2012.02.16

新テニスの王子様 #7「ゼロからのスタート」感想

カテゴリ:テニプリ・星矢
こんな特訓になんの意味がある!?
入道コーチに不信感を募らせる負け組一同!



「ゼロからのスタート」

あらすじは公式からです。

『…負け組諸君…地獄へようこそ』
やっとの事で崖を登り切ったリョーマたち負け組メンバー。
そこに待っていたのは、すでに脱落したはずの高校生たちと、
U-17(アンダーセブンティーン)日本代表・裏コーチを務める三船入道だった。


三船は特訓と称し、中学生たちに次々と課題を与えていくが、その内容は
どれも自分たちの力になるとは思えない不可思議なものばかり。
三船や高校生に対し、イライラを募らせながらも中学生たち自分たちの成長のため、
必死に課題をこなしていく。
そして、1日の終わりに夜のねぐらをかけて、高校生と中学生の試合が行われる
ことになった。



***********************************



宍戸「あいつら今頃、どうしてっかなー。」

勝ち組と負け組の絵面が違い過ぎる!!!スマイル


ああ、勝ち組の皆さん、麗しいですね♪ダブルハート
今回、あまりにも佐々部や松平、入道コーチのアップが多くて
潤いが無かったので


原作の手塚の試合部分だけ買ってしまったー!!!ダブルハート


  


他に白石、跡部の試合も収録されていたのでさらに潤い補充できました!
あ、もちろん、負け組の皆さんも応援しているんですよ!
(↑取って付けたようでごめーん!!!スマイル)


でも、手塚ったら・・・ってことで気分が激しく上向き矢印下向き矢印しましたが
今後が楽しみになりました♪


負け組の皆さん、崖登りの試練を終えると次はジャージを脱がされて
白のTシャツ、短パンだけにチェンジ!
頂上にいたゾンビ・・・じゃなくて高校生負け組は黒い上下の体操服に
なって中学生たちを待ち受ける!


場を仕切っているのは酒豪のコーチ、三船入道!
酒を飲みながら選手たちを屑扱いする態度に不快感を感じる宍戸たち。
が、まずは指示を聞かなければ。


スコップで穴掘り!!!


仕方なく穴掘りを始めるリョーマ、真田たち。
穴ができて入道が何をするかと思えば


トイレだった!?


また穴を埋め戻すよう指示する入道。
仕方なく頑張る皆さん。
終わると・・・ジャージが無い!?
まさか足の下・・・!!!



真田「目標を見失うな。」



高校生はラケットとボールを使っての鍛錬。
崖下まで水を汲みに行くのは中学生の役目。
朝から食事抜きで頑張ってきた中学生に給水する高校生を見せられるのは
キツイ!


謙也ー!耐えるんだあああ!


次は宙吊りになってボールを打つ修行(もはや特訓に非ず。笑)に
三輪車!



勝ち組を思う皆。
また佐々部が水を要求してきた!
怒る皆を横目に水を汲みにいくリョーマ。


「負けたくないんで。」


そうだ、いつか見返してやる!!!
気合が入る負け組の皆さん!



コーチ陣は勝ち組をチェックしつつ、・・・負け組が最先端の
技術では得られない力を発揮するだろうことを考える。
それもメンタル・コーチ、斎藤の仕事。



一日の仕上げは高校生VS中学生、ねぐら争奪戦!!!
勝てば宿舎、負ければ穴倉!!!
人数の違いにとまどう一同だけどそんなものは関係ない!

タカさん、吠える!!!

その意気や良し!!!



試合が始まり、土と石がむき出しのコートでイレギュラーバウンドに悩まされる
中学生の皆さん!


真田は少人数のチームに分けて、対応しようとするが意外なことに鍛えられた
佐々部と松平に負けてしまう!
サーブも高校生からで有利になっている。



次はリョーマと金太郎がレシーバー・・・


ラケットがぶつかったー!!!

「だからダブルスは嫌いなんだよね。」



協調性がないリョーマと金太郎を見送る宍戸さんの背中が切ない!泣き笑い



バウンドさせなければいい!
真田は全部、ボレーで打ち返すけれど、高校生側がボールを何個も出して
きて打ち返せない。


老けたおっさん、言うなああ!スマイル



後がない中学生!?
いや、データは十分、取れた!


乾&柳のデータ・テニスコンビ!!!


自分たち以外を全員、コートの外に出して試合を始めた二人は
全ての打球の方向を見切っていた!
バウンドに対する読みも完璧!


高校生が3人になってあともう少し・・・というところで練習をやめる
入道!
納得できない中学生たちを「自分が勝ちと言ったら勝ち!」と撥ね付ける
入道。
中学生は穴ぐら決定!


佐々部がふともらした「入道コーチ」の名。

徳川「入道コーチに会うといい。」

それを思い出したリョーマは夜、入道に会ってみるが
「用が無いなら話しかけるな」とそっけない。
後姿を目で追うリョーマ。



ということで・・・
やっていることは滅茶苦茶ですが、高校生たちがパワーアップしている、と
いう事だけでも何かしら得るものはあるのではないでしょうか。
プライドをかなぐり捨てて這い上がれ!!!
早くTV画面からアップに耐えられそうにない高校生を押し出してください。
(そこ!?笑)








fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/458-2959aa10






TWITTER

最終更新日  2012.02.16 12:46:15
コメント(0) | コメントを書く