000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

何でもヲ屋ジ

何でもヲ屋ジ

PR

全3件 (3件中 1-3件目)

1

イデアハルヒの憂鬱

2006年12月09日
XML
ジュヴレイ・シャンベルタン、いろいろあるのですが、くらうどさんの作品は、
コート・ド・ニュ地方でも、ピカ一のはず、と期待。

裏切らないですねー。
少し、がきんちょですが、遊んでやっているうちに、
やってくれます。きてくれます。

Color and Appearace 4 (1-6)
Taste 4 (1-6)
Aroma and Bouquet 4 (1-6)

Comemnts 大地の強さを感じさせますね。

ということで、安い酒好きの高価なワイン評価でした。
豚に真珠(豚さんごめん)とは、このことです。

岩盤浴の後のディナーなので、まずは、でっかいワイングラスで、
ビールが飲みたかった。







最終更新日  2006年12月11日 01時04分52秒
コメント(0) | コメントを書く


さて、このワインの楽しみ方ですが、その名前のとおり、
お城にいる天使のごとく、ワイングラスの中で遊ばせる必要があります。
そのためには、キョンキョンの頭くらいの大きさのワイングラスが必要です。

これに合わせる? 料理は、ひよこ風ひれステーキです。
ひれステーキの周りを、ひよこが飛び周っています。

まずは、はしたないですが、そのひよこを手で掴んで、
口へ。

やはり、料理は手づかみがいいですね。

実は、ひよことは、ヒヨコマメのポテトフライ風です。

ということで、このワイン、レアなひれの食べ終わった
生臭さを、やさしく、口の中で天使のように包み込んでくれます。
その後、フランスの古跡が並ぶサンテミリオンで育ったワインは、
私の体の中で、天国を演出してくれました。

Color and Appearace 5 (1-6)
Taste 5 (1-6)
Aroma and Bouquet 6(1-6)

Comemnts 天使を連れそう神様。

ということで、次回もよろしく。






最終更新日  2006年12月09日 10時48分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年12月07日
12月1日にマントヒヒホテル37階しぐにちゃ において、ハルヒ忘年会を実施しました。
メンバは、男性3名と女性2名です。

まずは、バーでカクテルです。
私は「香港の伯爵夫人」というカクテルを飲みました。
うーん、「香港の伯爵のなになに」って、感じでした。

料理は、前々菜、前菜、魚、肉、お菓子、ってか? (どこかに世界最大のきのこスープ)
まずは、このワインです。
料理は、ひらめのハムかつ風に合わせました。

ワインは最後の調味料ですから、料理が口にあるときに、
流し込みます。
したがって、料理の一部がワイングラスにつきます。
当然、料理が口から出て、ワイングラスに
泳いでもOKです。ワインのオリと混ざり合って、
独特なハーモニーを醸しだします。

このワイン色は、淡白ですが、香りがよいです。
そこで、ぐいっと、一気に飲み干すと、
以外にあっさりです。
料理のハムかつ部分と良く合います。

Color and Appearace 4 (1-6)
Taste 2 (1-6)
Aroma and Bouquet 5(1-6)

Comemnts 10年前の白、なんか、隠し味がある。

ということで、次回もよろしく。






最終更新日  2006年12月07日 18時18分19秒
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


© Rakuten Group, Inc.