4591632 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

カゲキ隊長のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


kageki4373

カレンダー

お気に入りブログ

コメント新着

フリーページ

ランキング市場

ニューストピックス

2013.07.07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

 ある女子スポーツ選手が、

 未婚出産した、

 今のところ、

 父親も不明である、

 今の時代は、

 好んで未婚出産をする女性も多く、

 大騒ぎする事件ではない、

 未婚の母は世間にいっぱいいる、

 また未婚の母で、

 父親の名を明かしていない人も、

 少なくない、

 父親は必要ない、

 と未婚の母を選んだ女性にとって、

 その名を明かす意味はないだろう、

  ただ、そのスポーツ選手は、

 そう割り切れたわけではないだろう、

 それにはいくつかの理由がある、

 彼女は花形選手である、

 彼女がやっている種目は、

 オリンピック種目であり、

 しかも、人気の種目である、

 日本では飛び抜けて人気の種目で、

 特に女子は花形になれば、

 アイドル視される、

 そういう事情があって、

 この選手はメディアの起こす洪水に巻きこまれた、

 その洪水に巻きこまれれば、

 無事ではすまない、

 まずは父親は誰だ、

 という媒体の販売増や、

 視聴率アップに直に響く、

 世間の興味に解答を与えようと、

 週刊誌スポーツ紙メディアが、

 躍起になって嗅ぎ探し回っている、

 相前後して、

 メデイアのほぼ全ジャンルが参戦し、

 さまざまな視点の報道合戦を繰り広げだした、

 この報道合戦は入り乱れながら、

 2つの渦に分かれていく推移を辿るかもしれない、

 1つはバッシングの渦である、

 その種目のスポーツ連盟には、

 さまざまな意見が殺到しているという、

 ほとんどは未婚出産を否定するもので、

 「性教育はやっとらんのか」

 といったお門違いの過激なお叱りも多いらしい、

 アイドル選手を夢見て、

 我が子にその種目を習わせている、

 親からの苦情も多いかもしれない、

 何しろこの種目は、

 競技人口こそ少ないにしろ、

 テレビの視聴率もよく、

 注目度はずば抜けている、

 バッシングの渦は、

 スポーツ選手の、

 道徳観念を問題視する方向も含めて、

 これから加熱していく気配がある、

 もう1つの渦は、

 美談に仕立てていく渦である、

 未婚の母として五輪出場へ始動…

 それでも目指せソチ金メダル…

 この種の報道は、

 来年、

 ソチ五輪を控えているので、

 本線の渦になるかもしれない、

 どちらの渦が相手を呑み込むかどうかは、

 ともかくとして、

 どちらの渦にも、

 巻き込んだら巻き込む価値がなくなるまで、

 渦から放り出さないという習性がある、

 非情極まる習性である、

 

 バブル経済が頂点を迎えた頃、

 一杯のかけそば、

 という美談に日本中が翻弄された、

 どんな美談だったかを簡単に述べる、

 北国にある街の蕎麦屋に、

 大晦日の夜、

 若い母親と幼い兄弟の客があった、

 一杯のかけそばを注文した、

 店主は一杯半分のそばをゆでて出した、

 3人はその一杯のかけそばを分けて食べた、

 毎年その母子3人は、

 大晦日に現れ、

 かけそばを3人で分けて食べた、

 その間に、

 店主夫婦は親子3人の会話から、

 兄弟の父親が、

 多額の借金を残して、

 交通事故で死んだことを知る、

 ある年の大晦日、

 母親は2杯のかけそばを注文した、

 店主は3つの玉をゆでて、

 2杯のかけそばにして出してやった、

 それ以最後の大晦日に、

 母子3人は現れなくなった、

 それから10年余りも経って、

 大晦日に母子3人は現れた、

 上の子は小児科の医師になり、

 弟は銀行員になっていた、

 和服を着た母親は、

 落ち着いて穏やかな雰囲気を放っていた、

 「一杯のかけそばが、

  僕達に生きる力を与えてくれました」

 

 涙のツボを心得た美談になっているが、

 実話だと聞かされて、

 僕達プロの作家は、

 10人中9人は、

 まさかと思った、

 母子が初めてそのそばやに現れたのは、

 1970年代初頭で、

 高度経済成長の絶頂期である、

 どんなに貧しくても、

 母子3人で年越しそばを食べたければ、

 3杯分のかけそばの代金ぐらい都合してやってくる、

 何年も貧しくても普通に暮らしてこれたのだから、

 一杯のかけそばは嘘だ、

 それでもその分のカネしかなかった、

 というのなら、

 スーパーでそばの乾麺を買い、

 ありあわせの野菜を使って作ればいい、

 そば屋の1杯分の代金で、

 3人のお腹が充分膨れるものが作れる、

  とき移って長男が小児科の医師、

 次男が銀行員となって現れるのも、

 絵に描いたようでいかにも臭い、

 医師も銀行員も当時の花形職業で、

 メデタシのハッピーエンドもやり過ぎで、

 作り物臭プンプンだった、

 作りものであれば、

 リアリティーに欠ける、

 と評されるだろう、

 でも、作り物なら社会現象になり得ない、

 まるで全国民が感涙しなければ、

 収まりがつかない美談合戦のあと、

 舞台になったそば屋も特定できず、

 美談の母子の姿もなく、

 美談の渦はたちまちしぼんでいった、

 そうして、

 美談風実話仕立てストーリーの作者の人間性が、

 暴露され、

 報道は暗転してバッシングの渦を巻き起こす、

 美談作者は居所を転々として、

 各地で寸借詐欺を繰り返し消息を絶つ、

 今に至るも、

 その消息は伝わってこない、

 メディアは美談の渦を作ろうと、

 バッシングの渦を巻き起こそうと、

 同じ穴のムジナだということを、

 よく理解する必要がある、

 マッチポンプをして、

 国民の関心をそそり、

 渦に巻き込んだ主を、

 遠心力でしゃぶり尽くす、

 芸能界にはその渦を逆手にとって、

 人気の維持につなげようという思惑もある、

 アマの選手たちがこの風潮に乗るようになったら、

 そのスポーツも終わりだろう。  

 

 

 

   







最終更新日  2013.07.08 15:53:59
コメント(22) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.