000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

何でもヲ屋ジ

何でもヲ屋ジ

PR

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

フェデラルエクスプレス スージーを投げた

2006年05月21日
XML
昨日、出荷元と受取先がエアーメールと思われていた荷物が、
3ヶ月ほど経って、イギリスから届きました。

伝票を見ると、スタンダードからエコノミーに、
書き換えられています。おい、おい、誰が、何の理由で、
書き換えたの???
これで船便になっちゃたんだろーーーー

イギリス(想像)には、ロイヤルとパーセルがあるらしいですが、
多くの出品者はロイヤルでエアーで送るんです。
けど、パーセルで送る人も稀にいるようです。
それで、こんな目に遭ってしまいました。
でも、荷物は丁寧に扱ってくれたようです。

fedex に天罰を!!!

ということで、20回の海外からのオークション購入のうち、
最悪は、fedex!! 
次は、エアーからサーフェイスになって3ヶ月かかった
イギリスのパーセル ということになります。

おぉ、2月にアメリカから船便で送った物が、まだ、届かない。
4ヶ月目に入るぞ!!!

死ぬまで待つ  オドリー






最終更新日  2006年05月22日 03時57分27秒
コメント(1) | コメントを書く


2006年03月30日
FEDEXがブン投げた荷物に入っていた半死のカップ&ソーサです。
カップの内側にひびが入っています。
そういえば、FEDEXが品物を届けたとき、
外箱が半分開いていたんですよね。
はじめは関税だと思ってました。

しかし、内箱は、完全にテーピングされていたので、
税関ではないでしょ。

FEDEXが、今度、品物を届けたとき、
外箱に異常があったら、
窃盗容疑で警察に電話してやるからね。

このカップ、味があるでしょ。
白い部分がなんとも言えない、クリーム色、
模様も、ホンワカしていますよ。

カップの形も、斜め上、この角度じゃだめですね。
横からみると、チューリップのような、
いいカーブを描いていますよ。






最終更新日  2006年03月30日 18時18分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年03月20日
FEDEXがブン投げた荷物を整理していました。
このプレート、上部が欠けているのですが、
このような場合は、運送中の事故か、分かりません。

欠けた部分の汚れ具合が頼りです。

出品者なら分かることなので、一応、クレームとして、
出品者に報告しています。
このアイテムについては出品者が悪い。!!!!
こんなところが欠けるのは、梱包が悪いのです。!!!!

今回の事故で分かったことですが、
陶器は磁器に比べて重たくて、送料がかかり、
損傷し易いということです。

かたっぽは土で、かたっぽはガラスだもんな。

ところで、土でできた6組のエンドンのプレート、
船便なんで、1ヶ月経っても、まだ、UKから来ない。
2ヶ月くらいかかるかな。

出品者のえりざべすさん、メールでもトロかったもんな。
まだ、送ってなかったりして、いや、別の人に送ったかも。
まぁ、船便の場合は、すべて自己責任、
相手を信じるしかないんだけど。






最終更新日  2006年03月21日 00時35分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年03月17日
FEDEXがスージーを投げた件とは別です。

イギリスの出品者から、スージークーパーの
シュガーボールをいただきました。
ひびが入った品物を私に送ったことに、
誠意を示してくれました。
もちろん、ひびが入った品物の代替品も送られてきました。
このシュガーボール、結構、でかいです。
お茶碗になる大きさです。

ヲヤジが、バラ模様のお茶碗はないだろ。

ところで、なんで俺、こんなの買い込んでいるの?
まぁ、いいか。

FEDEX以外では、本当にトラブルはありません。
みなさん、荷物を大事に扱ってくれます。

50ポンドの小切手、どうにかしなくちゃ。
半年くらいで無効になるらしい。
日本の銀行に高い手数料、払いたくない。

そうだ、イギリスに行こう!!!






最終更新日  2006年03月17日 18時55分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年03月12日
品物をブン投げて割ったものと、以前から割れていたものを、
比較することは簡単です。

この写真は、FEDEXがブン投げて割ったものではありません。

英国から品物を受取ったとき、
故意にひびが入ったものを送ったと判断しました。
見れば分かりますからね。

それで、クレームのメールを送りました。
相手の対応のよいこと。よいこと。

結局、新しいプレートと、
おまけとして、同じデザインの砂糖入れを、
送ってくれることになりました。

物事を判断したり、話を進めるとき、
まずは相手の意見を聞く。
これって、オークションで教えてもらったことです。
このあぷろーち、どうやら、グローバルに通用するみたいです。






最終更新日  2006年03月12日 12時37分53秒
コメント(0) | コメントを書く
英国でも、FEDEXの対応が悪いので、オークションの出品者が、
身銭をきって、前もって小切手を送ってきました。

さっそく、小切手に書かれている、日本のLLOYS TSB という銀行に電話をする。

おい、おい、自分のところで発行した小切手を換金できないだと!!!!!!

日本の銀行にお願いしたら、3000円くらい取られるじゃん。
どうすんだよ!!!!!!。

英国人にお願いして、換金してもらう????
これでオークションで買い物できないかな???

ということで、買いたいアイテムを出品しているオークションの出品者にメールす
る。

Hi,
If I send you cheques 50 pounds of Lloyds TSB which ○○ A Mcauley write to
me,
Can I pay an insufficient amount of money in ○○?
Thank you ○○

その返事

yes that will be OK but wait until I confirm postage cost.
regards Gordon

英国の小切手、使えるじゃん。ラッキー

でもオークションが終わってから、

Hi ○○, the cheque must be made out to me not you, otherwise you will have
to put the cheque into your bank as I cannot accept it.
regards Gordon

ということで、小切手が使えないことが分かりました。
その分、お金が必要となり、結局、カードで支払い、お金が減った。

50ポンドの小切手が使えないなら、買い物しなかったのに!!!!!!!!






最終更新日  2006年03月12日 12時23分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年03月07日
FEDEXの餌食になった2つ目の深皿の写真です。

日本の対応があまりにも悪いので、UKの出品者にお願いして、返金を試みました。その結果、次のメールがUKから私に届きました。

Hi, I received & printed photos & will be trying now to get some money back from Fedex ( Not easy) I think this will take some time So if you are happy i will send you a cheque for £50 which will make up for lost & Damage to susie ? If so let me know.. Regards Harry

個人だけではなく、企業に対しても対応が悪いようです。
オークションをやっていて、一番の敵って、
落札者をだまそうとする出品者ではありません。
私はオークションで300以上の取引をしていますが、
落札者をだまそうとする出品者を知りません。

では、一番の敵って何なのか。人の大切な荷物をブン投げる会社です。






最終更新日  2006年03月07日 23時13分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年03月03日
仕方がないので、UKの出荷先、オークションの取引相手に、
損害賠償を請求してもらうことにしました。

フェデラル エクスプレスのカスタマーサービスさん、
日本人同士、上手く解決できるのが一番なんですがね。

返事が来ないのなら、仕方がありません。

We are processing your request and will get back to you by next business day.


For emergency assistance, please phone your local Customer Service hotline.
The phone numbers can be found at www.fedex.com.


FedEx Express
Asia Pacific Division

2月21日に受取ってから、何もありません。

せめて、状況を見に来て欲しい。









最終更新日  2006年03月03日 21時09分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年03月02日
50年も生き延びたのに。






最終更新日  2006年03月02日 18時46分07秒
コメント(0) | コメントを書く
カスタマーサポートに連絡しても、未だに、誰も見に来ない。






最終更新日  2006年03月02日 18時41分47秒
コメント(0) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.