2012.07.25

黒子のバスケ #16「やろーか」感想

(8)
テーマ:アニメ!!(3797)
そうなるって分かってたから♪
桃井の情報力に先手を取られる誠凛。



「やろーか」

あらすじは公式からです。


青峰が会場に到着しない中、桐皇と誠凛の試合がはじまった。
青峰抜きでも主将・今吉を中心に、各メンバーの個人技で全国レベルの
強さを見せつける桐皇だが、誠凛もチームプレイで対抗する。

しかし桐皇マネージャー・桃井による、圧倒的な情報収集力と、現状のみ
ならず成長性まで読み切った分析力により、はじめて見せる連携プレイですら
阻止されてしまう。
本領を発揮させないまま誠凛を封じ込めようとする桃井・・・だが実は
予測不可能な黒子の動きだけは読み切れないのだった!



***********************************



EDカードは

青峰桃井
ノーマル・カプでした♪
二話の日向&リコ以来ですけど、皆さんのテンションが下向き矢印となった
のを感じました。(笑)


で、ノーマル・カプで考えると桃っちには黒子っちよりも青峰っちの
世話を焼いているほうが楽しいんじゃないかなと思ったり♪
(個人的な見解です。笑)
いや、今週のジャンプを読むと、三人で生活するのもありかな・・・
なんて!?(←逝ってよし!!!)


EDカードよりも萌えたのがEDの週替わりカット!

ぎゃぼー!!!黄笠!!!ダブルハート

ボールとスポーツバッグを持っているから、二人でストバスでも
やるんスかね!?

きーちゃん、誰と電話してるんだろう。
そういえば、キセキは桃っちも含めて、自分のカラーの携帯を
持っているけれど、きーちゃんは”赤”なんだよね。
黄色い頭に黄色い携帯というのもいまいちなので、そこは
さすがモデル!!!


モデルを連れる笠松先輩・・・と思ったら、ネッ友様の「モデルに
振り回される笠松先輩」というご意見のほうが妙にしっくりして
また妄想爆走してしまいました!!!


さて、試合のほうは前座、といえども今吉の速いドリブルから

謝りキノコ@桜井のクイック・シュート!!!

ここまでの結果を見れば全部、100点ゲームの超・攻撃型!
しかも個人技重視で誠凛のチーム一丸型とは違うチーム・スタイル。
インサイドも長身の若松の強さが際立って、水戸部先輩も思わず
吐息が荒くなる!!!(笑)


が、連携重視の誠凛で忘れられるメンバーが一人・・・黒子!!!


若松の背後からボールを取りに・・・でも、届かない!!!(爆笑)


火神のフォローでゴール・ゲット!!!


「とれました。」


反論する黒子に「帝光をオーバーラップさせてる」と締める火神。
かがみん、この試合は皆の気持ちが良く読めてます!
黒子もさすがに青峰がいるチーム、何とか点を取りたいという気持ちが
気負ったプレイになってしまったんですねえ。
火神に見透かされて、頭を冷やして・・・

「でも、とれました。」


わはは!負けず嫌い!!!



この試合は誠凛にとって厳しいものになるのですが、そこで
癒しをくれたのが


黄色の子!!!


ぎゃぼー!!!
「黒子」は観戦に来たキャラが解説するスタイルなのでそれも
楽しいです!


みどりん、どこが変装なのだよ!!!


サングラス、手にはラッキーアイテムのびっくり箱!!!
(今回、作画があれなのは、二人が急いで試合を見に来たので髪の毛の
ブローを忘れた、ということにしておきます。笑)


秀徳の皆だって来てるのにねえ!
高尾には「イヤなのだよ」って返事してたし、家も真逆、ってきーちゃんに
言われてるし!!!


サングラスから眼鏡に付け替えるみどりん・・・


そこ、アップにして欲しかったーーー!!!


しかし、こんな長身で、業界の有名人がそろってたら絶対、
サイン、くれ!と言ってしまいそうだけど。
試合中だからね♪


青峰がいない。
けれど桐皇には桃井がいる。


けど、相手が黒子ならやりにくいんじゃないかと言う黄瀬。
「黒子っちの事が好きだったはず。」

「そうだったのか?」

みどりん!!!ほんとバスケ以外の部分が全く、目に入ってない!!!(爆笑)
あー、もう!秀徳に来て、高尾に色々な事、教えてもらっている
んだろうなあ!!!(←また妄想爆走中!!!)


「サルスか!」


勉強いまいちなきーちゃんに「サル」と言われてしまったのだよ。(笑)


桃井も選手と試合にかける気持ちは遜色ない。
手抜きなど黒子も望んでいない。
黒子が言うように


「試合じゃなければ。」


可愛いだけの女子マネージャー。
ここから桃井の


データテニデータバスケが始まる!!!


↑李胡さん、使わせていただきます!


全部、知ってる。
そして女の勘!!!


仕掛けてくる技だけじゃない、秀徳戦までのデータで選手が補って
くる部分まで見抜いて桐皇の防御力がアップ!!!
ただ一人、女の勘でも読み切れない選手を除いては。


黒子!!!


ガルマな桐皇監督、原澤もびっくり!!!


原澤@星野さん!
星野さんも身長が190CM、あるんですよねえ!
黒バスサイズ!!!



第一Qを終了したところで火神は足に違和感・・・。
それでもここは押し通す!
リコはデータが足りない黒子&火神で押す戦術。
が、最初のシュートを決めたところでリコ、原澤には足が
万全でないことがばれてしまう。



小金井と交代する火神。
インサイドが圧倒的不利になってカウンターを食らう誠凛!!!


ここからのリコと火神の会話が良いですね。
かがみんの真っ直ぐな心根が自信を失いかけているリコちゃんの
励ましになっています。(ホロリ)


「ドーンと構えてくんねーと!」


気合を入れなおしたリコに送り出される火神だけど


いきなり肩組みで登場、青峰!!!


第二Q終了間際、10点差リードだけど監督の指示でいきなり出番!


「やろーか。」


という事で、桃井が誠凛を研究しているほどには誠凛はあまり
桐皇を知ることができていなかった、ということですね。
もちろん、一人ずつのスペックもかなり違う。
リコはとても頑張っているけれどね。
不十分だとわかっているから「カントク」と呼ばせている。
ファンブックに書いてありましたが、リコちゃんの自信があるところ、
無いところ、両方とも可愛いなと思いました。


次回はついに青峰が本格的に参戦!!!
レモン対決も楽しみです♪







fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/759-e659f182







TWITTER

最終更新日  2012.07.25 16:26:08
コメント(8) | コメントを書く
[黒バス・ハイキュー・ジャンプ・アニメ] カテゴリの最新記事