チームらしい、金城さんらしいチーム・
カラーに朝から涙、でした。


3日目は覚悟がいる。
もう救済はいらない。
ずっとチームのオーダーを果たすことを考えてきた坂道くんにとっては
3日目の走りというのは自分の存在意義を根幹から覆すようなレース運びに
なっているはずなんだよね。
絶望しかけた時に助けてくれる巻ちゃんの言葉が至言になっている、と前回の
感想でも書いたけど、今回もそうでした。


「自転車が全てを語ってくれる。」


自転車が、先輩の後ろ姿が全部、全部!


坂道くんだけでなく、動揺したのは鳴子くんも今泉くんも同じでした。
素人考えだけと「一年生なんだからこれからの良い経験になる」・・・とも
思うんだよね。
けど、その「一年生だから」に責任が無いのか、とか力が無いのか、と感じてしまう
こともあるんだって、最近、気付きました。
この人のせいで。(笑)


ダイヤ学校ポスター


一年生みんな、力になりたいし、当てにして欲しいんだよね!
3人でIH、一緒にゴールしたい、そんな夢を語ったこともあったんだから。



でも、現実は厳しく勝負はギリギリのところまで来ている。
自分達の身の処し方に頭がグルグルなりそうになった時、坂道くんのポジティヴ・
シンキングが発動!

「強くなれって言ってる。」


三年生は最後のレース。
出来る限りの事で、チームを全力で支える!!!



金城さんもみんなの気持が自分達を支えてくれる、と信じてる。
一枚のジャージを先頭で届けるために。



前に出たのは田所さん!!!
山中湖の湖畔を巡るコースは平坦で、ここはスプリンターの出番!!!


箱根の直線鬼VS暴走の肉弾列車!!!


箱学・最速のスプリンター、来た!!!
福ちゃんは荒北さん、泉田くんを足場にして、温存していた新開さんの速さで
決着をつけるつもり。
ぬかりの無いチーム戦だね。



けど、負けられない理由が田所さんにもある。
ここまで強くしてくれた金城さんに報いるために!!!

湖畔で語る田所さんがいちいちかっこいい!!!

その決意は皆に伝わって・・・涙に変わっていく・・・鳴子くーん!!!(号泣)


セレクションなんてしなくても、皆が役割を分かってる。
自分の役目は山の手前まで。
だから、必ず追いつく。
足がガクブル!になろうと必死にくらいつく田所さん!!!
二日目、リタイア寸前になったから余計に思うよね・・・勝ちたいって!



チームはついに坂道へ。
「仲良しクラブでは勝てない!」
箱学は予定通り、東堂さん、真波くんがエースを運んでいく!!!
(あああ、新開さん・・・。;;)



荒北さんを、泉田くんを見送ったように。
田所さんをアクセルにして、山へと進んでいく総北。
ところが!!!


前に出ない総北・・・金城さんが!!!


膝ですね!
ああー・・・ここまで来てエースが起動できないとは!!!
進めるのは巻ちゃん、一年生三人組!!!
熟練の箱学にどうやって立ち向かうのでしょうか!?



Cパート・・・今泉くん、まさかのオタ泉くんを暴露!?


ってか、CDが違うって鳴子くん、気付きなよー!!!
そりゃ、スカシの事を暴いてやる!!!ってわざとだよねー。(笑)
小野田くんの眼鏡に湖鳥ちゃんがー!
Eカードはまたスク水シリーズで!


新OP/EDになりました!
OPが良いですね!

T2---!目立ってるううう!



****************************************



お正月に大争奪戦が繰り広げられた池袋P'PARCOの期間限定ショップを
見に行ってきました。
福袋が終わった四日からは先行商品販売ということで覗いてみましたが、
やっぱり整理券での入場になっていました。
14時半頃行ってみたのですが、当日の整理券はすでに終了していました。


せっかく行ったので店頭の様子でも。
まず池袋PARCOのバザール・ポスターに採用された絵柄♪
池袋駅に大々的に貼ってありました!


パルコ1


駅から少し離れた池袋P'PARCO1階のイベント・スペースです。
物販列、棚の向こう側にいらっしゃった皆さん!

パルコ2


二人ずつ・・・この御堂筋くんと真波くんのテンションの高さ!!!

パルコ3

二人だけで切り取ると大笑いです!!!


総北クライマー・コンビ♪

パルコ5


「巻ちゃん、買い物に行こう!」なノリの東堂さん♪
ちょっと影になってすみません!


パルコ6



こんな感じで今年も年始から熱い弱ぺダ!
レースの最後まで見届けたいと思います!(^^)







fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1821-c244215d







最終更新日  2015.01.06 13:52:57
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.24
テーマ:アニメ!!(3783)
憧れのジャージを優勝させるために!!!



「泉田の誇り」

あらすじは公式からです。

自らを犠牲にしてチームを引いた荒北の意思を継ぎ加速する箱根学園。
何とか食らいつこうとする総北に対し、泉田が決死の走りを見せる!



**************************************



Cパート・・・


かがみんがここにいれば良かったのに!!!(^^)






そうすれば金城さんのお財布が軽くなることは無かったはずー!!!
ってか、巻ちゃんちはお金持ちなので払ってあげればいいのに、と
思いましたわ。(^^ゞ)


さて、箱学は毎回、脱落者が出る仕様になっているので見ていてツライです。
しかし、残りが山登りとあっては安全圏までスプリンターをガンガン、使って
安全圏まで差を広げる、さらに山神と不思議ちゃんで余力を残しているほうを使う、
福ちゃんの計画は非情のようで選手の適性に合った作戦を展開中ですね。
それを選手の皆も分かってる。


王者の誇り。
箱学のレギュラージャージと一桁ゼッケンを付けるからには。
泉田くんは初日のリザルトで少々、奢ったレースをしてしまいましたが、
自分が何をすべきか、何のためにここまで頑張ってきたか、というのは
2年生らしい動機があったんですね。


憧れのスプリンター、新開さん!


勝つためには何をすればいい?

「全てを出し切ればいいんじゃないかな。」

6人そろって走るのはこれで最後。
新開さんと並んで走れる喜び。
前に出て、チームを引っ張る、仕事を任される誇り。


差を700mまで広げて、力尽きて落ちていく泉田くんの背にそっと添えられる手。
新開さんの労いに泉田くんはもう心残りなんて無いだろうね。
後は必ず優勝をして。
磨き抜かれた槍が戦って、薄汚れた槍になっても・・・泉田くんも田所さんが
言った言葉を今なら理解できるはずですね。



箱学を追う総北。
差を広げられて黙ってられるか!ということで前に出たのが今泉くんと鳴子くん!
成長したなあ!(ホロリ)
田所さんの風よけになるには二人じゃないとwww


できればここで皆でヒメヒメ、歌って欲しかったですが、山に入る前に差を詰めなきゃ
行けない状況になってしまいました。
自分達の非力を覚る一年生たち。


「自分達を切り離してください。」


うううー!
坂道くんは皆がそろって走るのが一番、好きだった。
そのためにここにいると言っても過言ではない。
レースと気持の経験値が今泉くん、鳴子くんより少ないからショックは
大きいだろうけど、これが勝負。
三年生最後のIH。


最後のオーダーは「山の手前まで背中を見届けること」。
でも、山からが坂道くんの真骨頂。
クライマーの出番がまたまた楽しみです♪









fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1816-aabd1d0c






最終更新日  2014.12.24 17:08:47
コメント(0) | コメントを書く

全165件 (165件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.