5136277 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

カゲキ隊長のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


kageki4373

カレンダー

お気に入りブログ

17日の日記 ざあ6869さん

ヤン・コウジン の … yankoujinさん

コメント新着

フリーページ

ニューストピックス

2014.05.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 うん、たまたま僕も見ていたよ、

 終電近いJR中央線下り電車の中だったなあ、

 あの時間帯のあの電車って、

 混んでるんだよね、

 24歳のきみは、

 残業でクタクタに疲れていたから、

 東京駅で1電車見送って、

 次の電車に乗って座席にかけた、

 同じ箱だったから、

 そのときから僕は知っている、

 きみはケータイのアラームをセットして、

 すぐに眠りだした、

 鼾をかいてね、

 よほど残業がきつかったのかな、

 新宿から乗ってきた70歳ぐらいの男性が、

 きみの前のつり革を握って、

 険しい顔できみを睨んでいた、

 阿佐ヶ谷を過ぎたあたりかな、

 ケータイのアラームが鳴って、

 きみは目を覚ました、

 「おい、若者、席を譲りなさい」、

 70歳ぐらいの男性に怒られて、

 きみはきょとんとしていたね、

 「なんで譲らないんだ、立たないんだ!」

 きみはハアッと間延びした声を出して、

 「もうすぐ僕、降りますよう」、

 と、何だか小首を傾げながら言ったんだよね、

 僕はきみの世代の人間とつきあいがあるから、

 きみの世代の気持ちも理解できる、

 この年寄りは何を怒ってるんだ、

 と理解できなかったんだよね、

 クタクタに疲れているし、

 少しでも眠りたいから座席を確保したんだもの、

 疲れてもいない元気な人に、

 どうして席を譲らなきゃならないんだ、

 ということだ、

 それは正しい、


 ただ、きみを怒った70年配の男性が、

 どういう時代に育ったかも、

 知っておいて損はないだろう、

 その男性が子供の頃、

 60代を超えた人は、

 腰が曲がりヨボヨボして杖を突く人が多かった、

 寿命も短かったから、

 そんな状態になると、

 あと何年かでお迎えがきた、

 老い先が短かったの、

 お年寄りは大事にしてあげよう、

 と教えられて育った、

 そんなお年寄りが電車に乗ってくれば、

 多くの人がどうぞといっせいに立ち上がった、

 それを見て育ってるから、

 譲るのが当たり前だと思い込んでいる、

 譲らない若者の思いが解らない、

 だから、けしからんと怒る、

 昔はこうだったんだよ、

 と冷静に説けば、

 きみたちの世代の多くは、

 納得してくれるのにね、

 きみが座席にいて疲れていないときで、

 乗ってきた高齢者が辛そうに立っていたら、

 そのときは席を譲ってあげてほしい、

 昔の人がきみの世代を理解するのは、

 難しいから、

 きみたちが昔の人を解ってほしいんだ、

 そのほうがきっと世の中は、

 うまくいくと思う。

 

 






最終更新日  2014.05.17 19:30:38
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.